カテゴリー:

衝撃体験談

高校2年生の頃。
私は母子家庭で、母親は某大学病院勤務。
早番よりも遅番が多く、夕方から早朝までいない日が多かった。
ある日、23歳の社会人彼氏(20歳のとき亡くなった父親に代わり、オフィス店舗中心の空調整備会社を継いでいた)から深夜12時に電話があり、母親が遅番だと知ると

「会おうよ」

と言われた。


眠いと一度断ったけれど

「どうしても話を聞いてほしくて。車でそっちに行くから」

と食い下がるので、仕事で何かあったのかと心配になり、少しだけなら車の中で話そう、ということで家のすぐ近くのスーパー駐車場で待ち合わせた。
その話の内容は…。

「聞いてくれよ!最近俺の妹が変な男とつきあってるみたいなんだよ。
 以前は夜7時には帰宅していたのに、最近は9時に帰ってくるんだぜ!
 もしその男と会ったらボコボコにする!」

(  Д ) 三  ° ° ←私

「妹さんは大学生だよね。で、私は高校2年生。
 今何時だと思ってるの?それに、母が遅番の日は遅くまで連れ回すよね」

そこで彼氏は一瞬しまった、という顔をしたけれど

「妹とお前は違う!」

と逆ギレしたので、その場でお別れを言って帰宅した。
その後、酒を飲むたびに、酔って号泣しながら電話をしてきては

「寂しいよ〜〜〜。戻ってきてくぁwせdrftgyふじこlp」

などと意味不明な供述を繰り返していた。

半年後くらいにまた電話をかけてきたので

「彼氏ができた」

と言ったら

「どうせ遊びだろ?そいつと遊んでもいいから戻ろうぜ」

とふざけたことを抜かすので

「その彼氏はつきあうって決まってから
 すぐに家に来て、母親に結婚を前提に交際させてください、って頭を下げてくれた。
 あんたと彼は違う!」

と本当のことを言ったら、二度とかけてこなくなった。

いや、一度日曜に私の家で彼とご飯を食べているときに、覗きに来たけどね。
ベランダ向かいの空き地に車を止めて出てきて、彼の姿を見て落ち込んで帰っていった。
新しい彼氏には、元彼のことを話してあったので、元彼に気がついていたけど

「大丈夫か?またあいつが来たらいつでも電話しろよ」

と言ってくれた。
クリスマス近くなるたびに思い出す。


コメントの数(10)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:t9Z21obY0編集削除
俺はええんや。
2 . 名無しさん  ID:Y.tnOxIO0編集削除
タイトル詐欺な気分なんだけど
そんなことないか
3 . 名無し  ID:qjkkly9zO編集削除
元彼がブーメランの達人だった話だろ?
4 . 名無しさん  ID:d2F90rtM0編集削除
高2で23歳社会人と付き合っちゃいかんでしょ
何、女の私は倫理観しっかりもってますみたいな書き方してんだよ
5 . 名無しさん  ID:cBI2Anlm0編集削除
で、そんな奴と性交しちゃったんだろ?なんだか…なんだかなあ…貴くないんだよ、安っぽすぎる感が厳しい。
惚れる理由が見つからないんだ、安直な日常の手垢まみれな普通が過ぎて、唯一特別の存在じゃない。器官の差異しかなくなっちゃってるんだ、男と女の間に。
6 . 名無しさん  ID:eOGHSKXW0編集削除
>(20歳のとき亡くなった父親に代わり、オフィス店舗中心の空調整備会社を継いでいた)
これ要るか?
7 . 名無しさん  ID:MGIKIlHj0[評価:1 ]編集削除
高校2年で結婚前提の彼氏が居るってなんだそれ???
8 . 名無しさん  ID:p12d.bug0編集削除
でも今はそいつの方が金持ちだから戻りたいんだろ。
9 . 名無しさん  ID:xFQrcNk10編集削除
まあ、シスコンは手に負えないってことですな(笑)
10 . 名無しさん  ID:CO3oVUEK0編集削除
などと意味不明な供述を繰り返していた。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ