カテゴリー:

感動体験談

うちの父と母は同い年で、生まれた頃からの付き合いだったというのおさななじみ
20の時に結婚したって話だから、ゴールまで20年というそれこそ大恋愛の末に結婚したそうな
いい年こいたおっさんとおばさんがそのへんのバカップルよろしく茶の間で四六時中
イチャイチャしてるような環境で育ったおかげでちょっとやそっとの下世話な話や
街中で平然と抱き合うようなバカップルでも全く腹が立たないのは、まあ教育のたまものともいえるかもしれないな・・

そんなはた迷惑な中年であったうちの両親だったのだけど、父が42の時に癌で死んでしまうと、いつもはニコニコと笑顔の絶えなかった母が、人が変わったように暗くふさぎこんでしまうようになった。
息子で長男の俺は、父の死も束の間に、どんどんと痩せ細っていく母をなんとか励まそうと
色んな観光旅行に行ってみたり、趣味になるようなものを色々と勧めてみたりしたけれど、やっぱり母は以前のようないやみのない笑い顔を見せることはどんどん少なくなった。

2つ年の離れた妹と一緒に頭を抱えて、眠れない夜を過ごしたある明け方に、急に前のような笑顔を顔に浮かべた母がおきてきた。

「何かいいことでもあったの」

と聞くと、

「お父さんが夢に出てきて、私のお尻をなでて『やわらかいなあ』って言ったの!」

ととても嬉しそうな顔で母は言った。
何がそんなに嬉しいのかと呆然としている俺達兄妹を尻目に、その日から母はまた少しずつ元気を取り戻していった
このことを思い出すたびに、呆れる気持ちと一緒に
「自分もそんな、それこそ一生もんの相手にめぐりあえるといいな」と羨ましい気持ちもこみ上げてくる。


コメントの数(5)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:WTqisoqi0編集削除
このオヤヂは妻不幸もんだな
2 . 名無しさん  ID:2nnOAnx30編集削除
痴呆の症状が出ただけだろ
3 . 名無しさん  ID:y9s7lcbs0編集削除
※2に怒りがわいてくる
4 . 名無しさん  ID:CtUDvKJ20編集削除
この記事の教訓は"いつでもいつまででも『やわ尻』キープ"
5 . 名無しさん  ID:xYPg5BME0編集削除
母が寝てる間、時々寝室に忍び込んで、尻を揉んでやればいいんじゃね?

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ