徳川四天王の一人、井伊直政の次男である井伊直孝の若き頃の逸話である。

直孝は父同様、その才覚を徳川家康に見込まれ、若くして周囲に一目置かれる存在となっていた。
政務に勤しむ直孝に、ある老臣が声をかけた。

「直孝、お主の様な若者が仕事に励んでいるのは嬉しい。わしたちも励みになる。
 そなたを見込んで話すが、実は我々年寄り連中が集まり、二月(ふたつき)に一度、
 合議をしておる。
 どうだ、お主も来ないか?」

聞けば、参加する者たちは徳川家古参の、歴戦の武将達だった。
直孝に否やがあろうはずも無く、喜んで参加を希望した。

さて、その日がやって来た。
直孝にしてみれば、憧憬の的であった武将達が集まり、ざっくばらんに語り合っている贅沢な酒宴だ。
ある者は手柄を立てた時の話、ある者は戦の仕様を考証し、ある者は名高い武将と戦った時の思い出を語っている。
一つ一つの話に直孝は感銘を受けていた。


宴もたけなわとなった頃、大鍋が運ばれてきた。
鍋の中には、よく煮えた芋が入っていた。
皆が思い思いに椀に取り分け、黙々と食べはじめた。
芋の入った椀が直孝にも廻って来た。
一口食べた直孝は驚いた。
まったく味が無いのだ。
それどころか、まるで泥を食べたような土臭さであった。
思わず直孝は言った。

「申し訳ございませぬ。
 この芋は、私には少々味が足りぬ様でございます。塩か醤油はございませぬか?」

すると老臣は箸を置き、直孝に向き直ってこう言った。

「実はお主を誘ったのは、この芋鍋を食べて欲しかったからじゃ。」

老臣は続けた。

「家康公の若き頃は、我らは毎日このような味も無い芋鍋を食べていた。
 そして今も徳川家のために働いてくれる足軽達、田畑を耕す農民達の中には、
 この芋鍋すら満足に食えぬ者もいる。
 我らはその事を決して忘れぬよう、こうして集い、芋鍋を皆で食べているのだ。」

さらに老臣は続けた

「これからはお主のような若者が、徳川家の政事の中心となるであろう。
 だからこそ、お主に伝えたかった。
 我らの手柄や戦の仕様、ましてや、もうこの世におらぬ武将の話などでは無い。
 この芋鍋の味を決して忘れてくれるなよ。」

直孝は芋をたいらげると、老臣達に深々と頭を下げ、言った。

「この味、生涯忘れませぬ。」

他の徳川四天王をはじめ、徳川創業の功臣の二代目が次々と冷遇粛清されていく中、直孝は幕府の信任厚く、彦根藩主そして大老と出世し、後に名君として歴史に名を残す事となる。

彼が名君となりえたのは、芋鍋の味を忘れなかったからかもしれない。


コメントの数(14)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . 名無しさん  ID:WobQ7m2V0編集削除
芋食いたくなった
2 . Kino  ID:k4i0aBKuO[評価:4 ]編集削除
ひこにゃんの飼い主でしたかの、このいい人さんは
3 . 名無しさん  ID:Xic2Ubjn0編集削除
今の政治家たちにも食べてもらいたい
4 . 名無しさん  ID:.c5y1UIV0編集削除
どっかの党の人につめの垢を煎じて飲ませてあげたいです
5 . 名無しさん  ID:.c5y1UIV0編集削除
現代版として、政治家のみなさんにカップラーメンをご馳走してあげようぜ
6 . どっかの政治家  ID:CewutGLkO編集削除
芋がなければ、和菓子を食べればいいじゃなぁ〜い♪
7 . 名無しさん  ID:GvaUpZ8N0編集削除
↑つめの垢すらもったいのうございまする。スカルプ汁などいかがでありましょうか?
8 . 名無し  ID:di5vcpTvO編集削除
くだらん
9 . 名無しさん  ID:F1a2d1xV0編集削除
一つ一つの話に直孝は感銘を受けていた。
の後にエロ広告を入れる神経は嫌いじゃない
10 . 名無しさん  ID:.NBo2uab0編集削除
一つ一つの話に直孝は感銘を受けていた。

「同僚の奥さんとやっちゃった。絶対内緒だけど、もうすごいのなんのって… 」
11 . 名無しさん  ID:l3HDBuPz0編集削除
いい話ふぁ。

身につままれる。
12 . 嗚呼  ID:F97njaMRO編集削除
せっかくのお芋さんを、わざわざ美味しくしないで食べるなんて…(´・ω・`)
13 . 名無しさん  ID:.geWYgfU0編集削除
これは直孝じゃなくて、父親の直政の話だろ……
14 . ブリケン  ID:zF98TQGU0編集削除
>>8
この歴史の深さを知らぬとは・・・

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ