カテゴリー:

衝撃体験談

俺には、何人か幼馴染がいて、家族がよく

「戦隊ものみたい」

と言ってたので。
ここでの仮名も色にする。
レッドは、リーダーシップのあるイケメン。運動も得意で、やたらもてる。
ブルーは、いつも冷静で、父子家庭のせいか、小さい頃からやたら大人びていた。
ホワイトは、女なんだけど、負けず嫌いで気が強く、面倒見がすごくいい。
俺はグリーンと言われた。チビメガネのガリ勉で、絵に描いたようないじめれっ子
これに、ブルーの妹(ピンク)が加わった5人で、よく遊んだ。
親同士も幼馴染だったり、学生時代の友人だったりしたので、家族ぐるみの付き合いをしてて、特にブルーの父は多忙な人だったので
レッド、ホワイト、俺家で夕飯食べたり泊まったりすることも多かった。



前述の通り。
俺はものすごいチビメガネで、根暗な性格だったので、よくいじめられた。
歩けばどつかれるし、しゃがめば蹴られる。
泣けばメガネザルが吠えてると言われた。
そんなときに、必ず駆けつけてくれたのが、ホワイトだった。
ホワイトは発育がよくて、クラスで目立つほど大きかったので、

「こらー!」

と叫びながら駆け寄ってくるだけで、いじめっ子は逃げていった。
ホワイトは、俺にしょっちゅう説教してきた。

「やられたら、やり返せばいいのよ!」

と言うホワイトに

「でも、蹴られたら痛いよ」

と俺は言う。
そうするとホワイトは呆れて

「グリーンは私がいないとだめね」

といって説教が終わるのがお決まりだった。

俺は物心ついたときから、ホワイトのことが好きで、いじめられるのは嫌だったが、いつもホワイトが駆けつけてくれるのも、いじめっ子を追い払った後、普段ツンツンしてるホワイトが優しくしてくれるのも、とてもうれしかった。
家の方向が同じなので、高校入るまで、ずっとホワイトと二人で登校してて、5人の中でも、特別俺たちは親しいと思っていた。
告白はできなかった。
ホワイトに守られてる状態でっていうのが情けなかったし、断られたら、今までどおりに接してくれなくなるかもと思うと、怖かった。
せめて、ホワイトの世話にならないようになってから、と思ってた。

中学に上がると、レッドのイケメン具合に拍車がかかり、女子から絶大な人気を誇っていた。
それに関連して、レッドに親しい俺は女子から、レッドとのパイプ要員で重宝がられ、俺をいじめる→レッドの反感を買う→女子に総スカンを食らう→いじめた奴クラスで孤立の図式が完成して、俺へのいじめは無くなった。
そんな頃、レッドに

「お前、どうすんの?」

ときかれた。
レッドは、俺がホワイトを好きなこと知ってた。
変わらずに、ホワイトのことは好きだった。
でも、今までの関係が壊れるのも嫌だった。
ホワイトの彼氏になって、手をつないだり、二人っきりで遊んだり、キスしたりしたいっていう感情が無いわけじゃなかったけど
俺の中では絶対そうしたいってものでもなかった。
それをレッドに伝えると、

「それでお前がいいなら」

と言ってくれた。

レッドは運動部で活躍し、ブルーは美術部で賞をもらったりしてた。ホワイトは生徒会を勤めてて、3人に釣り合いたくて俺は必死に勉強した。
その結果、高校受験では、志望校に推薦合格できた。
レッドは、部活が強いと言う理由で、ホワイトは、成績的に妥当なところを、ブルーは、金銭的事情で、同じ高校を受けた。
俺は一足先に合格できたので、みんなの勉強を見たりした。
その成果か、めでたく全員合格。

「すごい、すごい、全員受かってる」

と、ホワイトは涙ぐみながら

「グリーンのおかげだね、本当にうれしい」

と、感極まって抱きつかれた。
そのとき、俺はホワイトよりも背が高くなっていた。
それに気づいたら、急にホワイトに気持ちを打ち明けたい衝動に駆られ、ついに俺は、入学式の日に告白しよう、と決心した。

ホワイトとブルーが付き合ってる、と知ったのは、卒業式の1日前だった。
ブルーと俺とで、同じ高校に行けてよかったな、と休み時間に話してたら

「ブルーはいいよな、ホワイトさんもいるなら、初っ端から彼女持ちじゃん」

と、俺たちの横を通り過ぎ様と、クラスの奴が言ったんだ。
目の前にブルーがいるのに、何故か俺はそう言った奴を問い詰めた。
そして、美術室にいつも二人っきりでいること、二人で腕組んで歩いてるのを見た人もいる、と。
放心状態になりながら、ブルーに尋ねた。

俺「ホワイトと付き合ってんの?」

ブルー「グリーンのことはわかってたけど、グリーンを理由に断るのは何か違うと思った」

俺「答えになってないよ。ちゃんと答えて」

ブルー「俺としては、そういう気は無いけど、周りやホワイトが言うならそうなんだと思う」

埒が明かない、と思って、俺は衝動的にホワイトのクラスへ行った。
ホワイトを見つけて、廊下まで連れ出したはいいが、ホワイトを前にすると何も言えなかった。

「何?用事あるんじゃないの?」

とホワイトにせっつかれて、ようやく俺は

「ブルーと」

とだけ言った。
それで察したのか、ホワイトは見たことも無いくらい可愛い顔して

「うん、そうなの。ブルーと付き合ってるんだ」

と口にした。

「レッドとグリーンに言っておきたかったんだけど、なんか照れくさくって。今まで黙っててごめんね?」

「でも、ブルーに聞いたら、そんな感じじゃなかったよ?」

腹の底から、すごく冷たい声が出た。
俺の言葉に、ホワイトはちょっと顔を俯かせて

「ブルーは、恋人とか欲しくないんだって。でも、それでもいいんだ。
 なんかブルーって、ほっとけないって言うか」

言いながら、ホワイトはニコニコしていた。
幸せそうな顔、というのか。

ブルーの母は、子供をほったらかしにして遊び歩く女だったそうで、ブルーの親父さんは相当苦労されたようだった。
だからか、ブルーは彼女も奥さんも欲しくない、と俺たちに言っていた。
そういう奴だ、と俺もよく知っていたので、ホワイトのゴリ押しでそういう関係に持っていったのが、目に浮かぶようだった。
その頃すでに10年以上の付き合いだったから、尚更、別の可能性を見出すことができなかった。
中学に入りたての頃、レッドが俺に

「どうする?」

と聞いた理由が分かったような気がした。
不思議と悲しくは無かった。
その代わり、ブルーに対して、途方も無い憎悪が生まれた。
ホワイトのことを好きでもないのに、拒まないで、ホワイトを囲っているところが、たまらなくクズに思えた。
俺だったら、ホワイトを宝物のように扱うのに。
俺だったらって、そればかり考えてた。

高校に入ってからは、ホワイトはブルーへの気持ちを隠すことも無くなり、ただひたすら、ブルーにベタ惚れしているようだった。
毎日弁当を作ってきて、絵を描いていたブルーの筆箱をチェックして。
そろそろ切れそうな画材があれば、買い足していた。
ブルーはブルーで、彼氏としてそっけない態度を貫き通し、

「本当に付き合ってるのか?」

とレッドは首をかしげるほどだった。
そうすると、ホワイトがブチ切れて

「ブルーは今のままでいいの!」

と叫んだ。

不思議と、俺たち5人の付き合いは変わることは無かった。
ブルーと二人で遊びに行くこともあった。
でも、ふとした拍子に、例えば駅のホームに立ってるブルーの背中を押したらどうなるんだろう、と思ったりした。
ブルーを押そうと両手を構えるんだけど、その度に、だとしても、ホワイトは俺に振り向いたりしないんだろうな、と結論付けて、手を下ろした。

そうこうしているうちに高校を卒業。
レッドは家業を継ぎ、ブルーは美大、ホワイトは地元公立大、俺は、遠方の大学へ入学。
そのままそこで就職。
就職してから2年後、ブルーとホワイトが結婚したと、ホワイトから報告を受けた。
ブルーの意向で、式はやらないそうだが、ホワイトはとても幸せそうだった。
ブルーへの憎しみは消えないままだったが、それでも、ホワイトの笑顔が見れるなら、これが正解なんだろう、と自分を無理やり納得させた。

それから更に2年たった冬、仕事中に実家から電話があった。
ブルーが死んだと。
どう職場に説明つけたかは忘れた。
電車のダイヤも確認せず、会社にコートすら忘れて、新幹線に飛び乗っていた。
親は、あまりにも早く帰ってきた俺を見て驚きながらも、心臓麻痺で、突然だった、と口にした。
ブルーの遺体は、二人の新居には入らなかったのか、それとも同居してたのかブルーの実家にあった。
既にレッドはブルー父の手伝いをしていて、遺体の前では、放心したように正座するホワイトと、そのホワイトの膝に顔をうずめて泣きじゃくるブルー妹の姿があった。

「しろちゃん」

と、子供の頃からのあだ名で声をかけた。
レッドもブルーも、とっくに「ホワイト」呼びに変えたのだが
俺だけは、何かの意地のように「しろちゃん」と呼び続けていた。
ホワイトは、俺に気づいて顔を上げた。
しばらく俺を眺めた後、ぽつりと

「大きくなったね」

と言うので

「いまさらだよ」

と答えると、寂しそうに笑った。
ブルー妹は、まだ泣き続けていて、ホワイトは動けそうにも無かったので、俺はレッドと一緒にブルー父の手伝いに回った。

「ブルー君の顔、みてあげたら?」

とレッド母に言われたけど断った。
レッド母は、辛いから、と解釈したみたいだけど
本音を言えば、ブルーの顔を見たら、死んでると分かってても首を絞めてしまいそうだったから。

葬儀も特にトラブル無く進んでいった。
喪主であるホワイトも立派なもんで、それが更に親世代の涙を誘った。
そして、献花が終わり、棺に蓋をしようとしたとき、今まで気丈に振舞ってたホワイトが壊れた。

「やめてえええ!」

と金切り声を上げて
蓋を被せまいと、遺体に抱きついた。
真っ先にレッドが飛び出て落ち着け!と言っても聞かない。
ホワイト父や、ブルー父が体を掴んでも収まらない。
髪を振り乱して泣き叫ぶホワイト。
すごい力のようで、レッドが俺の名を呼んで、加勢しろという。
俺は立ち上がってホワイトの肩を持って、ゆっくりと話しかけた。

「しろちゃん、辛いね。全部は無理でも、俺も少しは分かるよ。
 ブルーはさ、もう、しろちゃんの目の見える場所にはいないけど
 ずっと、しろちゃんや、俺たちのこと見ててくれると思うんだ。
 辛いけど、このままだと、ブルーはどこにも行けないからさ。
 辛いけど、少しの辛抱だから。送り出してあげよう?」

ホワイト。
きょとんとした顔で俺を見たかと思えば、倒れるようにして俺によりかかり、声尾をし殺すようにして泣き出し、泣きながらも、こくんと頷いて、棺から体をどかした。
レッドでも、ホワイト父でも抑えられなかったホワイトが、俺の言葉に従うことに、たまらない優越感を抱いた俺はクズだと思う。
棺の蓋に釘を打つとき、ものすごく楽しかった。

帰り道、レッドと二人で帰っていると、ぽつりとレッドが言った。

「お前、あの時笑ってただろ」

顔を上げてレッドを見ても、レッドは顔を正面に向けたままだった。

「ブルーが死んでほっとしたか?」

自分でも気づかなかった所を突かれて、俺は頭を殴られたようだった。
連絡を聞いて即効帰ってきたのは、ホワイトが心配だったからじゃない。
本当にブルーが死んだのか確認したかったからだ。
俺か何も言わずにいると、レッドがこっちを見た。
可哀想なものを見るような目だった。

これから、ホワイトが誰かを好きになったら、俺はそいつを憎んで、そいつの不幸を喜ぶんだろうな。
ブルーの葬式中だって、どのタイミングでホワイトに告白するのがベストだろう。
49日明けてからかな、一周忌過ぎてかな、なんて考えてた。
告白する根性ないくせに。
昔は、普通にホワイトを好きになって、彼氏っぽいことしてみないな、とか、ホワイトが嬉しそうにしてるだけで幸せだったのに。
なんでこんなクズになっちまったんだろう。
元々クズだったのかな。
ブルーの妹と結婚することが決まったので吐き出させてもらった。

こうして書いてみると、一番修羅場なのはレッドか

ブルーの親父さんに頼まれた。
レッドは既婚だしな。
ピンクも俺がいいらしい。

コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:42Zs9UPd0編集削除
はい、墓場まで持っていく話きましたー
2 . 名無しの戦闘員  ID:2Enc0rEpO編集削除
過去の戦隊モノはメンバーチェンジはたまにあったからな。殉職だったり栄転だったり、役者側に問題あり…だったりな。

最近のはサブメンバー系がいたりする傾向があるよな。サブメンバー専用巨大メカもあったりなかったり。
3 . 名無しさん  ID:52xGZk0C0編集削除
ヘタレ過ぎるいじめられっ子ってのは
大人になっても<悪い思想を抱く自分>を認識しておかないと
自我が保てないみたいね
自分にも悪い事が出来る←出来ない
自分は悪い事を企てられる←これで精一杯
んでもってある日箍が外れて無差別〇人とかやっちゃうのね
4 . 名無しさん  ID:hzjKhoNs0編集削除
半分まで読んだ。
すまねぇ・・・つづきを誰かまとめてくれると嬉しい。
5 . 名無しさん  ID:kjMtPsNb0編集削除
色で例えるのはやめろ
すごく読み辛い
6 . 名無しさん  ID:P6uy259r0編集削除
小さい頃からいじめられて女幼馴染に守られてた
ヘタレなんで何もできず女の幼馴染は男幼馴染を好きになった
自分からは何もアプローチしないくせに男幼馴染を恨んだ
就職後二人は結婚したけど男幼馴染は心臓発作で死んだ
死んだにも関わらず死に顔を見たら首を絞めてしまいそうなほど憎んだ
出棺のとき女幼馴染が発狂し、他の人では抑えられなかった女幼馴染を慰めたら落ち着いた
それに対して優越感を抱き、棺に釘打つときはうれしかった
告白する根性は無いし何かする気もないが、今後女幼馴染が誰かを好きなったら憎むし不幸を喜ぶ
死んだ男幼馴染の妹を結婚することになったから書いた
7 . 名無しさん  ID:IirRVi5M0編集削除
>>6 あざす

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ