月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2021年06月29日
 ・体験談:先週、免許の更新をしに近くの警察署に行った [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月27日
 ・テキスト:ベジータ「家に帰ってミルクでも飲んでやがれ」クリリン「そうする」 [おもしろ] (3)-[ おもしろテキスト ]
2021年06月25日
 ・体験談:子供たちのお年玉の送金をお願いしてもよろしいでしょうか [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月21日
 ・体験談:結婚に興味ないと言ってたAが結婚した。 [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月19日
 ・体験談:妹が全く別人の様になってしまった。 [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月17日
 ・テキスト:勇者「うおりゃあ!!」ズバッ スライム「う、うわあああああ!!」 [おもしろ] (5)-[ おもしろテキスト ]
2021年06月15日
 ・体験談:勝手に自滅してくれてスカッとした話。 [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2021年06月13日
 ・体験談:ある時、名前も名乗らない、用件も言わない謎の女性 [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月11日
 ・体験談:権利を主張するならまず義務を果たせ [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月09日
 ・体験談:もうすぐバレンタインだなーってので思い出した過去話 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月07日
 ・体験談:おやつにほうれん草かブロッコリー、もしくは芽キャベツを食べる。 [おもしろ] (13)-[ おもしろ体験談 ]
2021年06月05日
 ・体験談:私の家はお雑煮やお節は父が用意する [感動] (13)-[ 感動体験談 ]
2021年06月03日
 ・体験談:昔の勤め先で、先輩が部下を殴って怪我させてしまった [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
2021年06月01日
 ・体験談:ストーカー被害に悩んでいた頃、付き合っているふりをして助け船を出してくれた女の子と結婚した。 [感動] (9)-[ 感動体験談 ]

2021年06月29日
カテゴリー:

衝撃体験談

先週、免許の更新をしに近くの警察署に行った

手続きをしている横でおじいさんが免許返納の手続きをしていた
窓口の警察官に帰りはどうやって帰りますかと聞かれてて、もちろん乗ってきた車で帰ると言っていた
誰かご家族といらしたのですか聞かれ、一人で来たに決まっている。
まだ耄碌していないと怒鳴っていた

ネットやテレビで免許返納して運転して帰るって聞いたことがあったが
対応していた警察官は慣れていたようでおじいさんに優しく説明していた

おじいさんはこの日は免許を返さず、後日家族と一緒に来ると言っていた 
 

コメントの数(10)│ コメントを書く
2021年06月27日
カテゴリー:

おもしろテキスト

人造人間20号を追い詰めたベジータ。

ベジータ「よし!」ボウッ

ベジータ「ガラクタ人形め……岩場に逃げやがったが、すぐに片付けてやる」

ベジータ「キサマらは家に帰ってのんびりミルクでも飲んでやがれ!」

クリリン「ああ、分かった! そうする!」

ベジータ「え?」

クリリン「じゃあみんな、帰ってミルクでも飲もうぜ!」

ピッコロ「うむ」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
2021年06月25日
カテゴリー:

衝撃体験談

うち子無し、義実家で同居の義兄夫婦子供3人。
今回はコロナ禍で帰省しない(飛行機の距離)ことを事前に告げて
義父母も了解もらってたんだが
クリスマスの少し前に義兄嫁からLINEで

「来れないのは残念ですが、子供たちのお年玉の送金をお願いしてもよろしいでしょうか」

だって。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2021年06月21日
カテゴリー:

衝撃体験談

友達が結婚した時の事。

結婚に興味ないと言ってたAが結婚した。
お相手から告白されてお付き合いしゴールイン。
羨ましい限り。

友達みんなで遊んだとき、

「旦那さんと仲良くやってるー?」

と聞くと、

「うん、そうなんだけど…」

と少し顔を曇らせてしまった。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
2021年06月19日
カテゴリー:

衝撃体験談

妹が全く別人の様になってしまった。
三年前の3月に当時転がり込んでいた男の家の三階の踊り場で、男につきとばされて階段から転落して入院した。
原因は妹が男の金に手をつけて出て行けと締め出されそうになった時に揉めて…らしい。
退院してから口数がすくなくなり、ボーとする様になった。
服も今まで着なかった露出の少ないゆったりした服になり、謝罪や感謝の言葉を口する様になった。
急に高校中退した事を気にする様な事を言い始め

「学歴がないから資格取ろうかな」

と言って勉強始めた。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
2021年06月17日
カテゴリー:

おもしろテキスト

勇者「うおりゃあ!!」ズバッ スライム「う、うわあああああ!!」

スライム「痛いいたいよおおおおおお!!!!」ブジュウウウ

勇者「えっ……」

スラりん「お、おい!スライム!!」

スライム「あがぁあああああ!!」

スラりん「しっかりしろ!!おい!!」

スライム「ぐはっ……お、俺はもうダメだ……」

スラりん「バカ言うな!!ここで氏んでどうする!?」

スラりん「嫁さんや子供はどうなるんだよ!?」

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2021年06月15日
カテゴリー:

おもしろ体験談

勝手に自滅してくれてスカッとした話。

会社にA子と取り巻きがいて、取り巻きが私達よりちょっと若い子達。
そして私達アラサーオバサン小集団。
私達アラサー世代は特に苦もなく、会社の備品が無くなりかけると発注をかけたり、電球やトイレが詰まってたら管理会社呼んだりを気が付いた人がやってた。
そんな私達についたアダ名が、お茶請けオバサン、トイレオバサン、電球オバサン。
もちろん陰で言われてた。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2021年06月13日
カテゴリー:

衝撃体験談

前の会社での話。

ある時、名前も名乗らない、用件も言わない謎の女性から、上司(当時の部署の最高責任者)宛に電話がかかってきた。

上司に取り継ぐにも、名前も用件もわからない。当時新卒だった私は「すぐに上にかわらず、ちゃんと用件は聞くこと」と教えられていたから余計困惑。

「恐れ入りますが、お名前とご用件を」

と言っても

「いいえ、上司様に代わっていただければわかりますから」

の一点張り。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2021年06月11日
カテゴリー:

衝撃体験談

うちの男性元上司の神経がわからん

「権利を主張するならまず義務を果たせ」と毎朝朝礼で言われる。

それはご最も。
だけど「何故目標を果たせなかったか」を反省させるのだが、営業達が反省の弁を述べると

「全ていいわけです!」
「甘えるな!」

と一言言う度に怒鳴る。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2021年06月09日
カテゴリー:

衝撃体験談

もうすぐバレンタインだなーってので思い出した過去話

私は工業高校生だったのでクラスの男女比が39:1だった
お菓子の持ち込みOKな学校だったので1年生のときは担任含めたクラス全員分の市販のチョコ菓子を買って配った
担任と数人の男子は後日購買でお菓子やジュースを奢ってくれたけど、ほとんどはホワイトデーを過ぎても何も返ってこなかった

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2021年06月07日
カテゴリー:

おもしろ体験談

うちには小4娘と中1息子がいるけど、2人とも好き好んでおやつにほうれん草かブロッコリー、もしくは芽キャベツを食べる。
ただ湯掻いただけで、マヨネーズもドレッシングも無し。
元々私がおやつに食べていたものを真似たのがきっかけ。
友人がいる時は合わせてスナック菓子を食べるけど、家にいる時は基本上記の野菜。
それを旦那が快く思っていなくて、止めさせろとうるさい。
別に変なものを食べているのでは無いし、好きで食べているのだから止めさせないと言ったら、俺が言い聞かせると無駄に張り切っている。
とにかく言い聞かせなくて良いと念を押したのに
私が仕事に行っている間に子供達に説教したらしく、小4娘の方はボロ泣き、中1息子は反抗したらしく旦那と言い合いになった。


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2021年06月05日
カテゴリー:

感動体験談

私の家はお雑煮やお節は父が用意する。
年越し蕎麦は母が、その間に父がお節とお雑煮の用意をし、元旦になったら父だけが台所に立つ。
これは母と父が付き合った最初のお正月に、父が作った焼きブリとカブのすまし汁のお雑煮に母が凄まじく感動し、美味しい美味しいとおかわりした事でそれから毎年

「お雑煮は○さん(父)が作るの。日本一世界一美味しから!」

と母が言ったから。
お節もかまぼこ以外お節に重きを置いて無かった母に比べ「お節といえば黒豆と田作りと数のこの松前漬に・・」とこだわりがあった父が担当する事になって、お正月は父が台所に立つ慣習が出来上がった。


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2021年06月03日
カテゴリー:

衝撃体験談

昔の勤め先で、先輩が部下を殴って怪我させてしまった。

その会社には新卒から入社して2年目の営業の、Aという男性がいたのだが、あとから入社した別のフロアの私が10分ほど様子見てるだけでわかるくらい仕事のできない人だった。

やれと言われたことをすぐ忘れると評判だった。

なので先輩達からはいじられまくっており、毎日軽く殴られていたそうだ。

たまたま用事があってAのフロアへ行くと、自分が通りたいのに気づかず椅子を下げて机の下の物を拾ってるのをみた女性社員が

「あれー?通りたいのに通れないなー!誰かさん邪魔だなー!消えてほしいな!」

と頭をガシガシ土足で踏んづけたりしていた。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2021年06月01日
カテゴリー:

感動体験談

ストーカー被害に悩んでいた頃、付き合っているふりをして助け船を出してくれた女の子と結婚した。

嫁は当時高校を卒業したばかりの新人。
嫁は入社時の自己紹介で

「○高校出身です。」

と言っていたがそこは県トップの進学校。
旧帝大合格者が何人もいて女子でも全員が四年制大学に行くような賢い学校。
毎年、高卒で採用されるのは底辺商業高校の子ばかりで「珍しいな」って思った。
商業高校の子は学力が低いから仕事ができない。
進学校出身の嫁は計算も丁寧でパソコンを覚えるのも早くて言葉遣いも綺麗で同期の誰よりも仕事が出来るから会社のマドンナだった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く

TOPへ戻る
週間人気ページランキング

TOPへ戻る
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ