カテゴリー:

衝撃体験談

実家のある隣町に嫁と二人、アパート住まいしてる♂です。

俺の親父は10年ほど前に脳溢血で倒れ、リハビリの甲斐あって室内での歩行やトイレ、風呂は一人でこなせるようになったけど、外では車椅子がかかせないし、出血した場所が悪くて言葉を失ってしまった。
子供の時から怖い親父だったけど、俺が入った会社は転勤が多くて、親孝行も今までしてやれなかったのを後悔しているここ数年でした。


2年前リストラで故郷に帰り、仕事も変わって、ようやく親孝行もできるかな、てな最近のこと。
ある日実家に遊びに行って目についたのが、親父がいつも座っている椅子。
(背が高い)親父の膝の高さより腰を下ろす部分が低くて、杖をついて立ち上がるのが大変そう。
思い出したのが自宅アパートに置いてる一人掛けのソファー。
俺も186造派┣爾長いので輸入品のそれが気に入って買ったんだけど、最近は使っていませんでした。

「よし、俺が使ってない椅子があるからこれから一緒に取りに行こう」

どうしてもヒキコモリがちになる親父の気分転換にでもなるかと、お袋の車(リフト付)を借りて、嫁と親父と3人で自宅に向かいました。
そういえば自宅に親父を連れて行くのは初めてで、親父もニコニコ嬉しそう。
言葉を失ってから、老いと病気のせいもあるけど感情を正直に表情に出すようになりました。
息子が言うのも変ですが可愛いです。
アパートは2階建てでウチは2階。
エレベーターはなく、自宅の中まで案内はできませんが、駐車場の車を駐め、車椅子を下ろし、そこで親父にはしばし待ってもらうことにしました。
一人掛けのソファー以外にも日頃使わない物(家電やキャンプ用品他)を実家の俺の部屋に一旦移すつもりで、駐車場の車と自宅を往復して、自宅で他に持って行く物は…
と部屋でキョロキョロしてたら外から何やら悲鳴と言い争う声が。
一方は明らかに嫁の声。
何事かと急いで車に戻ると嫁と近所のおばはんとその娘らしき女二人、傍らに車椅子の親父。

聴けば一足早く自宅から車に戻った嫁が、車から何やら運びだそうとする
おばはん達を見つけ、

「何やってるんですか!?」

と叫んだところ、おばはん達が
ふじこった模様。

「何か勘違いされたようですけど、これ全部今から実家に運ぶ物なんです。
 捨てる物やあげる物は何もありません」

俺はそう言いながら、携帯を開いて録音開始。
おばはん達は通報でもされると思ったのか余計にわめく叫ぶ…

「今の段階では何も取られたわけではないので通報はしませんよ」

一旦静かになったが、俺の「取られた」という言葉尻を捕まえて、またふじこり始めたばばぁ達。

娘「取られた、ってまるで私達が泥棒みたいじゃないの!?」

ばばぁ「人聞きの悪い!逆に訴えてやろうかしらねぇ」

「じゃ誰の許可を得て、車から物を運びだそうとしてたんですか?」

イライラしながら聞いたら、娘の方が親父を指さし

娘「このお爺ちゃんがいいって言ったんでしょうが!」

俺と嫁、膝から力が抜けかけた。
でもふと親父の顔を見て、逆に怒りが俺の全身を貫いた。

親父は申し訳なさそうに顔をくしゃくしゃに歪めて涙を流していた。
このクズ女達は

「これ捨てるの?お爺ちゃん」
「捨てるぐらいだったらもらってあげる」
「じゃ、もらっていくわね」

と親父に一方的にまくしたて
親父が何もできない言えないのをいいことに持っていこうとした。
(1Fの奥さんが窓から様子を見ていた。

「この間は怖くて何もできなくてすいませんでした、と後日謝られた)

「違う」と言えない、体が自由にならない自分が悔しくて恥ずかしくて泣く
親父の顔を、嫁も半泣きになってハンカチで拭いていた。
あんなに厳格で、祖父や祖母の葬式の時にも凛としていた親父が子供のように泣いていることがショックで、俺も一瞬涙が出そうになった。
深呼吸一つ入れて俺は、この爺ちゃんが俺の親父であること、障害があって言葉を話すことができないこと、つまり捨てる、とか持っていっていい、など許可を出すことはないこと、許可を得ずに車の中の荷物を持っていくのは窃盗すなわち泥棒であることを告げた。
ここでばばぁが最終的に俺をキレさせる一言を半笑いで言った。

「その爺ちゃんとアンタが親子という証明は?
 アンタが息子だって言い張っても、これ(親父を指さし)はそうだとも言えないわけだし。
 だってヨイヨイなんだし pgr」

…人の親を「これ」(物呼ばわり)…

…何かが外れた。

「何をぉぉぉっ!このくそばばぁ!わかったよ!親子って証明してやるよ!
 証明するまで絶対こっから動くな!」

110番。
住所と氏名、トラブルに巻き込まれていることだけを言って切った。

ばばぁ「どこに電話したのよ」

俺「親子って証明してくれる公的機関。あ、逃げないでね」

186造涼砲立ちふさがり目を血走らせてにらんだら、ブツブツ言いながらも足は動かないようだった。
5分でサイレンを切ったパンダカラーのお車到着でございます。
下りてきたお巡りさん二人、ばばぁと娘の顔を見るなり、全てを了解したような
顔をした。
同じようなトラブルが多いらしいことがわかった。

娘「なぁぁぁんで、こんぐらいのことでお巡りなんて呼ぶのよぉぉぉ??」

俺「親子って証明しろと言ったのはお前らの方だろが?
    未遂だけど窃盗の可能性もあるし。刑事事件だぜ、これ」

俺はお巡りさんに経過説明、免許証提示、実家の車に乗ってたお袋の免許証、車検証を見てもらい、さらに実家に連絡してもらって親父の衣服、特徴、ここにいる理由をお袋に照会、その場から解放された。

本当はこのクズ女二人をとことん追い詰めたかったが、一刻も早く親父をこの場所からお袋の待つ実家に避難させたかった。
(残念ながらクズ女二人は未遂ということもあって厳重注意で済んだらしい)
(子供の時、兄弟のように遊んでた従兄が県警の幹部だったのを思い出し、相談、根回し。
2時間に1回は巡回してくれるようになった)
(今のところは復讐っぽい凸もない代わりに謝罪もない)
(同じアパートの同じ棟の人に経緯説明、迷惑をかけるかも?
の謝りとお願い済。前述の奥さんの証言はその時聞いた)
(車も含めカメラ2台、ICレコーダー、防犯ベル揃えた)

良かれと思って、親孝行だと思ってしたことで親父を傷つけてしまい、余計な出費(カメラ他)、何より親父の泣き顔…今でも思い出す度に鬱になる。
救いは一人掛けのソファーを親父が気に入って使ってくれてること。

「お父さん、立ち上がりやすくなったね」

とお袋が声を掛けると

「ぁぁ」

と声にならない声でニコニコ微笑んでくれてるそうだ。

有給もらって4連休の初日です。
今週月曜から新展開があって、一応メドがたちました
(今、所轄の警察から帰ってきました)。

今週月曜朝6時50分、出勤しようとアパートの階段を下りて車に乗ろうとしたら
運転席のドアの前に、近所の新築工事現場で見かけた気がする特徴のある
外壁ブロックがうずたかく置かれてあった。

「やっぱ来たか」

嫁を呼んで、工事現場の人に言って引き取ってもらうことと、ウチは一切関与してないことの説明、夜間の資材の管理を徹底してくれるようにお願いすること、万が一工事してる人が難癖言ったら俺の携帯番号を教えるように告げて出勤。
仕事は通常通り。
嫁は先方から感謝はされたけど文句は言われなかったらしい(当たり前)。
21時帰宅。
やはり何かあるかも?とゆっくり気をつけながらスペースに近づいたら、(きっちり数えたわけじゃないけど)曲がった釘が数百本w
(そういやその後警察から来た電話で泥旦那は建築業とか何とか…
携帯で嫁に電話してホウキ&ちり取りを持って来てもらい2人で掃除。
やっぱ先週中に締め上げなかったことを後悔した。
嫁は文句を言えない方なので逆に申し訳なかった。

自宅の玄関先に仕込んだカメラを駐車場まで写せるように角度を調整。
嫁の駐車場と乗ってる車は向こうにはバレてないはずだけど、実家に行って妹から振動反応型の車載カメラを借りて、嫁の車に配線・実装。
明日何か異常があれば吸い出して通報するつもりで27(AM3)時就寝orz

朝起きて、出勤しようと車に行くと、異常が…ありました(泣
嫁の車ではなく俺の車に…
10円チョップどころではなく、ボンネットにでっかく「バ カ」とたぶんノミみたいな
太い刃物で書いてありました。その他ボディ周りに凹みとキズ多数(号泣…
(見積68万2千円

当然車載カメラ(振動反応型)のSD抜いてPCで再生。
見事にババァ(泥母)が見紛うことなく映っていた。
会社の上司に連絡、上司も

「おお、もちろん休むっていうより公休でもいいぞ!んなクズ潰せ!」

と何故か俺以上に興奮…

警察に持ち込む前に従兄(県警幹部)と大学時代の友人
(イソ弁5人いる事務所の代表)に電話。
火曜午前は警察の実況見分、被害届などあれこれ。
午後は仕事してました。

水曜、午前警察から電話を受ける。
泥母と泥娘を親戚宅で確保したとのこと。
ただし勤務先の会議前でパニクってたため、折り返します、と連絡先を聞いて
そのまま会議突入(予定3時間のはずが6時間になってしまいorz)、その後、会議中に入ってた用件を処理するうちにいつの間にか18時…
(途中とりあえずトイレから嫁には電話した。)
18時過ぎ警察に電話したら、泥親娘は帰した、ご自宅付近には警備します、など説明を受けた。

で昨日は隣の県に終日出張してたが、警察から

「泥親娘のご親戚の方が貴方に会わせてほしい」

と言って聞かない、と夕方連絡があった。
どんな連中が出てくるかも分からないし断るつもりだったけど、弁護士の友人のアドバイスを思い出した。

第三者が立ち会う場所で加害者と被害者は話し合いはすべき、と学んだ。
だったら、所轄署である○○署で、担当者の方がいる場所なら、と指定した。
(これが友人のアドバイスのひとつ)
さすがにお巡りさんもお忙しいだろうし拒否されるだろうと踏んでた発言。
しかしこれが許可された。
おそらく泥母娘の容疑が俺の他にも多かったからだろう。
で、今日11時から所轄署(わざわざ小さいけど会議室を貸してくれた)で泥の親戚と対峙。
俺は証拠の映像や車の写真などを示した上、先日からの経緯を説明した。
当然向こうからはファビョられると思ってたが、泥母のお兄さん(娘の伯父さん)
と仰る方が深々と頭を下げられ、車の全額と俺の休業の代償を支払う念書を予め持って来ておられた。
俺の方からは泥母娘を今後一切近づけない念書を出した。
ちなみに被害届を下げる事項は先方の念書にはなかった…
逆にご苦労が偲ばれた…
俺はご多忙の中、仕切って下さった、おそらくもう定年間際であろう白髪の人
…防犯課長の肩書きの人の顔に見覚えがあった。
話しかけてみた。

俺「あの、25年以上前になりますが、○○町の交番にいらっしゃいましたか?」

課長さん「…えぇ。いましたよ」

俺「お忘れになっても当然だと思いますが、私の親父は△△Xで、私は△△Yです。
    課長さんには、子供の時にお世話を掛けたました。
    自分と子供を逮捕しろ!と騒いだ親父の子です!」

課長さんはしばらく目をうろうろさせてたけど、思い出してくれたのか、

課長さん「あぁ!Xさんの息子さんのYさん!…いやぁ(泣き笑い)あん時は困ったよ!」

俺が人の物を盗めば社会にいられなくなる、と教えられたのは7歳の時。
当時小遣いは週に100円。周りの子供は1日100円とか週に1000円とか。
周りの子供が駄菓子屋で豪遊してるのを指をくわえて見ていたクチ
(その代わり、欲しい本があれば無制限に買ってくれた親父だったんだけど、
子供の目線と大人の子育てビジョンは別なんだな)…
ある日学校からの帰り道、1000円札を拾った。
目撃者なし。
行くところは一つ!

駄菓子屋で思い存分豪遊して、戦利品のチョコを自宅でかじってたら
親父に見つかった。

「お前、そのチョコどこで買ってきた?どこでお金もらった?」

良いも悪いもよくわからない俺は

「拾った!1000円札!」

満面の笑顔。
その笑顔がたぶん消えないうちに親父の全力の往復ビンタ×数回w
ショックで口も利けない俺を持ち上げてクルマの後部座先に放り込むと、1kmほど離れた交番に到着。
自分の財布から1000円札を出し、

「ウチの息子が泥棒をしてしまいました!本当に申し訳ありません!」

とお巡りさんに土下座する親父。
牢屋行きだ、もうTV(ドリフやアニメも)アイスクリームもないんだ、と火が点いたように泣く俺w

親父「すいません!この馬鹿息子が!私の教育が悪いばっかりに…私もこいつも牢屋に入れてください」

頭をコンクリートになすりつけて土下座。
お巡りさんも子育ての一貫に交番が使われて大迷惑だっと思う。

「悪いことをしたら息子だろうがすぐ警察に突き出す」

という親の姿が俺の自我にしっかり擦り込まれた。
たぶん今もそれは消えない。
もちろんこれがが正しいとも思わないが…
若いお巡りさんは

「まぁまぁお父さん、息子さんも反省されてるようだし(苦笑」

「子育ての協力のために仕事してんじゃねーぞ(怒」

と本当に優しくw親父と俺を交番から追い出した。続きます。

その若いお巡りさんが、今日の仕切り役をしてくれた課長さんだった。

課長さん「あのYくんがもう、こんなに立派に。よかった」

俺「いえ、親父と課長さんの連携プレイで、私も恥ずかしくない生き方ができたわけです。
     ありがとうございます」

笑顔で言った。
当然本当にお礼の意味もあった。

「いや、あの時のお父さんが、恥を晒す覚悟で交番にいらっしゃったお陰じゃないですか?」

「誰にも恥じることなく生きろとお父さんは言いたかったんじゃ」

課長さんは笑顔で仰ってくださった。

「親の覚悟が子供を一生守ることになるんでしょう。お父さんを大事にね。
 それより、わたしに礼を言うよりお子さんにそれを引き継いであげて」

親の生き様、働く背中、倫理観で子供の人生は左右させられる。
改めて思いました。


コメントの数(9)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . ななし  ID:fbc5Wu7N0編集削除
途中から違う話入れるのがブームなのか
2 . 名無しの山口さん  ID:J3PjGCqK0編集削除
オバちゃん達の末路は?
3 . 名無しさん  ID:y9g9M5pP0編集削除
最後まで読んで後悔した
4 . 名無しさん  ID:.sz1uPym0編集削除
フランス料理のフルコース食べてて次はメインと思ってたらラーメンが出てきたでござる。
5 . 名無しさん  ID:9tAYwfnc0編集削除
え?これ前半と後半で違う話なん?
後半に前半の話が絡まないから変だなとは思ったんだけど全然違和感なかったww
鬼厳格だった親父が病室で見る見る小さくなっていき
それと共に全身がチューブだらけなっていく姿を
中学時代に見送った俺前半後半共に涙目でクヤシスwww
6 . 名無しさん  ID:.sz1uPym0編集削除
>>5
別のハナシでしょ。
防犯課長が前半(の最後に)も後半も出てくるってだけで・・・。
7 . 名無しさん  ID:9tAYwfnc0編集削除
ググってみたら同じ書き手の後日談だったよ
↓以降が後日談
8 . 名無しさん  ID:.2nDIuv60編集削除
良い華字じゃないか
9 . 名無しさん  ID:FPwiGueG0編集削除
泥キチ飽きたー
変えろー
馬鹿管理人ー

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ