うち母子家庭で、オカンが遅くまで仕事してたから昔小学校終わってから託児所?みたいなとこに預けられてたんだ。
あたしが2年の時、そのホームの一学年上の女の子Aから目の敵にされていた。
もう殴る蹴る当たり前。背中に鉛筆刺されたりした。
Aからのいじめは結構長い間続いてたんだけど、それが急にピタっと止んだんだ。
いじめるどころか面倒みてくれたり遊んでくれたり、もう別人みたい。
丸くなったっていうのかな、Aは今までいろんな子と揉めてたけどそれもなくなった。
あたしもすっかり今までのこと忘れて、ほぼ毎日一緒に遊んでた。


長い間不思議に思ってたんだけど、最近になってそれは母のおかげだったと知った。
当時の母、なんとかならんもんかとAの通ってた保育園を訪ね、情報収集。
先生によると、Aも母子家庭。
母親はAが悪さをすれば、理由も聞かずに怒鳴る殴るの人だったらしい。
その次の日から、母はAに対して親しく接するようになった。
休みの日一緒になって遊んだり、悪さしたらあたし諸ともしばいたり。
母がホームに迎えにくるたびにAが

「おばちゃーん!!」

って笑顔で寄ってきてたのを覚えてる。
今思うとものすごい懐いてたな。

母いわく

「結局、Aも寂しかってん。親でも誰でもいい、思いっきり愛情もらえば人にあげる方法もわかるもんや」

だそうだ。
普段パッパラパーな母なだけに、ちょっと尊敬してしまった。
Aとは中学から別になったけど、10年以上たった今でもうちに泊まりに来る。
この前家に帰ったら母とAが一緒に餃子つくっててびっくりしたw


コメントの数(24)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:jGr.3RaE0編集削除
そして私は嫉妬のあまり鉛筆を握り締め静かに台所へ向かった・・・
2 . 名無しさん  ID:ESgwrwDV0編集削除
「キヒィィーーー私を差し置いてなに仲良くしてんのよーーーー」
私は鉛筆を握りしめ振り上げた。
「私なんて・・・、私なんて・・・・・・」
「いなくなればいいんだーーーーぁ!」

握りしめた鉛筆を。
何度も何度も振り下ろす。
ザクザクとはんぺんに振り下ろす。
3 . 名無しさん  ID:..CsYBE70編集削除
Aは仲良くなりたかったんだろうね。
4 . 名無しさん  ID:QyDEMUIL0編集削除
怒りを吐き出されたはんぺんには、大きな穴がいくつも開いている

「まるで私の心だ」

哀しくなった。
哀しくなって私ははんぺんを鍋に入れる。
5 . 名無しさん  ID:2tgdae6H0編集削除
いいえ、それは鍋ではなくジョンです。
6 . 名無しさん  ID:LvK.8V9c0編集削除
ジョン「ぐつぐつ」
7 . 名無しさん  ID:TAjqlj.a0編集削除
底辺だから何しても許されるという風潮
豚小屋で臭い飯でも食ってろよ犯罪者
8 . 名無しさん  ID:4U6E1q6A0編集削除
鉛筆刺すと色が残るよね
9 . 神爆笑にさよなライオンwwwwwwww  ID:uph1ZwO4O編集削除
はんぺんだけに娘のはんかんを買ったってかwwwwwwwwなんちて、なんちてwwwwwwww



10 . 名無しさん  ID:hGV8Ean9O編集削除
ジョン「さあできたよ、食べてごらん。 穴は開いてしまったけどとても暖まるからね」

そう言ってジョンは頭を少し傾けてみせた。
11 . あたし  ID:G6BBxCAO0編集削除
ジョンを見つめるも
なぜだか手を差し出せずにいた。

少しして
ジョンの口から
異様な臭いが吐き出される。
12 . 名無しさん  ID:jWhD8aCz0編集削除
臭気はたちまち部屋中を覆い尽くし、背後で母とAの昏倒する音が響く。
頭がくらくらし恐怖に身が竦む。だが二人を守れるのは私だけなのだ。勇気を振り絞れ!

「きしぇぇぇええ!!」 奇声をあげ、ジョンへ突進した。
13 . 名無しさん  ID:.8U5Yabu0編集削除
想像力をもって対策を思考し、昔の保育園を尋ねてまでの情報収集とその解釈。
とんでもない知性と深い隣人愛から生まれる慈しみに、パッパラパー!
偉すぎて、もう脱力中。
14 . 名無しさん  ID:DQGKC62J0編集削除
ジョンの指がわずかに動いた。
「ブンッ!!」
ものスゴい衝撃が私を部屋の隅まで吹き飛ばす
「その程度で、私に立ち向かおうとは、笑止」
ジョンがニコリともせず言い放った
15 . 名無しさん  ID:aPwm5Taa0編集削除
母「ジョン?あなた何カベに向かってブツブツ言っているの?」
16 . 名無しさん  ID:b0Nq2apv0編集削除
「そこまでだ!」
聞いたことのある声、寺生まれで霊感の強いTさんだ。
Tさんが「破ぁ!!」と叫ぶ、するとジョンの周囲の空間が歪み始め、穴の開いたはんぺん毎、時空の狭間に吸い込まれて行った。
Tさんは、部屋の中に僅かに残った臭気を追い出す為に窓を開け放ちながら
「あのはんぺんはお前の寂しさ、そして憤りを全て吸い込み異空間に消えた」
「これからはAと仲良くな」
そう言って調理途中の餃子を摘み食いしてTさんが出て行くTさんを見て、寺生まれはスゴイ、あたしはいろんな意味で思った。
17 . 名無しさん  ID:DQGKC62J0編集削除
母「そうやってすぐ『寺生まれ』でごまかそうとするのは悪い癖だって、お父さんにも叱られたでしょ。
  今晩は餃子よ、Aちゃんも手伝ってくれたんだから、早く降りて来なさい」
18 . 名無しさん  ID:kpE96DSN0編集削除
なんだこの流れ?
19 . 名無しさん  ID:BnbrzB5M0編集削除
で、Aの毒親の末路は?
20 . 名無しさん  ID:nd8Z1bM.0編集削除
I Gotta Believe!!(僕ならできるさ!)
21 . 名無しさん  ID:ULUNllKY0編集削除
あんまりまともなコメントないねw
22 . 名無しさん  ID:SJEKO48L0[評価:5 ]編集削除
親の愛ってやっぱ重要なんだな。
実の親でなくても、愛情を与えてくれる大人が近くにいて良かった。
23 .   ID:5N.D637z0編集削除
よし、鉛筆買ってくるか
24 . 名無しさん  ID:BpuqoDPi0編集削除
空気の読めない※18にはがっかりだよ

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ