カテゴリー:

感動体験談

高校生の時に体験した事。

うちは母子家庭で、母親は病気がちだった。
グレようとするタイミング毎に母親が手術。
高2の夏休みにやはり母親が入院し、DQNなりかけだった私は夜毎繁華街を徘徊していた。

 


ある日、いつも通りにゲーセンで時間を潰していたら綺麗なお姉さんのグループに声を掛けられ、アホなJKだった私は尻尾を振ってついて行った。
そして何故か化粧品や服や靴、キラキラしたノートやペン等、バイト代すら生活費に入れざるを得ない貧乏娘には憧れ()の物を色々買って貰った。
一応遠慮はしたけど「死んだ妹にそっくりで」やら「妹にしてあげたかった事をさせて欲しい」やら言われて、「そんなもんかな」と納得した。
ご飯をご馳走になって高そうなホテルに泊めて貰って朝ごはんまでご馳走になって、流石に「何かおかしい?」と思い「帰る」と言ったら封筒を渡されて

「おうちで開けなさい」

と言われた。
車で繁華街の駅まで送って貰い、お礼を言ったらお姉さんたちに順番にキスされた。
家で封筒を開けたら50万円入っててビビった。

あれは何事だったんだろうと今でも思う。
しかも、お姉さん達の名前も聞いてなかったし私も「かわいこちゃん」としか呼ばれなかった。


コメントの数(6)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:wJbZorCV0編集削除
赤子の時、生き別れになった姉、、、だったりして
2 . 774  ID:OzNvoBOg0編集削除
母ちゃんが助かったのか気になる・・・
タイトルと中身が合ってないと思うのは俺だけ?
3 . 名無しさん  ID:X8jbNrxp0編集削除
お姉さんがひとりでなくグループというのがさらに謎だな
4 . 名無しさん  ID:9x3xHyD10編集削除
実は母ちゃんは伝説的な総長で、
お姉さんグループは後輩だったとか?
5 . 名無しさん  ID:oG7uIszY0編集削除
話の前後が全く繋がりがない
しょうがないから

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。
6 . 名無しさん  ID:X309uEmj0編集削除
これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ