カテゴリー:

衝撃体験談

昔の修羅場の夢を見て、眠れなくなった。


<ギコ高校>

私子…当時高校生。

A子…私子と同じ高校の同級生。小動物っぽい。

光子…A子の友達。光浦に似てた。

丸子…A子の友達。丸かった。




<モナ高校>

彼男…同級生で小学生の時からの幼馴染。代々地元民で家が大きい。

部長…彼男の部活の部長。元ヤンっぽい雰囲気だった。

マネ子…彼男の部活のマネージャー(今思えばただの部員かも)


私子と彼男は、特に告白もしてないけどなんとなく付き合ってるような関係だった。

田舎だったのでDQNと奥手の格差が大きく、私子と彼男は奥手組。

キスすらせず、たまに手を繋いで歩く程度で、彼氏と言っていいのかもちょっと疑問なくらいだった。


彼男はとあるスポーツをやっていて、高校もその部活がある高校を選択。

私は別の高校に進学したけど、規模の大小問わず試合の応援に行っていた。

だから彼男の部活仲間とは顔見知りで、彼男の彼女だと認識されていた。


テスト近くで授業が早く終わった日、帰ろうとしたら知らない女子3人に呼び止められた。

そして話があるからと、リンチのメッカ体育館裏に連れて行かれる。

小動物っぽいA子と私の間に、光子と丸子が立つ位置で凄まれた。


A子がだいぶ前に彼男の部活の試合を見に行って、彼男にひとめぼれ。

あれこれ手を尽くして彼男に接近したが、彼男には彼女がいた。

だから別れろ。


三行で済ませるとそういう話だったので、お断りしますをした。


「A子が告ったら、あんたふられるからね。A子の方がかわいいしいい子なんだから」


と捨て台詞吐かれた。


家に帰ってから彼男に電話して、こんなことがあったよー、あんたもてるじゃんと話をした。

すると彼男が


「A子って部長の彼女だけど?」


部長の彼女と自分の彼女が同じ高校ということで良く話をするので、間違いないと彼男は主張する。

そんなまさかと思い特徴を照らし合わせたが、名前も外見も同じ。

他人の空似はありえないので、どういうことだろうと二人で悩んだ。


そのちょっと後に試合があったので、私は彼男の応援に行った。

気にして見たら、A子光子丸子がいる。

光子と目が合って睨まれ、ひそひそと陰口叩かれた。


試合中、光子と丸子がやって来て


「話があるんだけど」


と外に連れ出されそうになる。

これから彼男の出番なのにとムカつき、


「A子さんて部長さんの彼女じゃないんですか?」


と聞いた。

光子が


「だから彼男に近付くためにしたんじゃん!」


と怒鳴る。

丸子も


「A子かわいそう!私子さんもさー、ここまでするほど彼男が好きなんだからA子にゆずれよな」


とほざく。


こいつらおかしいと思い、彼男の部活の人がいる方へ逃亡しようとしたら、スカート掴まれてビリッと破けた。

私パンモロ。

あまりのことに泣き出したら光子と丸子逃亡、目撃してた彼男の部活の女子が、ジャージを貸してくれた。

泣いたまま全部暴露した。

試合が終わった後、モナ高に行って詳細を話した。

部長はなかなか信じなくて、彼男がA子に言い寄ってるんじゃないかと言い出した。

その時マネ子が部長を殴り、冷静に話し合いをしようと提案してくれた。


次の日が祝日で休みだったので、モナ高の部室にA子を呼び出した。

A子と一緒に光子と丸子も来たが、部活の女子が


「あんたたち部外者でしょ」


とブロックしてくれた。

光子と丸子は、A子は気弱だから一人じゃ言いくるめられるとかわめいてた気がする。


部室に入ったのは、部長、マネ子、彼男、私子、そこにA子。

A子は目が潤んでいて、今にも泣きそうな顔をしていたのを覚えてる。

私はA子は嘘がばれて反省してるんだなと騙されてしまったが、他の人はそうでもなかった。


部長「A子は俺が好きだって言ったけど、ほんとは彼男が好きなの?」


A子沈黙。


部長「私子さんに彼男と別れろって言ったのはほんとなの?」


A子泣き出す。


A子「そんなこといってないですぅ…」


部長「じゃあ私子さんは嘘ついたんだね?」


A子泣いてる。


部長「彼男のことは何とも思ってないね?」


A子「…ちょっと、かっこいいなとはおもった。でも、でもねっ!」


部長「(遮って)やっぱり彼男が好きなの?」


A子泣く。


部長「ちゃんと言ってくれるまで、話終わらないから。会うのもやめよう」


A子泣いてる。


部長「部活にも来ないでくれよ」


A子「えっ!?」


私子、彼男、マネ子、部長で


「会わないんだから当たり前じゃん」


とハモッた。

こんな緊張した場面でハモッたのがおかしくて、思わず笑ってしまう私。


A子「なんで?部活でできたともだちにあうのもだめなの?」


マネ子「友達って誰?」


A子「○さんとか…」


マネ子「○ちゃんと仲良くしてるとこ見たことないんですけど〜?」


A子「…」


マネ子「ていうか〜、男としか話しないよね!女子だと挨拶もシカトするし、感じ悪いんだけど」


部活の女子が協力的な理由がわかった。


部長「もういい、お前がおかしいってわかった。彼男すまん、A子がこんな奴だと気付かなかった」


その瞬間、A子がキレた。


A子「ひどぉぉい!レイプされたからあきらめてつきあってたのにぃ!!」


部長「はぁぁぁぁ!?嘘ついてんじゃねぇよ!!」


A子「嘘じゃない!警察よんでくださぁぁい!!このひと強姦魔なんですぅ!!」


部長「おま、ふざけんなよ!!」


部長がA子の髪を掴み、マネ子はやめなってと叫んでそれを止めようとしていた。

高校の部室でレイプとか強姦とか…。

硬直する私子と彼男。

A子と部長が


「レイプされた」

「お前が誘った」


と修羅場を繰り広げている間に、騒ぎを聞いて教師が登場。

私も事情を聞かれたが、レイプなんて単語口に出せず真っ赤になって黙ってしまった。

教師も突っ込んで聞けなかったのか、あまり話をしないまま家に帰してもらえた。


A子は停学になったと聞いた。


A子の話を聞きに来る人から、逆に聞いた話を総合すると、A子が好きだったのは彼男というか彼男の家。

A子は小学生の頃からお金を湯水のように使い、それはおじいさんかおばあさんからのお小遣いだったらしい。

ところがそのおじいさんかおばあさんが亡くなり、お小遣いをもらえなくなってしまった。

小学生の時同じクラスだった子は、彼女が七夕の短冊に「おかねもちとけっこんしたいです」と書いていたと話した。

嘘か真かわからないが、そういうエピソードが出るくらい金使いの荒い子だったらしい。


彼男の家は土地が広いせいで豪邸のように見えるので、ターゲットにしたんじゃないかというのが周囲の意見だった。


学校ではA子が援交しているという噂も立った。

もともとクラスというか科が違って会う機会も無いので、A子光子丸子と関わることもなく卒業した。

あの修羅場を見たせいか、大抵の痴話げんかには動じなくなった。


彼男が部長から聞いた話だと、A子は処女じゃなかった。


部長は被害者ということで、教師からの注意だけで済んだんじゃなかったかと。

ギコ高に比べてモナ高は異性交遊とかにゆるかったし。


彼男とは別れた。

大学でそれぞれ好きな相手が出来て、それまでも何もなかったので幼馴染に戻った。

手をつないでもドキドキしなかったし、今考えるとやっぱり彼氏とは言えないなあ。

 


コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . ゲッター  ID:3OClFD8o0編集削除
妄想が激しい子だな
2 . 名無しさん  ID:xgl5Szk50編集削除
ギコとかモナとか古臭いなと思って検索したら2009年の話しか
その頃ってもうギコなんて廃れてなかったっけ
3 . 名無しさん  ID:wGnysbzb0編集削除
なんというかA子やり方次第じゃうまくやれたような気がする
4 . 名無しさん  ID:XTWMye.t0編集削除
部長を殴った後で「冷静に話をしましょう(きりっ」なマネ子さんに萌えたw
5 . 名無しさん  ID:..WrpY560編集削除
年末年始のお笑い番組見過ぎた後なんで、A子がおかずクラブのブスな方を思い浮かべてしまう。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ