カテゴリー:

衝撃体験談

普段温厚だけど切れると怖くい女先輩の話。
ちょっと下ネタ入ります。
前提として、その先輩は手を使わなくてもくしゃみが自由自在に出せるというプチ特技を持っている。

その女先輩をAとする。


Aは、大学の同級生B(この人とも自分は知り合い)と付き合っていた。
周りにもその事実は知れ渡ってたし、二人はすごく仲良げでお似合いに見えた。
そんな二人が付き合って数年、婚約したという噂を聞いた。
Aに式には呼ぶねなんて言ってもらえて楽しみにしてたんだけど、数ヶ月後に二人が入籍間近で破局したと報告を受けた。
原因はBの浮気。
サークルの後輩とデキていて、浮気相手の女がSNSにB先輩とわかるような情報(浮気デート写メ・後ろ姿とか)を載せ「一番じゃなくてもいいの、今は…」などと垂れ流していたらしい。
それを見たABの関係を知っている人物がAにそれを告げ、発覚した。

後から聞いた話だと、BはAと付き合っている時浮気未遂のようなことをしていて別れると言い張るAにもう二度としないと追いすがって数年かかって再構築をしているところだったらしい。
そこにその一報だ。
Aは完全にキれた。

AはすぐにBを問い詰めるわけでもなく、いつも通りにBとデートをして、ホテルへ。
いつものようにベッドインし、Aがフ◯ラする体制に入る。
それをしながらAは甘い声で言った。

A「ねぇ?」

B「なに?」

A「◯日、どこで何してた?」

B「えっ…」

A「−−(遠めのデートスポット)に行ったみたいだね?」

B「………」

この時、Aさんは口の中でBのモノが萎れていくのを感じていたらしい。
それを甘噛みしながら腰が引けたBに更に尋問。

A「楽しかった?私のこと騙して楽しかった?」

B「そんなつもりじゃなかったんだ…ごめん」

A「私悲しかったなぁ…このくらい胸が痛いよ。もっとかな?」

といって強めにブツを噛む。
BがAを引き離そうとした瞬間、

A「あ、くしゃみ出そ…ぶえっくしょーいッッ!!!」ガリブチュッ 

B「(悲鳴)」

A「あ…そんなつもりじゃなかったの、ごめんね?」(血まみれの口で)

Aさんは身体を起こして服を着ると、素っ裸で出血している股間を抑えてうずくまるBとその荷物を取り残し、血の混じったツバを真っ青になったBの顔に吐き捨てて

「じゃあなクソ男」

と言った。

Bは自分で救急車を呼び、切断とかにはならなかったらしいが、噂ではEDになったそう。
Aの親族が経営する会社にも居られなくなって辞め、今は音信不通。

今は事の顛末を知る別の知人と結婚し、いいお母さんをやっているAから酒の席で聞いた話。
まさかくしゃみ出ちゃうなんてねぇって笑ってた声がわざとらしくて怖かったです。
浮気してる男性は気をつけないとね。

コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し  ID:AdTNBnmTO編集削除
怖くい…ってのはどこかの方言か?それとも誤植か?少しだけ気になる
2 . 名無しさん  ID:Dvr6dD620編集削除
「一番じゃなくてもいいの、今は…」

蓮舫にでも洗脳されたか?
3 . 名無し  ID:rJCFgatiO編集削除
※1
怖喰いじゃないか?フェラの話だけに
しかしよく覚めた男のモノをくわえられるもんだ
4 . 名無しさん  ID:2Md2sPkd0編集削除
※3
いままで咥えてたし慣れてて大したことないんじゃね?
5 . 名無しのウホッ  ID:rNLChSgK0編集削除
萎えた状態から、口の中でだんだん硬くなっていく感触が萌えるのに。
誰か俺の口で、今まで味わったことのない快感を試してみねーか?病みつきになるぜぃ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ