カテゴリー:

衝撃体験談

高校の時、夜コンビニに行ったら同じクラスメートの西原さんと偶然会った。

西原さんはブラス部で明るくて、清純派のアイドルみたいだった。
頭の悪いヤンキーもどきの女ばっかりの学校だったから、俺は西原さんの事が密かに好きだった。
(と言うより男子みんな好きだったと思う)

俺はここぞとばかりに話してたら、いい感じになって来て、西原さんが

『伊東くんって面白いんだねー、意外だったよ(笑) じゃあ又明日学校でねー!』

っと笑顔で言ってくれた。


俺は西原さんが俺の名前を知っててくれた事がまず嬉しかった。
コンビニで別れた後別に何をしようと思った訳じゃないんだけど、西原さんにバレないように後をつけた。
異様に興奮したのを覚えてる。

西原さんが自宅まで帰ったら終わりにしようと思ってたんだけど、西原さんは夜の公園に入って行った。
あれー?おっかしいな、何するんだろ?っと好奇心を刺激されてチャリを降りてついていった。
メタルギアのスネーク気分でつけてたら、同じ学校のヤンキー気取り共と女が6人程いた。

ビビって帰ろうと思ったけど、西原さんあんなクソ共と何してんだよ…、と思って回りこんで様子を見に行った。

声とか聞こえなかったけど、何してるか分かった。
俺の学校では見慣れた光景、カツアゲでした。
西原さんはヤンキーにお金を渡してなんか話してた。
しばらくして、女共が

『く〜わえろ!く〜わえろ!』

と合掌しだし、えぇ!?と思って再び木の陰から覗いたら、うっすらだが西原さんがひざまずいてた。
(多分フェラしてたと思う。)

『ぎゃはは〜』

と阿呆共の笑い声が聞こえてきた。
なんか血がサーと引いて、その場から四つん這いで離れて、公園から出た。
呆然としながら家に帰った。

次の日西原さんが話しかけて来てくれたが、うまく話せなかった。
頭からヤンキーのチンポを咥えてる(だろう)西原さんの背中が離れなかった。
それを見てから西原さんは、誰にでも好かれてると思ってたけど、一部のヤンキー男・女と話す時、明らかに西原さんがビクビクしてる事に気付いた。
助けてあげたいけど、俺は帰宅部で筋肉もないし、何より喧嘩と言うモノは子供の頃、兄弟としかした事ない、殴り合いとかTVショーなわけで。

アレから一週間くらい後で放課後の下駄箱で偶然西原さんと二人で話した。

『あれ?西原さん今日部活は?』

と俺が聞いたら

『…うん、今日はサボり』

と苦笑した。
それを見て、あぁ今日呼び出しくらったなと思った。
帰り道が一緒だったんで途中までチャリで並走して帰った。
西原さんの家との分かれ道で、西原さんが

『じゃあアタシこっちだから、またね、バイバイ』

と笑顔で去って行く背中を見て、いきなり闘志が出て来た。
クソどもが!!

家帰って、ちょっとヤンキー入ってる兄の黒ジャージ(上下)を拝借してドンキーで覆面ニットを買った。
お母さんに

『今日友達とご飯食べに行くから、遅くなる』

と行って公園に行った。
ヤンキー共がいない事を慎重に確認して、この前より見やすい場所に身を隠した。

手に着けてたGショックのライトを見てたら、20:30分。
そろそろだな、と同時に俺素手じゃん、勝てねーと気付いて慌てて角材探して来て再びスタンバった。
21:15分位にヤンキー共の話し声がして来て予想通り前日と同じ場所に座り込んだ。
男3人女2人…。
木を背にして侍見たいに角材を持って座りながら話しを聞いてると、西原さんは大体一週間に一回一万取られてる。
月3万くらいか…、俺が思ってたより良心的だった。
でもやっぱり無理矢理フェラさせてるみたいだった。
ヤンキーの一人が

『ジャーン』

とか言ったのが聞こえたので、なんだ?と思い見てみると

『おぉー、ゴムやん!』
『ハハハ』
『えー何?何?やんの?きゃははー』
『お前らのもあるから』
『あざーす』『(笑)』

みたいなやり取りしてた。
コイツら殺してやると思った。
又まだ西原さんが犯されてない事にホッとした。

9:40分位に西原さんがやってきた。

ヤンキー共が

『おせーよ!』

と言った。
俺なんか一時間以上待ってんだよボケ!
角材をギュッと握り締めて様子を見てた。

『金!持って来たか?』

西原さんは黙って渡してた。

『お前だけ一万は不公平だから次から二万な!嫌ならフェラしろ!』

一人がチンコ出したら、ヤンキー女が

『ぎゃははーほれ、咥えなよー』

と言って、フェーラ!フェーラ!と合掌しだした。
俺は覆面をハメて行くぞ!と思ったけど、心臓バクバク足ガクガクで行けなかった。

『あー気持ちー、…今日やるからー!!』

とヤンキーが西原さんに襲いかかった
時、俺はヤンキー達の前に飛び出した。
いきなり覆面に角材武装したヤツが木の裏からバキバキ音をたてて出て来たから、ヤンキー共は固まってた。
何故か俺も固まった。
ヤンキー女が

『何コイツ…?』

と言った瞬間スイッチが入って西原さんを犯そうとしてる男の背中に角材を振り下ろした!殴った!うわっ、角材持ってた手が痛かった。
それでも

『うらぁぁぁぁーー!!』

と叫びながら殴りまくった。
ヤンキー共が

『なんだコイツ、う、うわ』

と逃げ出して、西原さんを犯そうとしてたヤツもズボンを持って走って逃げて行った。

俺はハァハァ、と息きらして、手が血だらけだった。
角材つっても用意してないヤツだったから持ってる木の部分が荒くてヤンキー共を殴るたび手に小さい木が刺さって出血してた。
西原さんを見ると頭を押さえて疼くまってた。
え?まさか当たってないよな?と心配になって

『大丈夫?西原さん?』

と言って近付くと、西原さんが

『え!?』

と頭を上げた。

『え、あ…』

しまった!と思ってたら

『伊東くん?』

と言われた。
俺は角材を捨てて走って逃げ出した。

次の日、ヤンキー達にバレてたらどうしよう?とか色々考えたが、学校休んだらもっとマズいよな、と思って家を出た。
学校に行く途中、西原さんが俺を待っててくれてて、

『おはよう』

と…。
黙って二人で自転車こいで一緒に学校に行った。
下駄箱で靴入れてたら、西原さんが俺の手を握って

『ありがとう』

と言って走って行った。

その後ヤンキー達は西原さんに関わる事をやめたようだった。
どーも俺の着てた兄のジャージがヤバいチームのジャージ(勘違い)だと思ったらしく、西原さんも

『ちょっとした知り合い』

と言ったみたいでビビったみたいだった。

そして放課後、一人で帰ってたら、あの分かれ道に西原さんが待ってた。

『あれ?部活は?』

俺が聞くと、西原さんはクスっと笑って

『サボり』

と。
そして

『伊東くん好きだよ、私じゃ…彼女なれないかな?』

告白された。

今でも、たまに奥さんから、アレあなただったわよね〜?と聞かれるが、俺はそんなの知らねーよと答える。(バレバレだろーけどさ)

 


コメントの数(14)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し家の食卓  ID:9F9G8YlGO編集削除
ツンツクツクツクツン!ツンツクツクツクツン!わりーねわりーね!ニン
2 . 名無しさん  ID:WVjsZvnU0編集削除
ヤンキー「俺のしゃぶってた口とキスするのどんな気持ち?」
3 . 名無しさん  ID:ztUNtnmf0編集削除
※の唐突な伊東四朗に笑った
4 . 名無しさん  ID:o2DW4wyg0編集削除
ここには少なくとも3人のおっさんがいる事がわかった
5 . 名無しさん  ID:LMl5Hbvy0編集削除
俺もおっさんなので4人です
6 . デンセンマン  ID:MDxoKwQL0編集削除
オッサンマミレw
7 . 名無しさん  ID:lAm97cOP0編集削除
良かったのぉ〜、ほんに良かった良かった
8 . 七氏  ID:c6acNOsHO編集削除
きちんと残された角材の血と次の日下駄箱で手を握ってチェックされてますね…バレバレ(笑)いい話ですね
9 . 名無しさん  ID:R3BEsqOm0編集削除
※3おっさん1人見かけたら30匹潜んでると思え。
10 . 名無しさん  ID:4.dP3yoL0編集削除
小松政夫もわかるんだが・・・・

♪し〜らけど〜り、と〜んでゆ〜く・・・w
11 . 名無しさん  ID:mU.Sfg3L0編集削除
浮浪者のおっさんと糞まみれのプレイがやりたいぜ。
12 . 名無しさん  ID:CqJTL.IC0編集削除
面白くていい話だったよ
創作だろうけど
でも面白かったよ
13 . 名無しさん  ID:Nt2NQizZ0編集削除
いい話だな〜


※11
浮浪者ばかにするお前はクズか?
プレーしたければ同性愛者でヤッテロ!
14 . 名無しさん  ID:80T4h8SS0編集削除
ここはプレイと書いていただきたかった!

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ