カテゴリー:

衝撃体験談

父から聞いた本当の話

祖父が50を過ぎたくらいの頃、ちょっとした物忘れか何かをした時に父が

「おいおい、もうボケちまったのか」

と冗談めかして言ったらしい
すると普段温厚な祖父が突然激怒して父を説教、二度と俺をボケたとかたかうなと固く約束させられ
最後に

「ただし、あと何十年かして俺が本当にボケた時にはからかうような言い方はせず、
 静かにそれを伝えてくれ」と言った



それから20年以上時が流れ、祖父が本当にボケ始めた頃に父は悩んだが決心をして

「親父、言いたくないが親父はもう痴呆が始まってしまっているこの前も〜で〜な事があった」

と真剣に伝えると、祖父は

「そうか…」

とだけ言って父を追い返してしまった
(この時は既に仕事の都合で隣県に別居)

それから2週間ほどして祖父は死体で見つかった。自殺だった。

葬式のときに地元の農協職員から聞いた話では、父が痴呆の事実を伝えた日から保険の詳細や土地の権利関係のことで農協に足繁く通って身辺整理をしており、近所の爺さん婆さん達から聞いた話では普段から祖父は痴呆になって家族に迷惑かけるぐらいなら潔く死んだほうがマシだと言っていたらしい

詳細は聞いていないけど祖父はそれなりにまとまった財産を遺してくれていたらしいけど、間接的に死に追いやってしまった父の心境を考えると…
それに、痴呆といってもまだほんの初期症状だったから父も「これをキッカケに痴呆が良くなれば」くらいの気持ちだったんだと思う

しかし、本当に後味が悪いのは俺自身、父から

「俺が本当にボケたらその時は…」

と頼まれていること。


コメントの数(10)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:Pw4SyQvK0編集削除
現代医学では治らないしなぁ、福祉に頼るにも限度があるし
2 . 名無しさん  ID:GIc5I9jC0編集削除
医学の発展が種の限界まで進んだ結果だからなあ
3 . も  ID:Z9JTAz4r0編集削除
潔くて俺は良いと思う
どうしても感情の整理は難しいだろうけど
4 . 名無し  ID:FWoTGT1XO編集削除
24時間看とくなんて不可能なのに徘徊とかして事故ったら家族の責任とか
痴呆は周囲に多大な迷惑をかけるからな
このジイサンの決断は悪く言えないと思う
5 . 名無しさん  ID:oQudD2dH0編集削除
趣味もなく家で一人でボーっとしているのが一番呆けやすい。
いろんな人と出会う趣味をもって生き生きとしている人が呆けにくいんじゃないかと思う。
6 . 名無しさん  ID:5or5kPav0編集削除
ニート、引き篭もり…
ハッ!?(゚Д゚)
7 . 名無しさん  ID:LHlOoKIc0編集削除
普通は病気にしても怪我にしても死にたくないのに死んじゃうんだけど
自殺って(教唆でなければ)死にたくて死ぬんだよね。
自分の散り際わきまえて逝ったおじいさん天晴れだ。
8 . 名無しさん  ID:VbzfjS1Q0編集削除
爺さん的には、
自分が理解できるうちに、自分の手でケリを付けられて
良かったんだと思う。
9 . 名無しさん  ID:4WGJpXIN0編集削除
句点がついていたりついていなかったり
適当な文章だな
10 . 名無しさん  ID:ogdX1e120編集削除
赤木しげるかよ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ