小学校の頃騎馬戦をやったのだが人数が合わなくて自分の騎馬だけ女子が上に乗ることになった。
最初は上に乗る女子も恥ずかしかったらしく男子の腕にお尻をつけないようにして戦っていた。
でも次第に騎馬の体勢が崩れてきて右側を支えていた奴がこけてしまったので
上に乗っていた女子は左側を支えていた自分の右腕にまたがるような格好になった。
自分も右腕だけで支えるのはきつかったがなんとか崩れないように右腕で女子を上に押し上げていた 。

するとその女子は

「あっ・・・まって・・・ちょっと・・・あっ・・・あたってる・・・あたってる・・・あっ・・・」

と自分の右腕を挟みこむようにして腰を捻った。
小学生の自分に「あたってる」のが何なのか分かるはずもなく、

「今はまだがまんして!」

と訳も分からず励ましていた。


女子は「う、うん」と頷いたきり前を見据えてこちらを見ようともせず、力んだ顔をしている。
横から敵の騎馬が突進してきた。
旋回しようとするがバランスが崩れてしまい、右腕を思いっきりその子の股間に押し付けるように
突き上げてしまった。

「ひゃぅんッ」

と声が漏れた。
なんだ?今の
見上げると真っ赤な顔とした女子と目が合った。
その喘ぎ声の理由を知る由もなく、

「痛かった?」

と尋ねると、
何も言わずにフルフルと首を振った。

「よし!このまま攻め込むぞ!」

と隣の友人が叫んだ。
俺もそれに乗じて二人で前方へ疾走する。
が、当然それには上下運動を伴い、上に乗る女子の股間は何度も何度も俺の右腕に押し付けられる。

「んっんっんっ・・・」

振動に合わせて彼女の鼻にかかった息が漏れる。
俺は小学生なりに何か淫靡なオーラを感じ取っていた(恐らく友人もだろう)が
勝負中に立ち止まるわけにも行かず、相変わらず女子に上下運動を与え続けていた。
しかし次第に彼女の

「んっんっ」が「んっあっふっ」

と声音を帯びてきた。
俺の頭に乗せていた手に次第に力がこもり、ギュウとつかんでいるのが分かった。
しかしここでアクシデントが。
友人が足を捻り、転びかけ、体勢を立て直すために踏ん張ったが、
その時に彼女の股間に最大の衝撃を与
(省略されました・・全てを読むには続きを書いてください。)


コメントの数(58)
コメントをする
コメントの注意
名前  記事の評価 情報の記憶
この記事のコメント一覧
1 . うはw  ID:aCUI5.4q0編集削除
前に見たなぁw
2 . ピロリ  ID:65wAJtKzO編集削除
続き
そのときミギーが目を覚まし(ry
3 . 地獄先生  ID:fU8Vk8bQO編集削除
そのとき鬼の手が(ry
4 . ジョン・ドゥ  ID:gaFym4pJO編集削除
>2
そして男の子の名はシンイチ
5 . 名無し  ID:cRizu.X5O編集削除
気付くと他の男子は敵も味方も全員、股間を押さえてうずくまっていた。

勝ったのがよっぽど嬉しかったのか、女の子は震えながら真っ赤な顔で失神していた。
6 . ふ〜  ID:.DXgbnL10編集削除
いや、女だって股間に最大の衝撃が与えられると
死にそうに痛いから・・・
7 . ピロリ  ID:Uj4A3QZtO編集削除
これは加藤鷹さんの小学生時代のエピソードです(嘘)
8 . SYB  ID:qZvDEq290編集削除
>>2、3
おいだれだ寄生獣やら教師やら連れてきたやつは
9 . mpj  ID:uM0V.juLO編集削除
敵の騎馬、

A「あそこの騎馬、女子が上だなぁ」
B「なんか凄い声出してねぇか」
C「やべぇ、興奮してきた…!」
D「C…お…俺の背中になんか当たってるんだが……」
10 . つづき  ID:WJ4rbTuD0編集削除
与え、気絶してしまい、股間からはドロドロと液体が流れ出てきた。


…と、いう夢をみた俺は43歳。独身のサラリーマンだ。
バツイチの俺、昔の妻は俺の全財産を持って逃げられた。
まさに、不運の絶頂。自殺をしようと思っていたんだ。
そんな朝にこんな夢を見た、これが最後の幸せか。
俺は、この夢をみたことで自殺を決意した。
俺の住むマンションの屋上。ずいぶんと古く錆びた鉄のフェンスに寄りかかる。
さして、一気に上へとよじ登る。そのまま、落ちてしまうとした。
そのとき!

続きは>>13に頼む。
11 . 暇太郎  ID:IiWQPXfc0編集削除
与えてしまった。悶える女子。


そして目が覚めた。今日は面接の日だ。
12 . >10のつづき  ID:LPkOrBRl0編集削除
「ねぇ、どうしてまた逃げるの・・・?」
後ろから声をかけてきた人物は妻にひきとられた妻との間にできた女の子で、離婚したその翌年に死んでいた。7歳であった。
13 . L  ID:lgQM5mysO編集削除
キラです
14 . じょなさん  ID:NJm3PokEO編集削除
彼女は快感のあまり魔法を唱えた
イオナズーーーン!!!
15 . 自損  ID:cn8UdduBO編集削除
衝撃を与作が吸収した
彼女の口から言葉が…
「ヘイヘイホー」
16 . すかぷる  ID:LPkOrBRl0編集削除
君たちには失望した。
17 .   ID:SO3Ir3UM0編集削除
その時に彼女の股間に最大の衝撃を与
えてしまった!
彼女は上半身を大きく反らせると
「なるほどぉおおぉおから」と絶叫した。
18 . 3745ランド  ID:37BdDPlTO編集削除
>>17
ビッキーズねw
19 . ピロリ  ID:oD.JboC9O編集削除
俺の右手は限界だった。一人で支えてたので、力を入れれば入れるほどガクガク震えてしまっていた。

気付くと彼女は悶えながら奇妙に腰を動かしていた。
彼女の身体は異常に熱くなっていて、汗が滝のように流れていた。
(オシッコか!)
俺「が、我慢しろー!」
彼女「だめぇ!もう我慢できないよぉ!」

うわああああああ
20 .   ID:SO3Ir3UM0編集削除
※17
>「なるほどぉおおぉおから」と絶叫した。
「なるほどぉおおぉお〜」と絶叫した。
だったんだよな。
21 . エロ王子  ID:DWbizXGdO編集削除
悶えながら彼女のブルマが熱くなりヌルヌルしたものが…

って普通じゃダメなの?
22 . 毒蛇  ID:OJyOWxKJO[評価:1 ]編集削除
期待を膨らませ
魅了される用意を整え
心を静寂に
己の秘宝を熱く激らす

けれど漏らしコメント流れ行く…
後の人に期待という山を膨らます
23 . 毒蛇☆其の壱☆  ID:OJyOWxKJO編集削除
最大の衝撃が与えられ、彼女はいきなり痙攣しだした…
俺たちは訳わからずパニッくって、彼女を下ろして揺するのも
その時純真な子供だったから先生方が来るまで治るようにあちこち揺すりまわした
この出来事以来、騎馬戦はやらなくなった…
彼女は次の日、元気な姿だったので心配事は杞憂だった…けど
俺ら男子全員、彼女の雰囲気に変な違和感を持った
その日以来彼女は自分にあった゛馬゛を探して、
24 . 毒蛇☆其の弐☆  ID:ycUs0VKgO編集削除
数々の男子との交友を積極的に行った…
その時騎馬戦で来んだの友達も彼女と付き合いしてたけど
誰も合わなかったみたいだった…
そして十何年か月日は流れた…
彼女は相性の良い゛馬゛に会えたかわからない
あの時、無理しなければ良かったかなとも今では思うんだけど…

静かな寝息をたててる゛騎手゛=彼女はいい寝顔しているから
そんな過去の僅かな後悔は薄れいってる…
25 . 名無し  ID:yN20UcsvO編集削除
「ハァ、ハァ、んっ」
騎馬戦の白熱した展開やアクシデントに興奮していたのだろうか、俺の耳に当たる彼女の息遣いがとても荒くなった。
彼女はバランスを崩しながら、おっこちないように必死でしがみつくような感じになった。
俺は彼女に絞められた状態で、苦しいやら恥ずかしいやら嬉しいやらで、とても息苦しくなったが、必死で走り続けた。
その時、不意に横からぶつかられて俺たちの騎馬はバランスを崩してしまった。
26 . 25のつづき  ID:.BUuvUalO編集削除
上に乗った彼女がそのままだと危ないと思って、俺は咄嗟に彼女のクッションになるように倒れこんだ。

どしん!

痛さを堪えて目を開けると、彼女は倒れている俺の上に覆いかぶさるような形で動かなかった。
「おい、大丈夫か?」と声をかけたら
「う…うん…」
と彼女はようやく答えた。
その後俺が保健室におんぶして行く最中、彼女はずっと俺にしがみついていた…
27 . dabide  ID:hTliaG8T0編集削除
まぁ要するに少女が快感を知った瞬間ってか。」
28 . 岩  ID:SH0JB7L7O編集削除
「彼女」は必ずしも可愛いとは限らない。もしかしたら…(×〇×;)
29 . 名無し  ID:SYDxZ9uP0編集削除
えてしまった
「はうっ」
今までで一番甲高い声を上げた後、彼女はクラッをバランスを崩した
「危ない」と思ってとっさに彼女を抱きとめる 俺の方に倒れてきたのは幸いだった
受け止めた時に少し胸を触ってしまった気がするが不可抗力だ

「はぁ はぁ」
と俺の腕の中で息をする彼女の頬は真っ赤になっていた
目はトロンとしており身体も少し汗ばんでいる
その表情と時折ピクンと震える身体、そして小さく上下する胸に思わず俺はゴクリを唾を飲み込んでしまった

続きを読むにはワッフr
30 . 続き見たことあるけど思い出せない  ID:fJrQKN3cO編集削除
た!
じょし は しんでしまった!
31 . まるちゃん  ID:g5t8a2Rj0[評価:5 ]編集削除
えた。女子のま〇こから液体がドロドロながれてきt。そのあと医者に言ってみたらもう妊娠しないと、いわれた。
32 . ロビンマスク  ID:BCsX4BDG0編集削除
続きを書いてほし−
33 . ぬぬぬぬぬ  ID:Yr8yeiJR0[評価:3 ]編集削除
すごいな…
34 . 名無し  ID:9KtirmBU0[評価:4 ]編集削除
前に見た
35 . あ  ID:lDNaEGmA0[評価:5 ]編集削除
きになる
36 . 当時の女子  ID:d4pKwB2g0編集削除
与えられた『ギャァァァァァァ』と言った

そのあと・・・??君の腕からついに・・・

おしっこが・・・(私のおしっこ)

男の子は・・・キスしてくれて失神した。。。。
37 . 空気?からけってよむんだよ〜  ID:9OmTbCi60編集削除
与えた。「あぁんっ」こんな声を出しながら、彼女が、おしっこを漏らした。
俺たちは、すぐに先生を呼んだ。先生いわく、「まってなさい。俺さんと、彼女さんは、
音楽室に来なさい。」といわれた。なんだろう?とおもいつつ、運動会が終わったあと、
音楽室に行った。すると、そこには、素っ裸の彼女がいた。「さぁ、私の指さすところを
さわってみなさい」そういわれ、指をさされたのは、なんと、おま○こだった。
ここから先を読むには、ワッフルワッフルと、書き込んでください
38 . \  ID:3gcaQwvS0[評価:3 ]編集削除
えてしまった。「あん!!!!!!!!」
彼女は、大声をあげてしまった。上を見ると、彼女は、顔を真っ赤にしていた。
彼女は、こっちに倒れてきたので、支えようとしたが、彼女のおしりに手が行ってしまった。
彼女は、気絶していた。
俺は、ほっとして、戻そうとしたが、手が離れない。
なんと、彼女のまんこに人差し指が刺さっていた。
動かすことは出来るが、抜くことが出来ない。
友人が、
39 . グフ  ID:izwzdQJV0編集削除
ワッフルワッフル
40 . 空気?からけってよむんだよ〜(37の続き)  ID:rhrHE9ii0[評価:4 ]編集削除
「「えっ!?」」2人とも叫んでしまった。「はやく!」先生が言った。
「は・・ぃ」(なんだよ・・・)と思いつつ、好奇心で触ってみる。「ひっぁあ」また彼女はこんな声を出す。うるさくおもった俺は、「ちょっと、静かにして?」といった。彼女は涙目だった。先生は、ニマニマ・・・していたと思う。(うっわwwwなにwこれwぬるぬるwww)
なんて事を俺は思ってた。でも、彼女のお○んこは、汚く、つい、俺はこんなことをいってしまった。「きったねー!先生!臭いし、なんか、カスがついてます!」
続きを読むには、ワッフルワッフルと書き込んでください。
41 . 武田信玄  ID:gdHEPOmz0編集削除
ワッフルワッフル
42 . KEN  ID:kHtkMH080[評価:2 ]編集削除
ワッフルワッフル
43 . ワッフルワッフル  ID:7MPX6szb0[評価:2 ]編集削除
ワッフルワッフル
44 . うは  ID:Zb6qkPT70[評価:5 ]編集削除
つづき
45 . 名無しさん  ID:ODGXy7BL0編集削除
「ハァ、ハァ、んっ」
騎馬戦の白熱した展開やアクシデントに興奮していたのだろうか、俺の耳に当たる彼女の息遣いがとても荒くなった。
彼女はバランスを崩しながら、おっこちないように必死でしがみつくような感じになった。
俺は彼女に絞められた状態で、苦しいやら恥ずかしいやら嬉しいやらで、とても息苦しくなったが、必死で走り続けた。
その時、不意に横からぶつかられて俺たちの騎馬はバランスを崩してしまった。
46 . 名無しさん  ID:TUjhSgmi0編集削除
そのあと女の子のパンツがずれて指がまんこにはいる
47 . 名無しさん  ID:XTadSljM0編集削除
ワッフルワッフル
48 . 名無しさん  ID:3g01cb8a0編集削除
えてしまった。
「ふぁっ!!!」
彼女はそう言うと、馬の上で倒れてしまった。
馬(俺を含む)はバランスをくずしてぶったおれた。
目を開けると、彼女に「おい!大丈夫か!」と言っている先生や
おろおろしている親達がいた。
彼女の顔は真っ赤で、少し涙目だった。息は荒く、興奮していた。
俺が「だ、大丈夫か?」と言うと彼女は途切れ途切れに
「うん・・・・。ど、どうにか・・・・・・。」と答えた。
そして、後から「あれ、すごく興奮した。少し大人になったかな・・・・。」
と言って、
俺にキスして帰った。
今度は俺が真っ赤になった。
49 . 名無しさん  ID:xUduvvR90編集削除
ワッフルワッフル
50 . あ〜  ID:6yxuia.j0編集削除
色々おつかれ、変態、童貞、ニートども
51 . 名無しさん  ID:ZLhSJUzg0編集削除
羨ましいな〜
52 . なはり  ID:MJBQCEmS0[評価:3 ]編集削除
いいね! それでどこまでイッタンダ
53 . 名無しさん  ID:N7O0I4GD0編集削除
私の学校のエロ騎馬戦。
私の学校では、水中騎馬戦を、やっている。
ビキニを着て、そのブラを、取るゲームだ。取られた女の子は、罰ゲームとして、乳首を舐められる。それが、男子の楽しみだ。女の子の乳首を舐められた声がいい。
「あ、あん、はぁ…」
54 . 名無しさん  ID:4qC5Fk3p0[評価:4 ]編集削除
彼女は、つい[だめーいっちゃうー]とさけびながらしゃせいしてしまった!!
55 . 名無しさん  ID:4qC5Fk3p0編集削除
彼女は、このことが、このことがある


56 . 名無しさん  ID:uGrFCvhB0編集削除
あぁもう
57 . 名無しさん  ID:p4ymelKM0編集削除
えてしまったのだ!そして騎馬の女の子は アァァァァンといって女の子はもう
最悪とおもっていただろう・・・・
そのとき自分は(アハアハ)
と油断をしてた!
それで自分たちは女の子の帽子がとられてしまったのだ・・・・
それで女の子は
ハァハァいいながら自分にき・・・きもちよかったよ・・・・
といったのだ!
あぁ
あのときはいい思い出になったなぁ
またあの女の子とやりたいなぁ
58 . 名無しさん  ID:LxmNEswC0[評価:2 ]編集削除
えてしまった。

その時、腕にピクピクした振動が伝わってきて頭をつかんでいた手の力がフッと消えた。

彼女のほうを見るとうつむいていたが顔が恐いぐらいに真っ赤になっておりすこしびっくりした。

それでも騎馬戦は続いていたので彼女への上下運動はまだ続いていた。

それから彼女は何も喋らなくなってただうつむいているだけだった。

しばらくしてまたピクピクという振動が俺の右腕に伝わってきたがもう気にしている余裕はない

騎馬戦も終わりに近づいていた。彼女への上下運動はさらに激しくなっていた。

例のピクピクと言う振動はあれから3回ぐらい来たが当時の俺にはそれがなんなのか知る由も無かった。

敵チームとの激しい交戦の最中、ふと俺は右腕に冷たい感触を覚えた 何かが濡れているようなそんな感触だ。

でも気にもとめず相手チームとたたかっていた。そして騎馬戦を終え彼女をおろすとなんと彼女はぐったりしてヘタッと倒れこんでしまった。

もう、俺も友人も焦って「どうしたの?」「大丈夫?」とか声をかけていたがその内 先生が走ってきて彼女は保健室へ連れて行かれた。

その後、先生に彼女のことで聞いてみたが大丈夫との事だったのでホッと安心した。

コメントを書き込む

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
タグ
ブログパーツ ブログパーツ