カテゴリー:

感動体験談

昨日仕事で遅くなって飯作る気力も無かったんで
ホカ弁に寄ったら、店の中がけっこう混んでる風だったので
とりあえず店の外貼りのメニューを見てあれこれ迷ってたら
入り口のガラス戸がカラカラカラーって開いて、三歳ぐらいの女の子がはみ出して来た。
戸を開けっぱにしてるもんだから、一緒にいたお父さんが

「こら!閉めないと寒い風が入ってくるよ!」

ってたしなめてたんだけど
身体半分外に出したまま、一向に引っ込まない女の子


言うこと聞かないなあ〜w と横目で見て苦笑してたら

「だってあの人が入れなくなるから〜…」

ってその子が自分を指差して言った。
ご、ご、ごめんなああ!!という気持ちと同時に心の中がじわっと温まって

「開けててくれたの?ありがとうね!」

って急いで言って店に入ったよ。
こんな小さいのに、人に親切に出来てえらいなあ。
すごいなあ。
疲れてしょぼくれてる帰り道が、一気に幸せな気分に変わったよ。


コメントの数(9)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:DluWlhXI0編集削除
うむ。
ほっこりするな。

モッコリもしちゃいそうだが。
2 . 名無しさん  ID:2F9OvTQm0編集削除
これは実に巧妙なガラス戸のステマ
3 . 名無しさん  ID:2920MRBo0編集削除
優しい心、大きくなっても忘れないでね!
4 .   ID:oFs0LYoj0編集削除
しかし、自分が辿り着く前になぜか扉を閉める女の子
少し上を見上げながらその虚空に向かって、「どういたしまして!」

少女が待っていたのは誰だったのか
5 . 名無しさん  ID:xDyHuNg.0編集削除
「お譲ちゃんおりこうさんだね。20年後にまた会おうね」
6 .    ID:lX9jpZU30編集削除
なんて可愛いんだろう♪
そんな子に出逢うことがあったら、素直にありがとう、と言ってあげたいな。
その子の笑顔でみんな幸せな気持ちになるんだろなー
7 . 名無しさん  ID:qH1Gma1m0編集削除
・・・これが今の嫁との出会い

ってつけると途端に創作臭がするだろ?
8 . 名無しさん  ID:vI7nVR.A0編集削除
うむ。良い話だ。
それから米4、そういうのはやめろ。怖いから。
9 . 名無しさん  ID:UsSFhfFL0編集削除
20年後には股を開いてたって話

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ