カテゴリー:

衝撃体験談

少し前に祖母が亡くなったんだが、その時の遺産を、嫁が勝手に嫁実家にほとんど渡してた。
亡くなる前に、もうあまり動かない手で

「ひ孫にお菓子作ったり、遊んであげたり出来ないから、せめてひ孫の為に使ってあげて」

っていう、遺言付の遺産だったのに。

相続は俺だったから、そろそろ子供名義の通帳に移そうとして見たら残高当初の1割弱。


嫁の犯行だと分かった後に、遺言の件で責めたが、

「ちゃんと残してたでしょ!」

って9割以上嫁親が使ってるじゃん。
嫁実家も、返そうにも手元にほとんど残ってないのですぐには無理とかありえない。
一月半で7桁後半使いきるとか普通じゃない。
とりあえず離婚は確定。
後は親権取れるように頑張らねば。

遺産は俺名義の通帳に入れてて、子供名義に入れなおす予定だった。

それと祖母は入院先の病院でそのまま亡くなったから、介護らしい介護はなかったよ。
見舞いやちょっとした身の回りの世話も母7割、俺3割くらいでやってたから、嫁は子供見せに行った時に同行したって程度。
こちらから嫁に負担をお願いしたことも、嫁から負担を申し出た事もないし、してもらう気もなかった。
嫁は、見舞いに行った!話し相手になったって主張してるけど。

嫁親に渡った金は、車、プラズマテレビ、BDレコーダー、ブランド品なんかに消えていったみたい。
まだ使途不明な分が結構あるから何に使ったのか謎な部分が多いけど。
それと最後に、心配してくれてる方が多いので、俺の書き方が悪かった部分を補足させて下さい。
弁護士にはちゃんと依頼してある。
その上で離婚は確定なんだけど、子供が小さいから少し親権で手こずってる状態。

嫁をサクっと訴えた方が親権は取りやすいですよっていうのは弁護士からも提案された。
ただ、欲を言えば、母親を犯罪者にせずに決着つけれるならしたいという俺の希望だが、なんというか暖簾に腕押し状態で嫁側がイマイチ重大さに気付いてない状況。

嫁親共々、法律に無知みたいで話し合いの際の論点も合わない事がほとんど。
ただ、子供の親権についても向こうも主張はしてるけど、不利とかそういうのは考えてないみたいで、嫁が出て行った後の家に俺と子供2人で住んでる。

今の所、弁護士さんが、俺の希望を最大限に考慮してくれた上で頑張ってくれてるけど、

「んー、申し訳ないけど、最後の手段がチラついてますね」

との事。

優先順位は、1、親権 2、遺産回収なので、諸々決着付いたらその後にでも書かせて貰いたいと思ってる。

先日無事に離婚が成立したので、報告させてもらいます。

あの後、実は真のエネミーはウトだった事が判明したり、そのおかげで結果的にある程度、こちらの満足行く離婚条件を勝ち取る事が出来たりと、バタバタする日々でしたが、今後は子供と2人で頑張っていきたいと思います。

俺の祖母が、病院で闘病の末他界。

生前、ひ孫の為にと残してくれた遺産のほとんどを、嫁が嫁実家に無断で渡す。

発覚後、離婚話に発展。返済、謝罪無し。

弁護士立会いの元、遺産返済、親権放棄か、告訴の選択を迫るが、何が悪いのか分かっておらず協議が難航。

もう裁判するしかないかなと思いはじめる。

と言うところだったと思います。
あの後、数度目の話し合いの際、弁護士に思う所があったらしく、話し合い後、事務所で作戦会議。
弁護士さんが言うには、どうも、ウトは事の重大さに気付いているんじゃないかと。
嫁ウトメ共、一貫して、理解してない素振りなのだが、ウトだけは演じてる可能性がある。
次回の時に少し、探りを入れてみましょう。
と言われ、ウト達との話し合いの録音を聞きながら、ウトのこの部分が怪しいとか、
この発言がこのタイミングで出るのは少し違和感があるとか言われるが、さっぱり分からない俺。

とりあえず弁護士にお任せして、次の話し合いの日を迎える。
以前同様、まったく話が進まない話し合いだったが、最後にウトだけ残って貰う事に成功。
以後、要点だけ会話式で。

弁「このままでは、裁判になりますが、ウトさんはそれでよろしいんですね?」

ウト「裁判ってあんたwだからこっちは何も悪くないんだから。離婚はいいです離婚は。
      2人がそう決めたんなら。でも裁判ってねぇw。何を裁判するんだか」

弁「裁判になると、間違いなくあなた方に前科が付きます。
    過去に逮捕歴がある場合は、最悪実刑も考えられる。
    今のその態度ですと、そちらにとって最悪のケースも充分ありえますね。
     もちろんお孫さんの親権がそちらに行くこともありません。
     こちらとしては、このまま進展しない場合は、裁判で争う用意が出来ています。」

ウト「親権がそちらにいくわけないでしょう。」

弁「なぜですか?」

ウト「小さい子供は母親が引き取るもんでしょうwうちの知り合いもみーんな離婚したら母親が引き取ってますよ。
      そういうもんでしょう」

弁「いえ、そうではなく、なぜ裁判の焦点を真っ先に親権になさったんですか?」

ウト「なぜって、親権がそちらに取れるわけないからでしょう。」

弁「では、前科は付くと。そう判断してらっしゃるんですね。」

ウト「そういうわけではな(ry」

弁「ウトさん、あなたが、ご自身の置かれた立場を理解していると判断した上での話をさせて頂きます。
    まず、依頼人の遺産の件についてですが、れっきとした犯罪です。
    あなた方にあのお金を無断で使う権利はない。よって裁判で争った場合、有罪は確実です。
    それと親権ですが、何か勘違いしておられるようですが、
    無条件で子の親権が母親に渡るわけではありません。
    確かに通常の場合ですと、母親側に親権が渡るケースがほとんどでしょう。
    ですがそれは通常のケースで、です。
    母親が犯罪を犯した場合は通常とは言いません。
    その上、今回の場合ですと、その犯罪に母親の両親まで加担している。
    つまり、片親になった場合本来ならバックアップ要員のはずのあなた方もあてにならない。
    母親もダメ。その両親もダメ。そういう家庭環境に子供を置くなどありえません。裁判所はそう判断しますよ。
    それと、ご存知ないのかもしれませんが、今現在、その子供を育てているのは誰か。
    これも重要なポイントになります。
    今お孫さんは誰が育ててますか?もう一度考えて見て下さい。こちらは、そちらがごねるなら裁判。
    素直にこちらの条件を飲むなら示談でいいと言ってるんですよ。
    ごねて損をするのはそちらだけです。こちらは裁判すればいいだけですから」

ウト「・・・あ・・いや・・う

弁「恐らく、ごねながら親権を盾に、うやむやにしようとしたのでしょうが、
    裁判してもこちらの条件はクリア出来るんですよ。
  粘り強く話し合いを選んでいたのは、依頼人自身の為ではありません。
    じゃ誰の為なのか。裁判になって損をするのは誰なのか、分かりますね?」

ウト「・・・・・はい。」

弁「では1週間後にもう一度協議しましょう。
    それまでに、奥さんと娘さんを説得してくださいますか?
    こちらとしてもこれ以上長引くのは本意ではありませんので。」

ウト「はい」

本当はもっと長ったらしいやりとりだったんだけど、要約するとこんな感じでウト撃沈。
どうやら、親権を俺が取るのは難しいと判断したうえで、ごねてれば、親権欲しさに折れるだろう。
だって男親が親権取るの難しいし。てな計画だったみたい。

いままでずっと、やった事を理解させる事から始まって、そこからなかなか先に進まなくて、親権の件を深く話すとこまでいかなかったのが、ウトにとっては、親権は自分たちに有利な材料と一層思い込むきっかけだったみたい。
確かに、親権が一番欲しかったから、ウトも目の付け所は良かったんだけど、詰めが甘かったってのは弁護士談。

いろいろ突っ込みどころ満載な計画だけど、崩れた後は早いもので、一週間後、どうやったのかは知らないけど、嫁が折れてた。
親権ゲット、遺産は半分くらい隠してたみたいでそれも回収。
残りは、購入したもの全ての売却金で手を打った。
慰謝料、財産分与は無し。
養育費もいらないから、子供への面会権も永久に無し。
で終了。

甘いと言われそうだが、親権が最重要だったんで、俺的に満足。
接点も絶てたので。
ほとんど弁護士任せで、嫁ともまともに会話せずに終ったけど、結局、面会無しもすんなり受け入れたあたり、どうでも良いのか、はたまた事態が分かってないのか、念のため今の家を借家に出して引っ越すけど平穏無事に済む事を祈りたい。

かなりはしょったけどこんな感じでした。
嫁とトメをコントロールしてたのはウトだったらしく、遺産持ち出しもウト指示の元行われたようで、親玉はウトでした。
でもだからと言って元嫁に甘い顔する気もないので、今後一切の接触を断っていきます。

しかし、気付かなかっただけで、かなりウトに洗脳されてたんだな、元嫁。

弁護士も、あれは洗脳と言っていいでしょうね。
正直お子さんが、早いうちに脱出出来て良かったと思いますよ。

とおっしゃってました。
本当にそう思います。
事が発覚してからの嫁は、何かに取り憑かれたのかというくらい、話が通じなくなってたので。

尻切れトンボですけど、以上です。ほとんど弁護士の独壇場でしたね。
俺ももっとしっかりしなくてはと思います。

それと、遺産をどうやって下ろしてたのかですが、元嫁が手を付け出して、俺が発見するまで数ヶ月の期間開いてるんですよ。
その間にせっせと少しづつ盗んでたようで、これもウトの指示。
いやはやなんとも・・・・・・。

全ての手続きが済んで、ウト達と解散する際ウトに、

「ありがとなぁ。俺たちの為に裁判じゃなくて、話し合いを選んでくれたんだなぁ」

と言われた。
ちげーよ。
子供の為だよ。
お前らの為じゃねぇよ。
と思ったが会釈して立ち去った。
弁護士が、

「恩を仇で返すような真似は謹んで下さいね。接触禁止ですから。
 奥さんと娘さんにもその旨きちんと理解させてください。次は温情は一切ありませんから」

と、笑顔で釘さしてた。
ウトは、

「あ、はい!」

と、とても素直に返事してた。

分かってなかったです。
ウト


コメントの数(16)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:rdRW8HlT0編集削除
おっさんが嫁の義母・義父をトメ・ウトと記述している所がキショイ。
2 . 名無し  ID:aJ5W.V6Y0編集削除
でもやっぱり読みやすい気がするんだよなぁ
3 . 名無しさん  ID:ciI423Dc0編集削除
キショイって言葉を使いう奴に言われたかないと思うよww
4 . 名無しさん  ID:04.uKZsC0編集削除
米1
こいつウトじゃね?
5 . 名無しさん  ID:AmmHAho80編集削除
きしょいってなんだと思って調べてみたら1991年代に流行った言葉なのか・・・
6 . 名無しさん  ID:tY3yClIh0[評価:2 ]編集削除
気団はウトとかトメとかいう言い方をしないと思うが・・・
7 . 名無しさん  ID:iimRqv2f0編集削除
うーん、あんまりすっきりしない。
こんなクソども、もっと徹底的に潰してやればいいのにと思ってしまうわ。
8 . 名無しさん  ID:j9.X5BbV0編集削除
1991年代?
9 . 名無しさん  ID:1ecxmG9V0編集削除
DNA鑑定したら舅の子でしたってオチまで欲しかった
10 . 名無しさん  ID:oqd3Cv250編集削除
まあ善悪の区別すらついていないボケ爺は「温情のない次」をやらかす可能性もあるな
犯罪者に親権が渡ってれば子供たちが洗脳されて虐待・搾取用にされてたかもしれんし優先したのは間違いではなかった
そのまま近所に泥棒扱いという針のむしろコースだなw
11 . 仔にゃん  ID:YDQkxWmWO編集削除
1991だな…
12 . 名無しさん  ID:MS1YeYUO0編集削除
※3,4,6
女がやらかした話を男が投稿すると、男叩きに持ってくためにババアがどうでもいいところに噛みつき始めるからな。

金がある男は、妻に必要な分の生活費だけ渡して、カードの暗証番号とか個人名義資産の状況は教えりゃダメ。
13 . 名無しさん  ID:nNuIy7az0編集削除
知り合いは男女が逆(旦那が嫁実家の遺産を使う)だが、その嫁さんは別れる気ないからなぁ
14 . 名無しさん  ID:mnMFnaaX0編集削除
うーん勉強になりました。
一皮剥けば色んな人がいる。実感しました。
15 . 名無しさん  ID:muTy07vS0編集削除
弁護士が有能だったな。
16 . w  ID:P.V1EYjh0編集削除
ウトの脳天に隕石の欠片でも直撃しないかな。
こういう腐れ外道はさっさとくたばって欲しい。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ