月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2017年01月31日
 ・体験談:朝起きてカーテンあけたら、庭に某大手運送会社の大型トラックが停まってた [おもしろ] (11)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:私と旦那は大学卒業してすぐに結婚した [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:父の職業を勘違いしていた [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月30日
 ・体験談:妻にずっと引け目に感じてたことをついに告白した [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:酒飲めないなんて人生損してる [おもしろ] (18)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:亭主が双子なせいでプチ修羅場がwww [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月29日
 ・体験談:高校大学まで同じだったので3人でとても仲がよかった [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:「何か問題あるんか?これやったら誰か死ぬんか?」 [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:いじめを未然に防いだしつけで思い出した [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2017年01月28日
 ・体験談:一昨日から嫁の実家の近くに出張で来ていた [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・テキスト:僧侶「うちの勇者様が人間の女の子に興味を示してくれません……」 [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:誰かいた。人のベッドで布団も掛けずに、素っ裸で。 [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月27日
 ・体験談:お酒に逃げるようになっちゃったの。 [おもしろ] (3)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:自販機の前に毛の塊が落ちてた [爆笑] (6)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:大学生の時、6歳年上の社会人と付き合ってた。 [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2017年01月26日
 ・体験談:同居じゃないと結婚しない。 [ほのぼの] (10)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:息子(3歳)が今日嫁にした質問 [爆笑] (10)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:義実家で家業を手伝ってる独身コトメ [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月25日
 ・体験談:終わってみると、車の鍵がない。 [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:弟は昔はイジメられていて、よく守ってやっていた。 [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:じゃあ、来年の大阪場所チケット取ろうか? [ほのぼの] (3)-[ ほのぼの体験談 ]
2017年01月24日
 ・体験談:ドライな彼がそんな事をしていたとは!びっくりした。 [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺が高卒で倉庫会社に入り、リフトを運転してた。 [おもしろ] (13)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:義父の部屋へ自分一人が呼ばれた [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月23日
 ・体験談:普段色々面倒見てくれたのは叔母(父の妹)だった。 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:まめに爪のトリートメントを塗っている。 [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:全 裸 の 白 い 大 き な 赤 ち ゃ ん 発 見 ! [ほのぼの] (4)-[ ほのぼの体験談 ]
2017年01月22日
 ・体験談:おいこのブタ女!中出し女!てめー席譲れ! [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:30年近く片思いだった超絶ビ○チと結婚した話 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:先日、帰宅すると、なにか嫁の様子がおかしい。 [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
2017年01月21日
 ・体験談:何の前触れもなく、いきなりクビになった [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:私には大学時代に仲のよかった友人が5人組がいる [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:お菓子詰め合わせをラッピングして箱詰めして「ご自由にどうぞ!」って置いてたら [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月20日
 ・体験談:小3の長男は本が好き [ほのぼの] (4)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:投げ技かましてぶん投げた相手が今の嫁 [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:3.11の際の武勇伝 [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
2017年01月19日
 ・体験談:今日初詣であった話 [爆笑] (7)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:嫁の家族がなんか凄い [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:敷地の出入り口にただのカラーコーンを置いておいた。 [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
2017年01月18日
 ・体験談:私はドがつくほどの田舎住み [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:スネオ「僕は・・・神様になるんだ・・・」 [おもしろ] (5)-[ おもしろテキスト ]
 ・体験談:浮気されたんじゃなくて俺との結婚が間男のプレイだった。 [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
2017年01月17日
 ・体験談:元旦はいつも伯父の家に年始の挨拶で集まるのが恒例 [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:嫁と永遠に仲直り出来ました。 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:うちのイケメン大叔父の武勇伝 [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
2017年01月16日
 ・体験談:嫁が空から降ってきた [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:ボコボコにされるかマワされるか選べ [衝撃] (14)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:俺は大学を出て直ぐに5歳年上の彼女と結婚した [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
2017年01月15日
 ・体験談:前の職場で「専属雪かき要員」にされていた。 [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:俺は俺の説明不足と義父の勘違いで三回嫁に会っただけで婚約しちまった [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]

次のページへ
2017年01月31日
カテゴリー:

おもしろ体験談

以前、朝起きてカーテンあけたら、庭に某大手運送会社の大型トラック(他県ナンバー)が停まっててびっくりした
夜中に何か音が聞こえた気がするけど、台風の影響で風の強い日だったので、その音だと思ってた
うちはもともと畑を宅地にした土地だからすごく広いし、超ド田舎だから柵も作ってなかったから
入ってこようと思えばだれでも入ってこれるけど、まさか大型トラックが無断駐車するとはw

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

私と旦那は大学卒業してすぐに結婚した。
でも旦那友人は30半ばで若い嫁を貰う人が多かった。
その為に私と旦那友人嫁たちとは一回りほど年の差がある。
それを旦那はことごとく私に言う。
若い嫁良いなって。

私だって昔は若かったし結婚した年齢は旦那友人嫁より若い。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

父の職業を勘違いしていた。
文を書くのが下手くそなので箇条書きで。
ちなみに母とは死別したため父子家庭で、祖母が亡くなるまでは3人暮らしでした。

・薄い色のついたレンズのメガネ着用
・若いころはパンチパーマ、途中からオールバック
・トヨタセンチュリーが愛車

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2017年01月30日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

20回目の結婚記念日に妻にずっと引け目に感じてたことをついに告白した。
32歳で妻に出会うまで童貞だったことを、夜は彼女主導なのを良いことにずっと黙っていた、と。
妻は俺の告白を「下に○○(娘)がいるから」と遮ろうとしたが、地階にあいつがいたら何だ?と思い言い切った。
直後に娘が笑いをこらえながらテーブルの下から這い出てきた。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

酒飲めないなんて人生損してる
が口癖だったお酒が恋人の会社の上司
LINEのグループで新人を新年会にしつこくさそってこっぴどく断られてた

そしたらまた持論の「酒飲めないなんて〜」と説教が始まろうとした矢先


続きを見る


コメントの数(18)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

亭主が双子なせいでプチ修羅場がwww
今では笑い話になっている話しですがお付き合いください。
夫は一卵性の双子でよく知らない人間はだいたい間違えます。
私夫は兄の方です。
私達三人は父親同士が親友で、私達三人は同じ年に生まれました。
お互いの両親が地元組なこともあって、小学校からずっと一緒でした。
両家の親からは

「三つ子みたいだな」

と言われて育ちました。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2017年01月29日
カテゴリー:

感動体験談

A子と嫁は中学時代の同級生で、高校大学まで同じだったので3人でとても仲がよかった。
俺は高校の時にA子と付き合うことになったけど、それでも嫁も一緒に遊ぶことが多かった。

大学2年のとき、交通事故でA子が亡くなった。
俺はショックで葬式の後大学にも行かず部屋に引きこもるようになってしまった。

そんな俺を見かねて頻繁に訪ねてくれたのは嫁だった。
正直嫁といるとA子のことが思い出されて辛かった。
俺が食わないと分かっていても毎日おかゆを作ってくれて、何もいわずにただ側にいてくれた。
夜眠るときも泣いている俺の頭を撫でながら一緒に寝てくれた。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

昔の職場の課長が無理難題を押し付けて来るときの口癖が
「何か問題あるんか?これやったら誰か死ぬんか?」
だった。
それで誰も言い返せず
2徹とか3徹とか普通にやらされてた。
今思うと一般的な社員の3倍は仕事をこなしていたと思う。
時代はバブルだったからぜんぶ残業代は出たので、
入社4年目の俺でもピーク時の手取りは100万近かった。
いろいろとおかしな時代だった。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

いじめを未然に防いだしつけで思い出したことがある。
ヒーローごっこで妹を悪役に見立ててキックしてたら
母に

「弱い者いじめをする子供はグロンギ(悪役)になるよ!」

と怒られたので、大人なら強いからいいや、と母にキックしたら
俺の渾身のキックが母の口を直撃してしまい、流血の大惨事になった。

血だらけでうずくまる母とびびって固まる俺と大泣きする妹に気が付いた父が
俺たち子どもとタオルで口を押えた母を抱えて救急病院にダッシュ。
母はそれからしばらくしゃべることができなくなった
(舌と口の中を縫うほどのケガだった)。


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2017年01月28日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

一昨日から嫁の実家の近くに出張で来ていた
昨晩、同期と仕事終わりに飲みに行った
この同期は新婚ホヤホヤで、奥さんの惚気ばかりを話す
ここぞとばかりに俺も惚気を話し倒した
会話の中で

「結婚生活で上手く行く秘訣は?」

と同期に聞かれたので、

「格好つけないこと」

と俺は言った

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

水の月 三日目  はれ

きょうで勇者様と旅を初めてからひとつきになります

勇者様はいまだに人間の女の子に興味を示してくれません

やはり人間ではダメなのでしょうか?私も魔物になりたいです。

パタン

僧侶「ふー……」

賢者「冒険の書?」

僧侶「そうです……今日でちょうどひと月ですよね」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

その日俺は焦っていた。
出勤している電車の中で、家の鍵を掛け忘れたことに気づいたからだ。
家を出るタイミングで上司から電話があってメモ取るのに気を取られてしまったんだ。

もし空き巣に入られたとしても、現金とかは置いてないから損害は大したことないかもしれないが、一日落ち着かなかった。
しかもその日に限って仕事は超需要な案件があって、抜けることもできず(朝の電話はそれについて)
結局残業までして帰ることができたときには23時を回っていた。

アパートに着くなり自室のある3階まで駆け上がって通路をダッシュ。
ようやくたどり着いた我が家のドアに手を掛けてドアノブを回す………。

しかし、ドアは開かなかった。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2017年01月27日
カテゴリー:

おもしろ体験談

友達Aさん(独身女性)は20代後半の時、両親が相次いで倒れ、既婚の兄姉から介護を押しつけられ、仕事も辞めざるを得ず、ひたすら介護に明け暮れる日々を送ることになった。
そしてそのまま40代になってしまった。
やっと両親を見送り、不謹慎な言い方だがAさんは自由になった。
じゃあ久しぶりに夜遊びしよう!と友達一同で飲み会を開いた。

Aさんの慰労会なので、彼女の愚痴やつらかったことをいろいろ聞いていたのだが、酔いが回った頃、彼女が思い詰めた表情で爆弾発言。


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

ついさっきの出来事

休日出勤してきたら、会社の通用口横に設置されてる自販機の前に毛の塊が落ちてた
猫でもいるのかと思ったらヅラだった
ウゲー!と思ったが、フルウィッグは得てして高価なものなので勝手に捨てるのも忍びなく
総務課に落し物として届けておいた
時間外なので、月曜日にイントラの落し物情報を更新してくれると言われた


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

大学生の時、6歳年上の社会人と付き合ってた。
今思えば小学生がそのまま大人になっただけの、情けない男だったんだけど
「子供みたいに無邪気で可愛い人」と当時の私は思ってた。
出会いは友彼の紹介というか
友人と私が遊んでいるところに友彼と元彼がやってきて、一緒に遊ぶことになった。
元彼は友彼のサークルの先輩で、たまたま近くで遊んでたから私達と合流したって話だったと思う。
元彼とはすぐに意気投合して、その日のうちにメルアドを交換。
解散した後すぐに元彼から
「さっき会ったばっかであれだけど、私ちゃんに運命感じちゃった!俺達付き合わね?」
みたいなメールがあり、彼氏いない歴=年齢だった私は舞い上がって付き合うことにした。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2017年01月26日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

嫁ちゃんは、息子と中学からの付き合い。
大学を卒業した息子がプロポーズしたら

「同居じゃないと結婚しない。」

と、言われて息子ポカーン。

「普通は逆じゃないか?」

と、私に聞いてきた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

息子(3歳)が今日嫁にした質問

「お母さんのパンツ何色?」

どうやら子育てを誤ったらしい

. .: :::::::::::::::::::
  ...: :::::::::::::::
 . ......::::::::::::
    Λ_Λ...::::::
   /彡ミヽ )ー、::::
  /:ノ:ヽ \::|.:::
  /:/::  \ ヽ|.:::
 ̄(_ノ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄

コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

義実家で家業を手伝ってる独身コトメは
家に生活費を入れてないらしい
義実家に正月集まった時、義兄嫁が唐突に

「いい歳をして家に生活費も入れないなんてコトメさんは甘え過ぎ
 そういうのパラサイトシングルって言うのよ」

と言い出した


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2017年01月25日
カテゴリー:

衝撃体験談

ちょっと凄い話を聞いた
俺は男なのでママ友とかはよく分からんのだが、仮にAさんの家に集まる事になったそうで
新メンバー含めて総勢5人。
最中は特に何があるでもなく普通に進行していたのだが
終わってみると、車の鍵がない。
Aさんの夫がお気に入りのキーホルダーをつけたのを所定の位置に置いてあったのにない

あれー?と思って部屋を探すが見つからず、数時間後に夫が帰宅。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

人によっては修羅場じゃない、と言われるだろうが、俺の人生での唯一の修羅場。

俺 ガリヒョロ キョロ充
弟 ガチムチ

弟は昔はイジメられていて、よく守ってやっていた。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

大相撲が好きな70歳になる両親。
何だかんだ言いながら、場所が始まると二人で見てる。
こちら関西在住、そんなに好きならと半年前くらいに

「じゃあ、来年の大阪場所チケット取ろうか?」

と聞いてみた。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
2017年01月24日
カテゴリー:

感動体験談

彼が携帯買い替えるたびに電池パックの蓋に付き合い始めて最初に撮った私とのプリクラを貼ってくれてた。
ドライな彼がそんな事をしていたとは!びっくりした。
もう五年も前に撮ったやつなのに大事に大事に持っててくれてたのも嬉しかった。

それを知らせてくれたのは昨日で、話の最後には

「でな?何回か買い替えて貼るのなくなったんだよ。これも何かの機会だし、結婚しない?」

ってプロポーズがついてた。
すっごい嬉しいよー!!!

コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

日本でサッカーのワールドカップがあった頃、俺が高卒で倉庫会社に入り、リフトを運転してた。
俺以外にも高卒で入った奴は男女10人ずつの20人。
同僚が20人いるということだ。
その中でカップルが幾つか誕生した。
女の子達は真面目に仕事をしていたが、男は半分以上が喋ってばかりで仕事してない感じだった。
そん中で俺は上司からは何故か期待されてリフトの免許もとらせてもらって給料も上がった。
そんなある日、会社の同僚の間で
「(俺)が同僚女子A子を狙っている」
という噂が流れた。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

年末、嫁実家へお土産を渡しに行った。
お茶をご馳走になり、そろそろお暇しようかと玄関へ向かった時、義父の部屋へ自分一人が呼ばれた。
何だ?とちょっとドキドキしながら義父の部屋へ。
中身の見えない黒い袋を渡され、

「これ、クリスマスプレゼント!楽しんでね」

と言われた。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2017年01月23日
カテゴリー:

感動体験談

私の母は高校生の時に急死して、父は出張と残業の多い人だったから
普段色々面倒見てくれたのは叔母(父の妹)だった。

叔母は一度も結婚歴のない独身だったんだが、そのことを姉や妹が時々裏で馬鹿にしてたのがすごく嫌だった。
食事や掃除など、色々お世話になってるのに。
馬鹿にするなら自分のことぐらい自分でしろよっていつも思ってた。

私は何故か叔母とウマが合い、色々相談に乗って貰ったりした。
叔母は頭のいい人で、大学受験の時も家庭教師をしてくれたし、就職する時も結婚する時も色んな相談に乗ってもらった。
そしていつも的確なアドバイスを貰った。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

私は普通の会社で事務してる。
デスクでお菓子食べたり、多少スマホいじってても叱られない会社。
加湿器焚いたり、好きなアロマのハンドクリームが仕事中の癒し。
私は爪が弱いので、まめに爪のトリートメントを塗っている。
見た目はマニキュアなんだけど、揮発性物質が入ってないから
マニキュア特有の臭いもないから
数時間おきにデスクで塗り塗りしてる。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

私は地方都市に住んでいて、私の家は繁華街と古い住宅街が隣接
東京ではないけど歌舞伎町のようなガラの悪い繁華街の中に古くからある民家がポツポツあり

本当に治安が悪くて、12月ともなれば、そこらじゅうにもんじゃ焼きが落ちてる
喧嘩やひったくりはしょっちゅうで
女の子の悲鳴が聞こえて駆けつけると
携帯入りバッグをひったくられて、代わりに警察呼んだことも何度かある

当時20代後半だった私は実家で暮らしていた
今にも雪が降りそうな2月の寒い夜だった


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2017年01月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

妊娠中に少し混んでる電車で座っていた時、酔っ払いサラリーマンが途中の駅から乗ってきた
ちらほら立ってる人がいるくらいの混み具合で、座りたかったらしい酔っ払いの一人が激怒して

「なんですわれねーんだよ!」

って叫んでいた

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

30年近く片思いだった超絶ビ○チと結婚した話

まだ爺のつもりじゃないけどな
俺33
嫁32

出会いは単純で家が隣同士だった
嫁の方は母子家庭で生まれてすぐに離婚して出戻り
一番古い記憶は2歳くらいの時に遊んだのかな
当然ながら俺は恋愛とか全然理解出来ない歳だったが嫁はマセガキでいきなりキスされて

「大きくなったらお嫁さんにしてね」

って言われて俺はそれから30年近く縛られる羽目になってしまった


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺は不動産会社勤務、嫁と二人暮らしで、自宅は賃貸(家賃、月額10万円)。
まだ、結婚2年目なので取りあえず小梨。
休みは毎週水曜日+1日(社員で調整)。
これが前提。

先日、帰宅すると、なにか嫁の様子がおかしい。
いつもは良くしゃべる嫁が今日に限ってうつむき気味でほとんど口をきかない。
生活板、家庭板に入り浸っている俺は、「まさか、浮気か??」とか妄想して、半ば、面白半分に、嫁に対して、

「どうした、何があったんだ」

と詰め寄ってみた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
2017年01月21日
カテゴリー:

感動体験談

何の前触れもなく、いきなりクビになった
解雇予告金と見舞金とやらを押しつけられて、引継ぎして出て行けと
結局会社側の誤解から生じた事態で、誤解が解消されて謝罪されたけど
頭に来たから、嫁が

「いいぞ、やめちまえ」

と背中を押してくれるのに
力を得てそのまま退職した


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

私には大学時代に仲のよかった友人が5人組がいる。
ゼミやサークルは違ったので、中高生のようにいつも一緒☆
という訳ではないけれど、一緒に旅行したり卒業しても集まったり
自然といつも仲がいい5人でした。

中でも、地元が近いAやBとは就職してもよく会っていた。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

バレンタインにお菓子詰め合わせをラッピングして箱詰めして「ご自由にどうぞ!」って置いてたらセコが10個取った

「ホワイトデーは何をするの?」

「何もしない」

「何それ配れよふじこふじこ」↓

今日、「ご自由に」って形だったしお返し不要と言っておいたんだが「日頃のお礼」と男女問わず色んな人からお菓子をもらう

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2017年01月20日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

小3の長男は本が好きで、今日実家に行ったときも図書館で借りた本を持って行って読んでた。
それを見ていた弟嫁ちゃん(新婚・実家に同居してくれてる)が、読み終わったら声かけてね、と長男に言ってて、読み終わった長男が弟嫁ちゃんに声をかけると、弟嫁ちゃんがに何やら耳打ち。
すると弟が本がいっぱい詰まったダンボール箱を持ってきた。

「私が子供の頃に買ってもらった本なんですけど、
 長男くんが本が好きだって聞いたので実家から持ってきました〜」

とニコニコ笑う弟嫁ちゃん。
中身は青い鳥文庫メインで、ハードカバーの児童書もあった。

「読みたい本があったらあげるから持って行ってね」

と言われたんだけど、保存状態がすごくよくて、大切にしてたんだろうなと思うと貰うことはできなくて、貸してもらうことにした。
もう長男は大喜びで、今日は実家に泊まってるんだけど、なかなか寝たがらなくて大変だった。
明日は5時に起きて読書だって。

コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

投げ技かましてぶん投げた相手が今の嫁

とりあえず出会った当時のスペックが
俺→高2年、空手部員、空手道経験者(段は無し)、周りから舐められまくりのヘタレ

嫁ちゃん→高1年、空手部員、空手有段者、当時の空手部部長の妹

初めて嫁ちゃんと出会ったのが新入部員との顔合わせの時だったんだけど、その時に新入部員への歓迎がてら、ちょっとした組み手をやったんだよ。
その時に当時の部長(嫁兄)が最初に俺と嫁ちゃんを指名したんだ。
俺が稽古で手抜きしまくるヘタレだったせいで部長には嫌われまくってたから、部長としては俺に恥をかかせてやろう、ぐらいの気持ちだったんだろうね。
それで俺と嫁ちゃんは組み手することになったんだ。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

医者に「出来るだけ他人に話したほうがいい」と言われたのですが、口に出すと未だに情景がフラッシュバックして震えてしまうので、文章に起こしてみます。

3.11の際の武勇伝。

当時某食品スーパーに勤めており、当時片思いだった女性も同じ職場に勤めていました。
妙な地響きが聞こえる、と思った瞬間、本震が来ました。
マニュアルには買い物籠をお客様に被らせる、というものがありましたが
真っ先に思いついたのは片思いの彼女の事。
本来なら叩かれる行為なのでしょうが、彼女が担当、その時間いるであろう場所へ
途中転びながらも走って向かいました。
丁度彼女が座り込んでいる天井部分がつり天井となっており
支えているワイヤーもすでに残り1本になっていました。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2017年01月19日
カテゴリー:

爆笑体験談

今日初詣であった話なんだが、

男「この後どうする?」

女「ごめん家帰る、このあとヤマトくるし」

男「誰だよその男!!!!(ガタッ」

女「宅急便だけど…」

みたいな会話が聞こえた。コーヒー吹きそうになった。

コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

婿入りして嫁の実家で同居してるんだが、嫁の家族がなんか凄い
家族みんなすごいシンクロしだす

嫁妹「クーリスマスが今年もやてくる〜」
嫁妹&嫁「悲しい出来事を〜」
嫁妹&嫁&嫁母「消し去るように〜」

こんな感じに皆で歌い出すことは日常茶飯事

昨日はすごかった

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

復讐というか相手が自爆した話だけど、俺は住宅地に親父から相続した土地を持っていてそこはいま空き地になってるんだけど
そこに違法駐車するアホがいるのよね。
張り紙したり警察呼んだりしたけど一向に違法駐車はなくならないから決行したよ!

はじめの一週間は敷地の出入り口にただのカラーコーンを置いておいた。
それを跳ね飛ばして侵入するのは予想通りだった。
翌週はカラーコーンの内側にセメント詰め込んだやつを設置して
あまったセメントで敷地の出入り口付近を舗装してみたんだ。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2017年01月18日
カテゴリー:

衝撃体験談

私はドがつくほどの田舎住み
人は過疎化の一途で少ないが土地だけはだだっ広いし今の季節は雪が降るので正直一家に一台どころか大人一人に一台は車が必須の地域にいる
義弟嫁も地元の人なんだけど、最近車を断捨離したらしい
なんでも今流行りのミニマリストとかもたないくらし?とかいうのにハマったらしく、田舎でも必ずしも車持たなくちゃいけないわけじゃないから〜と義弟嫁所有の軽自動車を手放したとか
義弟嫁に見せてもらったそういう生活してる人のブログでも、確かにそういう考えで車持ってないですっていう生活が紹介されていた

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろテキスト

いつもの空き地で、その二人は対峙していた。

のびた「ドラえもんを放せよスネオ」

スネオ「嫌だね、ほら、喋れよ狸」

スネオは足で踏み潰すようにドラえもんの頭部を踏みつけた

ドラえもん「のびた君・・・逃げて・・・」

そこには顔だけになったドラえもんが居た。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

もう5年以上前の話。
当時、結婚2年目。
元嫁に浮気をされた。
ただ、浮気されたんじゃなくて俺との結婚が間男のプレイだった。
元嫁は肉体的にも精神的にも間男に支配されてた。
浮気に気づいたのは、家にあった仕事道具や、請け負いに近い雇われ方だったこともあり、現場直行が多いので会社から持ち出しを許可してもらっていた道具が無くなったからだった。

無くなったことに気づいたとき、ガレージにある監視カメラを確認した。
そこに間男が自分の仕事道具の一部と会社の道具(かなり高価)車に積んでる映像が残ってた。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2017年01月17日
カテゴリー:

衝撃体験談

正月早々親戚でバトルになってた。
元旦はいつも伯父の家に年始の挨拶で集まるのが恒例。
うちは午前中に行くけど、30〜31日から行って泊まる親戚もいる。
で、さっき行ってきたら伯父の家がめちゃくちゃに荒れてた。
以下、31日から一家で伯父家にいた従姉の証言。


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

この文章はネタです。
リアルにはこのような人物・団体等は存在致しません。

嫁と永遠に仲直り出来ました。
○年3か月かかりました。
この板にて色々と勉強させて頂きましたので、結果をご報告させて頂きます。
嫁の不貞が発覚しましたが、離婚せずに再構築を致しました。
嫁のお相手は、既にこの世界には存在致しません。
墓石に名前が残るのみです。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

うちのイケメン大叔父の武勇伝。

この人はある楽器(仮にピアノとします。)のプロ演奏者で、某有名国際管弦楽団にゲスト出演したり、映画監督に指名されてBGM弾いたこともあるすごい人。

この人にはひとり娘がいて(以下叔母と呼ばせてください。またいとこというのが正しいらしいがしっくりこないので。)、ピアノ教室の講師をやっていて長男・長女・次男の順で3人の子がいる。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2017年01月16日
カテゴリー:

おもしろ体験談

嫁が空から降ってきた

ふんわり降りてきてくれたなら良かったんだが、おいら死にかけたからさ。
滅びの呪文というより殺しの呪文って感じ。

オイラ建築系の塗装屋でさ。
公営住宅の壁の塗り替えを受注して、足場組むのに地面の状況確認しに行ってたんよ。
そしたら洗濯物を取り込んでた時に、下着が風に飛ばされてキャッチに失敗した嫁が、3階のベランダから落下。
オイラの上に落ちてきたって訳。


続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

高校卒業後、専門学校に行くという名目のもと東京へ出て遊びまくってた。
クラブ通いやナンパ待ちをして、週に1度は知らない男と関係を持っていた。

そんなある日。
郊外の有名なナンパスポットに友達2人と車で出掛けた。

まわりからひと気が途絶えた時、前と後ろを車で挟まれ身動きがとれない状況になり、それらの車から合計8人のギャル男〜チンピラ風の男たちが出てきて、要するに『ボコボコにされるかマワされるか選べ』という二択を迫られた。
私はその男たちをぱっと見た時からボス猿が誰かという検討がついていたので、そのボス猿的な男の腕に自分の腕を絡めてこう言った。


続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

会社の同僚にした復讐?

俺は大学を出て直ぐに5歳年上の彼女と結婚して、彼女には専業主婦として家の事をしてもらっている。
それを同期のAに話した時に

「うわー、5歳年上とか無いし、寄生虫じゃん、御愁傷様だなー。」

と、言われた。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2017年01月15日
カテゴリー:

衝撃体験談

前の職場で「専属雪かき要員」にされていた。
小さい支社で、社員は店長(男)と営業2人(男)と事務の私(女)とパートさん(女)のみ。
店長と営業1人は県外から異動してきた人で、パートさんは午後から出社。
雪深い地方で、毎朝駐車場を雪かきしないと車が停められない。

来客もあるのでわりと広い駐車場。
そこを毎朝私一人だけが雪かきさせられていた。

店長「地元民だから、慣れてる人がやるべき」

そうかもしれないけど、せめて交代で手伝うくらいの事はやって欲しかった。
ひどい時は1日で60〜70センチ降るから、雪かきのためだけに2時間早く出社していた。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

俺は俺の説明不足と義父の勘違いで三回嫁に会っただけで婚約しちまった

当時スペック
俺 17才非行少年だけど正義感でいっぱい
嫁 14才いじめられっ子だけど超美人
嫁兄 17才いじめられっ子だけど恵体でイケメン

出会いは日々喧嘩に明け暮れていた俺が、その日地元のタイマン公園に向かう途中でタイマン予定の相手に絡まれてる嫁を発見。
どうせ喧嘩するならと正義の味方みたいに喧嘩開始する。
が、ボロボロにやられてしまい嫁に手当をされる辱めにw
軽くお礼を言われて出会い初日は終了
後日嫁兄に突然お礼を言われて嫁兄の妹と知った。
この時に

「何かあれば連絡しろ」

と電話番号を伝える


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ