カテゴリー:

おもしろテキスト

昔、京都の山寺に、教養もあり、徳も積み、仏教徒としてもきわめて信心深い和尚がいた。
近傍の村人からも、たいそう慕われていた。

そんな村人の中に、一人の猟師がいた。
ある日、その猟師が米を持って和尚の所にやって来た。

和尚曰く。

ここ数日、夜になると、普賢菩薩が象に乗ってやってこられるのじゃ。
これも、長年に渡る修行と黙想の功徳だと思っている。
お前も、今夜は寺に泊まり、普賢菩薩を拝むとよい。

猟師は、そんな尊いお姿を拝めるのなら、是非、拝見したいものだ応える。

だが、果たして、自分のような者に普賢菩薩の姿が見えるものかどうか、やや不審に思い、寺の小坊主に訊ねてみた。


すると、その小坊主も、和尚と一緒に、もう六回も象に乗って現れる荘厳なお姿を見たのだいう。

猟師は、小坊主にも見えるのなら、自分も見てもよいと思い、夜を待つことにする。

堂の廊下に和尚と小坊主が坐し、戸外に向かって、熱心に念仏を唱える。
その背後に、猟師も静かに座る。
夜の静寂の中に、普賢菩薩の到来を待つ。

夜の闇が深まった頃、それはついに現れた。
小さな白い光が現れ、近づくにつれ巨大な光の柱となった。
六本の牙のある雲のように白い巨像に乗った普賢菩薩が、眼前にそびえたったのである。
和尚は、その偉容に手を合わせ、一心不乱に念仏を唱える。

するとその時、どうしたことだろう、和尚の後ろにいた猟師が、弓を取って、すっくと立ち上がり、その普賢菩薩像にねらいを定め、ひょうと弓を引いた。
放たれた矢は、菩薩の胸に深々と突き刺さったのである。
その刹那、雷鳴のような轟が走り、光はすっと消え、深い闇と静寂が残るばかりだった。

当然、和尚は烈火の如く怒った。
お前は何という罰当たりなことをするか。
畏れ多くも、普賢菩薩様に弓を引くとは・・・。

猟師はと言えば、落ち着きはらった様子でこんなふうに応えた。

和尚様、どうか、お気を鎮めて、私の話を聞いてください。
和尚様は、長年修行をお積みになり、お経の研究をなさってこられた方なので、そういう方に普賢菩薩のお姿が見えるのは当然です。
でも、この私は、無学な猟師で、生き物を殺めることを生業とする殺生な身の上。
そんな私に、そもそも、普賢菩薩のお姿が見えるはずはないのです。
なのに、私には、その姿がはっきりと見えた。
ということは、あの見えた物は、偽物にちがいない。何かの化け物であり、きっと禍をもたらすものにちがいないと思って、弓を引いたわけです。

日の出になり、和尚と猟師は、その普賢菩薩が現れたあたりに行ってみた。
血だまりができていて、そこから、点々と血痕が山の中に続いていた。
その血痕を追いかけていくと、猟師の矢に射抜かれた大きな狸の死骸が横たわっていた。

ラフカディオ・ハーンは、最後に、こう結んでいる。

「和尚は学問のある信心深い人だったが、狸にやすやすと騙された。
 ところが、猟師は無学で不信心な男だったが、しっかりとした常識をもっていた。
 この生来の才知だけで、危険な迷妄を見破るとともに、それをうち砕くことができたのである」。


コメントの数(25)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:au.hTB4U0編集削除
狸ってなんか悪い事した?実は悟りを開いた狸かもしれないし、狸だから殺すってちがくね?
2 . 名無しさん  ID:XwMTYKR.0編集削除
妖怪の中には人間が望む願望を幻として見せるものがある
幻が現実であると錯覚した人間は判断を誤り自滅する
真面目に生きている人間を
悪意を持って破滅させようとすると判断されたなら排除されても仕方がないのかもよ
3 . 名無しさん  ID:QVaKkNRj0編集削除
>>1
これは盲信してると騙されていることにさえ気づかないんですよっていう喩え話だろ
別に狸だろーが狐だろーが幼女だろーがその辺はどうでも良いんだよ
4 . 名無し  ID:o9LD53O50編集削除
いや待て,幼女だと話は違ってくる
5 . 名無しさん  ID:1VDRCtzG0編集削除
米のやり取りの方が面白いってどうよ?
6 . 名無しさん  ID:TfK5UrbdO編集削除
小泉八雲をディスんじゃねぇ!
7 . 名無しさん  ID:IrDc.Sg10編集削除
幼女になら騙されたい。幼女が化けた普賢菩薩なんて神だわ
8 . 名無しさん  ID:9Dzxpiv80編集削除
狸は何がしたかったの
そこが分からんと評価のしようも無いわ
はっきりさせたら妖怪話じゃなくなるんだろうけど
9 . 名無しさん  ID:5.B3qIr80編集削除
騙すより騙されるオトナになりなさい
なるほどソッチが正解だわと
キャバクラ通うオッサンは思うワケだよ
10 . 名無し  ID:7pwgYpM.O編集削除
高学歴エリートがカルト教団に騙されるみたいなものか
11 . 名無しさん  ID:fqvgSplf0編集削除
>>1・8
君たちはわざわざそんなアスペみたいに生きて何が楽しいんだ?
たぬきは話の流れで“騙す”という悪意という中身を表現すべく名を出しただけであり外見を気にする場面じゃないのは見りゃわかるだろ・・・
12 . 名無しさん  ID:0unyN17i0編集削除
狸「俺のことはほっとけ」
13 . 名無しさん  ID:nWmz.sAW0編集削除
なんだかオッサンの俺がコメ欄みて悲しくなったw
これじゃぁ最近の若い連中に話が通じないよなぁーw
こんな事も理解できないようじゃ…
14 . 名無しさん  ID:8O8ILQVI0編集削除
ラフカディオ・ハーンてだれだよ!
15 . 名無しさん  ID:QhwRhXTN0編集削除
※13
若い者からすると具体的な何かを示さず(示せず)上から目線なオッサンに悲しくなるよ
16 . 名無しさん  ID:zZs0b.fC0編集削除
ラフカディオ・ハーン、日本名小泉八雲。ギリシャ出身の文学者。
日本が大好きで、日本人の嫁さんもらって帰化した。
この作品は日本の文化を欧米に紹介する、「知られぬ日本の面影」という著書の中の「常識」という作品。
17 . 名無しさん  ID:Mgmj9IUg0編集削除
自分の常識がいつだって通じると思い始めたら
おっさんになったかもしれないと思ったほうがいい
だから※13はとても賢い
18 . 名無しさん  ID:MJG1a.Y80編集削除
僧侶が漁師に「そんな罪作りな商売をしていると、来世はお前が殺した畜生になるぞ」と諭した所、漁師は僧侶に銃を向け、「そんならおめえさんをぶっ殺して、来世はありがたい僧侶になるべ」って言ったという話かと思ったら大狸の方かw
19 . あ  ID:FpV2MqkCO編集削除
前※おもろ
20 . 名無しさん  ID:sLrcZlx8O編集削除
ラフカディオ・ハーンも知らない奴がいるとはな。だが名前は知らなかったとしても「耳なし芳一」や「雪女」の話は知っているだろう。これらもラフカディオ・ハーンが纏めたものなんだぞ。
21 . 名無しさん  ID:lQw49BXt0編集削除
※11
よかった、撃たれて死んだ狸はいないんだね!!
22 . 名無しさん  ID:WZt6FOCs0編集削除
米1

悟りを開いた狸が坊さん騙すのか?菩薩に化けるってだけで罰当たりだろ。
23 . 名無しさん  ID:mgW0cyma0編集削除
※15 子供が育つ過程で当然親に教わってくることは、社会に出たら教えてくれないよ。それを一般常識という。常識を知らず「何も示さない」ってのは、「人並みの常識を教えろ」と?話を見れば普通に理解できるだろう。
24 . 名無しさん  ID:xXAo6rLF0編集削除
14
小泉八雲
25 . 名無しさん  ID:ol0F98A90編集削除
タヌキが何をしたかったか

まあ、騙されて自分を拝んでいる坊主を見るのが愉快だったんだろう

ちなみに、「悪意という中身を表現すべく名を出しただけ」とか言ってる ※11は中二病な

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ