カテゴリー:

衝撃体験談

中学の頃先輩に、よくバス釣りに行くダム湖に女の死体があると聞かされた
俺は興味津々で

「死体が見たいです!」

つって先輩達と俺の四人でダムへ向かった
ダムへの道程はとてもワクワクドキドキして気分はさながらスタンドバイミー

いよいよダムにつくと先輩が声を潜め身を屈めながら案内する
立入禁止の場所にあるそうで、水道局員や警察に見つからないためだった
厨房の俺は映画の探検家にでもなった気分でとても楽しんでいた



先輩が

「あそこだ」

と言って草むらを指差す
俺達は息をのみビクつきながらも草を掻き分ける
するとそこには、女のものと思われる腹部から太股あたりが放置されていた
俺も先輩達もビックリして腰を抜かしてへたりこんだ
俺は急に恐怖にかられて警察を呼ぼうとしたが案内役の先輩に止められた

「俺達で葬ってやらんと」

と先輩は火葬と称して焚き火の準備を始めた

準備ができるまでの間、俺は棒切れで死体をつついていた
(これが女の体か…)とガキの欲求のなすがまま、股間の穴に棒切れを突っ込んでここが膣か?
とか考えていた(まだマンコとかヴァギナとか知らなかった)

そうしている間に火葬の準備ができた
死体に棒を突き刺し薪へ運ぶ
薪の上に置くと先輩がライターオイルを振りかけ火をつけ、別の先輩がケータイから御経を流す
異様な光景だった
焚き火を囲んで座り、御経を聞きながら焼かれる死体を眺める
死体はブクブクと泡立ち、みるみる内に溶けて無くなった

火葬が終わり、淡々と消火と後片付けをして帰路についた
不思議な空気に包まれ、別れの挨拶まで誰も口を開かなかった

今だからわかるが、あれは下半身型のオナホールだ
異常にブヨブヨしていて人肉的な断面も血も無く
異臭も骨も無いどころか腐りもしていない
近くにローションの容器と思われるものやティッシュも落ちていた
どう考えてもあれはオナホだったのだ

もう先輩達も気付いているのだろうが、この話はしない
酒の席で思出話をしていても不思議とこの話は誰もしないのだ
恥ずかしいというのもあるのだろうが、みんな大切な思い出として心に秘めているのだろう

コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:EXZPdvR90編集削除
裏山にシリコンドール埋めてる途中女子中学生に見られて村中大騒ぎになったの思い出したわwww
2 . 名無し  ID:VMKYJVzDO編集削除
オナホの処分に困った先輩が死体と偽り知らないふりして目撃者まで連れて計画的に処分した話じゃないか
3 . 名無しさん  ID:xX9.LdV.0編集削除
シリコンって熱に強いはずだけど、そんな簡単に溶けるのか?
4 . 名無し左衛門  ID:kwXtFsmr0編集削除
空気で膨らませるゴムタイプじゃね?
5 . 名無しさん  ID:yrVYgyjw0編集削除
ラブやんだとブツ切にしたオナホを行平鍋に入れてコンロで溶かしてたぞ
まぁ参考文献がラブやんの時点でアレだけどな
6 . 名無しさん  ID:e1ncU1vB0編集削除
ソフトビニール樹脂製なら燃えて溶ける。
7 . 名無しさん  ID:nd5bDlzq0編集削除
なんでいい話みたいに〆てんだよwww

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ