カテゴリー:

おもしろ体験談

敷地内同居のトメがことあるごとに死ね死ね言うもんだから
トメ自宅の玄関の鴨居で、ワイヤースタント用の器具を使って偽装首吊りしてやった。
腰抜かしてチビりながらお経唱えてやがる。
笑いを噛み殺すの大変だったよ。
すっとした、ああすっとした。

あんたなんか死ねばいいのにとか、墓所や墓石の広告を

「これなんか嫁子ちゃんにいいんじゃない〜自分の貯金もこれくらいあるでしょ?」

とか言いつつ見せてくるのに私も夫も義姉兄もウンザリ。
どんなにシメても

「だって、いつか死ぬわけだし〜」

と悪びれない。


ワイヤーアクション用の器具(両脇〜胸〜腰〜股にかけて固定して「吊り」をするための器具)を義兄が職場から譲ってもらってくる。
トメを夫と義姉兄が飲みに連れ出す。
帰宅の連絡をもらって、私は義姉夫に手伝ってもらって玄関鴨居で偽装首吊り。
玄関たたきのコンクリに

「お母さん手を煩わせてごめんなさい。お母さんの死ねという望みどおり嫁子は死にます」

と油性マジックで遺書を書いておいた。
トメ夫義姉兄が帰宅、打ち合わせどおり腰を抜かす義姉、私に取りすがって

「嫁子!!嫁子おおおお!!」

と号泣する夫、遺書を発見する義兄。
泡を吹いて腰を抜かして失禁、

「私のせいじゃないナンマンダブナンマンダブ」

と唱え続けるトメ。
都合よく駆けつける(家の近くで待機していた)義姉夫。

「警察を呼ばなくちゃ!!」

と皆が口を揃えて言うのに

「私は悪くない悪くない」

と言いつつ布団に潜り込むトメ。 ←今ここ。

今、降ろしてもらってひとっ風呂浴びたところ。
深夜2時を見計らって枕元に立つまでが遠足です。
枕元に立ったら、小梨の義兄嫁さんに暴力振るったことまで含めて恨みがましく言ってやるんだ。

田舎じゃないけど、夜間の人通りの全くない場所だから近所の目は多分平気。
トメは親戚中に悪名轟くクソトメ。
実子に上から順に縁を切られ見放されの人。
これで懲りればいいけど、懲りなかったらもうどうしていいか分からん。
深夜2時にきっちりシメてくる。

深夜2時に枕元に立つまでが遠足なので、遠足の予定もちゃんと立てていた。
予定としては、私と夫の自宅(母屋)の窓からトメ宅(離れ)を義兄姉たちが見張り。
夫は義兄姉からの報告を受けて臨機応変に動けるよう待機。トメ宅のブレーカーは落としておく。
私は、首にドーランとアイブロウで縄の痕メイク、唇までグリーンファンデで死人メイク。
髪は入浴時にトリートメントをせず、霧吹きで生乾き状態。服装は首吊り時と同じ。
その格好でトメの枕元にそっと這い寄り、仏壇の鐘を鳴らしてアピール。
トメが気付いたら、暗がり(トメ寝室は街灯の光がかなり差し込む)縄の痕を見せながら

「おかあさあああん見てくださいお母さんの言うとおりにやっと出来ましたあああこれで嫁子も良い嫁になれますうう
 お母さんの言うとおりに死ねましたあああお母さんずっと嫁子に死ねって仰ってましたもんねええええ
 あああよかったよかったああ
 ようやく良い嫁になれましたあああ義兄姉さんもこうすればよかったのにいいい
 義兄嫁さんもおおおこっちに義兄嫁さん連れて行きますううう
 良い嫁に良い嫁にいいいいいい」

と「お前のせいで吊った」「良い嫁になれた」アピール。
トメが逃げたら廊下を這いずって同じことを繰り返し、布団に潜り込んだら布団の周りを回りながら繰り返す予定だった。
頃合を見計らって夫登場、どさくさに紛れて暗がり(納戸)へ私は消え、夫は号泣、トメのせいだと責めて叱り飛ばし
その後私がどこで登場するかはトメの反省次第のはずだった。
(反省の色がよほどでない限りは、その後もオカルト展開ありの予定)

いざ決行、トメは寝室の襖を閉めずに寝るのでそっと入り込み、仏壇の鐘を鳴らす。
その時点で

「あっババああばばあばあばばばばあああ!!」

と飛び上がるトメ。
寝入ってはいなかったらしい。
布団の上にへたり込んで再度失禁
。ガクガク震えるトメに正座のままでそっと身を乗り出して縄の痕を見せると
私を突き飛ばして裏口へと走っていった。
光の速さで。
さすがにこんなに物理的に大きな反応を見せる事態は想定外で、異臭漂う部屋にひとり取り残される私。
母屋のほうへ走っていく足音、夫義兄姉に向かってか、パニック状態の叫びかは分からないけれど、泣き叫びながら
喚き散らしているのが聞こえてきたので、とりあえずトメ寝室に仕込んであった

「お母さんごめんなさいごめんなさい」

と写経のように半紙に書き連ねたもの(半分はコピー)を部屋中に撒き散らしておく。
本当は朝か、翌日以降に撒くはずだったが、手持ち無沙汰だった。
そして予定通りに納戸(ちょっとした部屋くらいの広さがある)の陰に退散。
夫が

「嫁子!!嫁子が出たって本当か!!俺も、俺もひと目会いたい!!」

と叫びつつトメを引きずって戻ってくる。
寝室に撒き散らされた半紙を見て、トメ再度絶叫。
アイイイイアイアイアアアア!!みたいな感じだった。
半紙を拾い、

「お袋のせいだぞ!!嫁子、嫁子まだいるのか!!気は済んだか!!」

と叫ぶ夫。
返事があるはずない。

「気が済んでないのか、許せないのか嫁子!!」

「アイイイイイ!!」

「お袋が許せないのか嫁子!」

「ヒイイイイ!!」

「そうか……そうだよな、なあお袋…」

「ああああたしは何もおおおお」

「他人に死ねって言うってのは、こういうことなんだぞ!!」

「アイイイイイ!!」

「嫁子はお袋の言うとおりに死んだんだぞ!!」

「あああああごごごべんなざいいい!!」

ここら辺で納戸に隠しておいた携帯からメールで義兄姉に連絡、ふたりもやってくる。
義姉夫は母屋で待機。

「ごべんなざいいいい!!ごべんなざいいい!!」

と小便塗れで泣き喚くトメを、3人で冷たい目で凝視。

「でも、なあ……嫁子ちゃんの気は済まないだろうなあ…」

「そうよ……可哀想に、まだ若かったのに嫁子ちゃん…母さんが虐めたばっかりに…」

「お袋、殺人犯だよ…警察に行こう…そうじゃなけりゃ、きっと嫁子が…」

「ああ…きっと嫁子ちゃんが…」

「そうね、嫁子ちゃんは許さないわ…」

「アイイイイイ!!ごべんなざいいい!!」

ここで義兄からの目配せで私登場。

「………この家から出て行くか」

「はいいいいい!!」

「義兄嫁さんに土下座して謝るか」

「はいいいい!!」

「兄さん姉さん夫に土下座して謝るか」

「はいいいい!」

「わたしにはあああああああ!!」

と言いつつ縄の痕を見せる。
トメその場で土下座。
全員で冷たく見下ろす。
今まで実子に散々迷惑をかけてきたこと、元夫にも迷惑という言葉では言い表せないことをしてきたこと
嫁というものを散々虐めてきたこと、自分はこの家では厄介者の居候であることを土下座しながら謝罪させた。
もちろん録音はした。
カメラも仕掛けてはいたが、あまりいい絵は撮れてなかった。
私は母屋に引っ込み、トメとは顔を合わせていない。
予定通り今週中に引っ越させる。
思っていたより爽快ではなかった。愉快ではあったけど。
反省より恐怖が濃かったからかなあ。
次があるなら、もっと上手くやろうと思う。


コメントの数(7)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 .   ID:lNzZYpT50編集削除
痛快、爽快、おもしい記事だったww
2 . 名無しさん  ID:4SIIRuNe0編集削除
いざ決行、トメは寝室の襖を閉めずに寝るのでそっと入り込み、仏壇の鐘を鳴らす。
その時点で

BBA「破ぁーーーーー!!!!!!!!」
後に言う寺生まれ誕生の瞬間であった
3 . 名無しさん  ID:KlnxBtZE0編集削除
死んでるのに警察読んでない辞典で寝た確定クソ記事乙
4 . なな  ID:HaYrzr5.0編集削除
うん、絞めるのが目的だから
5 . 名無しさん  ID:vseP0Uf20編集削除
面白おかしくすりゃいいってもんじゃない
あまりにアンリアル
荒唐無稽
6 . 名無しさん  ID:Sje4qMYg0編集削除
ニホンゴに弱い方がいらっしゃるようで:-)
7 . 名無しさん  ID:vseP0Uf20編集削除
自分が日本語に強いと思ってる半島人の6が言っていることについて
8が答えてくれます

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ