昔あるところに旅をしている僧侶がいた。
ある日僧侶が道を歩いていると、雀が蛇に捕らえられている。
雀が涙を流しながら僧侶に命乞いをするので、
僧侶は雀を不憫に思い、蛇に語りかけた。

「その雀はまだ若い。私の腕の肉と交換に助けてやってくれないか」

すると蛇は不思議な天秤を持ち出すとこう言った。

「これは命の重さを量る不思議な天秤だ。
 この雀と釣り合うだけの肉を差し出せば雀を助けてやろう」

僧侶は少し訝しげに思ったが、涙する雀を見てその交渉を呑むことにした。


僧侶はまず腕の肉を少し削ぎ落とし、天秤の反対側に載せた。
肉は雀と同じくらいの大きさだが、天秤はピクリとも動かない。
更に肉を削ぎ落とし載せたが、やはり天秤はびくともしない。
次々と肉を削ぎ落とし、とうとう片腕を失ってしまった僧侶だが、やはり天秤は一向に動く気配を見せなかった。
業を煮やした僧侶が自ら天秤に乗ると、ようやく天秤は釣り合ったという。
たまげた僧侶を尻目に、蛇は不適な笑みを浮かべて曰く、

「どうだ坊主。この雀の命は、腕の肉切れ一片で足りるとでも思ったか。
 己の命も犠牲に出来ぬ分際で命を助けるようなぞ高尚なことをほざきおって、
 おこがましくも哀れで愚かな人間らしいことよ」

呆然とする僧侶を横目に、蛇は雀と僧侶の腕を丸呑みし、どこかへ去っていった。


コメントの数(37)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:4hqWHH340編集削除
天秤は細工済みです。
2 . 穴  ID:MxTzyxVOO編集削除
怖いけど深い話だな
3 . すっぴん  ID:.bufEVPg0編集削除
ある男が小指を切り落として天秤に載せるとみごとに釣り合った。
蛇驚愕。
男は雀を逃がしてやり、ガウンを翻して立ち去った。
背中には闘魂の文字が輝いていた。

蛇「オレ、『ち』と『き』を間違えて言ったかも…」
4 . 名無しさん  ID:vo9GnIF.0編集削除
雀もて・・・
5 . 名無しさん  ID:PtuZRHMQ0編集削除
うぅむ
6 . 名無しさん  ID:KRuqsOr80編集削除
栄養価ではかれよ糞蛇がって縊り殺そうよ
7 . 名無しさん  ID:JbavXmny0編集削除
業を煮やした僧侶が蛇を鷲掴みにして天秤に載せると、ようやく天秤は釣り合ったという。
呆然とする蛇を横目に、僧侶は雀と自分の腕を丸呑みし、どこかへ去っていった。
8 . 名無しさん  ID:Blby33ED0編集削除
後のガッツである・・・
9 . 名無しさん  ID:.2ZZJp4k0編集削除
仏教説話ですね
10 . ロハ〜ン  ID:OxEDWFayO編集削除
僧侶「ならば私のティンカスを…」

秤は釣り合った。

雀「…」
11 . 名無しさん  ID:pxuzhP8q0編集削除
暴力の強さで言ったら僧は1位だったろうにな
蛇を叩き殺す覚悟、命の価値などという不確かなものに賭ける覚悟
12 . 名無しさん  ID:.JB1IqM80編集削除
他人のために腕犠牲にします(立派?基地外か)
腕だけじゃ救えません→じゃあいいや、腕損した、最悪って単純な話だろ
命助けるのに命賭けなきゃいけないなら助けません(至って正常であり普通。しかも見ず知らずの他人)命賭けなくても救える場合は多々ある、こいつは腕犠牲にした分自己陶酔が強いと見える
13 . 名無しさん  ID:4oL7fdwmO編集削除
これ何ヶ月か前にここで見たぞ
14 . 名無しさん  ID:t09ZTrFq0編集削除
元ネタは仏教説話。
たしか鷹と小鳥で、小鳥を助けようとするのは坊さんじゃなくて王様で、そもそも天秤についての説明はなかったな。「王様は自分の命を差し出すことで小鳥を助けました。鷹はなんだったかの神様でした。この王様の魂は神様に導かれて輪廻に戻り、後にシャカ族の王子として生まれました。」とかって話だ。

慈悲とは同情ではなく、救おうとするもののために自らの命を投げ出そうとするのは当然のことであるのだ。徳の高い魂とはそういうものであるのだ。的な話だった。
15 . 名無しさん  ID:Yr4O.OXf0編集削除
深い話だね
この世には無償の愛なんて無いって事かね
蛇に見透かされてましたね
16 . 名無しさん  ID:EZ7OPv390編集削除
波平の頭頂の毛なら一本でおつりがくるな。
17 .    ID:k3IjSwYQ0編集削除
現実問題なら、同じ量の肉片で助けることができるのは事実。
命の尊さを教えたいなら、僧侶をもう少し悪側にしないと、いまいちしっくりこないな。

「命を犠牲にしないと、何かを助けちゃいけない」
みたいな言い回しは、流石に無ェだろ。

18 . 嗚呼  ID:71KdELKjO編集削除
米15
無償の愛はあるよ。
知らないの?知らずに ここまで育ったの?
19 . 774  ID:VO4MyqrMO編集削除
蛇がうまいこと言って腕一本儲けたって話と解釈していいですか^^
20 . かかと  ID:J4Fw6gGzO編集削除
雀は小さいから、量的には腕で十分なんじゃ…
21 . 名無しさん  ID:.bnBQLRB0編集削除
米18
あったら老老介護で親を手にかけたりしないし、その逆も無い
俺が言ってるのはそういう根源的な話だよ
自分の精神の安定が前提にある(保障される)愛情なら誰でも差し出せる
しかし、精神の安定すら奪われることが前提で差し出せるかな?
この蛇はそれまで見透かしていたんだよ
痛みを感じない寄付行為なんて誰でも出来る
しかし極限の苦しみの中では人間は自我にとらわれるんだよ
まずは自分が優先的に楽になりたくなる
この僧侶は雀の命を軽くみてたんだよ
命とつりあうものを差し出すんだから、「自我の安定」まで差し出すのが公平

あなたの言う無償の愛は精神の安定が前提にあるから、それは当たり前の話だよ
でもここでの話は「他者の命を救うために差し出すもの」なんだから、
相当の痛みを伴うはずだし、
「一寸の虫にも五分の魂」っていう仏教的教えに添うなら、
坊さんは精神の安定を含めたすべてを差し出す必要がある


22 . ななしん  ID:B7fS7y2yO編集削除
結局、命の重さはみんないっしょってことでしょ?
23 . 名無しさん  ID:vB3BbzNX0編集削除
>22
そういうことでしょ。
24 .    ID:5kQAxtBh0編集削除
米21
ここ最近、目覚めた高校2年位の匂い。
25 . 名無しさん  ID:HC052Moi0編集削除
↑ここまでゆとり
26 . 七神  ID:gPKObXSbO編集削除
所詮この世は弱肉強食。自然の節理だよね。
でも人間だもの。助けたい気持ちもわかる。
27 . 名無しさん  ID:GzcL1eNx0編集削除
前に見たときは、最後に蛇が「雀と腕と坊主」を丸呑みにして去っていった話だったな
28 . 名無しさん  ID:7YVS7S4cO編集削除
>21
「その時、若い未亡人ね濡れた瞳が」
まで読んだ
29 . 名無しさん  ID:0YDHkgrh0編集削除
精液を天秤にぶっかければよかったものを・・・
30 . あ  ID:Du.z.HQfO編集削除
命じゃなくて相応の肉をやるって言えば良かったのかな?
31 . 名無しさん  ID:6UKVK1rgO編集削除
蛇はしゃべったりしません
32 . 名無しさん  ID:Zu3aSDuP0編集削除
※10と※29が正解だと思う。
俺も毎日3〜4億×2もの命を粗末にしているんだなぁと痛感した。
精子について考えさせられる実に深い話だ。
33 . 名無しさん  ID:IFMz3iq90編集削除
なんかこの蛇が偉そうなのかが納得いかない。
誰かの命がいるって言うなら蛇殺しゃすむ
34 . 名無しさん  ID:gK2ccXtG0編集削除
蛇は別に命が欲しいわけじゃなくて肉が欲しいんだから腕の肉でいいじゃないか。
それに無償で雀の命と僧侶の腕を喰ったやつに言われることじゃないよね。
変な倫理観にとらわれたら助けられるものも助けられないということ。
35 . 名無しさん  ID:ufDX8Gat0編集削除
けど確かに「命」の重さは人でもそれ以外でも同じだよな
36 . 名無しさん  ID:q51ymb.r0編集削除
精子をぶっ掛けてみりゃ僧侶の精子が一気に重くなるんじゃなかろうかね
37 . 名無しさん  ID:i8eQvmYq0編集削除
仏教逸話に何熱くなってるんだよ・・・
日本人としての最低限の仏教知識があれば、「「この僧は傲慢だ」と言いたいのか」とわかるのに

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ