月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2020年11月30日
 ・体験談:数年前、大きな病気により闘病のため会社を退職 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月29日
 ・体験談:両親が隠居後用に、実父(投稿者祖父)隣の売地を購入した [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月28日
 ・体験談:先日義母経由で義弟夫婦を助けてやってくれないかって言ってきた。 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月27日
 ・体験談:コロナのせいで今日から在宅ワーク [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月26日
 ・体験談:元夫がバカだった [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月25日
 ・体験談:子供の頃から交通事故によく合う友人がいた [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
2020年11月24日
 ・テキスト:剣士「依頼があれば……この剣でなんでも斬る!」 [おもしろ] (4)-[ おもしろテキスト ]
2020年11月23日
 ・体験談:義母にイヤミ言われてる時、助けてくれるのはいつも夫じゃなくて義弟だ [衝撃] (25)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月22日
 ・体験談:在宅になって1日目にインターフォンが鳴ったので対応したら無言。 [おもしろ] (16)-[ おもしろ体験談 ]
2020年11月21日
 ・テキスト:フリーザ「私の戦闘力は5です」 [おもしろ] (5)-[ おもしろテキスト ]
2020年11月20日
 ・体験談:教室で財布から小銭が盗まれる事件が起き、犯人は不明だった [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月19日
 ・体験談:今年始めにインフラ要員として入ってきた元SEのEさん [衝撃] (26)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月18日
 ・体験談:妻が昇進して俺の稼ぎを上回った [衝撃] (32)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月17日
 ・体験談:私は中学生の時吹奏楽部だった。 [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月16日
 ・体験談:夫は父子家庭だった。 [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
2020年11月15日
 ・体験談:大学のソファーで体を倒して寝ている女の子がいた。 [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月14日
 ・体験談:職場恋愛で婚約後に破談になったことがあった。 [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月13日
 ・体験談:万馬券といえば、まだ馬連ぐらいしかなかった時代 [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月12日
 ・体験談:元夫とは結婚してすぐうまくいかなくなった。 [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月11日
 ・体験談:自業自得ではあるが友人Mの結婚式が悲惨だった。 [衝撃] (19)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月10日
 ・体験談:義父母が年2回、半月ほど我が家に滞在する。 [衝撃] (14)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月09日
 ・体験談:呼ばれてたあだ名が差別的なものだったって気づいた時 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月08日
 ・体験談:あらかじめ言っておくが私は底意地悪い [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
2020年11月07日
 ・体験談:いきなり横からニュッって手が伸びて来て、財布を盗られた。 [衝撃] (18)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月06日
 ・体験談:十ウン年前の話だけど、初めてできた部下Aくん。 [衝撃] (18)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月05日
 ・体験談:昨年義母が他界したんだが、その10年ぐらい前に義父が亡くなっている。 [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月04日
 ・体験談:1歳半の妹を連れて家族4人でデパートに行った。 [衝撃] (17)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月03日
 ・体験談:夫の弟(義弟)がイヤ。 [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
2020年11月02日
 ・テキスト:男「事故って異世界転生?」 [おもしろ] (6)-[ おもしろテキスト ]
2020年11月01日
 ・体験談:企業の合併で、人事シャッフルのために異動した先に彼女は居たんだ。 [感動] (8)-[ 感動体験談 ]

2020年11月30日
カテゴリー:

衝撃体験談

復讐というジャンルになるのか微妙なんですけど。
数年前、大きな病気により闘病のため会社を退職
→完治後、求職しながらリハビリ兼ねて登録制の日雇い派遣バイトをしていた頃の話です。
今思えば、そこは当時の自分も含めて底辺な世界でした…。
同じ登録者の中には、その日暮らしみたいな人やルーズな人も多かった。
全員じゃないけど。
あとは私のような病み上がり、ニート上がりも。
ムショ帰りみたいな人もいたようです。
日雇いなので、仕事内容も場所もクライアントもたくさんあって選べるんだけど
大抵は普通ですが、何となく派遣先で見下されることもたまにありました。
そのなかでも、とくに最悪な現場がありました。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2020年11月29日
カテゴリー:

衝撃体験談

むか〜しどっかに投稿したんですが

当時の投稿内容の要約
投稿者両親が隠居後用に、実父(投稿者祖父)隣の売地を購入したら
反対隣夫婦が

「家の土地だったのに!」

とイチャモン
「欲しい→その内買う→まだ買ってないけど隣夫婦の土地!」
という思考からの抗議だった…呆れてスルー


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2020年11月28日
カテゴリー:

衝撃体験談

新型コロナ問題であちこちで経営が厳しくなってるって話をニュースでやってるが、
先日義母経由で義弟夫婦を助けてやってくれないかって言ってきた。
義母は長男の旦那より次男大好きな人で、次男夫婦は義実家で同居している。義父は鬼籍。
私たちは新幹線の距離に住んでおり、義弟夫婦が同居するようになってからは
帰省は年に一回でホテルに泊まっている。
義弟は夫婦で麺類系のお店をやってるんだが、このご時世で客足が減り
売上激減で先も見えないらしい。
テナント料も払えるかどうかという様子で、生活の面倒みてやってって。

しかも

「○○(旦那)には内緒で、なんとかあんたが都合つけてやってくれん?」

って言われた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2020年11月27日
カテゴリー:

衝撃体験談

コロナのせいで今日から在宅ワーク
仕事でビデオ会議しなきゃならないから、自室にセッティングしてた
始業の九時に合わせてスーツ着てカメラの前でスタンバイしていたら、私が在宅ワークになったと聞いた義姉が
「家にいるの!?休みじゃん!うちの子たち面倒みてもらおー!」とお花畑思考で小3と小1の猿2人を押し付けに来た
対応した義母が義姉の「私子さんと約束してたの♪うちの子たちをドコソコへ連れて行ってくれるって♪」という嘘を信じ
猿2人をうちに上げてしまったために、仕事が始まってミーティングしてる最中にカギの無いドアを開け

「私子!(呼び捨て)、早く連れてけ!」

とビデオ会議に乱入

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
2020年11月26日
カテゴリー:

衝撃体験談

元夫がバカだった
服装に気を使わない人だったんで
会社に着ていくスーツとネクタイを合わせるのは私の仕事だった
ある日、朝していったのと違うネクタイをして帰ってきた
家に入ってきた時に、一目でわかったので

「あら、ネクタイ替えたの?」

と軽く聞いたら

「えっ!?」

とものすごく驚いていた

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2020年11月25日
カテゴリー:

感動体験談

子供の頃から交通事故によく合う友人がいた
自転車で縁石にぶつかり転倒や雨の日にスリップ事故をしょちゅう起こしていた
その時はたいてい自分が怪我するだけのおっちょこちょいって奴だった
ここまでならただのアホと言えるのだが、
横断中に信号無視の車にひかれたり、一時停止無視の車にぶつかったり、車の右左折に巻き込まれたりと
呪われているんじゃないかと言う位、車に関わることで不運な奴だった

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2020年11月24日
カテゴリー:

おもしろテキスト

剣士「依頼があれば……この剣でなんでも斬る!」

スパンッ! スパンッ!

剣士「はい、斬れましたよ」

妻「ありがとう! 助かったわぁ〜」

剣士「スイカぐらい自分でも切れるでしょうに」

剣士「こないだはキャベツの千切り、その前はリンゴをウサギさんにする、でしたっけ」

妻「でも、あたしって料理が下手なのよ〜」

剣士(ウソつけ……少しでも手を抜きたいだけだろう)

剣士「だったら……さっきのお代はいりませんから、俺に料理を作ってくれませんか?」

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2020年11月23日
カテゴリー:

衝撃体験談

愚痴。

義母にイヤミ言われてる時、助けてくれるのはいつも夫じゃなくて義弟だ
風邪で寝込んだ時も心配してくれたのは義弟だけだった
流産した時かばってくれたのも義弟だった
最初は義弟付きの同居なんて嫌だったけど
最近は義弟に精神的に依存してるのを感じる
恋愛感情はないんだけどなんだろうこの感じ

続きを見る


コメントの数(25)│ コメントを書く
2020年11月22日
カテゴリー:

おもしろ体験談

コロナの影響で在宅勤務になりおうちでだらだら仕事しています。
在宅になって1日目にインターフォンが鳴ったので対応したら無言。
表にでても誰もいない。
2日目に全く同じことがあって、「こりゃピンポンダッシュだな」と気づいた。
うちのインターフォンには不在時の録画機能があるので、3日目はあえて対応せずに画像に残しつつ外を確認したら小学校中学年くらい??4人がキャッキャ笑いながら退散していくのが見えた。
うちは郊外の戸建て住宅密集地域でめちゃくちゃ静かな土地なので、人がうちに近づいてくるとわかる。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
2020年11月21日
カテゴリー:

おもしろテキスト

これは色々な事情があって戦闘力が急激に下がってしまったフリーザの戦いの物語である

フリーザ「・・・?スカウターの故障ですかね?」カチカチ

ピッ 戦闘力 5

フリーザ「・・・・・・!?こ、これはわたしの戦闘力ですよね?」

フリーザ「そもそもわたしの部下にこんなゴミのような戦闘力を持った奴はいないはず・・・」

フリーザ「やはり故障ですね。新しいものを用意させましょうか」カチカチ

ピッ 戦闘力 5

コンコン

フリーザ「入りなさい」

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2020年11月20日
カテゴリー:

衝撃体験談

高校生の頃に教室で財布から小銭が盗まれる事件が起き、犯人は不明だった
自分も部活帰りに買い食いをするので小銭入れを持っていたため被害にあった
悔しいので自衛するために小学校で使っていた防犯ブザーをつけてファスナーを引くと外れるように細工をした
カモフラージュで他にもキーホルダーをつけていた
今考えると防犯ブザーだってことは丸わかりだったのによくもまあ引っかかったものだと思う
友人数人にも声をかけて罠を増やした

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2020年11月19日
カテゴリー:

衝撃体験談

馬鹿部長がやらかしたお陰で、テレワークなのに週に何度か出社しなければいけない羽目になった……

今年始めにインフラ要員として入ってきた元SEのEさん
辞める予定のMさんの引き継ぎをしていたんだけど、3月に入り、ぼちぼち試用期間も終わり
本契約になるという段になって、部長が採用にあたりいきなり待遇の変更を言い渡したらしい

その変更とは、以下の様なもの
・職能給→10万〜だったものを一律カット
・資格手当→社内規定に従い?(そんなの聞いた事無いけど)当初約束していた額より大幅カット
・能力手当(残業20h程度の分)→一律カット、残業代は業務柄無いと思って欲しい
・業務内容→社内インフラの仕事とは別に、営業として1〜2年程外回りしてこい、これも勉強だ
・賞与→採用から1年間は寸志(3万ぐらい?普通にしていれば3.5〜4ヶ月分は出る)にする


続きを見る


コメントの数(26)│ コメントを書く
2020年11月18日
カテゴリー:

衝撃体験談

妻が昇進して俺の稼ぎを上回った
今まで散々稼ぎが低い方が家事をやると言ってきたのでそのツケが俺に回ってきた
妻が家事をやっていた時、食洗機を使うことを禁じていて何度か妻と衝突
結局妻が折れて食器を手洗い手拭きをしていた。食洗機自体は嫁が購入していて倉庫の中で埃を被ったまま使われることはなかった
立場が逆転した途端妻は食洗機を俺の母親に譲りやがった
頭にきた。俺は使うつもりは無いが、このタイミングで譲るなんて性格が悪すぎると言い合いになった
妻には家事のやり方に無意味に制限つける方が性格悪いと言い返された
買ったのは妻、使用者は誰もいない、同居者は使用に嫌悪感を覚えているという状況で「妻が他人に譲る行為」の何が悪いのかと冷たく言い放たれた
どうせ他人には使用させないくせに、いざ自分の番になったら使うつもりだったんでしょと嘲笑われた
冷静になって考えてみると、俺ってモラハラ夫だったのかなと思う
謝って、家事は分担制にしてとお願いしても大丈夫だろうか 
 
コメントの数(32)│ コメントを書く
2020年11月17日
カテゴリー:

衝撃体験談

私は中学生の時吹奏楽部だった。
うちの学校の音楽室は二階にあったんだけど外階段に繋がるドアがあって、ある月曜日朝練習に登校するとそのドアの窓ガラスが割られていた。
誰かのいたずらかな?と言いつつ、音楽室内に破片が散らばって危なかったので軽く掃除したり先生に報告しにいったりした。
うちの部活は開始前、各々のパートの下級生が先輩達のものも含めて楽器室に置いてある楽器を練習する教室まで率先して運ぶ暗黙の了解があったので(大抵の先輩は手伝ってくれる)
当時一年生だった私は楽器室に行ったんだけど、先輩達の楽器がなかった。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2020年11月16日
カテゴリー:

感動体験談

夫は父子家庭だった。
母親は夫が高1の時に亡くなったそうだ。
義父も父子家庭だった。
義父が中3の時に亡くなったそうだ。
義祖父の母も同じで、みんな母親が40になる前に亡くなってるらしい。

そしてみんな一人っ子だった。
何その蜘蛛の糸のような細々とした血筋。
ぶっちゃけ呪われてるんじゃないかって近所でも噂になったことがあったらしく
義父からは、もしうちの息子と結婚してくれるなら
田んぼも何もかも処分して土地を離れてもいいって言われた。


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2020年11月15日
カテゴリー:

衝撃体験談

友達と大学の廊下を歩いていたら、
大学のソファーで体を倒して寝ている女の子がいた。
同じ授業を受けたことがある同じ学科の先輩だったが名前は知らなかった。

「具合悪いのかな?」
「声かける?」
「いや、でも寝ているだけじゃない?」
「こんなところで寝るなんて非常識な人だね。」

とスルーした。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2020年11月14日
カテゴリー:

衝撃体験談

職場恋愛で婚約後に破談になったことがあった。
披露宴に関して、俺にはこだわりは無かったけど彼女が望むならやらせてあげたいとは思っていた。
しなくていいと言うなら記念写真ぐらいは撮っておこうってぐらいの感じ。
それが彼女が披露宴会場に指定したのがSって言う五つ星の高級ホテルだった。
料理も最高ランクのフランス料理、引き出物も高価なものを物色していて
一日2組限定だとかで、ここなら友達に自慢できるし一生の思い出にもなるって言いながら
カタログをドンッと目の前に置かれて、いやちょっと待てよ!って。
いくらかかると思ってるの?そんなに貯金ないでしょ!って。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2020年11月13日
カテゴリー:

衝撃体験談

万馬券といえば、まだ馬連ぐらいしかなかった時代に
ネット投票権は持っていたものの、会社の後輩が
週末街に出るから代わりに買ってきますよというので
買い目のメモと3万渡したら、見事1万2000円ほどの
配当を5000円的中
早速電話したら圏外で、そのまま会社に来ることはなかった
元々3万をのむ気だったのか、配当に目がくらんだのか
言葉は悪いが、たかがその程度のお金で今の生活捨てる
決断することにびっくりした覚えがある

 
コメントの数(13)│ コメントを書く
2020年11月12日
カテゴリー:

衝撃体験談

元夫とは結婚してすぐうまくいかなくなった。
結婚前にした約束を全部破られ、共働きだから家計に入れるお金も半々、家事も半々と言ったのに全部こっちに押しつけられ
愛情が消えかけていた時、これじゃ駄目だと思って

「話し合おう」

と申し出たら

「女は感情論しか言わないから無駄w」

と鼻で笑われた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2020年11月11日
カテゴリー:

衝撃体験談

コロナ騒動の前の話、自業自得ではあるが友人Mの結婚式が悲惨だった。
友人は学生時代DA君という同級生を頭がおかしい奴といじめていたそうだ。
そのDA君からMに

「お前が散々いじめてくれたおかげで俺は狂っちまったよ、結婚式を台無しにしてやるぜ」

と復讐を予告する手紙が送られてきた。
俺はMに過去にそんな酷いことをしたなら謝った方がいいと忠告したのだが、

「あんな頭おかしい奴に俺様が屈するわけないだろ」

と聞かず結婚式を強行した。

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
2020年11月10日
カテゴリー:

衝撃体験談

義父母が年2回、半月ほど我が家に滞在する。
旦那は一人っ子で、ただひとりの孫との時間を満喫する為だ。
正直言って半月は長いな、せめて一週間ぐらいだと楽だけどなって思うが
同居や近距離じゃないだけましかなと思って
そこは我慢しておもてなしすることにしていた。
が、昨年の夏のこと。
私の実家で母と同居している兄夫婦が家を建て直すことになって
母を一週間ほど預かってくれないかと打診があった。
その間はマンスリーマンションで暮らすことにしてるんだが
兄夫婦は新婚旅行以来旅行らしい旅行をしたことがないので
この機会に海外旅行をしたいらしい。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
2020年11月09日
カテゴリー:

衝撃体験談

呼ばれてたあだ名が差別的なものだったって気づいた時が色んな意味で衝撃的だった。
私は発達障害持ち(高校の時に発覚)な上におかしい性格をしている。
子供の時は本当におかしくて、異様に人懐っこくて人を信用しやすい性格だったからいじめられてたけど当時は気づけなかった。
小学校に入学してまもない頃に上級生(5、6年生)と交流して
すぐに私に「障害者」「知的障害児」というあだ名がついた。
でも当時は言葉の意味に気づかずに

「今日から○○ちゃんのことを「障害者」って呼ぶからね」

って言われて素直に

「うん!」

と答えてた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2020年11月08日
カテゴリー:

おもしろ体験談

あらかじめ言っておくが私は底意地悪い
手作りのお菓子を自転車のかごの中に入れっ放しにしてコンビニで買い物をしたら盗まれた
友達の家に向かう途中だったので余計な菓子を買う事になってイラついた
友達に話したら食えないお菓子を作って罠にハメないかと提案された
次の休みに特製シュークリームを作って自転車のかごに置いてコンビニの中で友達と見張っていた

子供連れの母親が盗んでいったので友達に後を追わせ自分は警察に連絡した
110番通報ではなく最寄りの警察署に相談したら自転車に置きっぱなしにしたあなたがいけないのではと言われた

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2020年11月07日
カテゴリー:

衝撃体験談

数年前にスーパーで買い物していた時、会計が終わってかごを持ちながら
財布をカバンにしまおうとした時、いきなり横からニュッって手が伸びて来て、財布を盗られた。
慌てて

「何すんだ!?」

と叫んだら、盗った奴は普通の主婦みたいな人で、逆にその女に

「泥棒!財布盗られた!」

と騒がれた。

続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く
2020年11月06日
カテゴリー:

衝撃体験談

十ウン年前の話だけど、初めてできた部下Aくん。
常務のコネとかで、常務からは

「おとなしいけれど、根は素直ないいやつなので」

とよろしく頼まれた。
Aくん本人は、二十代半ばの色白のおとなしいタイプ。
芸能人でいえば、藤井隆をスリムにした感じ。
自分が係長になって初めて預かった新人だから、そりゃもう、優しく接した。
Aくんは、仕事ぶりも丁寧だし、勝手なことをしないので、安心して仕事を任せられた。
で、その当時、うちの部署には、俺より先輩のお局Kがいた。
Kは主任なのだが、やたらと感情的で仕事もできない。
ただ、若い頃は部長たちのマスコット的存在だったとかで、上からの覚えだけはいい。
このお局がAくんに目を付けた。

続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く
2020年11月05日
カテゴリー:

衝撃体験談

昨年義母が他界したんだが、その10年ぐらい前に義父が亡くなっている。
義父はお酒の好きな人だったんだが、夜中に酔って帰ってきて
リビングのソファにひっくり返って高鼾をあげて眠ってるのを
義母が怒って放置してたら、朝冷たくなってたんだ。
前々から酔って帰ってはあちこちでひっくり返って寝てる事があったし
これはもう仕方ないよ・・・って雰囲気だった。
でも当時の私の本音は、義父じゃなくて義母だったら良かったのにって思ってた。
義父はお酒好きだったけど、明るいお酒で、人に絡んだり愚痴っぽくなったりはしなかった。
何度か一緒にお酒飲んだことあったけど、話題が豊富で本当に楽しいお酒。
だから一緒に飲みたいって人が多かった。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2020年11月04日
カテゴリー:

衝撃体験談

かなり昔の話だから曖昧なのはご容赦ください。
あと少々流血注意。
私が5歳だった時のある日、1歳半の妹を連れて家族4人でデパートに行った。
買い物途中、父がトイレに行き、私たちは吹き抜けのそばにあるベンチで休憩。
よちよち歩く妹を母が少し後ろから追って見守り、私は座って荷物番をしてた。
まわりのお年寄り達が、そんな妹たちを微笑ましく見てた気がする。
そしたら、大柄の女性(に見えたけど後に男性と分かる)が、妹にスタスタ近づいた。
そのままひょいと妹を持って吹き抜けに投げ込んだ。
飛んでく妹の、きょとんとした顔をよく覚えている。


続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
2020年11月03日
カテゴリー:

衝撃体験談

夫の弟(義弟)がイヤ。
義弟は夫の10歳下。
義母が甘やかすもんだから、就職しても義実家で上げ膳据え膳、
給料は全額自分の遊び金、ギャンブルと女遊びにつぎ込んでしまう。
たまに義父に叱られると家出して、電車で1時間ほど離れたうちに逃げ込んできた。

うちでも上げ膳据え膳ヨロシク&夫に小遣いチョーダイしてきたから、
気の強い私は夫との新婚1年目の時に盛大にブチ切れてやった。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
2020年11月02日
カテゴリー:

おもしろテキスト

男「…はぁ」

男(また月曜日がきてしまった…学校いきたくない)

男(クラスでは底辺カースト。友達もいない。昼飯時にはDQNたちに席取られるから便所飯)

男(勉強も運動も特に得意という訳でもないし部活もしてない)

男(家に帰ってネットとアニメで時間が過ぎる。そんな毎日だ)

男「…はぁ」

男「いっそのこと、全然違う世界に行けたりしたらいいのになぁ…」フラフラ

通行人「お、おい君!信号赤だぞ!?」

男「…え?」

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2020年11月01日
カテゴリー:

感動体験談

企業の合併で、人事シャッフルのために異動した先に彼女は居たんだ。
第一印象 「すごい顔の女が居るなぁ〜(汗」 いや、冗談でなくマジに!
席が隣だったんだけど、なるべく顔を見ないように会話してたくらいだ。
そんな人と何故仲良くなったかと言うと、お菓子の交換のせい。
コンビニで見つけた期間限定や美味しそうな菓子を事務所に持ち帰っては、
隣の席だからと1個わけてあげると彼女も同じような事をして返す。
性格が全く合わないが、この辺の趣味だけは一致してた。
会話するうち、いい歳してピンクやフリルが大好きな乙女だと判明w
「そーか!この人はゴジラの着ぐるみを着た乙女なんだ」と理解した。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

TOPへ戻る
週間人気ページランキング

TOPへ戻る
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ