カテゴリー:

感動体験談

なんというか、自分でも信じられない修羅場を迎えたよ。
父は、私が3歳の頃に離婚。
母は、私を虐待したというが、残念ながら覚えてない。
その後、新しい母を迎えるが、本当に良くしてくれた。
本当の娘のように、私を育ててくれたし、感謝している。
高校生になった頃、私はどうしても自分を捨てたという、生みの母に会いたかった。
父にその話をしたら、案の定怒鳴られた。
育ての母は、笑いながら

「そりゃ会いたいよね、でも、あなたをいじめたって言うし、やめておいたほうが」

と、やや否定的だった。

そこで辞めておけば良かったんだけど、どうしても会いたい気持ちが収まらない。
なんだろうなあ?
別に、会ってどうこうってワケじゃないんだけど。
今思っても、意味不明な感情だった。


祖母に土下座して頼んでも、勿論生みの母の住所なんて教えてくれなかった。
右往左往してたら、見かねた父の姉、叔母さんが教えてくれた。
電話番号を手に入れたので、喜んでドキドキしながらかけてみた。
女性が出たとたん、母だとなぜか確信し、

「あの、○○(私の名前)ですが。」

と名前を言ってみたら、向こうも

「あ、ああ…本当かい?○○なの?」

と、涙ぐむ声が。

兎に角、会いたい気持ちを一心不乱に話、向こうの提案で、ファミレスで会うことに。

生みの母は、なぜかすぐにわかった。
向こうも、私をすぐにわかったみたいで、涙ぐんで迎えてくれた。
勿論、会ってることは、父には内緒だった。
まず、聞きたかったことを聞いた。

「どうして、私を捨てるような真似したの?親権は、母親が取りやすいって聞いたけど、なんで父が?」

そう言うと、母はパッと顔を青ざめさせて、

「何も覚えてないの?」

と、真顔で言われてしまった。

曰く、祖母は、母をいじめにいじめ抜いてたそうだ。
父は、それをかばいもせず、それ所か、うまくやれない母をなじるように。
もう別れよう、娘を連れて出ていきますという話になったとき、父にしおらしく

「お願いだ、娘とふたりっきりの時間をせめて過ごさせてくれ。」

と懇願され、それを承諾。
後の、意思表示?みたいな事を聞かれたとき、私は父をジッと見て、父はコクンとうなづいて、その途端に

「私は、お父さんと一緒に暮らしたいです。お母さん、怖いから嫌だ。」

と、言ったそうな。

覚えてない、本当に覚えてない、ガチでそんな事あったの全然わからない。
そう伝えると、母はがっくりと肩を落とし、でも笑って

「そうかー!よかった!じゃあ本心じゃないってことなんだ、よかった!」

と、涙ぐんで手を握られた。
その後、母は苦労をしたが、今は違う家庭を持っていて、それなりに幸せだと告げられた。

「それで、ごめん、家庭を持ってしまったのでもう会うのは…それに嫌われていたと思っていたから。」

と申し訳なさそうに、言われてしまった。

母に本格的に捨てられてしまった感情と、記憶がない自分でぐちゃぐちゃになって、泣きながら帰った。
その泣き顔を、育ての母に見られ、

「どうしたの!?」

って驚かれてしまった。

「ごめんなさい。」

と謝りながら、実は生みの母にあってきたと伝えたら、顔色が変わった。
そりゃそうだ、この人を裏切ってしまった、って気づいたら、肩をゆさゆさ揺されて、

「ねえ!何か言われたの?何言われたの?言いなさい!」

と、今までにない怖い顔で言われてしまった。
言われた内容をつっかえつっかえ、説明したら、育ての母は、手を離して、優しく撫でてくれた。

「ごめん、そうだったんだ。ごめんね、ごめん」

と、なぜか何度も謝られた。

夜に、父が帰ってきたあと、リビングに集まって話し合いをした。
父に、

「お前に、お母さんに内緒で、おもちゃを買ってやるといったんだ。
 だから、お父さんの言うとおりに、大人の前で言えと約束させた。」

と、言われた。
なんだそれ、私の人生と、生みの母の人生、おもちゃで狂わされたのかよとガックリした。

「ほら、○○の変身セット、あれだ。」

あ、確かに…当時流行っていた、魔法少女の変身セットのおもちゃを買ってもらって大喜びした覚えはある。
けど、本当に、その前後が全然思い出せない。
そんな強烈な記憶なのに…。

育ての母は、下を向きながら白状した。

「ごめんなさい、お父さんがあなたの生みのお母さんと結婚してる頃から、
 私はお父さんと関係を持っていました。
 私は、子供ができない体質で、でもどうしても子供が欲しくて、
 そしたら、あなたが欲しくて、お父さんにお願いしたの。」

と。
パニックです、すごいパニックです。

兎に角、自分が記憶がないのも気持ち悪いし、父も母も全部気持ち悪くなりました。
それを知ってたと思われる、祖母も…全部全部。
高校卒業後、すぐに就職して逃げるように一人暮らしをしました。
先日、育ての母から連絡があり、父が倒れたと言う。
けど、帰りたくない。
幼少の頃の思い出は、友人に相談したらカウンセリングを勧められたけど、正直怖くて行けない。
明日も仕事なのに、正直もう眠れないほどガンガン頭痛い。
うーん、漫画みたいな修羅場だwww兎に角頭痛薬はやくきいてー寝たいorz

会社で真っ青な顔してたらしく、上司に

「どうした?」

って聞かれて

「あ、いや、父が倒れたってTELがあって」

って言ったら、

「それは大変だ!早く行きなさい!」

と言われて早退。
や、本当は、頭痛と寝不足なんですがねwwwまあいいかwww

そりゃ、私も、生みの母には家庭があるのはわかるし、私がいると色々と都合が悪いのもわかるくらいの大人になったつもりです。
なので、連絡するのはルール違反ってワケなんですが、あーやっちゃった。
さっき、気がすっごく小さくなって、生みの母のTEL番回しちゃったorz
コール聞いて、「あ、やばい!」って切ろうとしたら、母が出てくれて。
「あれ?この番号(携帯)…○○ちゃん?」ってわかってくれて、甘えちゃいけないのに号泣しちゃって。
向こうも、少し困った声を出されたけど、

「わかった、ごめん。今からそっち行くからどこに住んでるの?」

って聞いてくれて。
教えてしまった…電車乗る距離だけど、夕方頃になんとか誤魔化して来てくれると。
家庭があるから、ダメって言ったら、

「そんな声で何を言ってるの?」

って優しく言われて。
だめだ…私、優しくされると、よっかかっちゃうダメな人間なんだわ。

でも、いい機会だと思って、ちょっと自分の心境と思いを話してみることにします。
とりあえず、本当に離婚時の記憶が一切ないのが怖いので、その相談も。
父の病状は、あまりにもよくないみたいだけど、悪いけどこんな心情じゃちょっと会えない。
かと言って、一人で我慢するにはちょっとヤバイくらい震えがきてます。

結果を言うと、生みの母の家の近くに引っ越す予定です。

先週木曜日、泣き言を言って母を呼び出し、最寄駅で母を待っていたら。
母の後ろに、ブレザーを着た男の子が。

「ちっす、はじめまして姉さん。弟っすwww」

って言われてパニックwww
でもま、そっか、再婚したらそらぁ子供も作りますよね、はい。

「母ちゃん取るな!」

って文句を言いに来たのかと、ガチでそう思いました、はい。

聞けば、再婚時には、再婚相手と姑さん舅さんには、私の存在を明らかにしてたと。
そりゃそうですよね、今考えれば。
バツイチですし。
でも、温かく迎えられ、生まれた子供(男の子2人もう1人下にいます)にも、私の存在は明かしてたと。
でも、どんなに願っても、娘にはもう会えないと思っていた母は、私のことを忘れるかの如く、育児に専念。
そんな時、私からのTEL。
声で分かってしまった、3歳の頃とはもう声が違うはずなのに。
ファミレスで再会したとき、私が母に言い放ってしまった言葉は、本心じゃないと知って本当に安心したとの事。
と、ともに、向こうの再婚相手(育ての母)は私を本当に大事に育ててくれたと思い、心を鬼にして
「もう私には家庭があるんだ、だから会えない」って言ってしまったとの事。

母は、私に会ってるのはやっぱり家族に内緒にしてたらしいんだけど、帰ってきてそうそう、旦那さんに

「今日、娘さんとあってたんじゃないのか?」

って言われたそうな、なんというエスパーwww

「なんで?」

って聞いたら、母、私に会うというメモを書いた手帳、開きっぱなしでリビングに置きっぱなしだったらしいwwwってwwwなんてうっかり母さんwww
兎に角私に会うことに夢中だったから、手帳を忘れていったのもわからなかったくらいだったみたい、よく待ち合わせ場所わかったなあ、暗記してたのか…。
で、謝りまくったら、旦那さんに

「お前な、こんなにコソコソしたら、逆に娘さんに申し訳ないだろう?って、
 お前もう二度と会わないっていったの?バカなの?死ぬの?」

と、逆に説教されてしまったそうな。
その後、子供二人にも旦那さんが説明し、

「母ちゃんwww俺らそんなガキじゃねーしwww」
「つーか、ねーちゃん超可愛そうだしwww」

って言われたそうな。

かと言って、母から私にTELするのも変な話になっちゃうから、と迷っていたら、木曜日の私の号泣TEL。
「ああ、どうしよう!娘が!娘が困ってる!兎に角家族誤魔化して行かなきゃ(ちょっとまだ、後ろめたい気分があったみたい)」って慌ててたら、息子が帰ってきて、事情を説明したら

「うっしゃ!姉ちゃん困ってる!助けに行こう!つーか、俺も行く!」

って事になったらしい。

兎に角、息子さんがものすごく大人で、びっくりしました。
私の体や心を気遣ってくれたり、荷物まで持ってくれたり。
荷物は恐縮しちゃって、断ると、

「いやいや、俺さ、弟しかいないから姉ちゃん欲しかったんだって。女に飢えてるんだってw」

って言われて、
思わずプッっと吹き出すと、

「ほら!この反応!弟だとキック飛んでくるぜ!姉ちゃんおしとやかーいいなー!
 でも今度、手のひらでペシッって頭叩いてー。アレ憧れ。俺変態だからw」

って来たもんだ。
なんというか、中学生に気を使わせてしまって申し訳なかったが、素直に甘えることにしました。

話し合いの結果、私は生みの母の近くに引っ越すことにしました。
仕事先がちょっと遠くなるけど、でも30分くらいの差だし。
向こうの旦那さんにもお会いしましたが、すごく素敵な人でした。
母が惚れるのも納得する。

でも問題が、実は、まだ私の父には会ってないんです。
一応、TELで育ての母に事の顛末をお話したところ、

「えっ?なんでそんな事しちゃったの?そんな話あの人に聞かせられない!まだまだあなたも子供なのね。
 うーん仕方がないか。
 あのね、なんだかんだ言っても、うみっぱなしの親より、大事に育てた親よ。
 まあ、あなたも、大人になったらわかるから。」

って言われてしまいました。
育ての母のショックもわかるんですが、そこまで言われるのがショックでショックで。
先に裏切ったのはそっちじゃん!って言いたいんですが、父が病床にいるからなあ。

そして、自分のネックである、記憶がないという部分。
母の旦那さんが、

「お金出すから行ってみるか?病院。このままじゃ母と溝ができまくりだろ?」

って申し出てくれました。
なんというか、そこまで甘えていいのかすごくすごく悩んでます。

まだちょっと進行形の話ですが、生みの母と一歩も二歩も歩み寄れて、すごく幸せ、でも怖い。
そんな感じです。

病院については、さっき様子を見に来てくれた弟に

「色々と整理がついたら行きたい、けど、怖いからそのー、できればお母さんについてきて欲しい。」

って言ったら、満遍の笑顔で

「いいんだぜぇ〜姉ちゃんの病院付き添ってやるんだぜぇ〜」

ってスギちゃんの真似で答えてくれました。(なんだか、流行ってるみたいでマイブームっぽい)
弟ふたりは、学校帰りに遠回りして、小一時間くらい私の家に極力来てくれます。
心配かけてしまって悪いって思ったら、顔に出てるらしく

「姉ちゃんとあそびたいんだぜぇ〜、家にいるとゲームできないから嬉しいんだぜぇ〜」

って言ってくれています。
特に、上の弟に関しては、受験が近いからせめてものお礼にちょっと前まで現役だったので、わかる範囲で勉強を見ています。
それぐらいしか…orz でも馬鹿だから悪戦苦闘ですw

育ての母に関しては、すごくすごく微妙と言うか複雑すぎる心境です。
本当にこのことを知るまでは、本当の母娘だと思っていました。
育ての母を、切るというかそういうことができない理由が色々とあって、そのひとつが育ての母から来た、救援物資という名のオカン箱。
洗剤、食料、洋服、あとは「お父さんには、内緒ね」って書いてある封筒の中にお金。
手紙には、「お元気ですか?たまには顔を見せてね?」と私を気遣う内容。
これだけ見たら、本当にお母さんなんです。
生みの母と旦那さんには、

「無理に向こうと縁を切ることはないよ。あなたがしたいようにしなさい。」

って言ってくれています。
あ、救援物資やお金がほしいってわけじゃないです、ただなんかうーん。
これみちゃうと、色んな小さい頃遊んでくれたりした記憶がドバーって。
なのに、3歳前後の記憶が一切出てこない自分に、正直イライラします。

もうなんか、グッチャグチャすねwww私。

というのも、先日、父にあってきましたよ。
病状良くないみたい(´・ω・`)
私には、父は父なので泣いてしまいました。
その後、冷静に・・・できるだけ冷静に、生みの母にあって、近くに引っ越すことを伝えてみたら。

「そうか、お前が幸せならそうしなさい。昔のことは、悪かったとアイツにも伝えてくれ。
 若かったとは言え、とんでもないことした
 お前が苦しんでるの、家出る時分かった。俺は最低な父親だった。もうすぐ死ぬから許してください。」

って言われて、もっともっとたくさん言われたけど、言われて・・・ね。
後は、雑談で

「再婚相手のお子さんってどんな子?」

って聞かれたので、スギちゃんのモノマネする兄弟って言ったら、大声あげて笑ってたよ。
看護婦さんが、慌ててきちゃうくらいw

育ての母の方は、生みの母の名前すら出すと怒り出す状態です。
私の気持ちは、まだまだ整理つかないけど、父と育ての母には間違いなく愛情もらって育てられたんだって伝えたんだけど。
ブスーっとして、

「でも、あの女の所へいっちゃうんだー!
 へーっ!あんたってそんな子だったっけ?裏切り者っ!知らないっ!ぷーんだ」

って来て、全然耳貸してくれないorz

育ての母、ちょっと昔から子供っぽい所があって、子供の頃は同じ目線で話してくれる面白い母だと思ってたけど、今は、そのちょっと子供っぽい所が、うーん、歯がゆいというかなんというか。

カウンセリングは、予約がいっぱいで来月になりそうです。
ただ、電話相談の時

「あー3歳ですかーその頃は記憶の土台が作れる大事な時期なので、覚えてる覚えてないは個人差で。
 ただ、あなたのケースは、思い出すというより消化するの方へ行ってみませんか?
 来院時にお考えをお聞かせください。」

と、言われました。

まだまだ問題が山積みです。
父とは、色々と話をし一応和解って形になりました。
でも、もうすぐ死ぬから許すってわけじゃない!絶対に。
色々と話した結果、ここではごめん、ちょっとかけないプライベートな話とか深い話をして、考えを聞かせてもらった上で、こちらの話も伝えて、冷静に噛み砕いてくれた結果です。
後、許す許さないもやっぱり、父・・・ですから。
甘いと思われるかもだけど。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


コメントの数(14)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:SLHxoKe90編集削除
長いよ
2 . 名無しさん  ID:M.QMnK270編集削除
太いよ
3 . 名無し  ID:SrNpKByH0編集削除
カッタいよ〜!
4 . 名無しさん  ID:SmcfVdEx0編集削除
ぎもぢいいよぉぉ!
5 . 名無しさん  ID:5SOF1TEz0編集削除
前回分にプラスされてる?
どうでも良い話し過ぎて覚えてない
6 . 名無しさん  ID:SvVXwON50編集削除
育ての母は報告者に謝罪したのかな? 謝るべき事例だと思うけど。
7 . 名無しさん  ID:hRi6e.T60編集削除
描写からはこの流れで謝るような人間とは思えないけどね。まあ不倫するようなビッチだし。
8 . 名無しさん  ID:no.rd7eO0編集削除
1-4の流れ、結構好きだよ
9 . 名無しさん  ID:.Y47fZFf0編集削除
満遍の笑顔で→満面の笑み

この手の言いまつがいがいっぱいで読んでてイライラ
おまけに概出だし、長くなってるし
管理人も暇だねえ
10 . 名無しさん  ID:0.Q2bNfc0編集削除
産みの母より育ての母、それは理解る
でももともとが不倫から始まってるんだよね?
それを恥じない時点でだめだわ、私には受け入れられない
11 . 名無しさん  ID:TIeZE.qW0編集削除
長えよ
12 . 名無しさん  ID:2FaxWDWd0編集削除
時間かかりすぎたよ。
13 . 名無しさん  ID:ixC7zX9Q0編集削除
人間は死ぬときは自分を善人だと思いたいんだろうか
この父親がというわけではなくて、最後に許しを請うパターンってよくあるからさ
14 . 名無しさん  ID:hS9FynWy0編集削除
長い

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ