カテゴリー:

感動体験談

我が家の同居トメ(ウト鬼籍)はテンプレ通りのイビリはないが、彼女のお気に召さなかったり、○○家のしきたりとやらに外れると、かなり口うるさく、そして口汚くののしる人。
ウザイしムカつくし、でも私自身慣れないコトばかりで至らないこともあるだろうからと
適当にスルーしつつハイハイ聞いていた。

先日、トメ親の法事が我が家であった。
私は法事が始めてで、しかも夫が仕事で不在のため、おろおろしながら手伝い。
案の定トメからの罵声が飛ぶ。


起こられてパニックになりながらも、料理作ったりお酌して回っていたら、トメ親族までが調子に乗って私を奴隷扱いし始め、仕舞いには

「常識がなってない。役立たず。物知らず。」

呼ばわり。

こっちは忙しいので正直どうでもよく、スルーしていたらいきなりトメが激怒。

「ふざけるな!ウチの嫁にけちつける気か!嫁子はな初めての法事でがんばっとるんじゃ。
 何が物知らずじゃ。嫁子は頭良いんじゃ。その証拠に分からんことでも一度言えば
 後は自分で何でもできとるじゃろ。このワシが怒鳴っても、文句一つ言わず働いとる。
 自分の親の法事で何もせんお前達に文句言われる筋合いはないわ!」

というようなことを、もう少々恐ろしい調子で怒鳴り始めた。

観客呆然。
私も呆気にとられたけれど、正気に戻り、トメにお礼を言いつつなだめた。
居心地悪くなった親族達は自分達でお酌し始め、何も無かったフリw
何となくなぁなぁになってしまったけれど、あの時トメが叫んでくれたお陰で憑き物が落ちたようにスッキリし、トメの口うるささにも多少我慢できるようになった。

夫に報告したところ(今までは、夫に愚痴を言ったことが無かった)

「あの人、口悪いけど家族だけは本気で守りたい人だから。
 でも、あの口五月蝿さが嫌だっだならゴメン。俺慣れちゃってて。」

と。

その晩トメにお礼を言ったら

「ああいっとけば、ワシの評価が上がるからな」

と言って茶菓子くれました。
策士なのかツンデレなのか微妙。

ヘタレで申し訳ないのですが、60過ぎた大人の再教育は無理だろうと思うので口の悪いのを治させる事はしないと思います。
ただ、子供のことは大丈夫です。
ご心配頂ありがとうございます。

しきたりとやらは、仏やお寺さん関係、あとは人付き合い関係など。
私の実家と県が違うので、やり方が違ったり、用意するものが違ったり。
おがらって何?ってところから、精進用の鍋は特別な物を、とか。
月命日の扱い、あとは見たことの無いキノコの調理法とか
掃除する部屋の順番とか
(あとから聞いたらコンセントの位置から、それがベストなんだとか)
私自身が未熟だったり、トメの長年の経験から理に適ってる事もあるので
トメが怒る度に腹を立てられないんですよね。
そこまで怒鳴らなくても、と思いつつ、でも勉強になることもあるし、で
それが逆にストレスになっていたのかも。

まぁ、これからは怒鳴られる回数を減らすように頑張ります。
敵の術にはまった気がしないでもないですがw

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 .   ID:bhs3NtOM0編集削除
いざとなったら緑の紙を召喚、そして実家へドロン
2 . 名無しさん  ID:YkRoGtdK0編集削除
≫ただ、子供のことは大丈夫です。

唐突すぎて、トメと関係したのかと思った。
3 . 名無しさん  ID:mlU5cOTC0編集削除
テンプレ通りすべてを盛り込もうとしたから文章がつながってないんだな
4 . 名無しさん  ID:FAF0Xa020編集削除
誤字が多いな・・・・

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ