「おい、まだかよ?」

俺は、女房の背中に向かって言った。
どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。

「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」

確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。
世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」

「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」

俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。


「お待たせ。いいわよ。…あら?」

「ん、どうした?」

「あなた、ここ、ここ」

女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。

「あっ、忘れてた」

「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」

女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。

「何だよ、いきなり」

「いいじゃない、夫婦なんだから」

女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。

「そうか…、俺も愛してるよ」

こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。
俺は、女房の手を握った。


「じゃ、行くか」

「ええ」

俺は、足下の台を蹴った


コメントの数(20)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:THoS074Z0編集削除
これって天国のお義父さんとお義母さんに会いに行くお話しだったよな?w
2 . 名無しさん  ID:xm.ghweZ0編集削除
亭主。首元で何を忘れていたんだろう・・・。
ロープ?
3 . 名無しさん  ID:XHKJj58uO編集削除
「バタバタしないの!」の時点で息子殺そうとしてたんだと思うとゾッとした。
4 . 名無しさん  ID:ouWEXO4k0編集削除
なんだよw
のろけ話じゃねえのかよw ぞっとしたぜ・・
5 . あ  ID:zxcUQGWOO編集削除

前にも読んだような....
6 . worldwalker  ID:3mubTK3s0編集削除
絶望した
7 . 名無しさん  ID:OHWB466Q0編集削除
なんという古典
8 . 名無しさん  ID:di75Owo60編集削除
>5
こまけぇことは気にするな。
9 . ななし  ID:LOv.e.dYO編集削除
『俺は…』と書いているから死ななかったんだよな?

息子は妻は?(((゜_゜)))
10 . あ  ID:tqbIhH4nO編集削除
足元の台をけったというのはタンスの角に小指をぶつけたということ。夫がせっかちなのを表している
11 .   ID:qDMbX0duO編集削除
自殺するヤツは地獄に堕ちるって坊さんから聞いた
先に逝った親とも会えない
ざーんーねーんーでーしーたー
12 . 名無しさん  ID:8xM.Kgdr0[評価:2 ]編集削除
>>11
親が地獄にいる可能性はないのか
13 . 嗚呼  ID:NJWHd6uFO編集削除
前にも読んだけど、
バタバタしないの!
の意味が、今やっと解った…
14 . 名無しさん  ID:2NpyMQ2u0編集削除
ほら、翔ちゃんジタバタしないのに見えた
15 . 名無しさん  ID:f0s01aMh0編集削除
台を蹴ってこの話は台無しってか
16 . 名無しさん  ID:pHauz9yAO編集削除
妻の手を握って台を蹴ったんだから
妻がちょっと躊躇してしまっても心中出来るな

…やりおる……やりおるのぉ
17 . 名無しさん  ID:Tgk0THSd0編集削除
これって前に読んだけど、同じ話出して
良いの、くだらない
18 . 名無し  ID:sb6ilCsRO編集削除
このノリは新手の宗教だろ
19 . 名無しさん  ID:xPLSLCCR0編集削除
>>9
息子はバタバタ騒がしかったから先に出発したようだ。安心しれ
20 . 名無しさん  ID:sLmmn.sD0編集削除
未遂に終わったのか

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ