カテゴリー:

衝撃体験談

叔母の夫が外に子供を作ってた
叔母夫はその子(A)を認知して、養育費も出していた
やがて叔母夫が病に倒れ、存命のうちに相続をまとめる事になった
叔母は勿論、Aにはびた一文あげない、一切無視と言う姿勢。
弁護士が子供の相続権について色々話していたけど、叔母は

「認知は認めた。夫が時々会いにいくのも養育費も認めた。
 でも相続だけはこちらの最後の砦、正妻と嫡子である証。
 私達の支えの元に夫は生活できたのだし、あちらに養育費も支払う事が出来た。
 あちらはおいしい蜜を吸っていただけ。
 だから絶対に相続させない。」

という意見。


結局Aの家族は何も言ってこなくて、それで決まった。

しかし、私は知っている 
叔母夫を支えていたのはA一家だったという事を。
毎日の世話や仕事のサポート、完全に向こうが全部やっていた
叔母はいわゆるお嬢様で、家事全般駄目でヒス持ちだった。
叔母夫は何度も離婚を申し入れたそうだけど、どんな条件を出しても叔母が絶対に認めなかったので無理だった。
やがて叔母夫はA母と家庭を持って、そちらに行きっぱなしになった
それでも叔母は絶対に離婚しなかった。
女の意地だって。
病気の説明の時も、叔母は叔母夫の既往症を何も知らなくて、A母が全部やっていた
事実上、あっちが本当の家族になっていた

私は叔母の子供二人と幼なじみとして育っているが、二人ともとにかく見栄っ張りの嘘つきで、金遣いがおかしかったので距離を置いていた
Aの方は、実は、あるお稽古ごとが私と一緒だった。
自分達の立場を知らずに仲良くなった。
お互い全然別の場所から都心のお稽古場に通っていた。
私の方は名字が違うから向こうも気付かなかったんだろう。
Aは、良い奴だった。
私が絵の具を隠されて困っていた時は黙って自分の分を差し出してくれたし、物をなくした時は遅くまで残って一緒に探してくれた。
珍しい画材を探していた時も、知り合いのつてを当たってくれた。
とにかく与える事を惜しまない、もったいぶらない質の人間だった
そしてAの母親も同じタイプの人だった

でも、叔母の子がAと私の事を知って、叔母夫の差し金だろう、あんたはあっちと繋がっているね!ってスパイみたいに言われて親戚中から責められた。
私の両親も、ややこしいから出来たらお付き合いは避けたら…みたいな感じだった
それ以来叔母一家から目の敵にされてあなたも将来二号になる、なんて言われた。
でも、逆に叔母夫とは少し話すようになった。

そんな頃、叔母夫が病気に倒れて、余命宣告。
若いから進行が早かった。叔母夫が病院で亡くなって、相続は前述の通り叔母と叔母子が全部継いで、だけど叔母夫の遺言状に墓は要らない、骨はAに渡して欲しい、と。
叔母は何故か私を殴った。
襲いかかってきたって感じ。
その場にA一家はいなかった(頑として呼ばなかった)。
でも、元々実家一族の墓(超豪華)に入りたかった叔母は渋々それを了解、ひとしきり泣きわめいていた。

それから暫くして、私は美大でAと再会した。
元々希望校が一緒だったから、会うだろうとは思っていた。
A母とAと、叔母夫(以下A父)の墓参りに行った
樹木葬というやつで、木がお墓になっていた。
奇麗だった。
既に飼っていた柴犬が一緒に眠っているそうだ。
A父が元気な頃から、家族で話し合ってこうしたそうだ。
そして、A父は美大を中退していた。
バイト先で社長令嬢の叔母に見初められて婚約が決まり、中退させられ、名門大学の経済学部に再入学していたそうだ。
A父はそれをAにもA母にも会社の人にも話さなかったけど、Aが何食わぬ感じで絵を描く人になっていくのが嬉しくて、Aの未来の学費分などは先にすべてA母に渡していたそうだ。
Aが入学したのはA父が中退した美大だった。
A父が無くなる直前にAに充てた手紙があって、「幸せな結婚をして下さい」と書いてあってなんか泣けた

私が叔母だったら、見下していた婚外子が夫の希望していた進路についたなんて最も苛つくと思うけど、叔母はその辺のことはどうでもいいみたいだった。
父曰く、美大中退させた事を忘れているんじゃないかと。
叔母と叔母子は今でも私を見ると嫌がらせをしてくるし、周りもそれを見て見ぬ振りをする。
叔母は、傷付けられた被害者だから仕方ないんだって。
私は、叔母の人生はなんとも辻褄があっているんじゃないかと感じる。

こういうのを知ってしまったので、婚外子のニュースは微妙な気持ちで見ている。
叔母が悪いとは思ってない。
A父が悪いと思う。
ただ、難しいなあと思う。
お金じゃなくて、感情の問題なんだろうから。

そもそもA父の実父が叔母実家の会社の社員で、A父は学生バイトとして夏休みの間に来ていました。
そこで叔母に見初められ、A父の実父に圧力をかけてA父実父が学生だったA父に懇願して、縁談がまとまりました
A父の実母と実妹の強力な後押しもあったそうです。
そして結婚して一児をもうけました。
(ここがフェイクで、実際は叔母子は一人です) 

何故叔母がそこまでA父に惚れ込んだかと言うと、当時叔母が好きだったアニメキャラにそっくりだったからです。
見た目、声、名前、誕生日など色々被っていて運命を感じたと。
叔母はいわゆる腐女子で、古い少女漫画から今のジャンプ作品までとても詳しくて、同人誌も沢山持っている。
叔母子もそう。
人前でもそのキャラ名でA父を呼んでいました。
例えば、A父の名が鈴木一郎だとして、流川くーん!みたいな。
そのキャラクターに沿った格好とか仕草とか要求してました。
メシマズかどうかは知りませんが、家の事はお手伝いさんがしていて 
叔母はいつも叔母子とリビングで漫画を読んでいました。
浮気とか金銭問題は無いけど、アマゾンで30万使ったりしてました。
コミケに行くと親子合わせて100万単位で使うとか。
まあ、人の趣味だからそれは良いのですが、そういった人なので 
A父そのものよりも、自己愛に向いていたという印象が強いです。

私がAと出会ったのは全くの偶然で、中学生の頃でした。
私が学園祭に呼んで、それを叔母子が見て気付いたようです。
(私と叔母子は同じ女子一貫校に通っていました。) 
私はA父が外に家庭作ってるなんて全く知らなかったし、そもそもセ○○の実態すら朧げな状態だから意味不明でした。
でも叔母子は叔母から毎日のようにA親子の事を聞かされていて顔も名前も住まいも知っていたそうです。
それから叔母子は学校で連日私を虐めまくりましたが高校生が中学の校舎まで出張してアレコレやるので周りはどん引きでした。
不倫してるとか援○してるともいわれました。
でも、叔母子の事情を考えると辛い気持ちも良く分かるから 
多少の当たり役になる位は、従姉妹としてまあ我慢できました。
我慢できなかったのは叔母子の躾が全くなっていなかった部分です。
クチャラー、挨拶できない、貸してどうぞ両方出来ない、道にゴミを捨てる、人前で鼻糞をほじる、くしゃみを手で押さえないなど、そういう部分は父親がどうとか関係ないと思うので嫌でした。
叔母は「悟空のような子が理想」だとかで躾は一切していませんでした
A父が何か言うと凄い勢いでキレて泣いてました。

A父は弁護士を挟んで何度も離婚交渉・調停もしていましたが叔母実家からの圧力と、叔母の

「だったら死んでやる」

攻撃に怯み。
私の父や周りが

「もう駆け落ちしろ。失踪しろ。なんとかしてやる」

と言いましたが、それはA父実父の定年、叔母子の大学卒業まで待つと言っていました。
その矢先に、末期ガンが見つかってあっという間に。
しかし私は、一連の事はA父の弱さが招いた事だと思うのでA父に関しては特に同情していません。
A母にもあんまり。
でもAは大好きなので、A両親を否定する事も出来ないです。

相続に関しては、叔母は全くお金に困っていないので 
あくまでもメンツの為に戦っていたのだと思います。
A親子は早い段階で放棄してました。
最期を看取れないのもお葬式に行けないのも仕方ない、生前に沢山沢山話したからもういい、と言ってました。

叔母は、A父の事を好きだったのだと思いますが、「なんとか自分に振り向かせたい」というよりも「自分を傷付けたA父を、自分以上に傷付けてやりたい」という方向に暴発していたように思います。
A父はあくまでアニメキャラの写し身であって 
対等な生身の人間としては考えていなかったと言うか。
A父の本当の趣味も好きな食べ物も知らなかったし 
誕生日はそのアニメキャラ名で祝っていたそうな。
周りは諌めていたけど、叔母が毎度超早口でキレるので 
A父が

「もういいです」

ってなってました

A父の死後も、叔母と叔母子は特に変わらず漫画ゲーム三昧。
叔母子はニートで、時々実家会社でバイトしてます。
最近そこにお気に入りの社員君がいるとかで、叔母は

「貰っちゃいなよ!」

と言っていました。
この親子はなんにも分かっていないんだな、と思いました。

「こんな奴は浮気されても仕方ない」とか絶対認められませんし。
しっかり別れる事が出来なかったA父が悪いと思ってます。
ただ、叔母子よりずっと辛い環境で育ったAが普通に良い奴で叔母子が歪みまくっているというのがなんとなく… 
世知辛く感じたのです。

お骨については、A父が焼かれて出てきた段階で叔母は

「怖くて触れない」

と大騒ぎしていたので(身近で人が亡くなるのは初めてだったようです) 
実際、触りませんでしたし骨壺も持ちませんでした。
お墓についてはブチキレていましたが、お骨自体は怖くて嫌だったみたいです。
なのでそこはあまり揉めませんでした。
A父が書いた唯一の遺言がそれでしたし。

「(先に亡くなっているA家で飼っていた柴犬)と同じ場所で眠りたい」
というのが、生々しかったです。
その場所はA家用にA母が用意していた墓所でした。

A父の遺産は微々たる物でした。
まだ若かったし。
土地家屋の名義も、A父の物は一つもありませんでした。
叔母実家の会社ではありますが、普通に働いていたので 
一般的なお給料はもらっていたと思います。
養育費はそれとは別にバイトしてその分を渡していました
(あの叔母が家計から出す事など絶対にありえない) 
A父はいつも自分のお金は全く持ってなかったし 
物も殆ど持っていませんでした。
形見分け、無し。
私は、死神みたいだな…と子供心に思っていました。

A家も貧しい感じでしたが、A母本人が資格職で高給取りだったので 
養育費以外は受け取らないでやっていたそうです 
(と、A父死後に弁護士が言っていた。だから 
相続はきちんとさせてあげられませんか…という感じでした。) 

お金の事は、これ以上詳しい事は知らないです。
でも、叔母一族がA父になにかあげてたって感じはないなあ。
仕事も閑職に閉じ込めてたし。
バイトは深夜の居酒屋だったそうですが、そこでは 
明るいおじさんとして通っていたそうで切なくなった。

コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しの弟の友達の嫁さんの実家の3件隣の住民  ID:iniWWCDsO編集削除
言葉の響きなんだろうけど、叔母(伯母)って聞くとなんとなくどんなに若くて美人であろう人でも一気に年寄りくさく聞こえるのは俺だけか?

このまとめの叔母も年齢は明記されてないが、上沼恵美子か泉ピン子…みたいな人しか浮かばんかったな
2 . 名無しさん  ID:DjOZWquh0編集削除
何か結末が有るのかと読んだのだが尻切れトンボだった
3 . 名無しさん  ID:v.qQBgWN0編集削除
相手が基地外と知っていて何故子供を作るのか
後々もめる事が解っていて何故外腹に子供を産ませるのか
全部A乳の我が侭だよね
金持ちに囲われマス夫さん状態の悲劇の俺
離婚してもらえない悲劇の俺
真の被害者はいつも子供
いい子に育った子も人前で鼻糞食う子供もどっちもA父の被害者
それにしてもただの親戚でしかない書き手が妙に詳しいのが・・・
4 . 名無しさん  ID:E9ezPL8i0編集削除
この叔母のパターン(叔母の人格に相当の問題有り+どうあがいても離婚できない)はレアケースだと思うけどねえ
その体験談でもって婚外子のニュースは微妙な気持ちで見ているって言われてもなー
大抵は婚姻中にも関わらず余所に子供作るようなマネした奴が悪いだろ

何かこの主、いかに叔母が自業自得かを書くのに趣向を凝らしててきもい
5 . 名無しさん  ID:BkJqBzTk0編集削除
米3

この世に失敗作しか残せないよりはと思ったんじゃないかな。
6 . 名無しさん  ID:6EfWTpnK0編集削除
A父の不始末が招いたこととはいえ、叔母実家はそもそもごっこ遊びに生身の人間巻き込むなよなーと腹が立つ。
結婚相手にアニメキャラに似てる人選んで名前や誕生日はそのキャラで…とか気持ち悪すぎ。
A父実家の人間に圧力かけるより、家事も何もできない馬鹿娘(叔母)しつけ直すのが先だったろうに。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ