二十代のはじめ頃に川っぺりの鉄工所で働いてたことがある。
鉄を切ったりくっつけたりしてるおっさんたちに混じって、俺よりも年下の若い男が一人いた。
まっちゃんと言うその人は青白くて眼鏡でヒョロくていかにもなイジメられっ子。
しかし毎日俺より早く出て俺より遅く帰っていたから、なかなかの根性の持ち主だった。
やったことある人はわかると思うけど工場の仕事はめっちゃつらい。
夏場はクソ暑くて冬場は膝が笑うくらい寒い。
働き者のまっちゃんはおっちゃんたちには可愛がられていた。


工場にはたまに消耗品を持ってきてくれる営業の人がいる。
ある日、俺の知らない営業がやってきた。
若い男で、おっちゃんたちと何か話したあと、そいつはまっちゃんと話し始めた。
ああ、昔の友達かな……と思ってたけど、なんか様子がおかしい。
営業はニヤニヤしながら小馬鹿にしたような態度で喋ってるし、まっちゃんは固まってる。
俺はすぐそばでカナテコでスパッタの掃除してたから会話聞こえたんだ。

営業「〇〇さんじゃないっすかwwwww何やってんすかwwwww」

まっちゃん「……」

営業「先輩勉強できなかったんすかwwww底辺の仕事すかwwwww」

なんかそんなこと言ってた。
知り合いは知り合いだけど、仲良しってわけじゃないらしい。
明らかにイジメてるというか、バカにしてる。

そのとき、すぐそばでやり取りを聞いていた同僚の一人がめっちゃでかい声で叫んだ。

「テメーそこ動くんじゃねーぞ! ちょっとー、みんな来てください!」

おっちゃんたちが何事かと集まってくる。
同僚、営業の背中を思い切り押して言う。

「この兄ちゃんが俺らの仕事に意見があるらしいですわ。なあ?」

営業、固まるが、そこで俺がそいつが言ってたことを話す。

「おおう、そうか? じゃ兄ちゃん、ちょっと向こうで話そうや」

おっちゃん数人、営業を取り囲んで建物の隅っこに引っ張ってゆく。
俺も後から知ったんだけど、うちの鉄工所は前科のある人の社会復帰を手伝ってたらしい。
おっちゃんたちの半分以上が元筋モノで、汗かくと作業服がスケて色とりどりな模様が拝める。
俺は仕事をさぼって聞き耳を立ててた。

「つまり俺らのやってることはクズみてえな仕事って言いたいんだよな、ええ?」
「あんた、お疲れ様とか言いながらいつもそんなこと考えてたわけだ」
「わりいなあ、いたらなくてよ。エリートにクズの相手なんかさせて」

いや、もう、すごい。本職マジ怖い。
声のトーンがなんて言うの、決して怒鳴らないんだけど押し殺した迫力あってめちゃくちゃ怖い。
明らかにイジメる側の図体のでかいイケメンの営業が小便漏らしそうな顔で縮こまってる。
ていうか、あれが俺なら漏らしてる。

さんざん脅かされた営業は泣きそうになりながら工場出てった。
それ以来、少なくとも俺が勤めてたあいだ、そいつは二度と来なかった。

仕事終わってからまっちゃんがおっちゃんたちに礼を言ってた。
おっちゃんたちは笑ってた。

「いいの、いいの」

って。
一番えらいおっちゃんがあとでそいつの会社に電話で詫びまくってたけど。

あとで俺に打ち明けてくれたけど、まっちゃんは工業高校に通ってた。
そのとき同級生はもちろん、下級生のあいつにもずいぶんいじめられてたらしい。

「ほんとなら俺が自分であいつにガツンと言ってやらなきゃいけなかったんですよね」

って言ってた。
俺はこんなちっさい工場にも映画みたいなドラマがあるんだなあ、って変に感心したのを覚えてる。


コメントの数(14)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:Lrp0WZtJ0編集削除
一番えらいおっちゃん「解せぬ」
2 . 名無しさん  ID:oYHn6Y1i0編集削除
割とえらいおっちゃん
「認めたくないものだな。自分の、若さゆえのあやまちというものを…」
3 . 名無しさん  ID:VjiRBL2U0編集削除
このサイトchomeだと「不正なソフトウェアを事前に検出しました。」って警告でるな
4 . 名無しさん  ID:EgO2tAvi0編集削除
アバストがトロイの木馬ってでる
5 . 名無しさん  ID:V5WcOZ.b0編集削除
ホントなんでページのあちこちで
ちんちんしゃぶってる画を毎度毎度見せられるんだろうか。
せっかくいいサイトなのにと思うんだがな。
6 . 名無しさん  ID:v5kW0FrO0編集削除
googleとAviraがに警告されたぞ
7 . あ  ID:GxjEqLSU0編集削除
講談社の鉄工所マンガが面白いよー
8 . あ  ID:gBmgWx00O編集削除
このサイト…↑の人が書いてるようにパソコンからだと【不正な…】で入れなくなった。
昨日迄大丈夫だったのに
9 . 名無しさん  ID:TvFqlVN10[評価:5 ]編集削除
おれんちの実家は鉄工所だった。今俺は銀行員。食うには全く困らない。小さいころ俺とキャッチボールをしてくれるのは親父ではなく工場のおじさんだった。ここ数年毎年帰省するときには古い借家住まいのおじさんとこにお菓子を持って行ってた。親父が引退してから会社の経営は一層厳しくておじさんは土日も無給で一人黙々と工場でグラインダを擦っていた。そのおじさんがこの間亡くなった。癌が転移しまくっていて、大きな人だったのに最後は40キロも無かったらしい。親父にとってはただの従業員だつたが俺にとっては親戚よりも親しいおじさんだった。焼香を上げながら俺は声を出して泣いた。
10 . 名無しさん  ID:8DxhbvMgO編集削除
(ノ_・,)お、俺にも線香を一本あげさせてくれんか
11 . 名無しさん  ID:AdGyYQCD0編集削除
継ぐならいまだぞ
12 . 名無し  ID:IMURlQaxO編集削除
相手営業ならこっちが客だから、相手の上司がこっちの親分に詫び入れて手打ちにしてもらうのが筋じゃないですか?
13 . 名無しさん  ID:Ukgk6Oye0編集削除
      ξ
線香どうぞ…i
14 . 名無しさん  ID:j7dIm7xo0編集削除
>不正なサイト
いい話たくさんあるのにエロ広告ばっかだしな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ