私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。
特に苛められたとかそういうことはなかったんだけど、なんだか馴染めなくて、いつまで経っても

「お母さん」

と呼べないでいた。
そんなぎくしゃくした関係だったけど、継母が私のために一生懸命だったことはよくわかってた。

小学校4年になった夏休み、私は継母の提案で二人で川に遊びに行くことになった。
あんまり気が進まなかったけど、断る理由もなく言われるままにしぶしぶついていった。
現地に着くやいなや、私は継母のことを放ったらかしで川に浸かって遊んだ。

しばらく水と戯れてた時、急に深みにはまって溺れて息が出来なくなった。


すごく苦しかった。
でもそのうち喉の奥が「クッ、クッ」と鳴ってだんだん苦しくなくなってきて、意識が飛んだ。

気が付くと、私は病院のベッドで寝ていた。
一時心臓が止まって危なかったんだよと涙ぐんだ父が言ってた。
ベッドの傍に、継母はいなかった。
私は父に

「あの人は?」

と訊いた。
父は一呼吸置いてゆっくりとした口調で教えてくれた。
私が溺れた時に継母が服のまま飛び込んで私を助けてくれ、そのまま力尽きて下流まで流された。
その後救助されたものの、今も意識が戻らないのだ、と。

私は次の日に継母のいる病室に行った。
継母は機械に囲まれて、いっぱい管をつけられていた。
彼女は、そのまま我が家に戻ってくることなく…。

葬儀が終わって母の遺品を整理してたら、鍵のついた日記が出てきた。
私は父と一緒になんとか鍵を探し当てて、日記を読んだ。
そこには私との関係に悩む継母の苦悩など、私のことばかり書いてあった。
ずっと読み進めていくと最後のほうの日記に

「ちょっとはにかみ屋さんだけどとてもいい子。あの子なら、命かけてでも守れる自身がある。
 ○○ちゃんを私に託してくれた△△(実母の名前)さん、本当にありがとうございます。」

継母は、あの日記を書いた数日後に命と引き換えに私を守ってくれた。
いつだってとても優しい目で私を見てくれていた。
いつも私の目線と同じ高さになるように中腰になって話し掛けてくれた。
そんな気持ちはちゃんと伝わってきてたのに私はあの人に何一つしなかった。
愛情をもらいっぱなしでそれに答えなかった。
私は愛情どころかあの人の命まで奪ってしまった。

日記を読んではじめて、私は

「お母さん!」

と大声で叫びながら錯乱状態になり、
声が出なくなるまでごめんね、ごめんね、と言って泣いた。
ぐしゃぐしゃになって泣いても、後悔ばかりで気持ちは晴れなかった。

年月が過ぎても、私は未だに「母」に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
数十年経った今でも夏になるたびに思い出す。


コメントの数(43)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . べ  ID:7ldPkGVKO編集削除
(´;ω;`)
2 . へ  ID:JkeZy.fvO編集削除
(TДT)
3 . あ  ID:i4yDZ55mO編集削除
感動…だね。
4 . 名無しさん  ID:zrJotn2C0編集削除
俺はこんな感動的なエピソードはいらないから
代わりに生きている母が欲しいよ
5 . 名無しさん  ID:xROvQl3o0編集削除
後悔は分かるけど、感動なのか・・・
6 . 名無しさん  ID:9zY6sk3S0編集削除
・゚・(ノД`;)・゚・
7 . 名無しさん  ID:QtmpjCCm0編集削除
感動って…
管理人大丈夫か?
8 . 名無しさん  ID:DP1sOjvH0編集削除
感情が動くと書いて感動
9 . 名無しさん  ID:V5QB16TR0[評価:2 ]編集削除
本人には真剣な話なんだtろうけど、
周囲から見ると、よくある平凡な話
10 . 名無しさん  ID:bBGaNrXf0編集削除
>あの子なら、命かけてでも守れる自身がある


死を覚悟していたのか、作り話か、どちらか。
11 . 名無しさん  ID:t5zp.Dzh0編集削除
こんな状況がよくあるという9の住む世界に感動した
12 . 名無しさん  ID:W5G2FG.10編集削除
>>10
いや、子供をもつとそういう感情ももってしまう人は多い。
本当に守らないといけない存在に思えるんだよね。
13 . 名無しさん  ID:V5QB16TR0編集削除
>>11
9です。
表現曖昧でスマソ。
テレビや読み物でよくある話という意味。
事実として「よくある」という訳じゃない。
14 . 愛餓男  ID:.MBkQKTDO編集削除
バッカおまえ
何がネ申爆笑だおまえ
バカじゃねぇの

(´;ω;`)
15 . 中畑  ID:swah.7M5O編集削除
やるせない
16 . 名無しさん  ID:ztfGuKYF0編集削除
伊集院光の深夜の馬鹿力コーナー「カブトムシの秘密」に似たのが あれは「お兄ちゃん」っていえないやつ
17 . ゆと  ID:6ZSdn7vNO編集削除
…。(T-T)
泣いてなんかないんだからね
18 . あ  ID:2M6Xnz.jO編集削除
ベタなお涙頂戴の展開だな
作り話乙
19 . 名無しさん  ID:MPnF9OnI0編集削除
切ない話だけど、感動ではなくね?
20 . 名無しさん  ID:mdcBAMsP0編集削除
いや感動だろ
21 . 名無しさん  ID:vYLTIQ7i0編集削除
別に作り話でもかまわんけど。
この娘さんがなじめなかったのは仕方ないよね。そういうもんじゃないかなぁ
それよりとーちゃん可哀想。2度もパートナー失ってさ。
22 . 名無しさん  ID:gN6Q0YFU0編集削除
いなかったはずなのに事情を語れた父が犯人ですね、分かります。
23 .    ID:.RVPemRe0編集削除
話の内容と関係ないが、
義親の分際で、お父さん、お母さんと呼んでもらおうと思っているなら、
そいつは卑しいと思うわ。
24 . 名無しさん  ID:MGK6ldOh0編集削除
母上元気ですか。
長い間本当にお世話になりました。我が六歳のときより育て下されし母。継母とは
言え世のこの種の女にある如き、不祥事は一度たりとてなく、慈しみ育て下されし
母。有難い母 尊い母。俺は幸福だった。ついに最後迄「お母さん」と呼ばざりし
俺。幾度か思い切って呼ばんとしたが、なんと意志薄弱な俺だったろう。母上お許
しください。さぞ淋しかったでしょう。今こそ大声で呼ばしていただきます、お母さん お母さん お母さんと。
25 . 名無しさん  ID:Km1FGKRA0編集削除
>24一人称を統一しろ
26 . 774  ID:Z1UvBshkO編集削除
>※25
有名な特攻隊員最後の手紙に、よくぞケチつけたもんだ。
27 . 名無しさん  ID:Km1FGKRA0編集削除
>26 アホ、別に手紙の内容に文句つけてはねーだろ。
     よく見ろや。
28 . 名無しさん  ID:uZ57XQbZ0編集削除
どうでもいいけど実母はどうした?
29 . 名無し  ID:DuCj7PwUO編集削除
実際、継母のほうが俺は好きだ。


・・・いや、性的な意味で。とかそういう冗談抜きに。
30 . 名無しさん  ID:46IUY8kq0編集削除
継母ばかりじゃ、本当の母ちゃんが嫉妬するぜ。
たまには思い出してやれや。
31 . 名無しさん  ID:5eIwJtMz0編集削除
ばっかじゃねーの、こんなんで感動するとかどうかしてるよな


ちょっと高速で田舎に帰ってくる
32 . あ  ID:reoKloO.O[評価:5 ]編集削除
例え作り話でもこういう話は泣ける。

いや、泣いてはいないけど…いやだから、泣いてねぇて!!
33 .   ID:cO7IZOInO編集削除
※24特攻隊の手紙

※25一人称を〜

※26手紙にケチをつけたな

※27内容にケチはつけてない


※27
※26は「手紙」にケチをつけるなよって事だろ?内容云々は指してないと思うんだが。
34 . 名無しさん  ID:G6F5a5z50編集削除
33へ 原文はそんなんじゃなかった
35 . 名無しさん  ID:G6F5a5z50編集削除
追加 だから文章変えて載せるんなら文面ちゃんとしろって言いたかっただけ
36 . 名無しさん  ID:fda6pm2F0編集削除
まぁまぁ・・・仲良くしようよ
37 . 名無しさん  ID:dP3Q9gLX0編集削除
悲しい話だな
しかし突然母が変わったことになった娘が冷たい態度をとってしまうのは当然だろう

それでも、一生懸命な継母に対してそういう態度をとるということは間違いである、ということに気付くのが継母が死んでしまってから、というのが悲しすぎる。

まあ死ななかったら気付かなかったかもしれないけど。

38 . 名無しさん  ID:anCLhwlY0編集削除
ここはその「母」の愛情に感動するところだろ
と書かれて初めて理解するゆとり
39 . 名無しさん  ID:anCLhwlY0編集削除
ここはその「母」の愛情に感動するところだろ
と書けば理解できるか?
40 . 名無しさん  ID:Iypd4Kca0編集削除
家族となにげなく生きてる俺たちには遠い話なんだよな
だから感動よりもそんな話あるのかって気持ちが出てきてしまう。我ながら情けないが。
この話に感動したという人は、家族の大切さを人一倍わかってる人で、
感動という言葉がしっくりこなかった人は、家族からなにげない愛情を自然体で注がれている人だと思う
41 . 名無しさん  ID:sLpUUU.r0編集削除
未公開株やってて、50万で買った物が3億に化けててびっくりして泣く方がうれしいけどな。
42 . 名無しさん  ID:GAIo481W0編集削除
誰も突っ込んでないんだが、助けるために川に飛び込んで助けた後に自分だけ流されるって、誰かに子供を手渡したのか?
自分で子供を岸にあげたなら大人が流されるわけないよな
子供がおぼれるくらいのレベルの急に深みなわけだしな
でもそれだと子供を渡された人が下流に流れるまでこの継母を放っておくのもおかしいよな
そもそも急な深みにハマった子供を助けれる位置まで運んだら大人なら足が着くと思うんだが

43 . 名無しさん  ID:..ogBOMo0編集削除
何年か前に実際にあった湖の事故を思い出した。新聞に載っていた実話。
お爺ちゃんAとその弟B、Aの孫で小学生のC、D姉弟四人が氷の張った湖で
釣りをしていたとき、氷が割れてACが水に落ちた。BはDに救助を
呼んでんでくるように言いつけて、その後Cを水から引き上げたが
代わりに自分が水に落ちてしまった。ABはCに「危険だから陸へ上がりなさい」
ときつく言い渡して水中に消えた…。
後日の二人の葬式は、悲しみと感謝と賞賛で満ちていたそうだ。
(最初に落ちたのがACだったのかBDだったのかは記憶違いがあるかもしれません)


コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ