カテゴリー:

感動体験談

震災絡みなので周囲に不幸があったら失礼 

仙台に赴任していた時に東日本大震災に遭い、それまで話したこともなかったマンション隣室の女性(1歳上)と協力してたら、日常生活に戻ってからも行き来する半同棲状態に 
今年の春先に異動が決まったのでプロポーズしたらOKもらえて、三月中に両家挨拶と入籍と仕事引継ぎを一気に済ませて関東へ引っ越し 



新部署での仕事と並行した準備の上、先月ようやく結婚式あげて一息ついたと思ってたらら、 今月に入って嫁から妊娠の報告を受けて、また忙しくなるなあとニヤニヤが止まらん 

あの日は普通に仕事してたんだが、地震が起きて
ビル内の安全や怪我人とかの確認を一通り済ませた後、帰れるヤツは帰ってよしとなった 
徒歩通勤の俺は部屋の状態が気になるので、素直に一時帰宅することに 
マンションに戻ると、共用部分の天井落ちてたり区画ごと停電していたりとそれなりに酷い状態で、俺の部屋に向かう途中で、外の光を入れるためか扉を開けて作業していたお隣さんと目が合った
一応隣室の住人としてお互い顔は知っていたが、まともに会話したのは初めてで 

俺「えらいことになりましたねー」 

隣「そうですねえ。電気ガス水道、全部だめです」 

俺「うわ、マジですか」 

隣「うちなんか、家具も倒れちゃって……」 

俺「もし部屋に入っていいなら、手伝いますよ。明るいうちにやらないと危険ですし」 

隣「でも、そちらも部屋の片付けとかあるんじゃ」 

俺「じゃあ、自分の部屋見て、大丈夫だったらってことで」 

こんな感じのやり取りした後、俺の部屋は炊飯器とトースターが転げ落ちた以外は汚部屋くらいで済んでたから、すぐに隣部屋に戻って、二人で倒れたタンスとか電化製品を起こした 

片付けて失礼しようかとも思ったが、俺自身一人になるのは避けたいのもあるし、お隣さんは懐中電灯とかラジオ持ってなかったので俺が会社から借りた防災グッズを持ち込んで、何となく夜まで一緒の部屋にいて、そこで初めて名前とか交換した 

その後、お互い携帯で身内に連絡取ろうとしたが全く繋がらなかった 
俺実家は関東なので楽観してたが、お隣さん実家は車で1時間半位の近場な上、お母さんしかいないとのことで、心配して何度かけても繋がらなくて、ちょっと泣いてた 

朝までじっとしている方が安全だろうけど、割りきれないよなあとか思い、

俺「あの、車出しますから行きましょう」 

信号消えてるし、地面隆起してるし、道路渋滞してるし、遠くのコンビナート?は炎上して怖いしと色々あったが、日付が変わる前にお隣さんの実家に到着
お母さんは無事なものの、お母さん側からも連絡不通で心配していて、すごく感謝された 

夜のうちに戻る気力はなく、お隣さん母子からは泊まってくれと言われたが、女性しかいない家に泊まるのは気が引けたので、俺はカーナビでテレビ見たいと嘘ついて、ガソリン節約でまだ雪の降る季節の東北でエンジンつけずに車で一泊

翌日、お隣さん実家の電話借りて俺も実家に連絡したり、テレビ見てうわーとか言いつつ、夕方にはお隣さんとマンションに戻ることにしたが、お母さんからくれぐれも頼まれてしまった 

マンションに戻ると、電気と水道は復旧していたがガスは1ヶ月戻らなかった
俺は翌月曜から仕事再開だがお隣さんはしばらく仕事もないため、お互い自由な時間に食料を調達したり、俺の持っていたホットプレートでお隣さんが料理したり、俺の電気ケトルでお湯沸かして風呂代わりにしたりと共同生活が開始された
どちらかといえば、俺は車出したり電化製品出す側で、お隣さんは家事

まあ、仙台中心部だから物資が完全に尽きることもなく、2ヶ月後には生活水準は大体元に戻っていたんだが、その頃になっても、普通に俺とお隣さんは一緒に飯食ったり、復旧した場所見に行ったりと一緒にいた 

とはいえ、きっかけが非常事態だっただけに、恋愛に切り替えるのタイミングも分からないまま、二年近くが過ぎた今年の2月、俺に関東に行けという内示が降りた 

さすがに俺も、もうヘタレてる場合ではないと思い、その日の夕飯でお隣さんと話した
遠距離恋愛なんかでは、いずれ消滅するんじゃないかと思ってたので、ありったけの勇気で、

「これからも一緒にいたいから行って欲しい」

みたいなことを告げたら 
お隣さんは、クスクス笑って頷いてくれた 

隣「そういう時は、黙って着いてこいって言ってくれる位が嬉しいんだよ?」 

俺「けど、本当にいいの?(お隣さんの)お母さんと離れちゃうよ?」 

隣「お母さん、前に言ってたの。俺君なら安心できるから、こっちの心配なんかするなって」 

そこまで信頼されてたことが本当に嬉しかった 
そのまま恋愛の告白を飛び越えて正式に婚約して、まあ、エロいこともするようになった 

それからは、正式にお隣さんのお母さんに

「娘さんをください」

言いに言ったり、会社に「結婚するから社宅は夫婦用お願い」と申請したりと、元々の異動手続きの忙しさもあって毎日動き回った記憶しかない 

急いで入籍はしたものの、やっぱり結婚式はやりたいよねとなり、関東に移ってからすぐに手配を始めて、ようやく9月に式を挙げることができた

コメントの数(8)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:JxvEMb.l0編集削除
もげでけらいよ
2 . 名無しさん  ID:jRf9WOS30編集削除
おめでとうおめでとう!!素敵な話でこちらも笑顔。 ありがとう!!
3 . 名無しさん  ID:7ftNmB8b0編集削除
昨日の野球で心がささくれてる俺には
こんなハナシがちょうどいい・・・
4 . 名無しさん  ID:e75fQBhB0編集削除
旦那のもげたモノは俺が貰い受けようw
5 . 名無しさん  ID:pnJrXJ5d0編集削除
宮城県民だけど時系列やインフラ状況が嘘くさい
6 . 名無しさん  ID:Y.1285eh0編集削除
チッ、なんだよ
ノロケかよ
し(あわせになって)ね
7 . 名無しさん  ID:jw9Ub6e10編集削除
※4 ちんまげにでもすんのかい?
8 . 名無しの誇り高きヤングタイガー  ID:OvIwkcOwO編集削除
これがいわゆる「つり橋効果」ちゅー訳やなぁ。うらやましいでぇ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ