カテゴリー:

ほのぼの体験談

10年ほど前、私は病院の栄養士だった。
たまたま5月の連休に休みが取れたので、久しぶりに両親と母親の実家(田舎)に行った。
母の実家には親戚一同が集まっていて、栄養士をしている私の話になったが、なんだか叔母たちにト

ゲがある。
『栄養士なんてど〜せ料理なんかできやしない、頭でっかちな女なんでしょ』そんな空気だ。
久しぶりに会った叔母たちにそんな態度をとられて、私は落ち込むを通り越して、嫌な気分になってい

た。


そのとき、うちの母が夕食を作ると言い出したので、私も手伝った。
メニューはその日の朝、山で取れた山菜とその他いろいろの天ぷらだ。
下ごしらえを終えて母が

「じゃあこれ全部揚げてね」

と私に言った。
20人分はあるだろう大量のネタを目の前に、私は臆することなく揚げ物をはじめた。

私が働いていた病院は献立作成などの事務は病院専属の栄養士がし、厨房業務は委託会社が

請け負ってた。
で、私は委託会社の栄養士なので、現場で料理ばかりしていた。
しかも、私が働いていた厨房は設備が整っておらず、フライヤーはおろか、
自動的に油の温度を調節してくれるコンロもない。
揚げ物は自分の腕と勘のみだ。

慣れた手つきで、サックサクの天ぷらがバンバン揚がる様子を、目を皿のようにして見つめる叔母たち。
そのうち、待ち切れなくなった叔父たちが宴会をはじめ、私が全部終えるころにはほとんどなくなってい

た。
私の口にはあまり入らなかったが、皆がとてもおいしそうに食べる様子を見るだけで、大満足だ。

その後、叔母たちは私に対して、トゲのある態度で接することはなくなり、むしろ、一人の大人として接

してくれるようになった。

後日談…田舎で私の天ぷらの揚げ方が広まって、ボテッとしていた天ぷらがサクっとなったらしいww


コメントの数(9)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:jvZTCd6M0編集削除
バカにされながら仕事を押し付けられた。
完璧にこなしたら、バカにされることはなくなったが、謝罪はない。
2 . 名無しさん  ID:YxP6IpbH0編集削除
後日談が勝利宣言なんだからいいんだよ
3 . 名無しのウホッ!  ID:.iROhXmh0編集削除
なるほど。っつーことは、俺が君たちのナニをしゃぶって、予想をはるかに超えて気持ちよければ、嫌悪感が解消されて、毎日しゃぶり放題になるってことか?
4 . 名無しさん  ID:2sOMvgzg0編集削除
1と3は馬鹿だな
5 . 名無しさん  ID:KCrzxf8s0編集削除
みんな馬鹿だよ
6 . 名無しさん  ID:DhhNhg5t0編集削除
違う※3はバカなんじゃなくて見境のないホモなんだ
7 . 名無しさん  ID:Xo7MO0qm0編集削除
失礼しました。馬鹿とホモの見分けがつきませんでした。
すいません。
8 . 名無しさん  ID:1.CmGdlG0編集削除
>ボテッとしていた天ぷらがサクっと

油が煮えたら鍋に大さじ一杯の水を入れるといいんだよな。
9 . 名無しさん  ID:EKj.Dt9K0編集削除
馬鹿、そこはシアン化ナトリウム一匙だろ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ