カテゴリー:

感動体験談

うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、夜中に血まみれで道路の真ん中でジタバタしていたのを仕事帰りに通り掛かった俺が近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった

夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、轢かれて死ぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた
実際に近くで見ると結構出血していて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、抱き上げて車に乗せようとすると、これぞ肉食獣!という感じで歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した
トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、助手席の足元に置くとぐったりしてあまり動かなくなった

 


素人目にもこれはヤバいと思い、うちの近所にオープンしたての動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら確実に免許が無くなりそうな走り方をしてその病院に急いだ
自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が目をこすりながら出てきた
ぐったりと抵抗もしなくなった猫を車から降ろし検査をしたところ、後ろの両足が折れ尻尾が潰れていた
左足は骨が突き出し、そこからかなり出血していた
車に撥ねられたようだった

一日おき位に様子を見にいくうちに情が移り退院後は俺が引き取る事になった
2ヶ月経った退院の日、動物病院は恐ろしく高いと周りに脅されていたので

「何十万請求されるんだろ?まさか100万以上なんて事無いよな?」

などとビビりながら迎えに行った
退院後の注意事項を聞いて薬を貰い、会計の時、言いにくそうに言った若い院長先生の一言は鮮明に覚えている

「う〜ん・・・じゃあ・・・2ヶ月なので・・・2万円貰えますか?」

しばらくは何が2ヶ月で何が2万円なのか理解できなかった
全部で2万円と理解した後、驚いた俺は正規料金を払わせてくれと粘ったが、結局2万円しか受け取ってくれなかった

現在もデブ猫はその先生が大嫌いなようだ
予防注射などで病院に行くたびに

「ハァッ!」

と先生を威嚇して

「そんなに嫌わないでくれよ〜」

と先生と助手の奥さんを苦笑いさせている
初めて連れて行った頃は、すぐ潰れんじゃないかと心配になるほど患者が少なかったけど、今はいつ行ってもメチャメチャ混んでいる


コメントの数(8)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:PpluaH9i0編集削除
デブ猫ちゃん良かったね
2 . 名無しさん  ID:Q0POfufX0編集削除
ええ話や
3 . 名無しさん  ID:9fHrXCd70編集削除
猫 助かってなにより^^
4 . 名無しさん  ID:l2Uopcqv0編集削除
うにゃ
5 . 名無しさん  ID:C0iqK3me0編集削除
損して得取ると言うよりほんとに人柄がええんやね
6 . 名無しさん  ID:NQQPVkVR0編集削除
破ァッッ!!!
7 . 名無しさん  ID:995L22zU0編集削除
こいつがいい広告塔になったんだな、いろんなところで猫の話をすりゃここの医院がすばらしいって宣伝だしよくやった
8 . 名無しさん  ID:NO.WMV8p0編集削除
お友達ちゃんもこんな風にみんなに親切にすれば嫌われないのにね

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ