月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2017年02月28日
 ・体験談:約1カ月前から彼が元カノと連絡を取り始めた。 [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:私は奥手で初めて男性と付き合ったのは大学3年の時だった。 [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:通学途中であなたを見るたびに胸が苦しいです。 [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2017年02月27日
 ・体験談:私は趣味に関するブログで活動しているだけの一般人 [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:ある披露宴、新郎が海自の方でした。 [感動] (12)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺は産まれてすぐ施設に入れられた。 [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
2017年02月26日
 ・体験談:いい整体がある、一発で治るから一緒に行こう [爆笑] (8)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:俺の会社に室長がどこからか連れてきたAさんがいる [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:うちの会社で昔「卵焼き殺人事件」と言うのが起きた [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
2017年02月25日
 ・体験談:ほぼ同時期に、奥さんの出産のため1年間育休を取りたいと言い出した。 [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:弟は虐待を受けていた…と、俺は思っていた。 [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:出張先で商談を終えて宿泊先のホテルの向かおうとタクシーに乗った。 [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2017年02月24日
 ・体験談:うちの嫁は、子どもころから予知夢を見ていたらしい [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:私が結婚で家を出たら兄夫婦のものになると主張する兄嫁。 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:去年、かなり可愛がってくれた父の妹(叔母)が闘病生活の末亡くなった。 [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月23日
 ・体験談:父子家庭の俺が高3の時に親父が死んで祖父の家に引き取られる [感動] (18)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:兄弟のように育ち、年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼 [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:いつも一人でお昼食べてるような文学少女が修学旅行で豹変した話 [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
2017年02月22日
 ・体験談:子供がネット上で「死にたい」と書き込んできた時が修羅場だった [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:うちの長女を授かってからの30年が衝撃に満ちてる [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。 [感動] (8)-[ 感動体験談 ]
2017年02月21日
 ・体験談:待合室にゴールデンレトリバーを連れたおじさんと、立派なオウムを連れたおじさん [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:友人は蝶よ花よと育てられた生粋の箱入り娘。 [おもしろ] (6)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:パンを作るのが趣味の上司 [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
2017年02月20日
 ・体験談:婿養子が条件の嫁と結婚した [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:結婚して戻ってきた姉夫婦が夫婦円満すぎる話 [ほのぼの] (10)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:でも3、4才の頃から毎日鼻血出るまで殴られたこと忘れてない [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月19日
 ・体験談:働き蟻のうち、二割のサボっているアリは緊急時に本気出すって話を聞いた [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:託児を任されたけど、何もできなさすぎて驚いた [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:日曜日は出られる親族が集まってちょっとした会合を行ってます。 [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
2017年02月18日
 ・体験談:今日、自分が自意識過剰な人間だとわかった。 [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:21のとき、糞女に轢かれて、入院 [おもしろ] (20)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:うちの馴れ初めは飲み屋でした。 [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
2017年02月17日
 ・体験談:女の子の体をあちこち擦り始めたんだ [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:祖母が50代でアルツ発症した。 [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:お前の姉ちゃんカワイイじゃん、明日までに裸の写真とってこいよ [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月16日
 ・体験談:ホワイトデーのお返しでグラモディーズ?という店のマカロンをくれた。 [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:思ってた以上に自分がひんぬーだったことが衝撃だった [おもしろ] (13)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:見知らぬ女が立ちはだかった [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月15日
 ・体験談:えぇ、出会いはファミレスでしたよ。 [ほのぼの] (3)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:最近、人を慰めることを覚えた2歳の息子。 [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:俺が亡き恩人から受け継いだ会社を経営してなんとか潰さずに堪えていた頃 [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月14日
 ・体験談:親がおかしいと自覚した時の話。 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:女性のバレッタの飾りの部分がポロッと落ちた。 [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:魔王ちゃん「最近の人間は歯ごたえがなくて困る」 [おもしろ] (4)-[ おもしろテキスト ]
2017年02月13日
 ・体験談:嫁が身を乗り出しちゃい前にいた白人のおばちゃん落としかけた [ほのぼの] (4)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:酷い失恋をしたことがきっかけになり、すっっっごく卑屈になっていた時期があった。 [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺は20歳までずっとブサメンチェリーだった [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月12日
 ・体験談:必ずウチの病院の狭い駐車場に長時間放置する輩があらわれる [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:電車大好き7歳息子 [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]

次のページへ
2017年02月28日
カテゴリー:

衝撃体験談

昨日の修羅場です。

私、21歳
彼、26歳
彼の元カノ、28歳

約1カ月前から彼が元カノと連絡を取り始めた。
やり取りの始めは元カノから始まり、
「旦那とうまくいってないの」→「もしかしたら離婚するかも」→「今彼女いるの?」→「いないんだ良かった」→「今度会いたいです」
との流れ。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

私は奥手で初めて男性と付き合ったのは大学3年の時だった。

付き合い始めて半年ぐらい経った頃に、彼がやたら夜のホテルに誘うようになって。
恥ずかしながらその時点で私はつるんつるんの未経験だったので
初めてが夜のホテルって言うシチュエーションに少なからず抵抗があった。

あんまりしつこく誘われるもんだから正直にそれを言った。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

近所の家の息子(高校生くらい)が毎日変な音楽やらテレビやらを大音量でかけまくって
非常にうるさかった。
しかも、夜一時頃でも平気でいきなりジャーン!!とやらかす。
隣近所からも文句が出ていたようだが、一家揃ってドキュ揃いで親も逆ギレする始末。
まっとうな方法じゃ無理だな、と思った俺は仮名でそいつにラブレターを書いた。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2017年02月27日
カテゴリー:

おもしろ体験談

ちょっとした仕返しというか因果応報だなあと思ったこと。
以下フェイクあり。

私は趣味に関するブログで活動しているだけの一般人なんだけれど、実はそのジャンルに特化した情報サイトから声をかけられて、連載を持たせてもらっている。

ちょっと特殊な道具を使うので、それの安全な取り扱い方の記事を掲載してもらった翌日、編集部からメールが来た。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

ある披露宴、新郎が海自の方でした。
同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、

自分が海軍にいた事。
孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が

「何に乗っておられたのだ」

と尋ねると、新郎は小声で

「大和です」

それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺は産まれてすぐ施設に入れられた。
親は893とその愛人

俺が2歳の時、両親が事故に遭い育児困難という家庭の子が来た。
その子はまだ1歳。
A君とします。

毎晩毎晩パパママって泣いてたのを覚えてる。
半年後に両親が元気になったからと言って引き取られて行った。

乳児院にいる子は半分は親元に帰り、残りは養護施設にスライド進級

A君が居なくなっても何も感じなかったんだけど、A君の母親から手紙やプレゼントが届く様になった


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2017年02月26日
カテゴリー:

爆笑体験談

ギックリ腰でたまらない思いをしてたとき、夫と義母が

「いい整体がある、一発で治るから一緒に行こうと」

誘われついて行くことに。
着いたところは普通の小さな民家。
中に入ると坂田利夫みたいなオッチャンがいて、マットにうつ伏せになるだけ。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

会社内でプチ混乱が起きている

俺の会社に室長がどこからか連れてきたAさんがいる
スッピンマスクで低身長、年齢不詳
ただ、勤務歴6年だからそれなりの年齢ではあると思っていた
大学のバイトがきっかけでそのまま就職する人もいるから
俺の予想では25くらい

子供相手の仕事なんだが、Aさんは子供に年齢をよく聞かれる
社内規定で年齢を教えてはいけないことになっているんだが
そのせいで子供はよくAさんの年齢を予測してはカマかけをしてた
子どもたちの予想で一番多いのは20歳
ついで18歳
高校生なのか周りにこっそり聞きに来る子もいたくらい
勤務歴を知らなければそれくらい年齢が不詳


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

うちの会社で昔「卵焼き殺人事件」と言うのが起きた
毎年新人の研修合宿で話される。
同じ悲劇を繰り返さないために。
その男はとにかく優秀だった。
大抵のことは一度説明すれば出来たし少し頭がアレな社員ともうまく付き合えた。
どこのお客さんとも揉めることなく確実に仕事をこなした。
やさしく温厚で誰とでも打ち解けて本当に良いヤツだった。
その男はとにかく卵焼きが大好きだった。
うちの会社の食堂では定食、麺類、カレー、丼とメインを選択後に副菜を一つ選ぶのだが
その男は毎日必ず卵焼きを食べていた。
副菜に卵焼きがない日は午後からドンヨリするほどだった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2017年02月25日
カテゴリー:

おもしろ体験談

「できる男性ほど育休は取らせてもらえない」
「男性で育休が認められるのはできない社員だから」
という考えが間違ってる、と気づかされたときが衝撃だった。
昨年、同じ部署の男性社員A、Bがほぼ同時期に、奥さんの出産のため1年間育休を取りたいと言い出した。
Aさんはすごく仕事ができてみんなから信頼されてる人。
Bさんはすぐ終わるような仕事をだらだら時間かけてやって、そのくせ忙しいアピールをするような人。
私としては、Aさんに休まれたら仕事が回らなくなるし困るなー、Bさんはいるだけで部署の雰囲気が悪くなるし(残業代稼ぎがミエミエだから)
休んでくれてもいいかなーって思っていた。
けれど、上司が出した結論は、Aさんは育休OK、Bさんは考え直すようにとのことだった。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

俺が5歳の時に弟が産まれたんだが、弟は虐待を受けていた…と、俺は思っていた。

弟が産まれた時は単純に嬉しかったし、可愛いとも思ったが、母親が弟に付きっきりで世話してるのが羨ましくて嫉妬して…っていう「赤ちゃん返り」的な思考だったんだよな、今思えば。
弟が離乳食を食ってる時。
俺は「プリンだ!」と思った。
ドロっとして弟は美味しそうに食べてる。
ズルいと思った俺は「ほしい」とねだった。
すると母は俺に食わせてくれた。


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

出張先で商談を終えて宿泊先のホテルの向かおうとタクシーに乗った。

「何処?」

と聞かれて、えらいぞんざいな聞き方だなと思いつつ

「○○ホテルまで」

と告げた。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2017年02月24日
カテゴリー:

おもしろ体験談

うちの嫁は、子どもころから予知夢を見ていたらしい、それは自分に関係する身近なことだけで
夢のとおりに行動すればいい事もあれば、悪い事にもなって警告なのか幸運を告げるものなのか
わからない時もあるらしい。
漠然と、将来のワンシーンを見るだけのこともあるらしい。

嫁の祖母(母方)もそうだったようで、祖母が最後に見た予知夢は出産前で、自宅の縁側で小さな女の子と子猫と一緒に日向ぼっこをしている夢だったらしく、出産後は予知夢を見なくなったそうだ。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

実家暮らしの私の部屋の調度類が、私が結婚で家を出たら兄夫婦のものになると主張する兄嫁。
何故だ。
自分が正論を言っていると思ってる。
終いには泣き叫ぶ。

「実家にあるものなのだから実家の財産!だから私達が相続する!」

と言って聞かない。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

最近聞いた、私にとって衝撃的な話。

去年、かなり可愛がってくれた父の妹(叔母)が闘病生活の末亡くなった。
私は叔母の子ども達(いとこたち)より叔母に似ていたが

父や父方の親戚たちには

「叔母の双子の姉によく似てる」

と言われてた。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2017年02月23日
カテゴリー:

感動体験談

父子家庭の俺が高3の時に親父が死んで祖父の家に引き取られる
祖父は路地を挟んで2戸一軒家を所有していたので普段使わない方に一人暮らしする形に
丁度その頃嫁家族が隣のアパートに越してくる
嫁の家族構成は嫁双子姉妹10才
嫁父(チンピラ)で父子家庭の3人
それから約4年は挨拶や祖父の家庭農園で余る野菜のお裾分けなど軽い近所付き合いをしてきた
嫁姉妹は中学生に俺は高校卒業後に知り合いの内装業に弟子入りし独立に向けて奮闘
で、進展があったのは普段から酒に酔っては暴力してた親父から避難して夜な夜な公園で時間潰してた嫁たちに仕事帰りの俺が出くわす
冬だったのと近所で露出魔の噂が合ったので危ないから俺の家で嫁父が寝るまで暖まってなさいと声をかける
俺宅で鍋を囲って嫁父の事を聞いたり俺が父子家庭だった事を話してる内に俺は寝てしまう


続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。
その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。
仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、介護に関われたのは幸せだと思っていた。
介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。
亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

いつも一人でお昼食べてるような文学少女が修学旅行で豹変した話

俺の高校は進学校だったせいか、下らないイジメなんかは無かった
その代わり内向的だったり内気な子は構われもせず一人で居ることが多かった
俺のクラスにも一人そんな女子がいて、本ばっかり読んでるからより孤立してた
外見に気を使うような子ではなかったから制服も規定通り着こなしててもっさりしてたし、髪も腰まで伸ばして縛ってるようなタイプだったけど
顔立ちは整っていてかなりの綺麗好きだったし、嫌われてたりしたわけではないので
二人組作ってーと声をかけられた時は適当に人を見つけるのがうまかったし、
一人余るときは自分から「私余ります」と言えるような、気軽なぼっちだった


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2017年02月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

子供がネット上で「死にたい」と書き込んできた時が修羅場だった。
悩んでいるのは分かっていた。
けど聞いてもハッキリとは答えてくれず、踏み込むことができなかった。
けど悩みが深刻化しそうだったから、話しにくいならと、相談できるサイトを紹介した。
(この頃2ちゃんねるを知らなかったので知〇袋を紹介した)
私は子供の日記や手紙を盗み見たことは一度もないけど、この時ばかりは日に日に子供が辛そうだったから、後日サイトを開いて思い当たるキーワードを入れまくって子供の書き込みを探した。
それと、最初に登録方法を教えた時にチラッ見えたIDの一部を探し、見つけることができた。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

うちの長女を授かってからの30年が衝撃に満ちてる

長女を妊娠してすぐの頃、夫と買い物中夫が人違いで刺される(命は助かった)
旅行先で長女が帰りたいと連発→切り上げて帰ると翌日大震災
食事に出掛ける途中「お母さん、あの人飛び降りる!」→人が落ちて来る
旅行先で長女と次女が散歩に→白骨遺体発見
近所で犬の散歩中、川を見つめる長女と遭遇→「あれ、人間だよね」と腐乱死体
初めて家族で海外旅行!→長女「NYはやめよう」→9.11


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。

車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。
その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。
奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まってA子をどうするかという話合いになっていた。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2017年02月21日
カテゴリー:

おもしろ体験談

犬の予防接種で動物病院に行ったら、待合室にゴールデンレトリバーを連れたおじさんと、立派なオウムを連れたおじさんがいた。
レトリバーもオウムも大人しくしてたんだが、不意にオウムが

「おすわり」

って言った瞬間、レトリバーとうちの犬がサッとおすわりをした。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

友人は蝶よ花よと育てられた生粋の箱入り娘。
中学から女子校に通って女子大を卒業。
そのままパパの会社へ就職。
担当は総務。
仕事内容は簡単な作業ばかり。
社会人2年目でようやく周囲と自分の扱いが違うことに気付き、初めての反抗期を迎えた友人。

「私だって立派な大人なんだから!」

と会社を辞めて私の家に転がり込んできた。
んで、とりあえず仕事が決まって落ち着くまで居候させることに。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

パンを作るのが趣味の上司
休みの日に作って月曜日に持ってきてくれる
クロワッサンからよもぎパンバターロール等ホントに美味しい
月曜日はそれが楽しみでコーヒーを買ってきてお昼に頂いて残りは持って帰る
そんな上司が3ヶ月東京の本社に出張が決まった
美味しいパンが食べられなくなるなんてって言ったら何故か

「パンが目当てだったのね」

とおネエ言葉
みんなで大笑いした楽しい職場です

コメントの数(6)│ コメントを書く
2017年02月20日
カテゴリー:

衝撃体験談

昔々の話

婿養子が条件の嫁と結婚した
すぐに、かわいらしい男の子が生まれた
その5年後に嫁が病死した
義理の父母と5歳の息子の4人で生活が始まったんだが
義母の料理が俺の口の合わない。息子の面倒もあまり見てくれない

いくら婿養子で結婚しても、嫁も居なくなったし
合わない家族と一緒に生活をするのは変だと思うようになった
幸い、俺の両親は健在で俺の実兄は別の家で家族と暮らしているので
実家に息子と転がりこむのは可能だった


続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

結婚して戻ってきた姉夫婦が夫婦円満すぎる話

姉「あなた(義兄)の風邪をうつされた私にコーヒーを入れてくれないかしら」

義兄「風邪ひいてなくても入れさせるくせに」

姉「あなたが私に入れてくれる回数の10倍はあなたにコーヒー入れてあげてるのは誰かしら」

義兄「ぐぬぬ」



続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

親からぶどう送るとメール来た→いらないと返す
既に注文した送るとメール→もう前のとこにはいないと返す→以後のメール無視
弟から、親から姉の住所教えろとメール来た、教えていいか?とメール
弟に謝罪のメールして、自分で住所教えた

世間的には良い親なんだろうし、彼らなりにわが子を愛してもいるのだろう
でも3、4才の頃から毎日鼻血出るまで殴られたこと忘れてない
弟だけ保育園に入れてもらえて、自分はたった独り家に置いて行かれて
子供なんか1人もいない近所を徘徊する子供だったこと忘れてない
小学校入って生まれて初めて同年代の子供の集団を見たけど
友達を作るスキルなんて欠片も備わってなかった

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2017年02月19日
カテゴリー:

感動体験談

いま衝撃を受けている
働き蟻のうち、二割のサボっているアリは緊急時に本気出すって話を聞いたが
それを目の当たりにしている

たちの悪い肺炎球菌をうつされ、隔離された床に伏すこと今日で10日目

家に居るのは水の一杯すら持ってこない旦那
フリーターで寝てばかりの長女
正社員だけど絶対料理しない次女

「おい、お茶」

しか言わない農家の舅

最初40度の熱が出た時はこの家もうダメだと思った

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

母の腹違いの兄(母が49なので多分55くらい)の子供(現小4、4月から小5)の託児を任されたけど、何もできなさすぎて驚いた
結婚式の招待状が届いたが、中学生以下はお断りだったらしく、理由が理由なので預かった
血のつながりが薄いけど一応従兄弟って扱いになるのか?
母が更年期で子供の声も頭に響くらしく寝たきりだから、私(26歳)と妹(22歳)で面倒を見てた
私たちに子育て経験は無し
でも小4だから大丈夫かなと思ってたら

・時間割を見て学校の準備ができない
家にはおじいちゃん2人、おばあちゃん2人がいて、じーじかばーばがやってくれる


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

私(26歳男。)が日曜日に体験した話
毎年4月に入る前の日曜日は出られる親族が集まってちょっとした会合を行ってます。
これは親族間での伝統行事的なもので特に意味は無いのだが
親族には議員秘書、弁護士、税理士、経営コンサルタント(有名らしい)、医者といったすごいメンバーが集まって
おり、色々な裏話が聞けるので俺は毎年楽しみにしている。
ちなみに私はブラックと名高い会社の営業。
しかも平社員w
しかし皆、小さい頃からの付き合いが有る上余裕のある方々ばかりというのもあり

「辞めるときはいつでも言えよwなんか良い仕事見つけてやるからw」(コンサルタント)とか
「会社訴えるときは俺に言えよ。格安でやってやるから。」(弁護士)とか

笑い話としてサラリーマンネタなんかを話しながら和気藹々とした雰囲気で会は進みました。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2017年02月18日
カテゴリー:

おもしろ体験談

今日、自分が自意識過剰な人間だとわかった。

うちの家は2階にリビングがあってリビング横に二畳ほどの壁で囲まれているベランダがある。
そこに11月〜2月の終わりくらいまで、父が小さなイルミネーションの箱庭を毎年作ってくれる。
夜にリビングの明かりを消して眺めているととっても癒される。

私が小さなときから作ってくれていて、子供のころは毎年楽しみにしていて作るのも一緒に手伝っていた。
でも中学生になったころから世間の家庭と同様、反抗期を迎えイルミネーションの製作も全く手伝わなくなった。
今は大学生


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

21のとき、糞女に轢かれて、入院
糞女が悪いと思ったのか、毎日手を握りにきた
後に、この行動は、慰謝料減額工作と発覚
途中でめんどくさくなり、中3の妹に一回1,000円で外注
妹は金欲しさに毎日来院

なんとなく動くようになって

中3なので勉強教えてやったり、互いに趣味が一致してて、雑談が増えた

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

うちの馴れ初めは飲み屋でした。
金なし家なし親戚なしだったので
しょうがなく日払いの飲み屋に務めてたとき客として来たのが旦那。
金もないからお下がりのブーツ履いてたんだけど、ブーツが壊れてたので

「買ってくださーい(笑)」

って言う話のタネて会話してたら

「買ってやるよ」

って言ってつながったのがはじまり。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2017年02月17日
カテゴリー:

衝撃体験談

体験談:女の子の体をあちこち擦り始めたんだ [衝撃]

6年くらい前の夏の話。

バイト先のコンビニに、小学校中学年くらいの綺麗な顔の女の子と
小太りの20歳くらいの男が一緒に買い物に来ていて、最初は兄妹かなと思ってたんだけどね。
二人が私のレジに来て会計を始めた途端、小太りが女の子に後ろからギュッと抱き着いて

「○○(女の子の名前)は可愛いな〜可愛いな〜」

と言いながら女の子の体をあちこち擦り始めたんだ。


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

祖母が50代でアルツ発症した。
当時母は20代、私は2つか3つくらいだった。
物心ついた時から母は祖母(母にしたら姑)の介護をしてた。
父は介護は一切手伝わなかった。
私は祖母が寝た切りになってからお手伝いするようになった。
徘徊してた頃は危ないからって祖母には母が近づけさせなかった。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺は中1のとき、めっちゃチビだったんでクラスのDQNに苛められていた。
ある日学年をシメるDQNにクラス皆の前で

「お前の姉ちゃんカワイイじゃん、明日までに裸の写真とってこいよ」

って脅された。
一晩考えた末、次の日教室で木刀振り回してDQN全員に襲い掛かった。
幼少から剣道をたしなんでいたため丸腰のDQN数人に負けるはずもなく全員ボコボコに。
当然先生には怒られたが、クラスメイトが事情を説明してくれたために
道場で1週間の謹慎をくらっただけで済んだ。

だがDQNを倒すことを選んだ本当の理由は姉ちゃんを守るためじゃなかった。
姉ちゃんは当時中2にして合気道の達人呼ばれており、
竹刀を使って姉ちゃんとケンカしたことがあるが、全く歯が立たなかった。
つまりクラスのDQN全員より姉ちゃんを敵に回すほうが怖かったのだ。

コメントの数(9)│ コメントを書く
2017年02月16日
カテゴリー:

おもしろ体験談

昨日、取引先の営業さんがホワイトデーのお返しでグラモディーズ?という店のマカロンをくれた。
これに大の甘党でスイーツ大好きな後輩(26歳の男)が大はしゃぎwwwww

営業さんが会社を出た直後。

後輩は私と女性スタッフの下へ寄ってきて

「お金は払うのでぇ、このマカロンのぉストロベリーだけ僕にいただけないですかぁ?」

と聞いてきた。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

思ってた以上に自分がひんぬーだったことが衝撃だった

私は自他共に認める超ひんぬー
今まで生きてきて自分よりムネ小さい成人女性を見たことがない(温泉とかでも)
そこらのぽっちゃり男性の方がよっぽどバストあるだろってレベル

幸いにも、胸の大きさなんて気にしないぜ!って言ってくれる男性と巡り合って結婚し
トントン拍子に妊娠、出産。
そしたらムネがでかくなった


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

とある平日
子梨主婦の私は近所に住む妹+甥を車で拾って
ショッピングモールのフードコートに行った

渡された番号札がピーピー鳴り、オーダーした自分の分のラーメンを受け取り
両手でトレイを持って席に向かって歩いていると
見知らぬ女(以下キチ女)が立ちはだかった

目も合わせずよけようとすると
ぐいっと私の真ん前に立ってとおせんぼ

「?」と思ったら、キチ女は恐ろしい目で私を見て

「運命だから」

か何かを言って、少し腰を落とし
左足を軸に右足を左斜め後ろに引いて構えた

次の瞬間、女性とは思えないパワーの回し蹴りを腹部にくらった


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2017年02月15日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

「いらっしゃいませ、何名様ですか?」 → 「1人で」

「それではこちらの席へどうぞ」 → 追従

「ご注文が決まりましたらボタンでお呼び下さい」 → 「はい」

えぇ、出会いはファミレスでしたよ。

当時の出向先に近いファミレスをよく昼食に利用していた。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

最近、人を慰めることを覚えた2歳の息子。
普段、ベラベラ煩いぐらいよくお喋りしているのに、泣いてたり疲れた顔を娘達や私がしてるのを見つけるとそっと仕方ないなとでも言うように微笑みを浮かべながら近づいてくる。
そして、泣いてる人の両ほっぺを手で包み込んで胸元に顔を近づけると、抱きしめながら後頭部を優しくポンポンしてくれる。
それが壊れものを触るような凄いソフトタッチで、嬉しい反面笑ってしまう。
そしてのちのち分かったのが、男子には

「大丈夫?」

と言って手を差し出す。
女子には無言で抱きしめて頭ポンポンと使い分けられてたことが判明した。
2歳児の癖にどこで覚えたんだ。
そのテクニックww
優しく育ってくれてるのは嬉しいがその使い分け、将来女ったらしにならないか心配だw

コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺が亡き恩人から受け継いだ会社を経営してなんとか潰さずに堪えていた頃、小規模企業経営者の集まりである女性と出会った
Aさんとする
Aさんは、男尊女卑の残る企業経営者のおっちゃんたちにすら一目置かれる凄腕で、信者みたいなメンバーもいるほどだった
俺より年上で、そこそこいい歳だったが独身で女性ばかりの会社を切り盛りして売り上げを出す辣腕経営者だった


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
2017年02月14日
カテゴリー:

衝撃体験談

親がおかしいと自覚した時の話。

中2の真冬。
理科の授業で惑星の並びをやって、夕食時にその話をしていました。

私「水金地火木土天海冥なんだよ」

父「水金地火木土天冥海に決まってるだろ!」

と、いきなりキレた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

20年ぐらい前、お稽古の帰りに歩道を歩いていたら
私の前を歩いてる女性のバレッタの飾りの部分がポロッと落ちた。

「落ちましたよっ!」

って言いながらそれを拾おうとかがんだ。
その女性も声に気が付いて立ち止まり振り向いた。
直後にドスッ!って鈍い音がした。
振り向いた女性の向うに人が倒れていた。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろテキスト

魔王ちゃん「やれやれ・・・」

勇者「まったくで・・・」

魔王ちゃん「うおっ!?おまっ、どこから入った!?」

勇者「かわいいなー。なでなでしたいなー」

魔王ちゃん「やめろ馬鹿者。気安く触るでない」

勇者「いいじゃないか。減るものじゃないし」

魔王ちゃん「減るのだ!だから触るな!」

勇者「えー」


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2017年02月13日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

人生最大の修羅場は新婚旅行で行ったグランドキャニオン
眺めがよくて嫁が身を乗り出しちゃい前にいた白人のおばちゃん落としかけたこと
グランドキャニオンてよくテレビで見るとおり断崖絶壁で柵がないとこもかなりあって落ちたら必死

バランス崩して落ちる直前まで踊りのように抵抗したおばちゃんの根性のお陰で間一髪で俺はおばちゃんの服掴めた
まんまファイト一発な状況
おばちゃん宙吊り、俺片手じゃ引き上げるどころか維持だけで腕がもげそうだった
ぶっちゃけ離して楽になろうかと一瞬考えちゃったくらい激痛だった


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

数年前、酷い失恋をしたことがきっかけになり、すっっっごく卑屈になっていた時期があった。
普段の言動は変わらなかったから、私自身も周りも全く気付かなかったけど、恋愛が絡むと驚くほど卑屈になって、好きな人の前では何も出来なくなっていた。

その時片想いをしていたのは、靴屋の店員さん。
たまたま入った靴屋さんで一目惚れして、2回目の来店時に奇妙な質問をしたことで、顔を覚えてもらえた。
以降、店員さんと話したくて通った結果、半年で8〜9足くらい靴を買ったような気がする。
でも、肝心の会話はほぼ相槌しか打てず…
どうしたものかとmixiのコミュニティで専スレを立てて相談することに。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺は20歳までずっとブサメンチェリーだった。
彼女できたことはあるが臆病でそれ以上の関係に踏み込めなかった
顔はブサメンだしコミュ症だし特別面白くもない
でも友達にはたくさん恵まれた
みんないつでも誘ってくれて遊んでくれた
20歳のときに彼女ができてそれが元嫁になるので元嫁と呼ぶ
元嫁は美人で細くて胸がでかくてメシウマで地元ではマドンナ的な存在で噂されてた


続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
2017年02月12日
カテゴリー:

おもしろ体験談

私は病院勤務なんだけど、隣が銀行で五十日になると駐車場が足りなくなるので、必ずウチの病院の狭い駐車場に長時間放置する輩があらわれる。
その車に張り紙したり、銀行に苦情を入れたりしても全然効果なし。
犯人を捕まえたくてもそこそこ忙しいので、見張ってる訳にもいかないので手詰まり状態。
しょうがないのでナンバーと車種を記録して写真を撮って最寄の交番に相談だけはした。
もちろん警察は事がおきないと動いてくれないのですが、なんかあった時は動きやすくなるとの事。
そんなある日の事、常連の通院患者さんと見た事ないケバいBBAが駐車場でなにやら騒いでいた。
ドクター以外の男は私だけなので、渋々様子を見にいくとBBAが通院患者さんに

「車をどかせ、そこは私が何時もキープしてある場所だ。」

などと迫っていた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

電車大好き7歳息子
毎日電車の絵をせっせと描いてる。
さっき同じ車両を描いた絵を2枚持ってきて

「どっちが上手だと思う」

と聞き
うーん右かなと答えたら

「500円です」

売りつけられたw悪徳商法ww

「カードで払います」

とクリーニングのメンバーズカード渡したら、
しばらく困った顔で見た後、ハンコを押す真似して返してくれたw

コメントの数(5)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ