カテゴリー:

エッチな体験談

嫁「ここの畑はお兄さんのなんですか?」

俺「あ、あ、あ、はい!」

嫁「畑耕してるの見ながらお弁当食べてていいですか?^^」

俺「こ、こんな畑で良かったらどーぞ!どーぞ!」

とか言いながら嫁の巨乳にしか目がいかなかった俺
一年前の話だわ

俺、農家の跡取り長男 28歳
今まで付き合った子は大学の時で二人
でも、どっちにも一年立たずに振られた
振られた理由はどっちも
「俺君といるとつまんないから。」

大学とバイト以外は漫喫とかゲーセンとか本屋に行きたい
ちょいヲタな俺
一方歴代の彼女達は、都会的でデートのたびにお洒落なカフェとかに行きたいタイプ


ちなみに俺は引っ込み思案だから基本話しかけてもらわないと喋れない

そんな訳で、俺と一緒にいてもつまんないと言われるし
俺自身、女が面倒くさかった
大学卒業して、実家の農家を継いだけど出会いなし

そんな一年前のある日
トラクターに乗って俺の家が所有する畑に行った

そしたら畑の横の桜の木の下に誰かいる
女の子だ
その子が俺の後の嫁
嫁は俺を見つけると、トラクター目掛けて走ってきた
パタパタと走る嫁
揺れる巨乳wwww
コミュ障の俺、焦る

嫁が俺のトラクターの下に来た
俺、その瞬間一目惚れ
色が白くて、目が大きくて、可愛いと言うよりは美人
身長も高くて巨乳
ドストライク

んで

嫁「ここの畑はお兄さんの畑なんですか?」

俺「あ、あ、あ、はい!」

嫁「畑耕してるの見ながらお弁当食べてていいですか?^^」

俺「こ、こんな畑で良かったらどーぞ!どーぞ!」

嫁「ありがとうございます!」

ちょこんと頭を下げるて、また桜の木の下に戻る嫁
俺、バクバクしながら畑耕す

広い畑を耕して終わると、また嫁が来た

嫁「明日も来ていいですか!?」

俺、快諾

車で走ってたら、大きな桜の木があって
そこで食べようと思って
たどり着いたらしい

そこで食べようと思ったら
俺がトラクターに乗って現れたから
嫁的には一応、人の畑に入ってるから
俺に断りをいれにきた感じ

それからほぼ毎日、嫁は弁当を持って現れた
次の日からは、何故か俺の分まで作ってきてくれた
嫁の手作り弁当はめちゃくちゃうまかった
俺は料理出来る人にめちゃめちゃ弱い

そのうち、今度遊びに行こう!と言う話になって
俺達は番号を交換した

初めて一緒に遊んだ日

俺「どこに行きたい?」

嫁「どこでもいいの?」

俺「もちろん!」

と言いつつ、ほとんど店も知らないし、むしろ嫁の方が詳しそう
ドキドキしながら答えを待つと

嫁「じゃ!ゲーセンがいい!」

俺「え?」

俺「ゲ、ゲーセンがいいの?」

俺、ぽかん

嫁「あ...ダメだった?ごめん...。」

俺「ぜ、全然おっけー!俺も行きたかった!」

嫁「本当?じゃ行こう!」

なんと言う俺得!!!

その後は嫁と、ゲーセン、本屋、カラオケのコースでゲームは上手いは、カラオケに行けばアニソンしか歌わないわ
俺は本当に感動したw
俺も田舎に帰ってきてから、初めて楽しんだ!

年齢も実は一緒だった俺達は読んでる漫画もほぼ一緒で本当に笑った

夜、なに食べる?という会話でも
嫁の好きなラーメン屋があって、そこに行きたいと言われた
こっちで友達も少なかったし
何より、女の子とラーメン屋に行くなんて初めての経験だった

趣味も会うし、感覚も会う
俺はますます嫁に惚れてしまった

度々嫁と遊ぶようになり
嫁も仕事が休みの日は、俺の畑を手伝ってくれた
今時の女性が畑なんて...と思ってたが、嫁は畑仕事が好きみたいで
土で顔が汚れてもニコニコ笑っていた

それから少しして
よし、告白しようと思った

が、俺チキンだからスゲー困った
ここまで来て振られたらどうしようとか
でもこのままだとダメだよなと思い勇気だした

その日はちょっと遠出した
古本屋巡りしたり相変わらず楽しかった

嫁を家に送る途中、夕方ごろに
出会った俺の畑の桜の木を見に行った

嫁「早くまた、桜見たいなぁ。」

俺「そうだなぁ。」

とか言いながらポツポツ喋ってた

夕日が沈んでいって
桜の木の陰が大きくなってきた
まだまだ暑い日が続いても
その日の夕方は涼しかった
周りには誰もいなくて
俺達二人だけだった

俺は勇気を出して嫁に言った

俺「あのさ...。」

嫁「なぁに?」

俺「.......。」

嫁「.....?」

好きだとか、付き合ってくれとかいう前に我慢の限界だった

ガバッ!

俺は嫁を抱き締めた

嫁「!!え?あの!俺君??」

俺「ご、ごめん!ちょっとこのまま聞いてくれ!」

抱き締めた嫁は、ふわふわだった
ウェストが細いのに巨乳があたる...
俺マジ色んな意味でもげそうになった

俺「俺、なんつーか、ヲタクだし
     かっこよくもないし、
     嫁ちゃんにとってはつまんない男親かも知れないけど...
     嫁ちゃんに会った瞬間からスゲー好きだったんだ!
     い、いきなりこんな抱きついたりして
     嫁ちゃんにドン引きしたかもせれないけど
     なんつーか、嫁ちゃんが可愛くて仕方ないんだ!
     つ、付き合ってくれ!!!」

嫁「あ、あ、え!う、うん!つつつつ付き合いたいです!私も!」

俺「まままままじで!?だって、俺、こんなんだし、仕事だって農家だし...。」

嫁「クスクス そんなの気にしないよー!
    俺君と畑仕事するの、私大好きだよ!
    私も俺君と会った時から大好きだったよ!」

俺大興奮!!!!!

そのまま俺は嫁を押し倒し
誰もいない畑の横で...

と、言いたい所だが
チキンな俺には本当にそんなの無理でしたw
もう嫁抱き締めるだけで死にそうだたわw

まぁその後日に嫁と初めて致すわけですが、割愛!
付き合って半年で結婚したわ
なんつーか、嫁以外にもういないだろうなって感じだった
今は俺の実家で同居して、一緒に畑仕事してる
トラクターで二人でアニソン聞いたりしてるぜ!

告白した時に、私も出会った時に好きだったって言われたけど
付き合うとかってのはやっぱ一緒に遊びにいって
少ししてからじゃないかなぁ?
嫁的にも、俺と一緒に趣味が合って
良かったっていってたしな

俺的には、女=どこでもお洒落な所につれていかなきゃいけないみたいな感じで
色々考えるのも大変だし
もっと気楽に付き合える子がいたらなと思ってた
だから今の嫁しかいないだろうって感じだったんだな

嫁はマグロってわけでもなく
俺がリクエストすると
受け入れられる範囲で色々してくれた
普段は俺が嫁の言うことを聞く、じゃないけど
嫁のやりたいことや行きたい所に俺も行くって感じだったから
逆に嫁が俺の言うこと聞いてくれるなんて!
みたいに俺は感動してしまった

嫁の、ちょっと困った感じの顔が胸キュン過ぎた
どこ触ってもムチムチだし
癒されっぱなしだったw

嫁は今でも、俺が仕事関係で出掛けて遅くなっても
必ず起きて待っててくれるし
朝は誰よりも早く起きて、掃除したり飯作ったりしてくれる
おかえりーとかただいまとか、必ず俺に抱きついてきて
迎えてくれる
新婚なんだから、もっと色々わがまま言いたいだろうけど
俺の親と同居もしてくれたし、仕事も一緒にしてくれてるし
もう、これ以上ないくらい嫁に感謝してる

↓18禁

嫁と付き合って数日
車に乗って出掛けたあと、嫁を家に送る途中

嫁「あのさぁ...。」

俺「ん?」

嫁「きょ、今日はまだ、一緒にいたいなぁ...な、なんて!」

俺「.......え?」

神様ありがとう

俺んちも嫁も実家だから、ホテル行きました
ホテル行く途中の車の中、無言w
俺内心吐きそうな位緊張w

ホテルついて交互にシャワー浴びる
バスタオル一枚の嫁見て
俺、フルボッキ

普段の嫁の性格は結構勝ち気

周りの友達からすると
どう見ても俺がM
嫁がS
と思ったら意外な事に嫁はドMだった
俺は自分ではノーマルだと思ってたが
嫁のMっぷり見てたら
なんか虐めたくなってきた
こんな気持ち初めてだった

嫁のバスタオルを外すと
色白の体が出てきた

乳でけえええええええええ!!!!!

俺「嫁ちゃん、何カップあるの?」

嫁「あの、あの....Gカップ///」

Gきたー!!!!、

Gカップ...
俺、俺...!!!!
頑張れ俺!!!!!

と自分に言い聞かせて嫁を押し倒した
嫁のちょっと不安そうな目が
妙に俺を興奮させた

嫁にキスすると

「ん...んん...」

嫁が悶える

嫁の胸をゆっくりと触った
むんにゅうううう
めちゃめちゃ柔けええええ

そのまま両方の胸を揉みまくった
ちょっと痛いくらいの方が嫁は気持ちいいらしい

胸を揉みしだいたw
嫁の巨乳だと余裕だったw
なんつーか俺の息子さんが、あったかくて柔らかくて
初めての感覚
そのまま息子を嫁に舐めて貰った
ちょいぎこちない感じで、でも嫁は一生懸命なめてくれた
嫁の頭をつかんで、強めに動かしたら

「んん!んっ...!んふ...!」

唸りながら懸命に舐める嫁
苦しそうに眉間に皺を寄せながら舐める顔に
早くも俺はいきそうだった

嫁のアソコを触ると
もう太ももまでグショグショだった

嫁「ご、ごめんなさい...私、濡れやすいの...クスン。恥ずかしい...。」

全然おっけー!です!!

じらしながら、嫁の太ももや股関をまさぐる
嫁は口を半開きにして、喘いでる
普段しゃべる声よりも少しトーンが高くて
甘えたいやらしい声
我慢できなかった

俺「ダメだ...。もう入れたい。」

嫁「いいよ。俺君のほしいな...。」

嫁のアソコに俺の息子に息子の先っぽがあたる
そのまま入り口をグリグリした

嫁「あっ...んん、あぁ...俺君...い、いれて...。」

そう言われた瞬間
俺は息子を思いっきり入れて突き上げた

嫁「!!!っあああん!!あっ、あっ、あっ...!」

嫁の中はギュウギュウにしまってて
キツキツだった
俺が腰をふるたびに、いやらしい音が部屋に響いた
嫁は目を潤ませて喘いでる
俺は早漏とかではなかったが
久々にしたのと
何より嫁の中が気持ち良すぎて限界だった

俺「ダメ...ごめん、出る!」

嫁「んっ...いいよぉ。俺君の精子、ちょうだい.,.。」

最後に思いっきり腰を動かして
俺はイッた
信じられない量ででたw
毎日自家発電してたのにww

嫁を見ると、ポロポロと泣いてた

嫁「ご、ごめんなしゃい.,.気持ちよすぎて...。」

そのまま、また嫁に咥えてもらい
二回戦

今度は長持ちしたw
嫁をバックでしてる時
何でかはわからんが、嫁の真っ白で
大きな尻を見てたら叩きたくなってしまった
そのまま嫁の尻を叩くと
パァン!と言う音とともに

嫁「あ、あはっん...!!」

嫁の中、ギュー!!!
俺、昇天しそうになるw

病み付きになった俺
嫁の尻叩きまくる
そのたびに嫁は目を気持ち良さそうな声を出した
甘えた声で

嫁「俺君...も、もっとぉ...。」

と何度もお願いされた

最後は嫁を上に乗せて
思いっきり突き上げた
嫁のGカップが上に下に暴れまわった
下から見ると圧巻だった
嫁のムチムチの腰をつかんで
俺は下から突き上げまくった

「俺くん!ダメ!イッ、イッチャうよぉ!」

「いってもいいぞ。いきなよ。」

「あ、ダメ.,.はずかしい、んっ、んん...イ、イク.,.!あ、ぁぁん!」

よめの体が大きくのけ反った瞬間
嫁の中が更に締まり、ぐにゅぐにゅと動きまくった
その締まり具合と、嫁のイキ顔に
俺もすぐにまたイキそうになった
イッてる最中の嫁のアソコに
激しく音がするほど高速で突いた

俺「あ、ダメだ!俺もイク!」

最後に思いきり一突きして俺はまたイッタ

その瞬間、嫁が倒れこんできて
俺達は繋がったまま、抱き締めあった
嫁の汗、俺の汗
俺達はぐちゃぐちゃだった

こんな感じでもう一回戦したw

最初からこんな感じだったので
今では週四だで、立派に軽いプレイしてます
本当にどうもありがとうございました


コメントの数(19)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 最高  ID:yJt.CFd00編集削除
最高
2 . 名無し  ID:1RhJxcyQO編集削除
という夢を見た

が抜けてますな
3 .   ID:c6Ii7rSE0編集削除
遠慮なく爆ぜてしまえ、こんちくしょーが!
4 . 名無しさん  ID:ycwhHbj60編集削除
末永くもげてください。お幸せに!
5 . 名無しさん  ID:KssmwJgB0編集削除
あまりにも、話が出来すぎてる感が否めない・・・・
6 . 名無しさん  ID:Xv72jg7R0編集削除
俺もお前もお互い気持ち良くなれてお互い幸せだな。
7 . 名無しさん  ID:f7a5jswt0編集削除
トラクター使えば見える範囲の畑なら「毎日」作業することないと思うんだ
8 . 名無しさん  ID:4KM0bJQK0編集削除
ちょっとトラクター買ってくる
9 . 名無しさん  ID:uX7y0y.g0編集削除
こんなんアルわけねー!夢だ夢。
10 . 名無しさん  ID:STlkjzGl0編集削除
宇宙人にさらわれたエピソードは無いの?
11 . 名無しさん  ID:tjEIYUva0編集削除
萌えるおと〜この〜 あ〜か〜い〜トラクタ〜
12 . 名無しさん  ID:r6ZV3eW00編集削除
良かったね
13 . 名無しさん  ID:E2vK.LkI0編集削除
途中でやめとけば良かったのに、後半のせいで創作感がハンパないなw
14 . 名無しさん  ID:Kq6bFDJD0編集削除
お前らいつもの創作認定には厳しいのに、これは余裕で創作認定するんだな
バカばっかりだな
15 . 名無しさん  ID:fzHv4Yy00編集削除
同居でやれる勇気
16 .   ID:alU4pr4v0編集削除
後半一気に妄想全開になったな
17 . 名無しさん  ID:SJlH.0Vk0編集削除
リアリティが無さ過ぎ
18 . 名無しさん  ID:AxHzaYTA0編集削除
エロシーンのセリフはいらんかったなぁ
19 . 名無しさん  ID:41O89.mn0編集削除
普通に幸せな報告にエロ話はいらん

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ