カテゴリー:

衝撃体験談

A子(24):会社の後輩。かわいい。
B男(32):A子、私の上司。イケメンだが既婚者。
C男(?):A子の彼氏。アパレル店員。
D男(?):C男の友達。
私(26):女。
彼氏(29):私の彼氏。

去年の話。

その年に派遣で入社してきたA子。
まじめっぽい、いかんせん仕事ができず、フォローする私は結構苦労させられていた。


私の会社は、事務員は残業をしてはいけない規則になっていたが、A子は仕事を片付けるまで帰ろうとせず、サービス残業を繰り返していた。
最初はまじめだなーと思っていたんだけど、そのうち「バリバリ働いているキャリアウーマンな私」を演出しているだけじゃないかなーと思うように。
すぐに私は上司のB男から注意を受け、A子にサビ残をさせないように言い聞かせたり
仕事を手伝ったりしたが、それでもA子は自分のできていない仕事をなぜか隠し、私にバレないようにサビ残をしていた。どうやら自分の仕事に手を出されるのがイヤらしい。
(私が一緒に会社を出ようとしても、タバコだのトイレだの言って席をはずし、一緒に会社を出ないようにしてた)
で、結局残業して作った書類や伝票は間違っていて、しかも私のチェックなしで通すものだから、間違いが発覚するのが結構手遅れのころだったりして、部署の事務手続きはガタガタ。
私もかなり苦戦しながらA子の仕事を監視していたが、私が帰った後サビ残で手配したものに関しては
目を通せず、結局ミスはいつまでたってもなくならない。
いい加減フォローに疲れ、B男他上司や同僚たちにも

「なんとかしろ」

と言われ、私は仕方なくミーティング室を借り、そこでA子に、今までオブラードにつつみまくっていたことを、
オブラードと剥がして根本的なことから注意しまくった。
A子は自分ではできる子だと思っているようだったのでキツい事を言いにくい感じだったんだけど、心を鬼にした。
案の定、下を向いて泣くのをぶるぶる我慢している様子。
私も胸が痛かったが仕方がない。

だがその後、A子は見事に相談女に変身。
B男に何度も相談と称して二人きりで飲みに行きまくり、ありがちだが不倫の関係に。
B男もわかりやすくA子をひいきしだし、A子はB男とタッグを組んで私をチクチクいじめ始めるようになった。
そのいじめは結構陰湿で、私が手配した書類を隠したり、データファイルを消したり書き換えたりと、業務に差しさわりのあることばかり。
そのせいで私の仕事が遅れ、また、大事な書類を紛失したことにより始末書等も書かされ、減俸され、
B男及び他上司にきつく注意された。
遅れを取り戻すために仕方なくサビ残すると、A子が

「私にはするなって言うのに、(私)さんはしてもいいんですか〜w」

と。
書類がなくなったりデータが書き換えられたりしたのは自分のミスだと思い込んでいたから、確かにその通りだとA子に対しても申し訳なく思っていた。
なんで上記のいじめや不倫がわかったかと言うと、なくなった書類が入っていたクリアファイルがA子のデスクから見つかったから。(中身は無かったが)
「もしや」と思ってそれとなく注意していると犯人はA子ではないかとじわじわ感じるように。
芋づる式にB男も知っていることが分かり、そういう目で見始めると、二人の関係もうっすらと見えてきたって訳。

おかげで重要書類は鍵つきの引き出しにしまうなど対策はできたが、でも、証拠は無い……
そのせいで結構ストレスが溜まり、同棲してる彼氏に相談してみた。
彼氏は

「どうせ春に結婚するんだから、会社辞めちゃえば?」

とかるーく言ってきた。
私も

「確かにー」

と思い、おかげで肩の荷がすーっと降りたような気がした。
一般職だから給料が良い訳でもないし、家から遠いし、職場環境が良い訳でもない。
だったら一度やめて、家の近くで職場を探して働くほうがいいかなーと。
彼氏も

「それがいいんじゃない?」

と同意してくれたので、会社を寿退社することが決まった。
しかし、そうとなると、A子に引継ぎをせにゃならん。
正直、A子にあまりかかわりたくなかったので、業務の間にサルでも分かる業務マニュアルをちまちま作成。
また、転職活動を始めると同業者さんで独立した方が誘ってくれて、就職先もつつがなくゲット。
その間もA子とB男のちまちましたいじめが続いていたが、書類紛失等は自衛のおかげでなくなり、他の同僚たちも二人の関係に気づき始めたのか私を擁護してくれ、あまり気にならなくなってきた。

ある日、就業後に彼氏と待ち合わせて繁華街にご飯を食べに行ったんだが、その帰りに偶然A子とB男を目撃。
二人はホテル街に向かっていった。
うわぁ〜と思い彼氏に

「あれが噂のA子とB男だよ…」

とちょっと愚痴ぎみに言ったところ、
酔っ払っていた彼氏は

「あれがお前をいじめたやつらか!?よし!追っかけてって不倫現場を激写だ!」

と二人を追いかけていってしまった。
私はあわてて彼氏を止めに追いかける。

「やめなよ」

と彼氏の腕を引っ張った場所はホテル街の入り口辺りで、視界の端にはちょうど奥の方のホテルに入っていく二人。
あーあ、やなもん見ちゃったなーとげんなりしながらその姿を目で追っかけてると、近くのコインパーキングに止めてあった車から男性二人が飛び出し、ホテルの入り口で二人を引き止めた。
ぎゃーぎゃー騒いでいる様子なので、何か事件かとびっくりした私たちは、警察沙汰にでもなっていたらヤバいと慌ててそこまで走る。

そこで見たものは、男性にすがりついて

「違うの!」

とお決まりの言葉を叫ぶA子と、あたふたしているB男。
すがりつかれている男性(C男)は冷たい目でA子を見ており、もう一人の男性(D男)の手にはカメラ。
修羅場スレ住人の私は「うわー!これはいわゆる修羅場現場!?」と酔いの力も手伝ってテンション上がる。
隣の彼氏も似たようなもん。
私たちに気づいたB男は一瞬かなりてんぱった様子になったg、すぐに、

「あ!(私)さん!やっと見つけたよ〜。お前たちとはぐれてこんなところまで来ちゃったら、
 A子の彼氏が勘違いしてさ〜。誤解だって言ってくれよ!」

とw
目は必死に「空気嫁!」と言っているが、あなたがた、私にしたことを棚に上げて助けを頼むんですかいw

「はい?知りませんよ?ここにきたのは偶然です。って、なんでこんなホテル街に二人でいるんですか?
 B男さん、既婚者でしょ?同じ会社で仲が良いからって、ホテルに来ちゃダメでしょww」

と、さりげなく情報ダダ漏らし。
C男・D男は最初は誰?と不審の目で私たちを見ていたが、私が事情を説明し、納得してくれた。
A子は逆切れし、涙と鼻水でぐしょぐしょの顔で

「なんであんだらがごごにいるんだよぉぉぉ!」

とすごい声で絶叫。

へなへなと地面にへたり込んだため、D男が車に強制連行。
B男はC男に詰め寄られて土下座。
しかし、C男は

「土下座なんてしてほしくない。きちんと責任を取っていただきたい」

とB男に名刺を渡すことを要求。
B男、かたくなにそれを拒むが、隣で傍観している部下(私w)の裏切りにより、会社バレ。
最終的には

「金は払うから家に連絡だけは」

とごねはじめ、C男は

「考えておきます」

と言いながら携帯を奪って自分の携帯になにやら赤外線で転送していた。
後で聞いたら、B男側の携帯に残っていたラリメールとB男携帯およびB男家電の番号を送っていたようだ。
あまりの手際のよさに、C男はここの住人じゃないかと思ったくらい。
その証拠を手に入れ、B男は帰らされた。
私たちもC男に頼まれて番号交換し、その日は帰宅。

後日、C男から連絡をもらい、私・彼氏・C男の三人で飲みに行くことに。
そこで、詳しいことを話してもらった。
C男とA子は学生時代からの付き合いで同棲もしていた。
A子が派遣でうちの会社に入社したくらいから、A子が

「結婚したい」

と言い始め、C男も同意。
結婚にむけて動き始めようとした矢先、A子の意見が一転、

「やっぱりもうしばらくしたくない」

となる。
またそのころからA子の帰りが遅くなり始め、理由を聞くと

「うちの会社の先輩がだらしなく、仕事がすべて私に回ってきて残業をしなければならない」

と。
そして先輩(私)の愚痴を盛りだくさん聞かされた。
最初はA子も大変だなーと思っていた。
しかしある日、C男が判子を探していると、いつもは使わない書棚の引き出しから大量の書類やCD−Rが出てくる。
どうもその書類はA子の会社のもので、提出しなければならないっぽい書類。
帰ってきたA子に聞くと、不自然にあせり、その書類は捨てるものだからと破いてゴミ箱に捨て始めた。
普通、そういう書類は会社から持ち出さず、シュレッダーしなければならないはず。
会社勤めではないC男にもそのくらい分かるので突っ込むが

「あなたは所詮接客業で私の仕事は分からないでしょ!」

と切れ始める。
もともとA子はサラリーマン・OL=えらい、接客業=底辺という考え方を持っていて、C男の仕事を良い目で見ていなかった。
C男の頭に結婚ではなく「別れ」の文字がちらつき始める。

また、先ほどの書類廃棄でA子が会社で不正を行っているのではないかと不安になり、A子が寝ている間にPCや携帯をチェック。
そして、B男と浮気していること・B男と共謀して会社の先輩を陥れていることなどが発覚。
一気に愛情は冷め、この後どうすればいいかD男に相談。
D男は萌えコピをC男に紹介。
修羅場話を読むうちに、自分もA子とB男に対して仕返しをしてやりたいと思うように。
それから証拠固めと同時に、A子と正式に婚約。
A子は最初渋ったが、婚約指輪の話を持ちかけるとすぐにその気になったそうな。
で、婚約決まってからもB男との関係を続けるA子。
ここでB男を切ってくれれば少しは望みもあったのにと思いながら、計画を進めるC男。
D男に要請を頼み、A子がB男と会う日にホテル前で待ち伏せ。
あの状況になったようだ。
(二人が使ってるホテルはホテルのクーポン券のおかげで分かったw)
あの後、泣きながらも逆切れするA子を連れてA子実家へ。
A子両親に証拠をばっちり見せて婚約破棄を言い渡す。
当然慰謝料請求。
A子両親は泣いて頭を下げる。
A子に必ず慰謝料を支払わせると約束してくれたようだ。
その間A子はふてくされ、A子両親に殴られたらしい。
また、もちろんB男にも慰謝料請求。
また、

「B男携帯に連絡しようとして間違えて」

B男家にも電話。

「奥さんが偶然出てしまい仕方なく」

理由を説明。
その後の二人はC男は知らない、と。

B男のその後のことは私が知っていたので、今度は私からC男に説明。
B男は見事奥さんに離婚を突きつけられ、親権を取られ、慰謝料と養育費を請求された。
今は裁判しているようだが、あの状況で事態をひっくり返すのはまず無理だろうと。
慰謝料をちょっとだけ減額できる程度ではないだろうかと、私の上司は見ている。
また、A子やB男が私の作った書類を不正に破棄したり持ち去ったりした証拠も見つかり、
派遣であるA子は即効首を切られ、B男も懲戒免職になった。
(不倫は多めに見られたが、書類持ち出し等はかなり悪質だったので)
私も減俸された分の金額+αを、社長からの謝罪と共に受け取った。

C男にそのことを伝えると、

「正直ざまぁwですねw」

と。

「私もメシウマです」

と答え、なんか通じ合いました。


コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:118cScea0編集削除
時系列では後で分かることをわざわざ先に書かなきゃいけないあたり、
スレの読者様の頭が残念なんだろうなあ
2 . 名無し  ID:j3sJZDZYO編集削除
あれ?メシウマの使い方間違ってね?これでいいのか?
3 . 名無しさん  ID:CR1GfpxP0編集削除
メシウマは他人の不幸だからなぁ
この場合第三者じゃないしちょっと違うかも
まぁ大した問題はないし大体通じるけどさ
4 . 名無しさん  ID:Moo8p24F0編集削除
最後の会話は
C男「正直ざまぁwですねw(2ちゃんねるで勉強しました)」
報告者「私もメシウマです(2ちゃんねるなら私も良く知っています)」
ですね
5 . 名無しさん  ID:sgJoFIYo0編集削除
※4
ボクサーは試合開始直後に拳で会話するというアレか!?ww
6 . 名無しさん  ID:iYAGD7Eg0編集削除
※5 じっくりコトコト煮込んだんだろうが
7 . 名無しさん  ID:8N6SfcyP0編集削除
・まじめっぽい、いかんせん仕事ができず

・今までオブラードにつつみまくっていたことを、オブラードと剥がして根本的なことから注意しまくった。

こんな文を書くバカなんでメシウマの使い方が変なのも当然だよね

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ