カテゴリー:

衝撃体験談

この話は長年教師をしていた祖母がまだ新米だった頃に体験した話。
また母からの又聞きなので細かい部分はおかしいとこがあったりするかもしれんがとりあえずスルーで。

祖母はそこそこ金持ちの出で半ば箱入りに近い環境で育った人だった。
女学校(師範学校ではないが一応正式な教師だったらしい)を卒業して教師になって地元から少し

離れた学校に赴任した。



で祖母は赴任したその年、学校の近くであった祭りに一人で遊びに行ったんだって。
でもまぁ先にも書いたが半ば箱入りの祖母はそんな所で遊んだ経験が乏しく、浮かれていたせいか何

なのか祖母は的屋の兄ちゃんに金を巻き上げられたんだ。(何故そういう展開になったのかはよく解らな

いが後年祖母に聞いた所私は悪くないの一点張りだった。)

祖母曰くその当時(昭和20年代)の的屋ってのはほとんどがヤのつく自営業またはその下っ端。
対する祖母は箱入りの新米教師。
為す術もなくかなりの額を巻き上げられ(母曰く一月分の給料、祖母曰くそこまでではないが中々の

額)祖母は泣く泣く祭を後にした。
祖母は地元から離れた所に赴任していたが実家住まいで、祭に行って給料全部巻き上げられたなん

て両親に言えるはずもなく赴任先の学校で一人べそをかいてた。
すると偶然学校に残ってた用務員のおじさんが祖母を見つけ

「どうしたんだい。何かあったの?」

みたいなことを言ってきた。
祖母は祭に言って的屋に金を巻き上げられたこと、両親には言えないし周囲にも相談する人がいな

いってことを用務員のおじさんに伝えた。

用務員のおじさんは祖母の話しを一通り聞き終えると

「そうかそりゃあ大変だったね。
 おじさんも一緒についてってあげるからお金返して貰うよう掛け合ってみよう。」

って言ったんだ。
別に祖母はその用務員のおじさんとは特別親しかったわけではなかったし、何より的屋の兄ちゃんがか

なり怖かったらしく

「いえいいんです。」

とか言いながら断ろうとしたんだけど用務員のおじさんはニコニコ顔で

「大丈夫。大丈夫。」

って言って祖母の意向を無視。
結局祖母はその用務員のおじさんに引きずられるように再び祭の会場にいったんだ。
祖母と用務員さんが祭の会場に着いた時、祭はほとんど終わってて的屋達が祭の後片付けをしてる

最中だった。
用務員さんは祖母に教えて貰い金を巻き上げた件の的屋の兄ちゃんに声をかけた。

用務員さんは件の的屋に物凄い穏やかな態度で

「この人からお金巻き上げたでしょ。この人それで困っているからお金を返してあげて下さい。」

って的屋に交渉を始めた。
そしたら的屋の兄ちゃんは激怒して

「俺は金を巻き上げてなんかない。その人が置いてったんだ。」

みたいなこと言って一歩も譲らない。
暫く用務員さんの穏やかな説得と的屋の怒声交じりの反論が続く。
すると祭の後片付けを終えた他の的屋達が野次馬として集まってきた。
因みに祖母は用務員さんが的屋に声をかけた時からずっと用務員さんの後ろに隠れて震えてたらしい

更に野次馬は集まってきたが用務員さんは穏やかに返すよう的屋に促していたが野次馬が集まり強

気になったのか的屋は急に用務員さんの胸倉を掴んだ。

用務員さんの胸倉が捕まれた時、祖母はもうダメだ殺されると思った。
ところが、用務員さん。
胸倉を掴んできた的屋の手を鋭く払いのけると

「てめぇ。俺が○○んとこの××だって知らねぇのか?」

って今までの穏やかな態度から一変。
低くそれでいながら周囲の人間全員に聞こえるような、いわゆるドスの利いた声で名乗った。
すると的屋真っ青な顔になったと思った次の瞬間には土下座。
周りにいた野次馬達も全員顔真っ青。
祖母一人だけポカーン。
その時の祖母は知らなかったが○○ってのは祖母の赴任先の学校どころか祖母の住む都道府県一

帯を締めてたヤのつく自営業。
さらに××は○○のボスの側近でこと武力では絶対に逆らってはいけない存在だったらしい。

そんな大物とは露知らず食ってかかった的屋は土下座のまま半泣き。
しかし用務員さん

「おい。泣いて土下座してねぇでさっさとこの人に金を返しな。」

と容赦がない。
的屋慌てて祖母に巻き上げた金どころか有り金全部を渡そうとしたが、ポカーンとしてた祖母がここで

我に帰り

「巻き上げられた額だけでいいんです。」

と受け取りを一旦拒否。
しかし的屋は用務員さんの手前有り金全部を渡そうする。
さっきまで怖くて仕方なかったガタイのいい兄ちゃんが泣きながら必死に金を渡そうとするので祖母も段

々泣き顔になってきた
(祖母的にはガタイのいい兄ちゃんが泣きながら迫ってくるのが怖かったと一人でパニくる)
そこで再び用務員さん

「おい。この人をこれ以上困らせんじゃねぇよ。巻き上げた分だけ出しな。」

と一喝。
結局祖母は巻き上げられた分の金だけ受け取り、夜遅かったことから途中まで用務員さんに送っても

らい家に帰ったそうです。
一応後日談もあるが長くなったので割愛。
その後祖母は数年その学校に勤めた後、他校に移動。用務員さんとは事件後も特に親しくなった訳

ではなく、他校に移動になった後の用務員さんについては全く知らないとのこと。
しかし以後祖母は学校の用務員に一角の敬意を払うようになったという。

後日談
事件後の翌日祖母は用務員さんにお礼を言いに伺った。
ところがあの日の迫力は何処へやらいつものニコニコと穏やかな態度で用務員さんは祖母に接してくれ

た。
で祖母はおどおどしながら意を決して用務員さんが何者なのか尋ねた。
いくら祖母が箱入りで世間知らずとはいえ、この用務員さんがタダモノではないのは察知していた。
用務員さんは最初は

「ナンデモナイヨー。」
「タダノオジサンダヨー。」とか

はぐらかしてたんだが祖母が(おどおどしてるくせに)
しつこく聞くから観念して社会の仕組みを教えてくれた。

この時代(昭和20年代)教師という職業は社会的ステータスが高くてそれこそ先生さま先生さまって

いう時代だった。
とくに校長先生ともなるとほとんど地元の名士みたいな感じで、生徒がなにかしらの問題を起こしても

大体のことは校長が出張れば解決したらしい。
ただそれはあくまで表社会の出来事でいくら地元の名士校長先生さまでも裏社会にはほとんど影響

力はなかった。
で馬鹿な奴ってのはどこにでもいて(特に戦後の混乱期の影響か表と裏が本当に近かったらしい)裏

の人たちにちょっかいかける学生もいたらしい。
でそういう対処は校長先生さまにはできなかった。

一方の裏の人たちも、いくらちょっかいを出してきても基本的に堅気には手を出したくはなかった。
そこで両者の間では暗黙の協定が結ばれ、用務員さん曰く基本的に学生たちに校長先生さまは裏

にちょっかいを出させないよう監視する。
裏からは絶対に手を出さない。
ただし何らかの問題が発生した場合に備え学校側に有力な裏の住人を常駐させ、彼らに問題を解

決させる。
てなことをしてたらしいちなみに用務員さん曰くこれと似たようなことは全国どこでもやってるとのこと。
で用務員さんはそんな有力者の一人だったってこと。

ちなみにこの協定一見学校側が有利に見えるかもしれないが、一部の裏の人たちにはもっと魅力的

だったらしい。
というのも常駐する人たちは裏だとそれこそ一騎当千の大物がほとんどだったんだけど、そういう人の多

くは長く切った張ったの世界にいたせいか、表にあこがれに近いものがあったんだって。
でも裏の住人であるため表の方だと絶対就職なんてできなかったらしい。
だから学校の用務員ていう表の職に就けたのは涎が出るほどうれしかったって用務員さんは言ってたっ

て。
ちなみにほんとに余談だが祖母が用務員さんの○○んとこの××てのが何者だったか知ったのは、次

の次の赴任先の先生から教えてもらうまでどれくらいの人か分からなかったらしい。

コメントの数(9)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:2l23Mge60編集削除
>涎が出るほどうれしかった

嬉しい時によだれが出るとか池沼かよ
2 . 名無しさん  ID:DMqzC7QY0編集削除
「涎が出るほど」の使い方が間違っている
と書こうと思ったら早速1が指摘してくれていたので満足
3 . 名無しさん  ID:hiUJldSv0編集削除
893上げしてる奴も逮捕されねーかな
4 . 名無しさん  ID:zZECAyqu0編集削除
この話は何回目だったっけ?
5 . 名無しさん  ID:HAwaWLkL0編集削除
用務員のおじさんって、頭がバーコードなイメージですよね。
6 . 名無しさん  ID:.oAeP8eZ0編集削除
前の話もそうだけど、これも何度か既・出。
回数はもう分かりません。
7 . 名無しさん  ID:46km0xIF0[評価:1 ]編集削除
中学生の妄想かよ
8 . 名無しさん  ID:rtJ10cOS0編集削除
的屋で金を巻き上げられるってどういうこと?
9 . 名無しさん  ID:.PHf8xYW0編集削除
これは概出じゃねえだろ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ