カテゴリー:

感動体験談

 一昨年の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、自然博物館の昆虫展に向かっていました。
ムシキングの影響で息子はとても楽しみにしていました。
あと数キロと言う地点で渋滞の最後尾に。
止まった瞬間、ものすごい衝撃に襲われました。
後方から来た大型トラックに追突されたのです。
一瞬何が起こったのか理解できませんでしたが、すぐに追突されたと判断できました。
即座に助手席に居た息子の安否を確認しようしたのですが、そこには息子の姿がありませんでした。
子供の名前を叫ぶと、助手席の足元から

「痛い」

という声が。


息子は衝撃でシートから足元にずれ落ち、挟まれていました。
正直半狂乱になってしまいました。
あのときの私は完全に冷静さを失っていました。

半狂乱の私も足を挟まれて動けない事に気づきました。
動けない私は叫ぶしかなかったのです。

追突から時間にして1〜2分でしょうか。
いきなり運転席側の変形したドアを無理やり開けてくれた人たちが居ました。
緑色のヘルメットに迷彩服の数人の自衛隊員。
私の足が挟まれているのを知った後、何やらバールのようなもので運転席をこじって、後ろにずらし私を出してくれました。

「息子が助手席の足元に挟まれてます!助けてください!」

お礼の前にそう叫んでいました。
すると若い隊員さんは運転席同様、助手席シートを無理やりはずし、潜り込むように助手席に入っていきました。
他の隊員さんと大声で作業指示しながら懸命に救助されていました。
数分でしたが私にとってはとんでもなく長い時間に感じられました。
そして息子は挟まっていた車体から外に助けていただきました。

と同時に救急車と工作車が到着。
息子は救急隊の方にゆだねられました。
私も両足が痛くて立てなかったのですが、せめてお礼だけはと思い、その隊員さんのもと這って行きました。

私「本当にありがとうございました!ありがとうございました!!」

自「いえいえ、当たり前のことをしただけです。怪我は治ります。命が無事でよかったです」

その隊員さんをよく見てみると、右肩付近が黒く濡れている。

私「もしかして怪我されているんじゃ?」

自「え?ああ、潜ったときにチョット何かが刺さったみたいです」
 
隊員が体をひねって右肩を見せようとしたところ背中はさらにベッチョリと濡れていました。
普通に考えたら大量出血です。
それでもその隊員さんは笑いながら

「チョット痛いだけです。大丈夫です」

と。
その後私は息子と共に救急車で運ばれていきました。

息子は両足の骨折、私は右足の骨折でした。
治療が終わって息子のベットに行きました。

「よく泣かなかったね、がんばったね」

と声を掛けてやると、息子は

「お兄ちゃんが笑ってたから泣かなかったよ。クワガタの話もしたよ」

冷静さを失っていた私は聞こえませんでしたが、隊員さんと何やらムシキングの話をしていたそうです。
その為、息子は安心したらしく痛くても我慢できたそうです。
嬉しくて有難くてそこで初めて涙を流しました。

その後、救援に来ていただいた消防署に出向き、その隊員さんの所属を教えていただきました。
駐屯地の場所をネットで探し出しました。
そのページを見ると「記念行事」なるものが2週間後にあることが判明。
怪我の治療状況と相談し、記念行事にお邪魔する事にしました。

初めて入る駐屯地。
意外と来客も多くビックリしました。
どこに行けば良いかも判らず、車椅子に乗せた息子とウロウロしてしまいました。
そのうち式典や訓練?が始まり、大砲や戦車の音にビックリ。
なんだか息子も私も楽しんでしまっていました。
午後になっても結局ウロウロ・・・。
と、その時1人の隊員さんが声を掛けてきました。
大怪我をしてまで息子を助けてくれた隊員さんでした。
ニコニコした笑顔に私は男ながら涙がこぼれてしまいました。

「あの時は本当にありがとうございました!」

この一言がどれだけ言いたかったか、息子の回復振りを見てもらいたかったか。
色々とお話を聞かせていただきました。
背中の怪我は何かが刺さったのではなく、車体の金属部分で切った事。
17針縫った事。
助けられて自分の子供のように嬉しかった事。
私にとっても息子にとってもそこに居たのは正にヒーローでした。

その後その隊員さんは普段訓練で乗られている緑色のバイクを見せてくれました。
足が完治していない息子を抱き上げ、一緒にバイクに跨ってくれました。
そのときの息子の顔はとても嬉しそうで、一緒にバイクに乗っている隊員さんはまさにテレビに出てくる戦隊物のヒーローに見えました。
その時一緒に撮らせていただいた写真は、息子の宝物になっています。
ムシキングよりも自衛隊のお兄ちゃんの方が大好きみたいです。

自衛隊に関しては色々な意見があるようですが、
少なくとも私たち親子にとって自衛隊の皆さんはヒーローです。
たった1家族の小さな力ですが、私たち家族は自衛隊の皆さんを応援します。


コメントの数(30)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . sengoku38  ID:acfv6.2r0編集削除
な、これだけかっこいい暴力装置はいないだろ
2 . 名無し  ID:pHpeskEa0編集削除
チャイルドシートは?
3 . touryuu  ID:UTXqhGr40[評価:5 ]編集削除
最高!
4 . 名無しさん  ID:qkSrdXrR0編集削除
どっかのアホな国会議員に聞かせてやりたい
5 . 名無しさん  ID:Go3eXJ9o0編集削除
聞かせたい相手?一体何太郎なんだ・・・。
6 . 名無しさん  ID:sDr971Ua0編集削除
はっ?
自衛隊員が国民の生命・財産を守るのは当たり前だろ
当たり前のことを美談に仕立て上げるアホが気持ち悪い
7 . 名無しさん  ID:yorI04a50編集削除
↑そこまで言ったらわかるだろww
8 .   ID:iVnS.xu40編集削除
いい話ではあるけど、流石に嘘くさすぎる
9 . マック  ID:tpv.OOY70[評価:5 ]編集削除
最高にいい話だ。自衛隊の皆さんいつもありがとうございます
10 . 名無しさん  ID:I1rL.V6L0編集削除
自衛隊の主体業務は国土防衛です
国民の生命・財産を守るのは当然ですが、それを当たり前と思っているうんこやろうは国に帰ってください
11 . 名無しさん  ID:Ou1fzB1y0編集削除
自衛隊を失くせとはこれっぽっちも思わないけど、事故や災害救助に自衛隊が出るのが違和感。
12 . 名無しさん  ID:SV6nqwVX0編集削除
自衛隊ができるきっかけは、ソ連や韓国が軍隊ないから領土分捕っちゃえとちょっかいを出したから。
韓国は日本の九州侵攻するので北の境界の軍備まで薄くしたので一気に北がソウルまで侵攻した。
米国の要請で自衛隊の元が作られるようになったと簡単に説明されたことがある。
自衛隊がなければ、北海道、沖縄、その他の島々は日本の領土でなかった可能性がある。
13 . 名無しさん  ID:Z9HFkS4d0編集削除
駐屯地で泣く所まで俺の脳内では若くて美人なママだったのに、パパさんだったことで衝撃だった。
14 . 名無しさん  ID:JNwaFea00編集削除
均衡の上でようやく定義づけされてるに過ぎない国家なのに、脆弱を晒したら一気に誰も助けてくれずに形を失ってしまう国家であるはずなのに。世界史や日本史を学ばなかった理系のひとなんだろうか、非戦派や左翼の人たちというのは。
エンゲルスやマルクスを読んでない党員が勧誘に来るんだから日本の半端さ加減も相当なもんだよ。
15 . 名無しさん  ID:0pQ5ahO30編集削除
>>11
救助できる装備があっても指をくわえて見ていろと?
自衛隊は日本国民を守るのが仕事、相応の装備があるなら災害派遣も人命救助も自衛隊の任務だろ。
前半で予防線張ってるけど考え方は完全に否定論者と一緒だからね。
そんなに嫌なら日本から出て行け。
16 . 名無しさん  ID:QjX5IzNn0編集削除
>>15
災害派遣とかは本来の任務じゃないよ
最近はそういうことでよく活躍してるけどね

あと県知事などの要請で出動するのでそれすら首長の判断で遅れる
17 . 名無しさん  ID:JNwaFea00編集削除
政治的信条を 多数の焼け焦げつつある人命 より 平然と優先した阪神淡路大震災
社会党政権 左翼の狂的一本筋 全員地獄に堕ちろ
18 . 名無しさん  ID:GaQsycGe0編集削除
自衛隊の人は偉いけど、
治療して当たり前と思われている救急隊員や病院の医者についてはほとんど触れていないところが、
かわいそうというか、なんか違うだろう、という違和感はある。
19 . 名無しさん  ID:dt6X9NF.0編集削除
これって
昔からの・・・
有名な逸話・・・?
20 . 名無しさん  ID:1u4Uhr6U0編集削除
実は追突したのが自衛隊のトラックだったってオチは・・・
21 . 名無しさん  ID:GatU90oo0[評価:5 ]編集削除
だいぶ昔に見た記憶が・・・
22 . 名無しさん  ID:Fe9Bg0kO0編集削除
俺の父親も生前は自衛隊だった。今でこそ自衛隊の評価は高いが、30年前はそうではなかった。
災害復旧などで頑張っても、ほとんど見向きもされてなかったな。

23 . 名無しさん  ID:WZRsiDGg0編集削除
※22 東西対立のなかの温室状態で過剰で病的な夢想中学生的平和主義だったからね。
チベット事件から前世紀的な中国の拡大主義が怪しくなってきて、未来を想像するのならば軍備を考えなければならなくなった。自分がいる場所としての国家が独立してる単体なんだという世界じゃ常識の事実と向き合わなきゃならなくなった。
反対してるのは、昨日の奈良女子大生がそうであったように成りすましの帰化した在日韓国人・朝鮮人だろう。すでに相当な人口比率だ。

とにかく、お父様にはご苦労様でしたというしかない。
24 . 名無しさん  ID:c1yGmzi.0編集削除
※22
うちの父も。父は自衛隊に入りたての半世紀前、制服着て外出したら(外出の際は
制服着用が義務だったらしい)石投げられたってさ。
沖縄に赴任した時の「自衛隊反対」のデモや北海道での地元新聞の
自衛隊叩きなんか実際に対応する職場にいたから、
今の「自衛隊ありがと〜」の風潮に困惑してるwww
25 . 名無しさん  ID:iCDn72f40編集削除
※18
医師や救急隊は社会的に認知されている職種。

で、自衛隊はそうではなく、日陰者であり常にマスコミや左翼に
誹謗中傷に晒されていた。

それに阪神以前なんか、災害派遣にでても見向きもされなかったよ。

26 . 名無しさん  ID:66aSoakS0編集削除
この記事みたいに尊敬できる自衛官もいれば、どうしようもない糞な自衛官もいる。
27 . 名無しさん  ID:f1URTkGR0編集削除
※26
民間でも同じだけど、自衛隊でもバブル世代の自衛官は酷い。
長年、左翼に圧迫されていたせいで、募集もままならず隊員の絶対数が足りずに、
誰でもいいから入れていた時期があり、その最悪がバブル期の年代。

あとバブル期隊員が上司だと、その下につく隊員も自然とたるんでくる。

自衛隊内でも、頭を悩ましているので、そういう隊員をどうにかして
辞めさせていく方向をとっている。

ホント、左翼はろくなことしかしないよ。
28 . 名無しさん  ID:0ajmMFka0編集削除
これが当たり前のことだって言うのなら自衛隊の存在が当たり前ってことだよね
ってことは自衛隊は必要なわけだ
まあ、誰が言ったか忘れちゃったけど、自衛隊が日陰者であり、叩かれているほうが平和だよね
自衛隊が褒められる、感謝されるってことは、それだけの災害か、それこそ戦闘が起こったってことだから差
29 . 名無しさん  ID:yDu6oqNE0編集削除
※28
その叩いてるやつらが、精神異常者の左翼や在日朝鮮人だから
駄目だな。
30 . 名前なし  ID:E7FvqlkvO[評価:5 ]編集削除
いい話だ!
自衛隊は日本の誇りだ!

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ