俺が小学校の時、学校から帰ると二軒隣にあるばあちゃん(父方)とこに毎日のように遊びに行ってた。
連れと一緒にわらわら行くとばあちゃんはニコニコしながら

「おやつあるから手ぇ洗ってきんさい。皆で仲良く食べるんよ」

っておやつをふるまってくれたんだよね。
連れからは優しいばあちゃんだと羨ましがられてすげー嬉しくて誇らしかったのを覚えてる。
けど、例に俺ず反抗期に入った俺は高校にも行かず、毎日のように連れと深夜まで遊び歩くようになっていった。
当然ながら親父とは顔を合わせれば怒鳴りあいのケンカ、時には手が出ることもあったな。
その度にケンカの声を聞きつけたばあちゃんが家にきては泣きそうな顔で

「○○ちゃん、ケンカはあかんよ」

って言うんだよ。


俺は

「うっさいわ!」

なんて怒鳴り付けてた。
ばあちゃんがぼろぼろ涙を流しながら家を出ていこうとする俺の後ろで

「○○を堪忍したって」

と親父に言って頭を下げていた。

俺はそんなばあちゃんの背中を見ても疎ましいとしか思わなくて、徐々に連れの家を泊まり歩くようになってた。
家に寄りつくこともなくなった。
悪い先輩から教えてもらった悪さして毎日遊び歩く日々。
あの時の俺はホントにクズの極みだったね。
そんな生活を18になるまで続けてたけど、その頃から悪仲間だった連れ達が口々に就職するって言い出したんだ。

「もう好き勝手出来る年じゃねぇからな」

なんて言ってさ。
その日泊まってた連れの家を出て、俺は公園で一人ボーッとしてた。
金も食うものも寝るとこもない。
かと言って今さら家に帰ることもできない。
途方にくれてた俺は、ふとばあちゃんのことを思い出したんだ。
ばあちゃんなら怒らないだろうって。
情けないことに飯とその日の宿、あわよくば小遣いを貰えることを期待して。
そっからチャリ飛ばしてあっという間にばあちゃん家の前。
玄関に手をかけると鍵がかかってたから裏口へまわった。
裏口の鍵はいつも開けっぱなしだったから。
ドアを開けて中を見回して、俺は初めて違和感があることに気が付いた。
整然と片付いた室内。
まるで、長い間留守にしている部屋のような。

ばあちゃん、と呼んでも返事はない。
俺は急に言い様のない不安に襲われて実家へと走った。
少し前まで「帰れねぇよ」とか思ってたことなんて吹っ飛んでた。
親父はいきなり部屋に飛び込んできた俺を見て驚いてたよ。
当然だよな。
母さんは怒りながら泣き出すし、兄貴にはバカ野郎、と思い切り殴られた。
俺は殴られて口から血を流しながらばあちゃんは、って兄貴に聞いた。
そしたら親父が眉間にシワ寄せてさ、言うのよ。

「そこにいるだろう」

って。
親父が指差した先には、四角く黒い写真立ての中で昔のように優しい笑みを浮かべてるばあちゃんがいてさ。
遺影だった。
俺は呆然としたね。
嘘だろって。
まさかって。
だって俺はばあちゃんに小遣いをねだりに帰ってきたのに。
ばあちゃんが死んでるかもなんて、そんなの頭を掠めもしなかったのに。

「ばあちゃん、一週間前に死んだんだ。お前のことを最期まで気にしてた」

親父が言った。
俺が家を飛び出してから、毎日毎日俺が帰ってきたかと実家にきてたって。
一週間前、俺の家からの帰り道、心筋梗塞を起こしてそのまま帰らぬ人となったって。

なんかね、もうホント、頭の中が真っ白で声なんか出なかった。
そしたら親父が

「もういいだろう。帰ってきなさい」

なんて言い出すの。
父さんが悪かった、って。
そんでばあちゃんの遺影の裏から茶封筒を三つだしてきて俺に差し出すんだ。
俺は黙って受け取って、中身を見て、家を出てからの一年半を激しく後悔したよ。
封筒の中身はばあちゃんから俺に宛てた三通の手紙。
18才、20才、結婚した時の俺に宛てたもの。

「○○ちゃん、18才ですね。
 今はおうちに帰っていますか。
 ばあちゃんは○○ちゃんの帰りをとても待っていました。
 おやつを用意していますからまたばあちゃんの家に遊びにきなさいね。」

「○○ちゃん、20才おめでとう。
 もう立派な大人ですね。
 お仕事が大変でしょうが体を壊さないよう頑張ってくださいね。
 ばあちゃんも頑張ります。」

「○○へ。
 ○○がお嫁さんを見つけてくれてとても嬉しいです。
 もしかしたらばあちゃんはもう生きていないかもしれませんが、
 ちゃんと○○とお嫁さんを見にきます。
 ○○は優しい、いい子ですからお嫁さんもいい人だと思います。
 幸せになってくださいね。」

俺は馬鹿みたいに泣きまくった。
手紙を強く握りしめながら激しく泣きじゃくった。
もう二度と会えないばあちゃん。
ばあちゃんはいつだって俺の味方だった。
そんなばあちゃんに酷い言葉を浴びせて、自分一人でここまででかくなったような勘違いして思い上がっててさ。
そのばあちゃんの優しさと愛情を無下にし続けた自分の愚かさに今さら気付いたんだ。
同時に親父、お袋、兄貴にも申し訳なくて申し訳なくて、俺は何度も何度も土下座して謝った。

それから俺は先輩達とは縁を切り、小さな企業に何とか就職した。
ばあちゃんの知り合いが社長さんで、常々「孫を頼む」と頼まれていたと。
そこで今の嫁さんと出会って結婚、再来月には子供も産まれる。
せめてばあちゃんに嫁さんの顔を見せてやりたかったとつくづく思うよ。
お前らも家族やじいちゃん、ばあちゃんには出来る内に孝行してやってくれ。
俺もこれからは自分の家族と新しい家族を大切にしてばあちゃんにしっかり顔向けできるよう生きてくからさ。


コメントの数(43)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . ななし  ID:qrupUUFyO編集削除
こいつはいつまで経ってもクズだな。いくら更正したように見えようが過去に不幸にした人への償いはできない。過去の悪さで不幸にしたやつのことなんか覚えてもないだろ。こんなやつが父親なんて残念だわ。
2 . 名無しさん  ID:wMrXqS5k0編集削除
でも一般的にはこういう奴は偉いって評価なんだよな。
誰にも迷惑をかけることなくきちんと育った奴のほうが正しいに決まってるだろうが
3 . 名無しさん  ID:EaBEfGYQ0編集削除
>>2
地道な人は地味で目立たないから、なかなか人の眼に留まらないっていう例だよな。
こういう屑がマイナスから0に戻っただけで、美談のように扱いやがる。

やっとプラスマイナス0の人並みに戻ったくせにな。
4 . 名無しさん  ID:qM4BrZc80編集削除
素直なだけあって、クズになったり、真人間になったり、簡単だな。
頭悪いと人生がシンプルで良いな、うらやましい
5 . 名無しさん  ID:xxIt2rIB0[評価:5 ]編集削除
いい話だ
6 . 名無しさん  ID:xxIt2rIB0編集削除
みんな親孝行しろよ
7 . 名無しさん  ID:vjp1mSKS0編集削除
本当にクズは死ねばいいと思う
8 . 名無しさん  ID:qyHLEB5F0[評価:5 ]編集削除
自分がやってしまった間違いに気がついて変われたことが正しい。
人生はやり直せるんです。
9 .    ID:Ob8W2DoV0編集削除
地道な人と、地味で目立たない人が同じに見えているうちは、
何か駄目だと思う。

あと、米2は結局何が言いたいか分からない。
10 . 名無しさん  ID:pGrlzC3M0編集削除
おばあちゃん…
11 . 僕  ID:L.LtAqLCO編集削除
一週間しか家あけてないのに『長い間留守にしているような部屋』…?親が片付けたのか…?にしても『留守にしているような部屋』にはならないよな…?まぁでもそんなこともあるか!作り話じゃあるまいし!はははっ!ははははっ!
12 . 名無し  ID:U69rObb.O編集削除
クズにクズっていえるほどここのやつらは偉かったのか
13 . 名無しさん  ID:9aLK7AbH0編集削除
孫だけに会社にソン(損)をさせるなよ
14 . あ  ID:3dj3SBE.O編集削除
仕事までコネとか…。
15 . 名無しさん  ID:LyrxVWzt0[評価:1 ]編集削除
ま〜た「昔は悪かった」系の自慢か。
本当に過去を反省して改心しているのなら、こういう類の自慢はせず、ひたすら行動で示せよ。
結局自分を美化することしか頭に無いんだろ。
16 . 名無しさん  ID:aFNJGN7K0編集削除
「20才の俺宛て」と「結婚した俺宛て」の手紙を先に見せちゃ、ダメだろ。
17 . 名無しさん  ID:PvjDhcIc0編集削除
>>15
昔は悪かったを自慢と捉えちゃうガキは消えろ
18 . 名無しさん  ID:I2kdNpxP0編集削除
誰にも迷惑かけずに生きてきたと断言してる人って、
誰かに迷惑や心配かけてる事に気づいてないんじゃない?
この投稿者が真のクズだったら、「バアチャン死んじゃったんだ。」で、終わってる。
19 . 名無しさん  ID:gSFhUG.x0編集削除
更生したクズはおまえらより信頼できるなー
おまえらのほうがクズだしな
20 . worldwalker  ID:yv8PzQnn0編集削除
子供が出来てから初めてわかることがいっぱいある。
21 . 名無しさん  ID:11FqKYoI0編集削除
この筆者には一切同情しないけど
おばあちゃんが偉大なことだけは確か。
22 . 名無しさん  ID:0jUMEFjH0編集削除
この話って
ばあちゃんのやさしさに感動する話であって、孫に感動どうこうじゃないだろ?
23 . 名無しさん  ID:LRHd.eIK0編集削除
>例に俺ず
出だしで躓いているからな。
わざとなら

例に俺ず反抗期に入った漏れは

にしてほしい。
24 . な  ID:LorglMGOO編集削除
こんなゴミクズでも結婚できるのに(ry
25 . 名無しさん  ID:Z5t9b4AW0編集削除
感動タグで人死にすぎ

もう冒涜レベルでしょ
26 . 名無し  ID:09LZtu.IO編集削除
ここでグダグダと話の内容にケチつけてるだけの奴よりは、反省してちゃんと行動してるコイツのがよっぽどマシだけどな。
ひとの体験談にねちねち文句いってる暇があったら、親孝行でもしてきたらどうだい。
27 . ななし  ID:C1DLe1KjO編集削除
お前らクズクズって言っているけど…

人間が生きていくには、自然が必要だけど、自然が生きていくのに人間は必要じゃないんだよ。

わかる?生きている事が悪い事でクズなんだよ。

と言う訳で逝ってきます。
28 . 名無しさん  ID:zy93OBOp0編集削除
いい話をありがとう
29 .   ID:JH8mYOdbO編集削除
わかるな…簡単な手術なのにいきなりばあちゃんあの世にいっちまって…反抗期もばあちゃんベッタリだったからかなり落ち込んだ。俺が運転する車に乗りたいなんて言ってたけどその年になるまで待ってくれなかったもん。お前らも思う人がいるなら今すぐ何かしてあげろ。本当に呆気ないぜ
30 . 名無しさん  ID:.V646pUH0編集削除
誰か※4が
>頭悪いと人生がシンプルで良いな、うらやましい
って、「俺は頭が良い」発言に突っ込めよ!
31 . 名無しさん  ID:8oM8gbXc0[評価:1 ]編集削除
死ねクズ
32 . 名無しさん  ID:846pXp1j0編集削除
高校に行かないのを『反抗期』とか言う奴初めて見たわwww
33 . 名無しさん  ID:evcfq0HO0編集削除
結局就職も縁故採用とか最後の最後までムカつく奴だな
氏ねばいいのに
34 . 名無しさん  ID:YcjjgeBs0編集削除
みんなコメントキツいw普通に感動した
35 . ななし  ID:BQLU28eEO編集削除
俺ず(笑)
そんなんじゃ 天国のおばあちゃん悲しむよ(笑)
36 . 名無しさん  ID:JA0YcVZ10編集削除
なんかうぜぇ
37 . ハチミツ  ID:7Wls7zzLO編集削除
婆ちゃんには感動した。


他はなし
38 . 名無し  ID:wnGmomDUO編集削除
生きてくからさ。まで読んだ
39 . 名無しさん  ID:ZRxQ4jb80編集削除
まぁ、少なくとも1-4みたいなくずよりはいいんじゃね?www
40 . ななし  ID:gHetabhuO編集削除
ばあちゃんもじいちゃんも若い時があって、若者特有の大人や年寄りがウザい気持ちも経験してるだろし
少しは寂しいだろうけど、基本孫がジジババ好きな複雑な心も理解してるよきっと
だからこそ遺した手紙があるんじゃないかなと思った
まあ大事にするに越したことはなかったんだろけどさ
41 . 名無しさん  ID:LT3ZFo7l0編集削除
1で始まり、2で終わった。
こーゆー奴に限って、俺は(あの頃と違って)立派になった
お前も頑張れ と、ドヤ顔するけど、皆、あの頃がないんだから同じ立ち位置。
大概は+αの次元で悩んでんだから、自己満乙してないでもう少し頑張れと返したい
42 . 名無しさん  ID:PhknsJDf0編集削除
まあ人間失敗して後悔して大人になっていくからな
自分が出来てるからってクズクズって、どれだけ視野が狭いの?おっさんになってから若い連中に向かって「今の若いもんは…」って言って煙たがられる大人になっちゃうから、なりたくなかったら今のうちから人間はそれぞれのスピードと経験で大人になることを理解したほうがいいと思う
60歳や70歳になっても窃盗とか犯罪犯す人がいるのは、結局ミスがなく後悔がない人生だったわけだしさ
43 . 名無しさん  ID:dBh4GcDP0編集削除
いや、でもこういう屑がこうやって書き込んでくれるお陰で自分が以下になるべく迷惑かけずに生きてきて良かったと思えるよ。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ