小田切所左衛門と言えば武田家などに仕え、小牧長久手の合戦において上半身裸で槍合わせをしたことなど、当時有名な勇者であり、後には斉藤伊豆入道道仁などと名乗った。

さてこの小田切、大坂の役の頃は前田家に仕え、冬の陣では真田丸攻めに加わっていた。

ある時、真田丸より前田軍に向かって、一斉射撃が行われた。
すると…

小田切「ん…?」

同僚「おや小田切殿、どうかいたしたか?」

小田切「さっきの射撃の弾が、頬に当たった」

同僚「!?」


小田切、表情も変えずに頬から銃弾をほじくり出した

「ほらこれだ、全く危ないところだった」

いやいやいや、危ないとかじゃなくて当たっているだろ!?
唖然とした同僚たちにその弾丸を見せていたとき…

ドドドドド

再び真田丸より射撃!その瞬間小田切の眉間から、血が流れた!
またも銃撃が当たったのだ!しかも眉間に!!

青ざめる同僚たち!…が、小田切はまたもや、何でも無いような顔をして手を頭にやると、額から弾丸をほじくり出し

「あーあ、また当たっちゃったよ。こういう事があるから甲冑って大切なんだよね。
 そうそう、俺が今つけてる鎧って武田信玄から頂いたものでさ…」

いやいやいやいやいや、甲冑関係ないところにあたっているだろ!
しかも何あさっての方向の自慢話をしているんだ!?
前田家の同僚たち、すっかり呆れ返っていたとか。

そんな小田切所左衛門さんからの教訓

「甲冑は大切」

裸で合戦に出たり頭で銃弾受け止めている人が言っているんだから間違いはないのだ。

多分。


コメントの数(7)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:bsKKuvXG0編集削除
ダメ。ゼッタイ。
2 . 名無しさん  ID:b1wj2vGk0編集削除
読みづらい
3 . 名無しさん  ID:Q6MYYJ390編集削除
>>上半身裸で槍合わせ
俺の心は汚れていたみたいだ
4 . 名無しさん  ID:dnzAoUM.0編集削除
三国志でも裸で戦う奴いたよな。確か・・・
「今日、ちょっと、調子悪い」とか
「ちょっと、今日、調子悪い」みたいな感じの名前の奴がさ。
5 . 名無しさん  ID:NA.p0m0b0編集削除
許褚・・・馬超と・・・
6 . 名無しさん  ID:B4DBoHU30編集削除
門がないのはなんでだ。
7 . 名無しさん  ID:2c56YX5e0編集削除
米4だけど、それだ!キョチョだ!
って言うか、米5、よく分かったな。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ