カテゴリー:

衝撃体験談

小学校5年生の時、交通事故で両親を亡くして祖父に引き取られた。
その時から俺の時間は止まってしまったようになって何も考えられなかった。
事故の前のことは何も思い出せなくなり、何もかも楽しくなくなった。

転校した先の小学校でも、何もしゃべれず、全く友達もできなかったし、友達を作りたいとも思わなかった。
ただ、朝になったら学校に行き、自分の席に座って授業にのみ集中し、学校が終わればすぐに家に帰った。
先生は気を使っていたようだが、みんな気味悪がっていたと思う。

いつもステテコと腹巻姿の祖父は優しく、慣れない手つきで家事をしつつ、俺の好物の鳥の唐揚げを良く作ってくれた。
今でも感謝しているがその頃は会話もほとんどなく、自分の部屋でゲームを延々としていた。


クラスでの俺は誰の眼中にも入らない透明人間のような存在になっていったと思う。
そんな生活を続けていて、いつの間にか6年生になった。
クラス替えもないのでほとんど環境も変わらなかった。

6年生になってからしばらくして、休み時間にいつもいじめられている女の子がいることに気が付いた。
茶色くて長い髪の大人びた綺麗な女の子だった。

近くにいる奴とかの、ひそひそ話を注意深く聞いていると、彼女は白人の祖母を持つクォーターで父親を早くに亡くしており、母親が1年程前から新興宗教に入信し、熱心な勧誘活動をしているようだった。

「おい!外人!」とか
「たたりがあるから触るな」とか

バカにされていて、いつも仲間はずれにされたり、モノを隠されたりしてからかわれていた。
先生も絶対に気付いていたが、黙認しているようだった。

ある日の昼休み、いつものようにクラスの代表格の体の大きないじめっ子が、彼女が大事にしていたお守りを取り上げた。
周りのみんなはそれを見て笑い囃し立てた。
そんな場面を今まで何度も見たが、俺は何にも感じなかった。

普段、どんなに苛められても平気そうだった彼女が、この日だけは必死に取り返そうとしていた。

「それはだめ。お父さんの・・・」

小さくて泣きそうな彼女の声が聞こえたとたん、俺の中の何かが切れた。

俺は腹の底から「やめろ!」と怒鳴り、机を倒し、いじめっ子に殴りかかっていった。
喧嘩が強いはずのいじめっ子は不意をつかれたようで椅子につまずいて倒れた。
馬乗りになって彼女のお守りを取り返した。
それでも俺の怒りの爆発は収まらなかった。
その後も俺は机を倒したり、椅子を投げたり、張り紙を破ったりして、教室の中を狂ったように暴れまわった。
何故かこの教室の全てが憎らしかった。
いつも全くしゃべらない俺が暴れたので、周りのみんなは呆然と見ているか、悲鳴を上げて逃げているだけだった。

騒ぎを聞きつけた先生が止めに入りその場は収まった。
すぐに学校に祖父が呼ばれ、祖父は一生懸命謝っていた。
俺はただ黙ってそれを見ていた。

次の日から彼女はいじめられなくなった。
俺はさらに孤立したが何とも思わなかった。

ある日の帰り、校門に彼女が待っていた。

「○○君。あの時はありがとう・・・・・一緒に帰ってもいい?」

彼女は少し恥ずかしそうに俺に聞いた。

俺は頷いて一緒に歩いた。彼女は黙って少し後ろを歩いていた。
そして、彼女の家と俺の家との分かれ道に着くと彼女は

「じゃ、また明日。」

と笑って手を振って帰っていった。

次の日の朝、分かれ道に彼女は待っていて一緒に学校に行った。
こうして毎日、俺と彼女は一緒に登下校した。
休み時間も彼女がそばにいるようになった。

最初は何も話さなかった彼女は、段々打ち解けてきて、家族の事とかをぽつりぽつりと俺に話してくれた。
彼女が幼い頃、おばあさんに作ってもらったお菓子がとても美味しくて、
いつか作れるようになって食べさせてみたいとか言っていた。

たまに俺の家にも遊びに来るようになった。
俺は彼女専用のゲームのセーブデータを作って、夜の間に彼女の為にレベルを上げておいたりした。

俺も徐々に一人でいるよりも彼女といるほうが楽しく思えてきていた。
周りはいろいろと囃し立て、ことあるごとにからかわれたが、俺は危ない奴と思われているようで誰も執拗には言ってこなかった。
俺も彼女も周りに何を言われても全く気にならなかった。
彼女にだけは俺も話ができるようになって、たまには笑うこともできるようになった。

俺が笑うと彼女は

「○○君の笑ったところ大好き!」

と赤くなって言ってくれた。
彼女は幼い頃のおばあさんとの楽しい思い出をたまに聞かせてくれ、俺も何か思い出を話したかったが、どうしても事故の前の小さい頃のことが思い出せなかった。
それ以外は彼女には何でも話せるようになった。

中学生になってからもこの関係は変わらなかった。
中二のとき彼女が俺の家で遊んでいて、ふと俺に聞いた。

「どうして・・・あの時、助けてくれたの?」

俺は彼女が言った『それはだめ。お父さんの・・・』と言う言葉を思い出し、

「俺のお父さんとお母さんも・・・・・」

口に出したとたん、目から涙がぼろぼろ零れて止らなくなった。

俺の心の奥から後から後から事故の前の楽しかった思い出が涙と一緒に溢れ出し、泣きながら、彼女にその思い出をひとつひとつ話した。
彼女も泣きながら辛抱強く聞いてくれ、俺を優しく抱きしめて頭を撫でてくれた。
俺は彼女の優しさが嬉しくて強く抱きしめて初めてのキスをした。
キスをやめると彼女は

「・・・○○君、大好き。ずっと一緒にいさせて・・・」

と言った。

高校も同じところに行った。
彼女との電車通学は本当に楽しかった。
彼女のおかげで俺は少しずつだが自分を取り戻せている気がした。

彼女がお母さんと住んでいるのは狭いアパートだったので、勉強もゲームもキスも、だだっ広い俺の祖父の家でしていた。
ただ、毎週金曜日は彼女の家の宗教の集まりがあり会えなかった。
彼女は昔から、行きたくないけど行かないとお母さんに怒られる、と言っていた。

高校3年生になったある日の帰り道、彼女が青い顔をして

「大事な相談がある」

と言った。

俺たちは駅前の喫茶店に寄った。

「私、教団(横文字)をやめたいのに・・・大変なことになっちゃった・・・」

彼女はゆっくりと少し震えながら話し始めた。

彼女の話によると、教祖の世話係(特殊な名称)に選ばれてしまったらしい。
教団では名誉ある役目とのことだが、要は教祖が信者の中から気に入った女性を選抜し、18歳の誕生日に本部に出家させ、1ヶ月間、厳しいと言われている修行をさせて身を清め、その後は教祖のそばで身のまわりの世話をする役目だと言う。

聖人の世話係は穢れない女性に限られるらしい。
穢れない女性とは男性経験のない女性とのことだった

それを聞いても実感がわかず、俺は少しだけ笑った。

「そんなこと、ほんとに?それに○○は教団が言うところの穢れある女性なんじゃない?」

俺と彼女はついこの間、自然な流れで初めて一線を越えてしまってもいた。

彼女は少し赤くなったが、真剣な顔で言った。

「笑い事じゃないんだって、ほんとなんだよ。お母さんも本気なんだよ。
 ○○君としたなんてわかったら、すっごい怒られるよ。どうしたらいい?」

「断れないの?」

「私・・・絶対、やだっ!て言ったんだけど、ダメだって・・・
 すごいお金も、もらえるって・・・出家したら会えなくなるんだよ。
 来月、本部から迎えが来るんだって・・・・・・私はいつか○○君のお嫁さんにしてほしいのに・・・」

泣きそうな声で言った彼女の言葉にドキドキとしてきて、

「そんなところに○○を行かせるわけないだろ。俺は○○の為ならどんなことでもやれるんだよ。
 何人で迎えに来るか知らないけど、絶対守ってやる。」

と俺も本気で言った。

彼女は嬉しそうに微笑んで頷いて俺の手を握った。

どうすればいいか悩んだ末、俺は祖父に相談することにした。
祖父に俺は彼女との馴れ初めから初体験、彼女の生い立ちまで包み隠さず話し、新興宗教のことも、分かっていることのすべてを話した。

祖父は口をへの字にまげ真剣に聞いてくれた。

「じいちゃんはいつかお前も両親の後を追って、いなくなってしまうんじゃないかと怖かった。
 今、お前が生きているのは全て彼女のお陰だ。
 じいちゃんが全身全霊をかけて彼女のお母さんを説得してやる。
 決裂したら彼女をかっさらってでもここに住まわせてやる。
 そんで、どんな宗教か知らんが誰も家には入れん!」

と言ってくれた。

次の日、彼女に会って祖父の話をすぐに伝えた。
彼女は目に涙を浮かべながら聞いてくれた。

彼女のお母さんと会う日、祖父はビシッとスーツで決め、俺にも制服を着ろと言った。
いつになく祖父が若々しく頼もしく見えた。

彼女のアパートの呼鈴を押すと彼女が出てきて部屋に通された。
中に入ったとたん、酷い耳鳴りがして、目の前に透明な幕がかかったようになり、ふわふわと夢の中で歩いているような気がした。

部屋はよく整理されていて清潔だった。
テーブルには彼女のお母さんが不機嫌そうに座っていた。
祖父はお母さんの正面に腰を下ろした。
祖父の隣に俺は座った。

さらに耳鳴りが酷くなった。
俺は祖父を見た。
愕然とした。

俺の祖父だと思っていたら、お父さんが座っていた。
お父さんの向こう隣には知らない男の人がいて彼女を見ていた。

お父さんは俺を見て微笑んで言った。

「今まで良く頑張ったな。お前の幸せを母さんと応援してる。安心しろ。」

俺の目から涙が溢れそうになり、胸が一杯になって目の前が真っ白になった。
一瞬、笑顔のお母さんが手を振っているのが見えた気がした。

どの位の時間が経ったのかわからなかったが、
急に夢から覚めたように頭がはっきりとした。
透明な膜がかかったような感覚はなくなっていた。
耳鳴りもしていない。

いつのまにか話し合いは終わっていた。
隣を見るとやっぱり祖父が一人で座っていた。

祖父は

「良かったな。わかってもらえたみたいだ。帰ろう」

と言って席を立った。

彼女と彼女のお母さんは顔を両手で覆って泣いているようだった。
俺は挨拶をして、あわてて祖父についていった。
何がなんだかわからなかった。

外に出ると祖父は

「何かあたたかい不思議なのが、俺たちのほかに二人くらい来ていたな。」

と言った。

彼女からすぐに携帯に連絡があった。

「私のお父さんが来てくれた。お母さんを叱って、私に○○君と幸せになれって言ってくれた。
 昨日の夜から私、お父さんにもらったあのお守りに祈ってたんだ。」

彼女は興奮して言った。

その後、彼女と彼女のお母さんは新興宗教を辞めた。
かなり揉めてしまって、祖父が知人の弁護士に相談し、しばらく俺の家に避難させた。
教団と思われる嫌がらせもあったが、俺は家族が増えたようで楽しかった。
祖父は前の言葉通り、教団関係者を誰も敷地内に入れなかった。

数年後その教団の教祖が強制わいせつ罪で摘発された。
やはり、あの時行かせなくて良かったと俺は心底思い、妻に話した。

そして、

「でも怖いな。こんな悪魔みたいな奴、信じていたこともあったんだろ?」

と聞いた。

「それはお母さん。私は子供の頃から、あなたしか信じてなかったよw」

妻は幼い息子を胸に抱いてあやしながら幸せそうに笑った。
妻の向こうの居間でステテコに腹巻姿の祖父が、寝転んでテレビを見ているのが見えた。
キッチンのオーブンからは、妻のおばあさんレシピのクッキーが焼けてきた良い匂いがした。

幸せな今だからかもしれませんが、もしもあの時、祖父に相談せずに教団の人たちが、彼女を迎えに来たとしたら、自分が何をしようとしていたのかを考えると洒落にならないくらい怖くなるんです。


コメントの数(73)|
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:z9aMrutj0編集削除
ツマンネ
2 . 名無しさん  ID:joh31npS0編集削除
っていうエロゲーありませんかね?
3 . 名無しさん  ID:kf.QBvkG0編集削除
で、作り話を語って楽しかった?
4 . 名無しさん  ID:i4AGeMNc0編集削除
ロマンがあっていいんじゃねーか
5 . 名無しさん  ID:Wq44y96o0[評価:1 ]編集削除
くだらねー作り話してる暇あったら…
6 . 名無しさん  ID:.HliqGOx0編集削除
グス…へへ、歳取ると尿道緩くなっていけねぇや。
7 . 名無しさん  ID:jm9YZG0q0編集削除
まぁ、いいんじゃね?
新興宗教のはなしだろ?

お祈りすれば幸せになれると。
8 . 名無しさん  ID:0hTOzOb4O編集削除
ありがちな話だよな
9 . 名無しさん  ID:XjhQ5mTf0[評価:5 ]編集削除
自分は、この話を読んでたらどんどん引きずり込まれて、良かったですよ。
10 . 名無しさん  ID:y9pHt.y90編集削除
カテゴリが衝撃だったからバッドエンドかと思ったらそれほどでもなかったな。
11 . 名無しさん  ID:.o.rfbry0編集削除
読みやすいが転が弱い
12 . 名無しさん  ID:8uWm3smk0編集削除
泣けた。
13 . 名無しさん  ID:8tGzJL4A0編集削除
創作でも事実でも話に引き込まれるいいお話しだったからどうでもいいや
14 . 名無しさん  ID:W7aOnlxy0編集削除
※6
尿道かよw
15 . 名無しさん  ID:1pZhV13y0編集削除
絶対バッドエンドだと思いながら読んで行ったらモゲロ話だったのが衝撃
16 . 名無しさん  ID:vKeEnCqd0編集削除
>>1 も
17 . 名無しさん  ID:9fgkAI0x0編集削除
俺はなんだか、この話しんじるぜ、幸せにな
18 . 名無し  ID:jUbp0MPiO編集削除
信じる者はすすられるのです。ラーメン
19 . 名無しさん  ID:5CzbAfDp0編集削除
この話は何回か見たことある。でもなんか好き。数ヶ月に一度あげろ〜。何回でも読むぞ〜。
20 . 名無しさん  ID:Ja795THV0編集削除
ま、障子をあけるとキングサイズのベッドが鎮座してる二番目くらいに有名な新興宗教もあるわけだし、
でも、宗教として信仰者の心を考えりゃ、神と交わる教祖と交接したいというのは信者としては必然の心理。
そこを拒絶して信者とは性において平行で平等な関係を構築し、唯一、神との交わりのみに集中するのが教祖の本物さ加減なんだろうけどね。
21 . 名無しさん  ID:L7eTFxyl0編集削除
イイハナシダッタナー
22 . 名無しさん  ID:Ja795THV0編集削除
物語としていいわな 
キ難しい方が多くって このkoめらんは ぷぷぷっ
23 . 名無し  ID:.BvdQQL7O編集削除
普通に面白かった
24 . 名無しさん  ID:LWpsr26L0編集削除
ゲームのくだりで「夜の間に彼女の為にレベルを上げておいたりした。」
ってこれ嫌じゃない?
25 . 名無しさん  ID:zWI1OPcD0編集削除
うむ・・・つまりうまい具合に新興宗教の教祖をやればグヘヘヘ
26 . 名無しさん  ID:VS6GmkqH0編集削除
全ての宗教がこの世から消えてくれますように
27 . 名無しさん  ID:sOfOI17H0編集削除
困ったときに誰かに相談するって大事やね
28 . 名無しさん  ID:cpvUxKDb0編集削除
びっくりするほど出来の悪い創作ですね
29 . 名無しさん  ID:5CEq7VF90編集削除
ああ、良かった。ほっとした。
教祖の世話係のところで、アレ(仮名オウム)かと思ったから。
あそこの教祖(仮名麻原)は美しい者は神に近いと言って、若い美女をかたっぱしから世話係にして妾にしてたから。
30 . 名無しさん  ID:d8PXmiBT0編集削除
ちょっと教団作ってくるノシ
31 . 名無しさん  ID:PiQEvWEO0編集削除
※29
尊師を馬鹿にするな
32 . 名無し  ID:KjrlI.Kl0編集削除
おいおいつまんねーコメばっかしだな
33 . 名無しさん  ID:TwpmYS0Z0編集削除
わっはっは、やる覚悟は出来てたのか。立派だな。
まあ、高校生のうちなら何人やろうが少年Aだし、情状酌量もつく。
34 . 名無しさん  ID:5CEq7VF90編集削除
※32
本当にドキドキしたんだよ。私はオウムに勧誘されていたから。
当時渋谷で働いていて、「ショーコー、ショーコー」の歌と演説毎日のように聞かされていた。あの頃からものすごく気持ち悪かった。 私は29です。
35 . 名無しさん  ID:xbKBVysh0編集削除
教団の話でうそくせーと思いがちだが、こんな新興宗教なんて腐るほどあるからな
これが実話だとかそういうことを言ってるんじゃなくて

まあ宗教に限ったことでもなく、北朝鮮の喜び組なんかでもそうだわな
36 . 名無しさん  ID:UXzcSU6i0編集削除
幽霊でてきたあたりから、あー作り話かってなって恐ろしい勢いで冷めた
駄作
37 . 名無しさん  ID:A36SdQtS0編集削除
バッドエンドかと思ったらいい話だった
よかったー
38 . あ  ID:PSaXLCXsO編集削除
何もできず彼女は連れていかれてもう会えなかったとかだったら衝撃だろうが
これはオカルトだが話し合いには両親の霊が助けてくれて
最後は彼女と結ばれた。感動の方が妥当だろ
39 .   ID:FOa.U9u00編集削除
これはいい作り話
40 . 名無しさん  ID:55L9HPuc0編集削除
けっこう濡れた
41 . 名無しさん  ID:3itJ4H7Q0編集削除
チーズ臭いんすけども も
42 . 名無しさん  ID:SKvtG9cC0編集削除
単純にハッピーエンドで良かった。
43 . 名無しさん  ID:yN2HvND00編集削除
主人公の父が降臨した辺りから、主人公が教団の力を信じて入信するのかと思ったよ
44 . 名無しさん  ID:so5rxqEa0編集削除
うーん…創作趣味にするのも辞めた方がいいレベルかも知れん
作り物臭がきつすぎるし面白くない…
45 . 名無しさん  ID:mQnjtSyc0編集削除
これ何年かまえに2chで書き込まれたやつだよね?
46 . ななし  ID:psPfhvIL0編集削除
教祖になりたい
47 . 名無しさん  ID:IlN7S8MI0[評価:5 ]編集削除
俺は純粋に面白かった。
事実だろうと作り物でもよかった話だ
48 . 名無しさん  ID:.LPAS40R0編集削除
陳腐な話
49 . 名無しさん  ID:GlLtFH1R0編集削除
足の裏フェチの変態教祖だなwww
50 . 名無しさん  ID:2Q6qe2HX0編集削除
途中からフィクションだと頭を切り換えられないやつ多いんだな。
頭固すぎるね。年寄りなんじゃないの。
51 . 名無しさん  ID:owExuB0a0編集削除
これ衝撃ってか途中から感動なんじゃ…
52 . 名無しさん  ID:bmeRjbkI0編集削除
俺はいい話だと感じたよ。
53 . 名無しさん  ID:3lLkkOeR0編集削除
大絶賛 米数見てみい
54 . 名無しさん  ID:QtHOxAAD0編集削除
作り話だつまんないだなんてわざわざそんなコメするなよ
こういうコメする卑屈な人間にはならないようにしないとな
55 . 名無しさん  ID:tpmrk8do0編集削除
JMS (Jesus Morning Star)こと摂理の事かな
中国法院「女性信徒に性的暴行」…JMS教祖を韓国引渡しへ
56 . 名無しさん  ID:NkN.NHpg0編集削除
なんで必死に否定すんの? 否定するオレかっけーですかwww
57 . 名無しさん  ID:MwY3Fvov0編集削除
映画やドラマみて実話だと思い込んでっから創作だってキレてるんじゃね?
58 . 名無しさん  ID:KLwNln920編集削除
耳鳴りして親父が現れた時点でワロタ。そして急激に読む気が失せた
59 . 名無しさん  ID:iVpfuKmy0編集削除
「両親揃って事故で他界」「ハーフの美人」
「教祖の愛人」「あの世から応援」

これを詰め込め過ぎの脚本という。どれかひとつに絞れ。
60 . 名無しさん  ID:rQDI.5sp0編集削除
詰め込みすぎだな。
普通滅多にないことは話の中に出すにしても2個までにとどめた方がいい
3つでもフィクションくさくなるし、4つ以上じゃ完全にフィクション。
61 . 名無しさん  ID:JYBQzn.v0編集削除
米が評論家チャンばかりで面白くない。なんちて 出番だぞ。
62 . 名無しさん  ID:rPJR.BZA0編集削除
信じてやってもよかったんだが、最後の一行でまさかと思ってググったら洒落怖スレじゃねーか・・・w
63 . 名無しさん  ID:xOCMiDf10編集削除
途中でヴェルタースオリジナルの宣伝にすり替えるべきだったな。
64 . 名無しさん  ID:qf4O8P2g0編集削除
最後ヴェルタースオリジナルなら最高だった
65 . 名無しさん  ID:Q1GQGT6I0編集削除
事実かどうかは別として読み物としてとても面白い
66 . 名無しさん  ID:1Hqo.uJi0編集削除
創作だろ?・・・・( ;∀;)イイハナシダナー
67 . 名無しさん  ID:X0UJcG0t0編集削除
作り話って分かるの早すぎだろ、オチまで持たせろ。
それくらいの時間はあるだろ、低脳でも。
68 . 名無しさん  ID:CoswcNKM0編集削除
ライトノベルにしては、ちょっとひねりが足りないかな〜
次回作に期待!
69 . 名無しさん  ID:.g5qMOPi0編集削除
アパートの中に入ったらふわふわと夢の中で歩いているような気がして、
がっつり入信して帰ってきました!ってオチかと思ったら普通に良い話でした
70 . 名無しさん  ID:MtNYOZhw0[評価:5 ]編集削除
おれは素直にいい話だとおもった。創作でも、そうじゃなくてもどうでもいい。
71 . 名無しさん  ID:jGC.lulj0編集削除
作り話だろうなあ。
創作小話にボランティアで感想文を書いてくれる人を募集中、って感じか。
72 . 名無しさん  ID:Rn7ISGFF0編集削除
まあ、作り話を隠すつもりもないんだしいいんじゃない?
ただそれでも難しいね、霊を登場させるのは
73 . 名無しさん  ID:9PT.KEFU0編集削除
ロマンある話で、最終的には彼女のマロンは口に頬張り、結婚か。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ

ブログパーツ ブログパーツ