カテゴリー:

衝撃体験談

嘘みたいな話だがほぼ実話だ。
あとグロ注意。
うちは現在結婚6年目、俺32でヨメ30。
独身の頃住んでいた1DKのアパートの隣同士だった。
ただお互い独身で、日中は仕事だし出退勤の時間が合わないしでまったく面識なかった。



たしか5月下旬の土曜の夜11時ぐらい。
ビデオ見ながらウトウトしてたら、隣から女の言い争う大声と、ドスーン!バリーン!ってすごい音がして部屋が揺れた。
さらに悲鳴。

こりゃただごとじゃないと思ってすぐ外出て隣の部屋のドアをノック。

「すいません隣の者ですけど大丈夫ですかー?」

と声をかけたら、叫び声に混じって

「助けてーっ!」

という悲鳴がする。
でもドアに鍵がかかってて入れない。

パニクりつつ、ベランダづたいに隣の部屋に行こうと思いつく。
暗いんでマグライトのでっかい懐中電灯持って、一度ベランダの外に出て隣のベランダへ。
部屋は二階だったが無我夢中だった。
ベランダのサッシを開けてカーテンめくったら、大きいタンスや家具が倒れてて、蛍光灯がブラーンってなっててもう部屋中むちゃくちゃ。

その真ん中で中年の女が若い女に馬乗りになってバシバシ殴ってる。
若い女の顔は血で真っ赤。
中年女は俺に気づいてすごい顔で睨んでくる。
目が逝っちゃってた。
なんかもう、あまりのことに呆然としながら

「な、なにしてるんですか」

と聞く。

婆「あんた何よ!関係ないでしょ!」

嫁「助けて!助けてください!(半泣き)」

俺「とにかく乱暴は良くないですからやめてください」

と中年女に近づくと、そいつが立ち上がって
何かを俺に突き出してきた。
なんと包丁だ。

俺「危ないだろ!」

婆「あんた関係ないでしょ!あたしがこの女を(あと意味不明)!」

さらに包丁を振り回してくる。

怖かったんで、こっちも懐中電灯をふるって中年女の腕を殴りつけ、包丁を落としたところで突き飛ばして押さえ込んだ。
暴れるんで嫁のバッグのベルトで腕を縛り上げ、警察を呼んだ。
嫁は血だらけで泣きじゃくっている。
なんとかなだめようとしているところに警察到着。

事情を説明し、とにかく警察へということで嫁と俺と手錠をかけられた中年女はパトカーで警察へ。
俺は汚ねえジャージ姿だったから恥ずかしかった。

あとから嫁や警察に聞いたことを総合すると、中年女は嫁の勤め先の人の奥さんだった。
ちょっと精神を病んでいて、嫁が自分の旦那と浮気していると思い込み、どうやってか嫁の自宅を調べ、こらしめようと乗り込んできたんだそうだ(速攻で強制入院になった)。
持参したバッグからも包丁何本かとカナヅチが見つかったと聞き、俺が殺されてたかもと本気でビビった。

嫁はそのまま入院。次の土曜日に、両親と一緒に挨拶に来た。
顔も腕も包帯だらけで痛々しかった。
部屋は引き払い、別の勤め先を探すということだった。
本人に非はないんだから、心から同情した。

2ヶ月ぐらい過ぎた頃、俺の会社のあるビルのロビーで

「俺さんですよね?」

と女の人に声をかけられる。

「?(誰この美人)」

「嫁です!あの時は本当にありがとうございました」

なんと嫁だった。
嫁の新しい勤め先の会社が俺の勤め先と同じビルにあった。

嫁の顔や腕のケガはきれいに治っていたけど、後遺症で片耳の聴力がかなり落ちていた。
そのうち時々昼飯に行くようになり、好みや趣味が合うことを発見。
付き合いたいなあと思うようになる。

ただ、嫁に交際を申し込む前に、俺の顔見るとあの事件を思い出して不安になったりしないのか聞いた。
殺されていてもおかしくないひどい経験だったんだから、嫁が思い出して辛い気持ちになるなら付き合ってほしいとか言わずにフェードアウトしようと思っていた。

嫁は

「あのときのことは一日に何回も思い出して凄く怖くなるけど、それは私が乗り越えなきゃいけない」
「俺さんが一緒なら安心だし」

と言ってくれた。
それを聞いて嫁に交際を申し込み、付き合い始め、翌年の春に結婚した。
でも嫁はあのアパートには結婚するまで一度も近づかなかった。
新居への引越しも俺一人でやった。

結婚後は夫婦円満、子供ふたり(三歳娘と一歳息子)にも恵まれて文句なし。
あの頭のおかしいおばちゃんが嫁と結婚するきっかけだったと思うとちょっと複雑な気分にもなるけど、あのとき自分が部屋にいて、手遅れになる前に嫁の部屋に助けに入れて、本当によかったと思う。

お礼参りとかないか不安だったんで、何日かして事情聴取されたお巡りさんにどうなったか聞いてみたら、かみさんの方は逮捕されてすぐ入院になったみたい。
たぶん、統合失調症?の妄想とかそういうことなんだろう。

旦那の方には警察で土下座された。
憔悴しきった様子で何回も申し訳ありませんって謝ってくれて、こっちが同情した。
ものすごく誠実な人だと感じたし、こんな定年間際のくたびれたおっちゃんが嫁と不倫とかねえだろ、というのが俺の結論。
嫁の元同僚や友人にも、嫁が不倫なんてありえない、事実無根だと太鼓判押された。

旦那は別に嫁の上司でもなく、嫁はほとんど話したこともなかったらしい。
その人が自宅に置いてた社内サークルの名簿に嫁の住所氏名が載っていて、かみさんはそれを見たんだと。
今考えれば個人情報だけど、小さな会社だったからね。

当日、嫁はかみさんに会社名を出されたもんで部屋にあげてしまったらしい。
>>453さんの言うとおり、なんで嫁がロックオンされたかは謎だ。

旦那は結局会社を辞めた。嫁の治療費も引越代もすべて旦那が負担した。
若い女性に障害を負わせたのだからきちんと慰謝料を払わせて欲しい、という申し出は、同情した嫁が断った。

そのかみさんも病気のせいでああいうことをしてしまったわけで、なんつうか悪い人はいないのにみんな不幸になっちゃってやりきれないと思ったな。 

コメントの数(2)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し丸  ID:o7aKcgjh0編集削除
なんでこれだけ立っててもコメントないの?

あと、包丁のサビは塩で磨くといいよ?
2 . 名無しさん  ID:eK3FHHFa0編集削除
敵 「貴様をこの包丁のサビにしてくれるわ!」
※1 「包丁のサビは塩で磨くといいよ?」
敵 「ありがとう」
※1 「どういたしまして」

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ