カテゴリー:

衝撃体験談

嫁の浮気に気が付いて2ヶ月程経ちます。
私は32歳の会社員です、嫁は27歳です、子供はありません。結婚3年です。
きっかけはよくある話ですが、半年前から嫁が頻繁に外出するようになったことと、急に下着に凝るようになったことです。

不安でいたたまれなくなりある日嫁の携帯をこっそり見てみたことによって、全てが発覚しました。
これまで信じていただけに余計に許せない気持ちが強く、ただ問いつめて離婚するだけでは到底我慢できませんでした。
以来2ヶ月ピンポイントで興信所にも依頼して、完全な証拠も確保しました。


嫁の車にauのGPS携帯も仕込んでありますので、浮気時における大体の行動パターンも掴んでいます。
勿論、相手の男のプロフィールの全てもわかっています。

私はあの二人に私が味わった苦痛と屈辱を、なんとしてでも味わわせてやりたい。
だからこそ、2ヶ月も我慢してきたのです。
あの二人は、浮気時にラブホテルも利用していますが、どうやら近所の公園の駐車場でカーセックスをすることがお気に入りの模様で、三回の内の二回は公園です。
なんとしてでも、最中になるべく大勢の人間を連れて突撃してやるつもりです。

昨日で嫁は生理明けですので、今週のどこかで必ずやるはずです。
いよいよその時に突撃するつもりです。
恐らく夜の八時〜10時が一番濃厚です。

これまでの行動パターンだと、水曜が一番可能性が高いと思います。
ここでご報告致します、私と一緒にふしだらでブザマなあの二人を多くの方が軽蔑して、あざ笑ってくださることを期待します。

相手の男はやはり近所に住む29歳の既婚の男で、2歳になる男の子供がいます。
その妻は25歳です。

私の嫁のルックスは身長は156センチ、体重42キロとやせ形ですが、バストは86のDで、かなり男好きのする体型です。
ちょっと童顔ですが美人です。
昔から、かなり男出入りが激しい女でした。
全てはそんな女を嫁に選んだ私の不徳の致すところですが、結婚は別だと、神聖なものだと私は思っていました。
しかしそんな思いは嫁には通じませんでした。
残念でたまりません。

私の年代で、嫁専用車を所有することは結構大変なのですが、我々の住居が公共交通機関が比較的利用しにくい場所にありますので、嫁の希望を聞き入れて、去年購入したのですが、まさかその車でカーセックス三昧とは、本当に跡形もなくぶっ壊してやりたい・・・

嫁と男がラブホテルへ出入りする際の写真が二組と、嫁の携帯に残された膨大な量の男とのエロメール、嫁はもともとかなりMっけが強いのですが、延々と続く言葉によるSMプレーの内容や、私が外出中に行われたテレフォンセックスの内容をICレコーダーに録音したもの、後、決定的なのはラブホテルで行われた行為をデジカメで撮影したものをDVDに焼いたもの(正視に耐えません)などです。

大半は嫁が縛られて、嫌らしいかっこうをさせられて、洗濯ハサミやバイブなどで責められている写真や、中だしされた後の性器を写した物、口から男の精液をだらしなく溢れさせたものなどなどで、相手の男はせいぜい足か手ぐらいしか写ってはいません。

相手の男が撮影したものをDVDに焼いて嫁に渡したものです。
大して警戒もせずに保管されていた物を、私がコピーしたのです。

復讐したい一心で正直金などどうでもいいのですが、実際はそんな訳にもいきませんでしょうから、どの先生にお願いするかはもう決めてあります。
ただしそれは、突撃して恨みを晴らした後の話です。

人妻にはあるまじき驚くべきことですが、一番初めのきっかけは近所のスーパーでのナンパです。
どうやら相手の男は、すぐさま嫁のM性に気が付いて、言葉巧みに嫁を嬲りその気にさせたようです。
翌日には関係を持っています。
嫁と男の言葉によるSMプレーで、男はそのことでしょっちゅう嫁を嬲っているらしく、何度もそのことが出てきます。

私も色々考えましたがやはり弁護士という職業上、きっと行きすぎた報復には断固反対すると思います。
ですから、私の晴れ舞台には弁護士同行はかえって不都合と判断いたしました。

やはり不安なので何人かに応援をもうたのんでしまいました。
みんな私からの連絡で緊急出動しないといけないのに、驚くほど協力的です。
大変感謝しています。

そろそろ家に帰ります、今日は満面の笑みで「ただいま」って嫁に言ってあげることにします。

本日の作戦の結果についてご報告致します。
なお、私が実際に見て、聞いて、感じたその全てをなるべく忠実に再現することが良いと判断しておりますので、所々行きすぎたSEX描写等があるかとは思いますが、ご不快に感じられる方はどうか読み飛ばして頂ければありがたいです。

我々は予め公園に集合して、嫁と男の到着を待ちました。
突撃しやすいように、木立と建物がある一角に誘導すべく、その一角以外の場所に友人たちが自分の車を止めています。

我々は、建物の裏側に潜んで彼らの到着を待ちました。
嫁はいつもの待ち合わせ場所のコンビニで男を乗せたあと、まっすぐこちらを目指して進んで来ました。嫁の車のGPSでしっかり確認出来ます。

午後8時20分頃、彼らが公園に到着しました。
天は私に味方しました。
我々のもくろみ通り、いやそれ以上近くに車が止まりました。
目標までの距離およそ20メーター弱です、ダッシュすれば3秒か4秒で到達できます。
異常な興奮で胸が高鳴ります。

仲間達も同様で、ハンディーカム担当の二人は何度も何度もチェックに余念がありません。
大型の懐中電灯担当の二人も、握りしめる手に力が入っています。

嫁とはじめて出会ってからの記憶が、ちらちらと脳裏をよぎります。
嫁は若い頃の君島十和子に大変よく似た(もう少し童顔にした感じ)美人で、確かに随分とモテていましたが、ただ普段は明るくかなり礼儀正しい女性なのですが、少し意思が弱く強く迫られると拒みきれない一面があり、これがためにあまりタチの良くない男達との関係が断ち切れずに、何度も結構な修羅場に直面しておりました。

悩み、苦しみ、自殺しようとまで考えていた嫁を本気で愛した私は、2年近くの時間をかけて彼女を取り巻く下衆な男達の劣情から彼女を守るべく、それこそ必死で奮闘し、説得しやっとの思いで解放したつもりでした。

私の努力の甲斐あって確かに彼女は変わった、変わることが出来たと思っていたのです。
しかし、結局全ては無駄だったようです。
やはり、嫁は自分の体を支配する呪わしい宿命から逃れることが出来ないのです。
もう私は疲れました、これ以上自分の人生を犠牲にすることは出来ません。

今夜で終わりにします。

不倫カップルの二人はしばらくの間しつこくキスしたり、お互いの股間や胸を愛撫しあっていましたが、程なく後部座席に移動しました。
勝負の時が迫ってきました、私は不思議なくらい憎しみも、怒りも、嫉妬も感じませんでした、感じたのは異常なまでの興奮だけでした。

男は嫁のTシャツを脱がせると、かなりの時間をかけて嫁の乳房を指でいじったり、口に含んだりして愛撫しています。
車の中に嫁の白い裸体や形の良い大きな胸が浮き上がり異様なまでに幻想的な情景でした。

やがて、男は嫁の下着を脱がせて大きく足を広げさせ、嫁の股間に顔を埋めるようにして愛撫していました。
男の頭の動きに合わせるように、嫁の頭がひくひくと上に上がる様がなんとも卑猥です。
そしてついには嫁はスカートも脱がされて全裸にされました。

男も、はいていたジーンズとパンツを脱ぎ下半身裸の状態です。
嫁が一生懸命男のアレをフェラしていました。
私にはこれまで一度もしたことがないような丁寧な熱の入ったフェラです。
その間も男は嫁の乳房をいじり続けていました。
私はただただ早く突撃したくて、ひたすら「早く入れろ、早く入れろ」と念じ続けていました。

やがて、我々が待ちに待った瞬間が訪れました。
男はフェラしている嫁の顔を上げさせると、再びディープにキスをして、そのまま自分が下になりそそり立つ自分の股間の上に跨らせると、嫁はゆっくりと腰を沈めていき、ついに二人は繋がりました。
男が入った瞬間に、嫁は天を仰ぎ大きく口を開けて何事かつぶやいていましたが、残念ながらここまでは聞こえては来ませんでした。

嫁はゆっくりと腰を動かしはじめ、次第にそのスピードを増していきます。
その嫁の腰の動きに呼応するかのように、ヴィッツが小刻みに揺れはじめました。
男のモノが嫁の中に入ってゆく瞬間に、何故だかわかりませんが無性にもの悲しくなり、涙が一筋二筋私の頬を伝いました。

横でそれを見ていた友人の一人が、指で私の涙を拭ってくれて、彼もまた悲しそうに私に向かって首を二度三度横に振りました。
私は大丈夫だというしるしに、無理にほほえんで首を縦にふりました。
でもまだ待ちます、10秒、20秒、30秒、そしてついに突入です。

我々は全力でダッシュしました、そうして私がスペアキーでドアロックを解除するのと同時に、4人が4枚のドアを一気に開け放ちました。

一瞬、嫁は全裸で男の上に跨ったまま硬直し、次の瞬間に凄まじい悲鳴を上げました。
嫁の悲鳴と男の怒号、仲間と私の

「おまえ達何やってるんだ、○美!どういうことだ」

と言う叫び声などであたりは騒然となりました。

嫁は絶望的な目で私を見て、はじめて事態を理解したもようです。

「あああ・・・」

と言うなり、男に跨ったまま体を丸めて頭を抱えてしまい、一声

「いや〜」

と叫んで固まってしまいました。
一方、男は上で跨っている嫁を何とか押しのけようと必死でもがいていましたが、やっとのことで嫁を押しのけると車外にはい出て、下半身裸のまま萎びて小さくなってしまった濡れたソレを隠そうともせずに、逃げようとしました。

すかさず、仲間二人がガッチリと男を捕らえ再び車内に押し戻しました。
男は半狂乱で半泣きになりながら

「すいません、すいません、許して下さい、ゴメンなさい」

と連呼していました。

嫁はヴィッツの後部座席の片隅で全身を覆うように丸くなり、時折小刻みにピクッと痙攣する以外は私が何を話しかけても一切無反応です。
いくら隠そうとしても隠しきれない大きな胸や裸の尻、むき出しの太股などや、見え隠れする陰毛と、半ば濡れて光っている女性器が、妙に哀れでコケティッシュな感じがして、壮絶な淫靡さを醸し出しています。
仲間達も、好奇心と興奮を隠しきれずに、そんな嫁の姿態をチラチラとのぞき見ています。

全てのドアを開け放ってあるとはいえ、先ほどまでの不倫カップルの濃厚な情事の放つ淫臭の残り香が、未だ狭い車内に立ちこめているのがはっきりとわかります。

助手席側のドアの担当の友人が置いてあった彼らの衣類とバッグを確保し、その中から男の携帯を取りだし、男の嫁に事情の全てを話し、すぐにこの場所まで来てくれるよう連絡しました。

それから男の妻が到着するまでの間、不倫カップル両名と話をすべく何度も試みましたが、嫁はさきほどの状態のまま全く無反応で、男は常軌を逸した状態のまま、ただひたすら謝り続け、時折「ウゲッ」って感じで吐いていまして、こちらも全く話になりません。

そうこうしている間に、男の妻がやってきました、彼女は最初あきらかに戸惑っていましたが、嫁と男の格好に気が付くと、いきなり激怒して私たちに詰め寄りました

「あなた達、いくらなんでもやりすぎでしょう!なんでいつまでもこんな格好させておくの!」

そう言うなり助手席担当の手から、彼等の衣服を奪い車に乗り込み、丸まってしまっている嫁に何とか服を着せようと悪戦苦闘していましたが、かなりの時間を費やしてそれに成功すると、今度は男にパンツとジーンズを手渡すと一言

「穿きなさい」

と言い、私にむかって

「ご覧のように、今日は本人達もとてもお話出来るような状態ではありませんので、
 お話は、後日ということでよろしいですね?
 主人はこのまま連れて帰ります」

と言い残して引きずるようにして男を自分の車に乗せて、立ち去って行きました。

男の妻はわりと小柄な女性ですが、きりっとした感じのなかなかの美人です。
自分の夫が、よその女と不倫していて、なおその現場にまで呼び出されているわけですから、さぞや心中色々な思いがあったでしょうに、あくまで冷静でしかも本来なら、にっくき相手の女の身を案じるとは、正直我々は彼女の胆力に感服してしまいました。

いつも、ふらふらと男の間を行ったり来たりして、結婚してまでこんなことを繰り返すだらしない、股も頭も緩い私の嫁との女としての各の違いを嫌というほど見せつけられた思いがしました。

私は、ことの次第を告げると同時に、嫁を連れにきてくれるよう嫁の両親に電話しました。
父親は最初絶句していましたが、

「わかりましたすぐに伺います」

と一言返事をして、電話を切りました。
私は、今日の作戦に協力してくれた友人達に丁重にお礼を言い、魂が飛んで壊れてしまったような感じの嫁をヴィッツに乗せて家まで帰ってきました。

今、嫁の両親が到着するのを待っています。
嫁とはそれからも何度か会話しようと試みましたが、嫁はただボーっと遠くを眺めて体を丸め、ゆりかごに揺られるように、ゆっくりと体を揺らしているだけで全く無反応です。
それにしても、何となく後味が悪い結末でしたが、取りあえず私の復讐は成功を収めたと感じています。
明日からは、馬鹿なことをしでかした不倫カップルの後始末に、多くの人間が関わり不快な思いをしないといけません。
正直うんざりします。

正直私はもう燃え尽きました。
今後の事態の推移には、何の興味もありません。
嫁は壊れてしまいました。
彼女の過去を死っている自分には、回復する余地はないような気がします。

あの後、しばらくして嫁の両親が迎えにきました。
彼等は嫁が独身時代に一度自殺未遂をしていることも、精神科に長く通っていたことも当然に承知していますので、嫁の状態を見て大層心配していました。

母親がずっと嫁に付き添っていましたので、私は義理の父と随分長い間話していました。
彼が知らない嫁の過去やその経緯などに付いても、出来る限り全て話しました。
勿論、今回の一連の経緯についても同様です。

そうして、自分はもうこれ以上自分の人生を嫁のために犠牲にはできないこと、もう結婚生活を継続する意思がないことも告げました。

義理の父からは、激しい苦悩の色がありありとうかがえましたが、

「長い間、不肖の娘がお世話になりました、できる限りのお詫びはさせていただきます」

そう言って深々とお詫びをされました。
そうして、二人で嫁の体を抱きかかえるようにして、無言のまま帰って行きました。

私は、その時点ではすでに正直言って、自分の前夜の行動を激しく後悔していました。
もしもこのまま嫁が壊れてしまえば、私は恐らく一生そのことで苦しむことになると思います。
いや、もっと言うならば、そもそもはじめから係わるべきではなかったのです。

多くの男達の心を魅了するであろう、その美しい外見とは裏腹に、彼女は心に大きな疾患を抱えていました。
私は、二人の愛と信頼があればそんなものは乗り越えられる、彼女の心を健全な状態にすることが出来ると信じていました。

しかし、現実はそんなに甘いものではありませんでした。
愚かな私のただの思い上がりに過ぎませんでした。
愛していたが故に、怒りと嫉妬に狂い、結果、回復不能なまでに彼女を壊してしまったのかもしれません。
今はなんとも言えない後味の悪さで、胃のあたりに重い固まりがあるような感じです。

翌日に、男の妻から連絡がありました。
自分達夫婦が離婚することと、男に慰謝料及び子供の養育費を請求すること。
自分達夫婦の間では、おおむね合意に達している旨、男は取りあえず実家に引っ越すので、もしも、私に彼に対して慰謝料を請求する意思があるなら、そちらに連絡して直接話してほしいということなどなど。

それと、自分は私の嫁に対しては、慰謝料を含む一切の要求をするつもりがないこと。
まあ、現場での彼女と男の様子をみた限りで、そうなるであろうことは私にも半ば予想できたことではありました。

まだ若いのに実に毅然とした立派な女性です。
なんであんな男と結婚などしたのか?どちらかと言えばそれが私にとっては謎です。

私は嫁に対しては彼女が完全に回復しないかぎり、なんの要求もするつもりはありませんが、男に対しては徹底的にやるつもりです。
心に欠陥を抱えた女に邪な劣情を抱き、彼女と私の人生を滅茶苦茶にした代償を、一生かかっても支払ってもらうつもりです。

おそらく、この後は双方弁護士が入り、ある意味では事務的に事態が推移していくことと思います。
もう劇的なことはなにもないでしょう。


コメントの数(15)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:2DKXQQVt0編集削除
長い
2 . 名無しさん  ID:uQ6KBF500編集削除
>>4 すみません、小学生でも分かるアダルティックな言葉で三行でお願いします。
3 . 名無しさん  ID:MkmJDBe40編集削除
よくある話
不倫現場突入
そして制裁
4 . 名無しさん  ID:XjStvWRg0編集削除
まんことち
んこが
こんにちは
5 . 長いー三行で  ID:X2uDsptI0編集削除
サレもラリってんのか、官能小説でも書いてるつもりなんですかね?
6 . 名無しさん  ID:Je9jOXyt0編集削除
20時を超えていて20メーター弱(ダッシュすれば3秒か4秒)の距離から、車の窓より下の部分が『私が実際に見て、聞いて、感じたその全てをなるべく忠実に再現すること』ができるほど見えるものか?
呼びつけられた相手側の妻も、男が複数いるだろうに『主人の浮気相手の夫』が誰かすぐに分かるか?
>横でそれを見ていた友人の一人が、指で私の涙を拭ってくれて、
>壮絶な淫靡さを醸し出しています。
とか、お話がお粗末すぎやしませんかね。
まあ>>5の指摘通り、ショウセツカキドリってやつかしら。
7 . 名無しさん  ID:.38v9bxl0編集削除
つまらん
8 . 名無しさん  ID:4j97Kwzs0編集削除
この人もSなんだな。
9 . 名無しさん  ID:uQ6KBF500編集削除
>>3-4 ありがとうございました。
10 . 名無し  ID:04QGhg5UO編集削除
3回に2回は彼女の車でカーセクロスって随分と貧乏な間男だな
てかこれ書いた人絶対車持ってないだろ
SUVならまだしもヴィッツみたいな小さい車じゃ後部席移る意味ねーよ
11 . 名無しさん  ID:l29cbrMa0編集削除
ほんと長いだけ
12 . 名無しさん  ID:v8fODhEN0編集削除
こいつ文章書くの下手なくせして、自分の書く文章に酔っているな。
典型的な勘違い野郎だ
13 . 名無しさん  ID:Toa3lHCi0編集削除
勃起した
14 . 名無しさん  ID:whhMeRdo0編集削除
報告者の妻の不倫相手の妻は、不倫した配偶者のみに制裁を課し、報告者は不倫した妻ではなく不倫相手のみに制裁を課すのか
配偶者が不倫した際に不倫した配偶者を憎むのか、それとも不倫相手を憎むのか、男女で傾向に違いがあるのかな

報告者は過去に妻に言い寄ってきた男たちを「タチの良くない」とか「下衆な」と形容しているが、少なくとも報告者の妻のような女に対しては、報告者のような口だけ立派な無責任な人間よりも、「タチの良くない」「下衆な」男たちの方が正しい取り扱いをしていたということだ
15 . 名無しさん  ID:g2dbTU230編集削除
なげぇ。。。また暇な時読むわ・・・

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ