カテゴリー:

衝撃体験談

家のクソビッチコトメ(既婚、子供2人)が真実の愛に巡り合った。
5年前真実の愛に巡り合った時は、

「子供の為にパートに行く」

と言って家に子供を預け、私は協力してあげていた。
が、不倫がばれた時、共犯とコトメが言ったために誤解が解けるまで大変だった。
我慢強いコトメ夫はまだ幼い子供の為にと再構築をしたんだけどね。
でもコトメは

「あの時の人は違った。今回は本当」

と、うっとりした顔で悲劇のヒロインになってた。


でも前回の事もあるし、コトメ夫にばれるのが怖いと涙目。
怖いってのは

「アタシを心から愛するコトメ夫を傷つけるのが怖い」

の意味での「怖い」と知った時は脱力した。
どこまでこの女は…と呆れたんで

「じゃあその真実の愛の相手とどれだけ仲がいいか、どれだけ強い運命なのか見せたら?
 そしたらきっとコトメ夫さんも離婚に同意してくれるよ」

と言うと、最初は渋っていた物のバカ女は本当にチュープリやら旅先での写真をコトメ夫に見せたらしい。
コトメ夫は

「分かった」

とだけ言い、その証拠写真を受け取ったらしく
コトメは感激して

「夫が分かってくれたの…もう私たちの間には入れないって…私、今度こそ幸せになれる…
 とりあえず貰った慰謝料で彼と小さな家を借りようと思うの」

と言ってきた。

「大変だろうけど二人で頑張ってね」

とお祝いを言ったら

「ありがとう…二人ならどんな苦労でも耐えられる…
 娘も今は分かってくれないかもしれない。
 でもきっと大きくなったら私の今の気持ちを理解してくれるはずよ。だって真実(ry」

更に「親権と監護権は違う」という知識を入れてきたらしく、

「親権は自分が持って、監護権は夫、そしたら養育費も貰えるよね。
 そしたら引っ越して生活が落ち着くまで助かるし。
 彼も引っ越ししてすぐ転職が決まるか分からないし…」

って何かよく分からない事も言ってた。

金に関しては妙に現実的。
大幅にずれてるけど。

「私あの時嫁子ちゃんに背中押してもらえなかったら…ううっ」

と泣き崩れてた。
ばーか。
そして心底バカなこの女はその証拠をたてにたっぷり慰謝料請求されてたさ。
真実の愛の男も、五年前の真実の(ryと同じようにさっさと逃亡。
慌ててジュリ化したが、ネグレクトで育てた上に、もう中学生のコトメの娘たちはコトメをもはや

「ママ」

と呼ばなくなって久しい。
5年前は

「行かないでー」

とすがりついた子供達は

「ふ〜ん」
「出て行けば?もうこの人いらないし」

と冷めた態度。
これを見たコトメは泣き叫び、コトメ夫は

「あの時追い出してれば子供達をまた傷つけなくて済んだのに」

と泣いてた。
ウトメはコトメ夫の意向もあって慰謝料の代払いをやめた。
コトメ夫はコトメ自身がしっかりと払う事を望んでいたので。
コトメはその後

「話が違う!!」

と家に怒鳴りこんできたけど

「離婚したかったんでしょ?」

と追い出したら、
コトメ夫に

「私は嫁子にハメられた」

って言ってたらしいw
コトメは今33歳、若い男ひっかけられる位だから美人でスタイルもいい。
見た目20代半ばに見える。
だもんだからもしかしたら堕ちる所まで堕ちるかもね…

実はコトメ、最初はただの遊びっぽかったんだけど
惚気られまくったんで「それ運命?」「5年前の真実の愛は間違いだったけど…」と焚きつけてやった。
バカコトメはのせられると調子に乗るタイプなので
段々と「これが本当の愛!?」と思い込んだだけ。
今回ばかりは、間接的には不倫共犯と言われてもしょうがないかな。
とはいえこのビッチ、前の事がばれてからの5年間、行きずりの相手との情事を自ら暴露する脳タリンだから何とも思ってない。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


コメントの数(4)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:HqeHjKl.0編集削除
またプライベートモード
冷やし中華みたいな季節もんなの?
2 . 名無しさん  ID:yBwkaoPv0編集削除
時系列が分かり難い文章だった
3 . 名無しさん  ID:YPWbnJCV0編集削除
時系列をサーフィンするのさ。
4 . 名無しさん  ID:OznyTz3V0編集削除
※3
やだこの人格好いい……
もしかして運命の出会い?

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ