カテゴリー:

感動体験談

托卵の娘を俺一人で育て、先日嫁に出した。

元嫁と結婚したのは26年前。
それはそれはラブラブな毎日で、幸せ一杯・・・だった。
2年後に娘が生まれ、更に幸せな家庭構築。

2歳の誕生日前に、ちょっとした病気の疑いで血液検査。
結果、病気は問題は無かったんだけど、血液型に問題あり。
俺も元嫁もA型で娘はB型。 

俺親は電車−飛行機−電車を乗り継ぐ距離なので、近くに住む元嫁両親と共に元嫁を追求。
証拠があるのであっさりと不倫と托卵を認め、取り敢えず離婚届に署名捺印を。
そんな話し合いをしていたある日、元嫁失踪。

結局間男はわからないままに、ジ・エンド。

元嫁両親は連絡は取れないまま元嫁とは絶縁宣言。
子供を引き取りたいとの申し出はあったが、意地でも俺が育てる事に。
可愛かったし懐いていたからね。 
この選択については、後々後悔をした事もあるけれど、今の俺があるのはこの子のお陰。
そのときから元嫁は死んだ事になった。
でも会社勤めの俺、昼間は元嫁両親に依存。
歩いて行ける距離。

小学1年の時に、俺の転勤で元嫁両親の手を離れ、父娘だけの生活に。
その頃になると、娘は心のよりどころ。
元嫁の裏切りで、女性不信になり再婚なんて考えもしなかった。
もう血が繋がっていようといなかろうと関係なく娘だけを愛したし、愛されていたと思う。

学校が終わると学童の世話になり、俺の帰宅は7時から8時頃。
買い物も頼める物は買っておいてもらい、二人で一緒に食事を作ったり。
高学年になると多少は一人でも作れるようになり、俺が帰宅すると食卓に料理が並んでいたりして、嬉しかったな。

中学は問題なく過ぎ、高校に進学。
2年生になった頃、友達と献血に行ってきたと鼻高々に嬉しそうに。
そんな話を聞いて、心穏やかで無い俺。


「お父さんは何型?」

と俺の血液型を聞かれ、暫く悩んで元嫁の連れ子だと言う事にして打ち明けた。
当然娘は驚き、暫く会話は無くなった。 
このときの娘の顔は今でも忘れられない。
でも食事は作ってくれた。

結婚の時期と誕生日を確認すればバレバレなんだけどね。
でも、多感な高校生の娘には不倫の子なんて言えるわけが無かった。
いずれ打ち明ける時が来るとは思ったが。

会話の無い生活を数日続け、娘から

「これまで育ててくれて有り難う。これからもよろしくお願いします」

と、泣きながら笑顔で。
俺も泣いて抱きしめてしまった。

それ以来、やたらとベタベタしてくるようになった。
血の繋がった母親は既にいない。
そばには血の繋がっていない男だけ。
今頼れるのはその男だけだと言う事を悟り、捨てられないようにしているのか。
心が痛む。

やがて近くの専門学校に進学し、無事地元に就職。
就職して2年、彼氏が出来たと告げられる。
血は繋がっていないが、娘の彼に嫉妬する父。

結婚の言葉が娘の口から出るようになると、相手の両親から会いたいと申し出があり5者面談。

その場で切り出されたのは、

「失礼ながら興信所で調べさせてもらった」

と。
言葉を失う俺。

もう全てを話すしか無いと、娘の目を見ながら全てを正直に話した。
涙が一杯目から出てきた。
娘も泣きながら聞いていたかと思うと、抱きついてきて

「それでも、お父さん」

と。

娘の彼とご両親の方に向き直り、

「今お聞きになった通りです。私も娘も世間様に何一つ恥ずかしい事はしていません。
血の繋がりの無い事を知った後も、親孝行をしてくれますし、自慢の娘です。
こんな娘では、○○家(彼氏の家)の嫁には相応しくありませんか?」

と。

彼父

「とんでもない、うちの息子にはもったいないお嬢さんです。ぜひ、息子の嫁に」

なんだか三流のドラマみたいだが、こんな流れ。
俺は元嫁の不倫が発覚してからの21年の疲れがどっと出たのか、貧血を起こしへたり込んで倒れてしまった。
それから、娘が嫁ぐまでの半年は虚脱感に支配された。

その娘、先週嫁いで行きました。
行ったと言っても、新居は決まっていたのに彼が

「お父さんを一人にしては」

と無理矢理押しかけてきて彼がマスオさんに就任。

式には元嫁両親も駆けつけてきてくれ、祝ってくれました。
俺には大層礼を言われました。 
元嫁から俺と娘に手紙を預かってきたと渡されましたが、読まずにお返ししました。
元嫁は、実家の近くで一人暮らしをしているそうです。

俺両親は、当時子供を引き取る事には大反対・・・当然ですな。
何度か実家に娘を連れて行くうちに、徐々に認めてくれるようにはなりました。
結婚式では、年老いた両親から

「良くやった」

と言われ、不覚にも大泣きしてしまいました。
補足しておきますが、興信所からの調査結果には不倫の子なんで結果は出ていなかった。
ただ死別のはずが離婚とだけ。
これは戸籍を調べれば一目瞭然なんだけどなぁ。

この娘がいたからこそ今の自分があるという感じです。
あの時、間男を交えて話し合い離婚なんていう流れになっていたら、弱い俺には耐えられなかったかもしれない。
とにかく汚い物が目の前からスパッと消えてくれて、残された血の繋がっていない娘が心を支えてくれたと思っています。
コメントの数(21)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:r.W22OMZO編集削除
正に親の鑑
2 . 名無しさん  ID:xvucOvLx0編集削除
>「お父さんは何型?」
>と俺の血液型を聞かれ、暫く悩んで元嫁の連れ子だと言う事にして打ち明けた。

なんでココで打ち明ける必要があるんだかww
この手の創作見ると毎度思うが、もっと練ろうよ。
3 . 名無しさん  ID:he5eEmGg0編集削除
※2
なんて返すのが正解なの?返事しないのが正解なの?
4 . 名無しさん  ID:.Oc1Enrj0編集削除
>>2
嘘を言えない性格の人だったのかも知れない
そこで「元嫁はBだったよ」と嘘をついたとしても、元嫁の両親が「Aだった」と言ってしまったり、母子手帳とか見られたらどうするんだよ
5 . 名無しさん  ID:GdpvtkoW0[評価:5 ]編集削除
創作乙ってのを見ると毎回思うんだが・・・

創作だったらどうだってんだ?

オレはコレを読んで泣いた。

その事実だけがあれば良いだろ。
6 . 名無しさん  ID:zysWiaku0編集削除
旦那の父親の大英断ですね。ブラボー!
7 . 名無しさん  ID:J5OZALb10編集削除
創作厨へ一言
「事実は小説より奇なり」
8 . 名無しさん  ID:.8TCP2zu0編集削除
たとえ創作であっても、いい話だと素直に思う。



創作乙房ってAVとか見ても立たないんだろうな?
あれ100%創作だぞ。
9 . 名無しさん  ID:.63Xm.jq0[評価:5 ]編集削除
泣いてしまった
創作だと決め付ける方は
心が汚れきってるのかもね
いいじゃん、こういう事実があったって
きれいなこと、泣ける事実はすべて創作だなんて
そう思うことしか出来ない人が
かわいそうだと思う
10 . 名無しさん  ID:dJ9G.MIz0編集削除
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
11 .    ID:.lkYWqUs0編集削除
読みやすくて泣いた
12 . 名無しさん  ID:u.2wrzZK0編集削除
あんたサムライだな…
13 . 名無し  ID:i5L6RLydO編集削除
>とにかく汚い物が目の前からスパッと消えてくれて

そんなもんかもな。
離婚の時にドロドロしちゃうと多分娘にも嫌悪感が湧いてたんだろう。
ここでスパッと切れたから、娘はただただ庇護する対象になったのかもしれん。
なかなか出来る事じゃないだろうけどな。
14 . あ  ID:aB6wYMa9O編集削除
人生、ここでは終わらないのよね。

「めでたしめでたし」の展開に慣れ過ぎて、イイハナシダナ〜で完結するつもりが、
蒼ざめるんだよ。あるとき。大切な人を失わねばならないんだよ。必ず、一人づつ。
大切な物、思い出の物は、ほとんどがガラクタかゴミという扱いになるんだよ。
15 . 名無しさん  ID:rn0XpizM0編集削除
↑それは全世界の人間がいずれ知ることだし分かってること。
なにがあったのか知らんけど、当たり前のことを重く受け止めすぎてないか?
良い思い出があれば老後がはかどるぞ。死ぬ時も寂しくないぞ。
やっとあの世で会えると思えるもんだ。
16 . 名無しさん  ID:WoRFA6l00編集削除
よくできました
17 . 名無しさん  ID:99N4t6Oa0編集削除
全米が泣いた
18 . 名無しさん  ID:3Ckq44II0編集削除
全俺も泣きたいところだが、

>結婚の時期と誕生日を確認すればバレバレなんだけどね。

の余計な一文のせいで矛盾がバレて創作ってなっちゃうわな。
19 .   ID:WD.Z7p1U0編集削除
なんかジャンバルジャンみたいだな
20 . 名無しさん  ID:3fBDEq6z0編集削除
血のつながっていない娘が15才になったから、おいしく頂いちゃいましたな話じゃないのか・・・
21 . 名無しさん  ID:m9Bk0Qyv0編集削除
>>5が良いこと言った
俺もまったく同意見だわ

いちいち邪推したりアラ探しして感受性の乏しい
しょーもないツマラン人間にはなりたくないよな

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ