カテゴリー:

ほのぼの体験談

某シンポジウムへ向かう途中の駅前で

嫁「すいません。○○会館というのはどういけばよろしいんでしょうか?」

俺「え? あ、某シンポに行かれるんですか?」

嫁「はい、そうです」

俺「わたしもそうなんです。タクシーでご一緒します?」

嫁「(一瞬ためらった後)あ、じゃあ、お願いします」

第一印象は「うわ、可愛い。学生かな」

タクシーの中では話しかけたかったが変なやつに思われそうで一言二言くらい。
やや気詰まり。

 


降りるときにタクシー代の割り方で少し押し問答になったが、

「わたしが誘ったんだから」

と押し切って、俺が払う。
ペコペコお辞儀して、知り合いらしい女性2人組のところへ走っていく姿が可愛かった。
俺が見てると嫁含めた3人でこっち見て何か喋っている。
気になってさらに見てると、向こうの1人がふざけて手を振ってきたので
こっちも手を振ると3人ともやたら笑っていて恥ずかしかった。

シンポジウムでは部屋は別々だったが、昼飯時にロビーにいると

「あ、いたいた」
「ちょっと! いた、って失礼でしょ(笑)」

と声がしてさっきの3人組が寄ってきた。

嫁「さっきはありがとうございました。よろしかったらご飯、一緒に食べませんか?」

若い女と食事ラッキーと鼻の下を伸ばしてついていく俺。

食事の席での会話が賑やかに盛り上がって、ますますいい気になる。
やはり学生(4年)だった。こっちはとりあえず会社の名刺渡す。
食事代の払いでまた押し問答。

嫁「タクシー代いただいたんで、ここはわたしが払います」

俺「(完全に見栄で)学生におごられるわけにいかないですよ」

結局、俺が4人分払う。

夕方、またロビーで合流し、今度は4人でタクシーに同乗。
嫁が頑張って、今度は割り勘の支払い。

数日後、3人の連名で「お礼です」と菓子折りが会社に届き、中に嫁の手書きの礼状が入っていた。
送り状の住所は嫁のものらしかったので、そこにこっちも手紙で返信。
メアド教えると変なやつと思われそうで、そのまま21世紀とは思えない文通が始まったw
東京都を挟んで反対側の県だったが、「会って食事でもしましょう」という話になるまで半年くらい手紙のやりとりした。
年がかなり離れてたので、頑張って俺の話題に合わせてくる嫁がすごくいい娘に思えたし、会わなかった分、俺の中で美人のイメージが増殖して勝手に惚れたw
実際に会って、記憶とそんなに違わない可愛さだったので安心した。

4年前の話。
新婚で、いまのところ桃色の生活送ってます。


コメントの数(10)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:QS1akEiV0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
2 . 名無しさん  ID:mGcpY5Sy0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
3 . 名無しさん  ID:Oxgf6OWR0編集削除
俺の人生にも誰かログインしてくれ・・・
4 . 名無しさん  ID:p1daphgw0編集削除
※3

まずはアカウントを作ってもらわないとな
5 . 名無しさん  ID:R9c6oV2N0編集削除
わっふるわっふる
6 . 名無しさん  ID:MqJ0b1WR0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するにはキモいユーザーでログインが必要です。
7 . 名無しさん  ID:Nc3t.too0編集削除
4>パスワードは07214545
8 . 名無しさん  ID:aI7.qGkh0編集削除
>7
オナニー シコシコ
じゃねぇか・・・結果独りぽっち
9 . 名無しさん  ID:fYHcX0Zi0編集削除
おう、管理人よ、続き読んでやるからログインID教えろや。
10 . これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。  ID:G0oZA1OS0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ