カテゴリー:

衝撃体験談

数年前の秋、嫁さんの親父さんが亡くなった。
進行性のガンと脳梗塞であっという間。
遺産の分配で、嫁は義父の趣味のコレクション全部を相続することになった。

同時期に、それをどこで知ったのか、義父のコレクションの一部を譲ってくれ、という人物Aから連絡がきた。
嫁も嫁実家も全然知らない人で、義父の趣味仲間のようだが正体がつかめん。
嫁は断った。
嫁実家からかなり距離のある我が家にもAの手紙攻撃はきた。
何故Aがうちを知っているのか、とかを考えて嫁とガクブルした。


手紙での懇願だったのがだんだんエスカレートしてきて、いつのまにか電話番号を入手されていたらしく
毎日夜になると家電へ電話かけてくる。
それでも断り続けると嫁や俺の携帯の番号も入手して、携帯にも譲れ譲ってくれと1〜2時間おきに電話。平日おかまいなし。
2人で速攻で着拒にしたが、複数の番号からかけてくる。
かたっぱしから着拒。
非通知・公衆電話からは取らないようにした。
この時点では警察に相談できるのかもわからず、せいぜいが嫁実家に報告と注意喚起をするくらい。
(その後嫁実家も相当アタックされたと報告が…)

現所有者の嫁が断固として拒否の姿勢。
こちらでもAが何者か情報収集をはじめた。
Aはおそらく義父と同世代の女性(電話の声から推理)。
ネットでその手の対策がないか探してるうちに、
押しかけとかキチ関係のまとめなんかを読んでビビった俺と嫁は万が一を考えてセコムに加入したり、子供に防犯ブザー持たせたり、でかい金庫を買ってコレクションは全部そこで保管するなど、予定外の出費に泣きながら出来るだけの準備はしておいた。

ある日、セコムから連絡が。
うちに泥棒が入ったとのこと。
慌てて会社を早退して家に戻ると、先に戻った嫁(嫁も会社員)が呆然と座り込んでいた。
家自体は予想に反して荒らされていなかったが(土足の跡とかはあったけど)、義父コレクションを保管していた部屋だけ、とんでもないことに。
押入れの金庫ごと盗まれることはなかったが
(重量50kg。ヤケクソで床と柱に取り付けていたのも幸いした)
ごついドリルとかバール?とかで取り付けた壁や床から剥ぎ取ろうとしたのか、部屋がメチャクチャに。
バール?を初めて見た俺は、とにかく家が無人で良かったと思った。
いや、本当は良くないんだけどさ。

警察への届出とかいろいろテンヤワンヤしたものの、犯人はあっさり見つかった。
やっぱり主犯はAだった。
主犯って書いたのは、実行犯が別だったから。
個人情報は興信所で調べて、実行犯はうちに無関係の雇われらしいというのは警察から説明されたが、それ以上は聞かなかった。
嫁さんが倒れてしまい、俺は嫁さんや子供のケアで精一杯だったし、俺もかなり精神的に来ていたから、あまり深く聞く気力もなかった。
今となっては聞いとけばよかったって思う余裕も出てきたけどやっぱり当時は無理だったなあ。

A本人にも結局直接会うことはなかった。
まあ面通しされても知らないし。
Aが逮捕?連行?されてから速攻でAの弁護士から示談についてとか弁償をウンヌン言われたが、こっちも弁護士を立ててもうほぼ丸投げ。
家を修繕&売却して新居を購入する資金、転居にかかった費用、嫁や子供のケアにかかった費用、弁護士代、慰謝料などを割賦でもらい、Aは俺の家族や嫁実家・俺実家を含めて関係者には一切近づかない、監視人をつけて何もできないようにする旨の取り決めをして、被害届を下げた。

実行犯については何の連絡もなく、被害届も下げなかったので執行猶予で前科一犯がついたと連絡があって、それからはわからない。

義父のコレクションは宝石だった。
男性の趣味としては珍しいと思ったが、宝飾品としてではなく、純粋に鉱物としてコレクターしていたらしい。
(なので指輪とかそういうものはなく、裸石原石や磨いただけのものが主)

コレクションのたぐいがそういうものなので、俺と嫁さんは義父のコレクションを相続したということは人に話しても
それが何かは「趣味人が集めるようなもので役に立たない」という説明をして
中身が宝石やそれに近いものであるということは誰にも言わなかった。
子供にも大きくなるまでは言わないでおくつもりだった。

しかし、義父はその道ではけっこう顔が広かったらしく
葬式にも参列してくれたバイヤー?ブローカー?もいたくらいだった。
そしてそのつながりでAの耳に入ったらしい。
その昔、義父とAはとある宝石をめぐってどちらか所有するか
かなり競り合ったことがあったらしかった。
その宝石のことが忘れられなかったAは、義父の死後、それを譲ってくれと嫁に強引に頼み込むが
いろいろな思い入れのある嫁は断固拒否、そしてそれが我慢ならず犯行へつながったらしい。
ものすごく偏執的に件の宝石を探し出していたらしく、義父が懇意にしていて、嫁も知っていた宝石商が教えてくれた。

最近ようやくこの件に関しての一切合財が終わり、自分もかなり精神的にもとに戻った。
義父コレクションは今、リストにして銀行に預けている。
コレクションの中身は子供や俺親にもバレてしまったが、誰が誰にしゃべることもなく、ある意味なかったことにされている。
これは非常にありがたかった。

この後もこのコレクションに関して、どうするか、俺や嫁が死んだら子供に相続させるのか、そういう博物館があればそこに納めるのか、いろいろ修羅場は迎えるだろうが、もうこんな事態にならないように嫁と対策していかないといけないと思う。


コメントの数(16)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . さっさと  ID:U.vWjHq20編集削除
売ればいいのに
2 . 名無し  ID:szHVPvHi0編集削除
形見って興味あんまないものでも売れないもんだよ
3 . 名無しさん  ID:t2HJjJeb0編集削除
処分するにしてもこっちが素人だからといって
安く買い叩かれたら腹立つし
難しいね
4 . あ  ID:iHcFzGm90編集削除
フィギュアかとおもったら予想外にまともなコレクターだった
5 . 名無しさん  ID:BNxAIUFs0編集削除
宝石つーより鉱石マニアじゃないか
あいつらはすげぇよ
6 . 名無しさん  ID:udMwR1Jh0編集削除
Aの物欲についてばかり書かれているが
書き手の嫁の物欲も相当なもの
セコムに入って子供にブザーを持たせるまでしている時点で
何らかの被害が出る可能性を察知しているのに
親父の形見という事を盾に大金をかけて子供を危険に晒してまで
『物』に執着してしまった嫁


的な事を昔、他所のまとめで書き込んだらフルボッコされたの思い出したわwwww
7 . 名無しさん  ID:xNaV8SGk0編集削除
大丈夫、ここでも叩かれるだろうから
それでまた思い出がつくれるよ
8 . 名無しさん  ID:jKh.e0to0編集削除
ダイヤモンドというか鉱石には不思議な魅力があって、一度魅入られた人間は何としてでもてに入れようとするんだよね
特に原石の魅力は本当にすごい。それだけで毎日人が死んでるぐらいすごい。
9 . 名無しさん  ID:zYQmBNOC0編集削除
コレクションの中身について途中まで伏せられていたから「実は相続したコレクションは薄い本」みたいなオチを想像してしまった。
10 . 名無しさん  ID:oG7uIszY0編集削除
大丈夫、これより先はプライベートモードに設定されています。
閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
11 . 名無しさん  ID:BHgdS0Mk0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
12 . 名無しさん  ID:k7ep.9BX0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
13 . 名無しさん  ID:pNcVQiNa0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
14 . 名無しさん  ID:Rj4IH8uV0編集削除
提示された金額次第では売ってあげてよかったと思うけどな
みんなが不幸になってるじゃん
15 . 名無しさん  ID:r6bSdB.o0編集削除
宝石って後から思いついたんだね
うんうん、苦しい創作だね

ってはよお友達ちゃんこないかなー
16 . 名無しさん  ID:RS..dm8K0編集削除
お友達ちゃんはともかく、宝石を後から思いついたのは間違いないだろw
苦し紛れ感ハンパないwww

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ