カテゴリー:

衝撃体験談

小学生の頃だ。
うちでは「ファミコンは一日一時間」と決められていた。
それ以上になると、母が無理矢理ACアダプタを引っこ抜き、どこかに隠してしまう。

別にキチガイのよーにそればかりやるからということではなく、私の好きなことには
必ず制限をつける母だった。
今にして振り返ると、かなりのモラハラ母だったように思う。

FF4をコツコツやっていた。


セーブポイントが少なくて、一時間超えそうになると、なんとか前のポイントまで戻るか
泣く泣くそのまま終わるしかない。
次のポイントまでの時間を短縮すべく、翌日はひたすらレベル上げだ。

友達がすっかりクリアして、話題にも上がらなくなった頃、やっとラスダンに到着。
レベル上げしながら数日かけてぶらつく。
と、初めて見るモンスターに出会った。
たまたま来ていたY太君が、興奮した面持ちで

「ピンクプリンセスだ!」

と叫ぶ。

「こいつがしっぽ落としたら、最強の鎧と交換出来るんだ」

初見だったが、Y太君のアドバイスで何とか撃破、するとお宝欄にしっぽが。
二人で大興奮していると、フスマがガラッと開いて母登場、一気にACアダプタに迫る。
気づかなかったが、もう一時間たっていたのだ。

私はそれまでの人生で一番真剣に母に頼んだ。

「お願いだから、せめてセーブさせてください。明日FFやれなくてもいいから」

しかし無情にも母は、ACアダプタを引っこ抜き、あまつさえ振り返った拍子に本体を蹴飛ばして出て行ってしまった。
いつものように、薄ら笑いを浮かべたまま。

「なんなの?お前のかーちゃん…」

Y太君の呆然とした呟きに答えることも出来ず、私は唇をかみしめていた。

翌日、スーファミの電源を入れると、セーブデータが消えていた。
この半年近く、宿題だの家の手伝いだのやって、ようやく、しぶしぶといった感じで与えられる一時間の至福。
その積み重ねが電子の藻屑になっていた。
私は泣いた。泣いて、何とかやり返したいと思った。

母はパッチワーク・キルトが好きだった。
そういう会に所属し、仲間内で見せ合うためのバッグや壁掛けなどを作っていた。
私や父のために何かを作ってくれたことはなく、最低限の家事を済ませると、後はほとんどミシンに向かう時間だ。
ミシンに向かっているときの母はとても楽しそうでだった。

ふと思った。
母が何時間ぶっ通しでミシンで遊んでいても、誰にも怒られないのは理不尽だ、と。
私は母が出かけた隙に、使っていた大きな裁ち鋏を出すと、ミシンの電源コードを苦労して切り取ると、海まで走って行って沖に向かって思いっきりぶん投げた。

母が帰ってきて、いそいそとミシンの前に行く。端切れを貰ってきたらしい。
動かないミシン。
電源を確かめる母。
すぐにバレた。
誰がそれをやったのか、も。

珍しく早く帰ってきた父が、馬乗りになって私を殴りつける母を見つけたのだそうだ。
父母はそれが元で離婚し、私は父に引き取られた。
数年後にやって来た新しい母は、良い意味で放任主義の人で、でも実の母以上に「母の優しさ」を与えてくれたように思う。

私の子がWiiやってる姿を見ながら、何となく思い出した小さな復讐だ。


コメントの数(17)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:cGRBPKvQ0編集削除
そしてwiiのコンセントを引っこ抜くのですね^^b
2 . 名無しさん  ID:McvfKxOn0編集削除
手段と目的が逆転してる親いるよな。
ゲームに制限時間を設けるのはゲームばかりにさせないため。
こういう親は支配することが目的になってる。
3 . 名無しさん  ID:FKWBCVy60編集削除
むしろ子供がおとなしくゲームし続けてくれてりゃ
子供の世話に煩わされることもなく趣味に熱中できてウィンウィンだと思うんだがなぁ
この母親も子供の頃に親から何か抑圧受けてたのかもね
4 . 名無し  ID:pxR6LU3kO編集削除
うちの母ちゃんはゲームなんてさせてくれなかった
理由は母ちゃんは生まれつきの弱視で俺たちの眼を心配するあまりだった
5 . 名無しさん  ID:FrPjdaZm0編集削除
ピンクプリンセスはランダム遭遇じゃない、
セーブポイントからもそう遠くない場所でアイテム使えば100%会える系の敵
作り話くさいことこの上ない
6 . 名無しさん  ID:K5Vjg1js0編集削除
攻略本がベストセラーになるようなネットもない時代だからプリンプリンセスは大変だったろう
7 . あ  ID:3aHwOp0w0編集削除
親権が父の方にいってよかった
8 . 名無しさん  ID:.KnhBGR50編集削除
※5
その情報発売されてすぐに広まってたと思う?
9 . 名無しさん  ID:d.yEBex70編集削除
※5
知ったか乙
そもそもピンクプリンセスなんて名前じゃねえし
ばーーーーか
10 . 名無しさん  ID:XJSZ2etl0編集削除
※5
イタタタタ
11 . 名無しさん  ID:W9bv6xor0編集削除
我が家は一週間で30分だったな
一つのRPGを2,3年ぐらいかけて攻略したわ
12 . 名無しさん  ID:..LQ1o9g0編集削除
夏休みスペシャル 概出祭り 開催中
13 . 名無しさん  ID:SFM.5NZN0編集削除
コメ4の人のおかあさんは良いお母さんだと思うよ。
14 . 名無しさん  ID:P2BkR4ZJ0編集削除
米2

手段のためには目的を選ばない奴だな。www
15 . 名無しさん  ID:a77Uvdle0編集削除
一方、俺はエクスカリバー増やしまくってエッジにぶん投げさせまくって無理矢理ゼロムスを倒すのであった
16 . 名無しさん  ID:YcdIRO120編集削除
1時間という約束を破って当然と思うくそガキ。
約束を忠実に守らせた親に逆恨みして、ものを破壊して当然と考えるくそガキ。
末恐ろしいですな。
17 . 名無しさん  ID:pnZWprYT0編集削除
これ、あまりにも子供側から一方的に見た視点だと思う。
決まりは厳格だ、と教える教育方針のような気がした。
薄ら笑いは、あくまで子供視点からの印象にすぎず、蹴っ飛ばしたは過失とも考えられる。
いくら希少アイテムだろうと所詮ゲームはゲーム、時間オーバーしていい理由にはならないって教えて買ったんじゃ?これが命に係わるなら話は別だろう。
で、子供が突然親のパッチ?を破壊、びっくりするだろう。母親を壊したのは投稿者である。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ