カテゴリー:

おもしろテキスト

夜中にアッバース大帝がお忍びで街を歩いていたら変な男たちの三人連れに出会って意気投合。
彼らは実は盗賊団で、これから王の宝物庫を荒らしにいくという。

面白くなったアッバース大帝も着いていって、道々お互い自己紹介をする。

盗賊1「自分は動物の言葉が分かる」

盗賊2「自分はどんな鍵でも開けられる」

盗賊3「自分は一度見た顔は決して忘れない」

大帝「自分は実は絶大な権力を持っていて、
   髯をちょっと捻るだけでどんな大罪人でも許すことができる」


途中で犬が吼えたのを聞いて盗賊1がいわく

「犬が言っている。『大金持ちはお前たちの中にいるのに、今宵お前たちは何処に行くのか』」

やがて庫に着くと盗賊2が鍵をこじ開けて四人で荒らしまわる。

翌朝大帝は王宮で兵士を呼びつけて昨夜の盗賊たちの人相を詳細に語って

「ひっ捕らえてまいれ!」

と命令。
そこで三人の盗賊が捕まえられてきて、盗賊たちは顔を上げられずにがたがた震えている。
ところがそこで盗賊3がふと大帝の顔を見上げて驚いていわく

「俺たちは三人とも特技を披露した。今度はあんたが髯を捻ってくれ」

これには大帝も苦笑して彼らを許すしかなかったという話。


コメントの数(12)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無し丸  ID:QNuLwMlUO編集削除
こういうの好き
2 . 名無し  ID:5JuKQqanO編集削除
大帝がウマイことやるのかと思いきや盗賊の方だったか
なるほど
3 . 名無しさん  ID:y7k6Q6jZ0編集削除
「特技をひけらかしただけで披露するとは言ってないって」オチの方が
4 . 名無しさん  ID:TOUvOk8S0編集削除
盗賊3の見せ場が無いが…
5 . 名無しさん  ID:TOUvOk8S0編集削除
ゴメン、あったわ
6 . 名無しさん  ID:ejqNrgBz0編集削除
アッパーズって雑誌か何かなのん?
7 . 名無しさん  ID:FuDudPyn0編集削除
特殊能力を持つ3人に対して、権力とか言う身分に基づいた能力を披露する王www
8 . 名無しさん  ID:reDglllu0編集削除
盗賊1の能力ほしい
9 . 名無しさん  ID:nU1UomAi0編集削除
3人とも召抱えればいいのに
10 . 名無し  ID:edWRinHaO編集削除
※6アッパーズじゃなくてアッバース大帝ね
サファヴィー朝っていう今のイラン辺りにあった国の王様だ
11 . 名無しさん  ID:FUVuBLkm0編集削除
3人はどういう集まりなんだっけ?
12 . 名無しさん  ID:JBraoSJW0編集削除
“盗賊たちの人相を詳細に語って”いる大帝も盗賊3にひけをとらないと思う。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ