カテゴリー:

感動体験談

兄から遺書を渡されたこと


私の家は父が私が出生してすぐに離婚し、旧姓に戻った母親とその父である祖父・祖母・兄と私で暮らしてきた
旧軍人の祖父と祖母は商売をしていて母もその手伝いで私と兄を大事に育ててくれた
おかげで私も兄も成長し、兄が自衛官・私は大学生になっていた2011年
あの東日本大震災に兄が災害出動することになった


出動前に兄が自宅に戻ってきて祖父・祖母・母と私と食事をすることができた
兄はいつもの調子で冗談を飛ばし、直接の被害がなかったとは言え沈んでいた私たちを笑わせてくれた
だが深夜になって私と祖父を呼んでこう切り出した

「今回の出動では地震津波被害の他にも原発への救援もある。
 だから万が一にも無事に戻っては来れないと思う
 どうか自分がいなくなったあとも、家族をお願いします」

と祖父と私に遺書を渡してきた

私は兄が死にに行くんだと思って取り乱して泣いて嫌がった
祖父はそんな私を諌めて兄の遺書を粛々と受け取った
改めて兄に向き直り、

「国家危急の時、○○家嫡男として国民の為に尽くし、決して生還を諦めずに戦いなさい」

と兄に激励の言葉を送った

翌朝まだ日が明けぬ内に兄を見送った
祖父と兄が互いに敬礼し、昨夜の遺書もあっていやがおうにも非常事態ということを認識させられた私の心は修羅場だった

無事に活動を終え、戻ってきた兄に抱きついてわあわあ泣いたのをご近所中に見られて恥ずかしかったと、兄があの時を振り返って嬉しそうに言ったので書いてみました


コメントの数(12)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 前田慶二  ID:AdPfCguiO編集削除
げんまんの約束は守ったぞ
2 . 名無しさん  ID:UZgBuFCU0編集削除
民主政権下ならそら危険も感じるわ
3 . 名無しさん  ID:CfaQNUQh0編集削除
陸自の方へお疲れ様でした と言って下さい。
4 . 名無しさん  ID:qvRfO0vPO編集削除
あのときは本当に生きれるかも分からなかったもんな避難してたときはお世話になった

高速でお会いした自衛隊の人らに何度もお礼言ったよ
5 . 名無しさん  ID:L3.Z7P8r0編集削除
声かけれるおじいちゃんもすごいね
6 . あ  ID:oozd6ZPH0編集削除
頭悪い人が書いた話なのはわかった


7 . 名無しさん  ID:C.pS0J7vO編集削除
確かに、ものすごく文章が下手だね。
8 . 名無しさん  ID:D3B5SKWx0編集削除
ま、原子炉にでも突入しない限り、そう簡単に死なないもんな。
9 . 名無しさん  ID:fpFXuMYb0編集削除
胸糞悪い創作だな
こんなんでほっとするかよ!!
実際に被害にあった者からしたら、こんなお涙ちょうだいなクソ創作なぞ
作ったやつを○したいくらい腹が立つ
10 . 名無しさん  ID:lTNK0ZGTO編集削除
俺も被災したがそんなこと思わんがな

助けていただいたことにひたすら感謝ですわ
11 .   ID:q8.LwyKI0編集削除
震災後しばらくはどうなるかわからなかったよな
度々大きな地震来てたし、海の近くはまた津波が来ないか戦々恐々
もう忘れちゃったのか
12 . 名なし  ID:xbPNB9JIO[評価:5 ]編集削除
昔の兵隊さんたちと同じ、尊敬します。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ