カテゴリー:

アメリカンジョーク

或る老婦人がチェース・マンハッタン銀行本店に書類鞄を持って入って来た。
老婦人は銀行の窓口係に、鞄の中の3百万ドルを預金するために口座を開きたい事、多額故に、先ず、銀行の頭取に会いたい旨も告げた。
その窓口係は、鞄の札束が3百万ドル程なのを確認して、尤もな話だと思い、頭取との会見の予約をした。 

老婦人は、護衛されながら頭取室に入り紹介が終わり、彼女は事業を一緒にやる人達を個人的にもっと良く知りたいという話をした。
頭取は、どうやってそんな大金を持つに至ったのかをその老婦人に尋ねた。

「それは遺産なのですか?」

「いいえ」

頭取は数秒ほど沈黙してこの老婦人がどうやって3百万ドルも持ってるのかを考えようとした。


「私は、賭け事をするんですよ」

「競馬か何かですか?」

「いいえ、人々と賭け事をするんですよ」

当惑してる頭取に彼女は色々な人々と諸々の事に賭け事をするのだと説明した。
そして出し抜けに老婦人曰く

「明日の朝の10時迄に貴方の睾丸が四角になってしまう事に、2万5千ドルを賭けましょう!」

頭取は、老婦人の賭け事を受け入れた。
どうやって、その賭けに負けるのかは見当も付かなかった。
その日は一日中、用心して過ごし、夜は自宅に留り、危い事を一切しなかった。
何せ、2万5千ドルが掛かってるのだから。
翌日に起きてシャワーを浴びた時も、何も問題が無い事を確認した。
陰嚢の形状には何の変化も無く、彼はいつもと同じでしかなかった。
頭取室に行き鼻歌を歌いながら、老婦人が10時に部屋に来るのを待った。
その日は運が良い日だと思い、何もせずに2万5千ドルも貰えるなんて事がどれくらい有るものか等と考えていた。 

10時キッカリに老婦人が頭取室に招かれ、或る男性が同行していた。
同行した男性は誰かと頭取が老婦人に尋ねたので、彼女は、自分の弁護士でこういう大金が賭けられた時には、いつも同行する事を説明した。

老婦人:「それじゃ、昨日始めた賭け事の話に入りましょう」

頭取:「どう言ったら良いか分かりませんが私の睾丸はいつもと同じで、
    違う事と言えば今日は、2万5千ドル分だけ金持ちになっただけですね」

その老婦人は、皆に良く見える様に、頭取にズボンをぬく様に頼んだ。
頭取はそれに従い、婦人は睾丸を凝視して手で触っても良いかと尋ねた。

「ま、良いでしょう。2万5千ドルは大金ですから、絶対に確実でないと駄目ですからね〜」 

その時、頭取は、彼女の弁護士が盛んに壁に頭をぶつけているのを見た。

「彼は、どうかしたんですか?」

老婦人:「何でも有りませんよ。ただ、私は、彼と賭け事をしたんですが
      私は今朝の10時に
      チェース・マンハッタン銀行頭取の睾丸を手で掴む事に10万ドルを賭けたんですよ」


コメントの数(12)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:sRn5Sb6l0編集削除
小便撒き散らす奴のバリエーションだな
2 . 名無しさん  ID:O8wLg9gI0編集削除
よくあるパターンなうえに、ムダに長い
3 . 名無しさん  ID:YFgBcO6H0編集削除
かなり前に見た
4 . 名無しさん  ID:1wbPnj4k0編集削除
踏んだり蹴ったりの頭取シリーズだね。
5 . 名無し  ID:RbvavSgtO編集削除
同級生とバカボンのパパがお尻を出すに二万円を賭けたあとに
バカボンパパにパパのお尻に尻尾があるかどうか一万円の賭けをした話があった
6 . 名無しさん  ID:HiiSRtS70編集削除
素直にわろえた・・・ww
7 . 名無しさん  ID:4zatkLKm0編集削除
誰もセイシしなかったんだな
8 . 名無しさん  ID:RqCKhNNM0編集削除
頭取なんもせず2万5千ドルうめえじゃん。
9 . 名無しさん  ID:.t.QKbxp0編集削除
*8
人脈も恩もついでに広げられて一石二鳥だなw
10 . 名無しさん  ID:3VyYbhUs0編集削除
賭けをしようぜ。俺の右目をもし俺が噛むことが出来たら100ドルだ

の改変ね
11 . 名無しさん  ID:hTnZjp.X0編集削除
彼?
彼女じゃなくて??
12 . 名無しさん  ID:.cVwyofK0編集削除
たかが3ミリオンで本店の頭取が出てくるわけないだろ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ