カテゴリー:

アメリカンジョーク

第二次世界大戦中、アメリカ人の将軍が、日本のことをいろいろと調べていた。

ある日、その将軍は日本研究家を呼びつけ、質問をした。

「日本人は、自分の子どもにどうやって名前を付けるんだ?」


研究家は答えた。

「日本人は、生まれた順番を子どもの名前にします。例えば、最初の子は“イチロー”、
 二番目は“ジロー”、三番目が“サブロー”、以下、 “シロー”、“ゴロー”といった具合です」

「なるほど、それは面白い」

数ヶ月後、その将軍は、この戦争について悲観的な気持ちとなった。
「こんなに精力的でパワフルな民族に、我々は本当に勝つことができるのだろうか…」
その将軍は、対峙している敵の将軍の名前が、「山本五十六」であることを知ったのである。


コメントの数(15)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:8IwMbEKE0編集削除
五十六はたしか父が56歳の時に出来た子供だからその名前だよね
そういう意味ではその将軍は正しいのかもしれない
2 . 名無しさん  ID:950CNEWz0編集削除
山本二十一を思い出した古いエロゲーマーは俺だけではないはず
3 . 名無しさん  ID:7uhNNjmy0編集削除
アリスソフトにまんま「山本五十六」いるからなあ
4 . 名無しさん  ID:mJcFv33T0編集削除
この将軍さんが五十六(いそろく)を見たのか聞いたのかわからないが
これを56と理解できた時点でコイツはかなり日本語が理解できている。

どうやら日本人が考えたネタの様だ
5 . 名無しさん  ID:sEli.h7q0編集削除
五十六朗って名前じゃなんだなコレが
6 . 名無しさん  ID:7mi.HExe0編集削除
ちなみに、この将官は戦後彼の名前の真相を知ってさらに驚くこととなる・・・
7 . 名無しさん  ID:1wxe.BBU0編集削除
加藤一二三九段
8 . 名無しさん  ID:VriSYR9Q0編集削除
グーテンタカサイビッサ!!
9 . 名無しさん  ID:CzfGkHHe0編集削除
「奴は我々の中でも最弱の一人・・・案ずるには及ぶまい」
10 . 名無しさん  ID:ZyGMb6RV0編集削除
米7

高野一二三って名前を思い出して誰だっけ?とググったら・・・
うちの近所にも一二三さんっておじいさんがいた。
11 . 名無しさん  ID:wWCd8pP.0編集削除
安藤百福www
12 . 名無しさん  ID:Ppw7VrnI0編集削除
千代、八千代とか?
13 .   ID:UOtzKX9d0編集削除
その手の理屈なら万世(代)とかが最強だと思うがな
14 . 名無しさん  ID:CaTWsOn50編集削除
こんな話こそ「ネタでもなんでも面白きゃいい」って話の典型なのに※4ときたら
15 . 名無しさん  ID:gDnQQI4y0編集削除
二千六百さんは結構いる。
皇紀2600年に生まれた子供に名づけられた。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ