コンビニで新製品の担々麺を購入
帰路の途中、買い忘れを思い出し再びコンビニへUターン
「いらっしゃいませコンバンワー。」

声はすれども店員の姿が見えない


どうやら入り口から資格になってる所で商品の入れ替えをしてる模様
特に気にせずに買い忘れた雑誌を物色
しばし立ち読みをしてると背後から店員の雑談が聞こえる

店員A(♀ 以下A)「タンタンまた来てたねぇー。」

店員B(♀ 以下B)「たんたん?」

A「さっき担々麺買ってった人。新作が出ると必ず買ってくの。だからタンタンwww」

B「えーwww あの人なんかタンタンって可愛い響きの顔じゃないですよwww」

A「じゃアンタなんて名付ける?」

B「あの頭はむしろ、担々麺っていうかヤキソバ?」(俺は天パかつ天茶)

A「ヤキソバン?」

B「懐かしっwww」

A「じゃああの人、次からヤキソバンねwww」

B「やめてくださいよぉーwww顔見たら笑っちゃいますよぉーwww」
怒りと悲しさと悔しさと恥辱を堪え、棚を回り込んで店員の前に立つ俺
驚愕に目を丸くする二人
その眼前で腰を落とし、両手を前に突き出し、俺は叫んだ
「あげだまボンバァァァァァァァァァァァァ!!!」
以来、Bと付き合ってる
テキスト:佐野宗綱の勇み足 [衝撃]

天正十五年元旦のこと

佐野宗綱はにわかに、かねてより対立していた、足利の長尾顕長を攻めた。
足利では油断し元旦を祝っていたため、この不意打ちにみな狼狽し、防衛に手が回らなかった。

この足利の混乱に気をよくし、逸った宗綱は、軍勢の先頭に立ち皆を鼓舞しようと猛然と駆け出した。
それがあまりに早かったため、槍持ちの一人はその馬の尾につかまるように走ったが、ついに追いつけなくなるほどだった。

さて、宗綱が数葉那坂まで差し掛かると、そこは足利長尾の剛の者として聞こえた
小曾根筑前が防御を固めていた。
混乱の中、冷静な者たちもまたいたのだ。

これを見た宗綱は

「よろしい!先に長尾の首を取るつもりだったが、先にお前を打ち倒そう!」

と、采配を振るった

「攻めかかれ!」


「攻めかかれ!!」


「おや?」

後ろを振り向いた。
宗綱の旗本勢は、誰一人いなかった。
宗綱公、味方をぶっちぎってここまで来ていたのである。
気がつかずに。


さあ宗綱公一人に、集中攻撃、開始。

銃弾を受けて落馬した所を、軽輩の豊島七右衛門というものに、あっさりと首を取られた。
小曾根方では最初、

「血気に逸った先手の物頭があたりが、突出しちゃったんじゃね?」

と思っていたが、鎧や馬を見ると、やけに物がいい。

「…もしや?」

そこで佐野家の事を良く見知っているものに首を見せると、驚いたの何の

「あっ!宗綱公!」

ようやく追いついてきた佐野勢は、小曾根方の「大将宗綱公、今日ただいま討ち取った」との
大歓声を聞き、壊乱。
何も出来ずに領国に逃げ帰った、とのことである。

コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 .   ID:I33ackkQ0編集削除
今日も平常運転
2 . 名無しのラーメン好き  ID:kNeTdYkHO編集削除
ヤキソバンの敵役ってたしかデーブスペクターとオスマンサンコンだったよな。デーブスペクターはともかくサンコンどこ行った?
3 . 名無しさん  ID:T0MAHwYS0編集削除
2倍でお得
4 . 名無しさん  ID:G1NVqsy00編集削除
3重掲載とかないかな?
5 . 名無しさん  ID:Wwg6gsj.0編集削除
以上、天パでも羨ましいと思われる方々のコメントでした。
領国さんへお返しします。
6 . 名無しさん  ID:vTEWRgeh0編集削除
よくわかんないけどヤキソバンが小曾根筑前に討ち取られた話なの?

寝袋欲しかったなあ。
7 . 名無しさん  ID:8Xhpdamy0編集削除
つ SFCソフト

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ